雲仙市の話題

2016年06月01日

雲仙の「福田屋旅館」で「幻の高来そば」

購入したきりで一度も利用したことが無い「もってこい!長崎」というクーポン本が何気に目に留まりました・・・昨日は朝からいい天気だったしクーポンを使いに雲仙にでも行ってみようかなと思い立ちました(^^;

福田屋00
34号線から251号線に乗って雲仙へと向かいましたが愛野周辺ではジャガイモの収穫を行っていました

福田屋00-2
小浜経由より千々石の先から別所ダム方面の道に入った方が雲仙に行くには近いですよね

福田屋00-3
ワンパターンですがこの道路を走る時には途中でちょっと寄り道・・・

福田屋00-4
「棚田百選」にも選定されている「清水棚田」は農林水産省から「日本の農村の原風景」と称えられていますがホントきれいでした

福田屋01
雲仙にやってきましたがまずは「福田屋」でランチです

福田屋01-2
隣の土産品店の入口にも幟がありますがこのお店は「幻」とよく言われる「高来そば」がメニューに載っているんです(^^)

福田屋01-3
フロントの奥にある「民芸茶屋 力(りき)」というお店がランチの場所です・・・実は9年前にここで「溶岩焼きカレー」というのを食べて以来2度とここで食べることは無いと思っていたのですが(^^;

福田屋02
これが「もってこい!長崎」での紹介ページですが本来1350円する「高来そば」を使用した「天麩羅 盛りそば」が半額の675円で食べることが出来ます・・・でもこの本は1冊しか持っていないのでこのメニューは女房に任せることにしました

福田屋01-4
店内のあちらこちらにも「幻の高来そば」の案内がありますね(^^;

福田屋02-2
こちらがランチメニューですがメインはやはり「高来そば」になっています・・・「溶岩焼きカレー」はメニューから消えているのはやはり評判が良くなかったのでしょうか(^^;
やはり私は「高来そば」の代名詞とでも言える「どろりそば」を注文することにしましたが考えてみると「かけそば」並なのに700円はかなり高いですよね・・・でも「どろりそば」を常に提供しているのはこのレストランしかありませんから貴重です(ざる蕎麦セットは諫早市唐比の「朝比」でもメニューにありましたね)

福田屋02-4
注文してからなかなか持ってきませんが時間つぶしに「高来そば」のパンフレットなどを見て時間つぶしです・・・何故「幻」と言われるかの解説もありますし

福田屋02-6
「どろりそば」の説明もありました・・・私は城栄町と諫早市の有喜で食べたことがありますがいずれも「試食」みたいな感じでちゃんとした料金を出して食べるのは初めてです(^^;

福田屋02-5
ホント持ってくるのに時間が掛かったので館内をうろつきましたが途中で見かけた「せんぶり茶」・・・「ご自由にどうぞ」と書かれていてもとても飲む気にはなれません(^^;

福田屋03
注文して20分以上経ってやっと私の「どろりそば」がやってきました
薬味の他に自家製だし醤油が別に付いています

福田屋03-2
薬味を投入してから「だし醤油」で自分に合うように味を調節してから戴きますがさすがにこれは美味しかったですね・・・見た目より器が深く私にとっては満足できるくらいの量でしたが若い人は食べ足りないかもしれません

福田屋03-3
女房の「天麩羅 盛りそば」はさらに数分経って運ばれてきましたがやはり同時に持ってきて欲しいですよね・・・本物のワサビに「サメ皮」というのは久しぶりで目にしました(^^; 
やはり「天ぷらの衣が自分では出来ないくらい薄くて美味しい」そうです

福田屋03-5
レシートに「入浴割引券」が付いていて当日だと普通の露天風呂が200円引きで「貸切露天風呂」は500円引きになるそうです・・・そういえば前回来た時も露天風呂に入りましたね
この時点では別のホテルの露天風呂に入る予定だったのでパスしました

福田屋04
今年の秋に新館がオープンするそうで新築工事が行われていました


ssiimm at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月21日

夢彩都と観光通りで同時に島原半島物産展

まだ3/18です(^^;
「おくんち広場」での「全国ラー麺フェスイン長崎」でラーメンを食べた後にちょっと夢彩都にも寄ってみました

夢彩都01
地下の催事場では南島原市・雲仙市など島原半島の物産展が開催されていましたが久しぶりに見掛けたような気がします

夢彩都01-2
この催事ではお馴染みの「旅館松栄」の「野菜ぷりん」もありました・・・試食を勧められましたが当然パス(^^;

夢彩都01-3
女房は小浜の「三宅商店」のブースで好物の「湯せんぺいの耳」を購入していました

夢彩都01-4
「長崎清水」は諌早の宇都交差点の近くと島原市手前にお店がありますが本社はどっちなんでしょうね

夢彩都02
でも全体的に見ると以前の開催時より出店しているお店が少ないような気がするのは今回の改装で催事場のスペースが狭くなっているのかな?

その後「かもめ広場」にちょっと寄ってから今度は石丸文行堂で行われている写真展を見るために浜町に向かいましたが

観光通り01
何と「観光通りアーケード」でも雲仙市の物産店が行われていました(゜o゜)

観光通り01-1
こちらでは地元で採れた野菜なども持ち込んで大々的にやっています

観光通り01-2
こちらは昨年の「ながさきかんぼこ祭り」で初めて知った「七郎屋」という蒲鉾屋さんですが試食で提供していた「じゃが蒲コロッケ」というのは美味しかったですね(^^)

観光通り01-3
「雲仙こぶ高菜」のブースもありました・・・考えると夢彩都と観光通りのイベントが重なったので夢彩都の出店が少なかったのかもしれません

観光通り02
「千々石deその日暮らし」さんのブログでお馴染みの千々石・橘神社の「観櫻火宴」のブースもありましたが

観光通り02-2
武者の「鎧」を試着することが出来るコーナーもありました(^^)

観光通り02-3
その先には夢彩都にも出店していた小浜の「三宅商店」のブースがありました
ご主人に「夢彩都で購入した」と言うと「あっちは私の連れ合いが行っています」とのことでした(^^;


ssiimm at 09:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年03月02日

長崎の桜2016・・神代小路・鍋島邸の緋寒桜

口之津での「節句」の後は島原経由で戻ることにしました

将軍の孫
途中島原市内の「大手橋」で見かけたのは故・北村正望氏作の「将軍の孫」・・・まさかこんな場所にも展示しているとは思っていませんでした(゜o゜)

島原市内では島原城などで「島原城下ひなめぐり」というイベントが行われているのですがこの日は行きたい場所があるのでパス・・・

神代01
そんな訳で2年ぶりに国見町の「神代小路(こうじろくうじ)」にやってきました
今年も「緋寒桜の郷まつり」というイベントが2/20から開催されているのです・・・でも今年の開花は早かったみたいですから多分「鍋島邸の緋寒桜」の盛りはすぎているでしょうね

神代03-5
何気に見上げると緋寒桜が・・・

神代01-3
この場所は以前も書きましたが年中「しめ飾り」がある「小路公民館」ですが今回はここで「「わが店一番特産品展」が開催されていました・・・前回来た時の会場である「旧国見中学校神代校舎」に比べるとちょっと狭そうですね

神代01-4
私がこの地区を気に入っている一番の理由はこの水路かもしれません(^^;
神代01-5
時間が遅かったせいで出店も撤収を開始していました

神代02
2年前に来た時には200円だった入場料が300円になった国の重要文化財に指定されている「鍋島邸」です・・・無論ここに入らなければはるばる来た甲斐はありません(^^;

神代02-3
鍋島邸に入るとすぐに出迎えてくれるのがこの地区のシンボルツリー的存在の「緋寒桜」です

神代03
思った通り盛りは過ぎていましたがまだまだ見応えはありますね

神代02-4
建物の中は前回見物したのでパス・・・こんなだから「千々石deその日暮らし」さんみたいに新たな発見は期待できないのでしょうが(^^;

神代02-5
一昨年の一般開放以来屋敷裏の庭園も見ることが出来るようになりましたし

神代02-6
中庭の紅梅も・・・今年はタイミングがずれちゃいました(^^;

神代02-7
さらに進むと頭上に見えるのは

神代02-8
これも盛りには見事な花を見せる「枝垂れ梅」です

神代03-2
再び神代小路地区をちょっとさるくことにしました

神代03-3
文化財である「鍋島邸」はともかく「重要伝統的建造物群保存地区」となっている一般の住宅は景観の維持が大変でしょうね

神代03-6
駐車場近くのこの建物は以前はコンクリートじゃなかったかな?


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年01月09日

今年も千々石の「橘神社」に初詣

「げんこつ家」でラーメンを食べた後には昨年に引き続いて「橘神社」に初詣に行くことにしました

橘神社01
「橘神社」一番の見ものである「世界一の門松」は神社に入ると当然の如く最初に目に入ります・・・昨年より50儿發なり14.5mあるそうで「ギネス世界記録」を更新しているとか(^^;

橘神社01-2
「♪遼陽城頭夜はたけて有明月の影すごく〜♪」の唄でおなじみの「橘中佐」像です・・・とは言っても地元以外の若い人は知らないでしょうね

橘神社01+3-2
正月の行事予定を見るとこの日は「七草粥」の振る舞いがあるそうですが時間的にとっくに終了しているでしょうね

橘神社01-4
それでも参拝をするために拝殿に向かいますが長崎市内の神社に比べると広い敷地ですね

橘神社01-6
途中の橋から下を見るといい感じです・・・ここで「大寒禊ぎ」をするのかな?

橘神社02
昨年来たときには出店が参道にたくさん並んでいましたがさすがに1/7ともなると全部撤収していました

橘神社02-3
それでも参拝者は三々五々訪れています・・・特にデイサービスあたりのグループがバスでやってきていたのが目立ったのは混雑時を避けての初詣をするためでしょうね

橘神社02-4
破魔矢と並んで熊手も販売していました

橘神社02-7
おそらくこの場所で「七草粥」の振る舞いが行われていたのでしょうね・・・「千々石deその日暮らし」さんのブログをみるとやはりそうでした

橘神社03-2
拝殿にやってきましたがここ「橘神社」への正月三ヶ日の参拝者は長崎県内では諏訪神社に次いで多いそうですね

橘神社03-3
今年七社目の初詣かな?

橘神社03-4
拝殿前も広々してていいですね(^^)


ssiimm at 09:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2015年02月13日

小浜ぶらぶら・・・「もくもく市場」から「ほっとふっと105」

「「味処 湯処 よしちょう(吉長)」でランチを食べた後は足湯の「もっとふっと105」に向かうことにしました

小浜02
「よしちょう」の並びに「もくもく市場」という「湯せんぺい」の販売所があるのに初めて気がつきました

小浜02-2
「湯せんぺい」の「耳」や「きず」に目が無い女房は当然品定め^^;
「大きさによって「エコ」「クズ」「キズ」の3種類に分けられていますが購入した商品を作っている会社は「小浜食糧」・・・「クルス」のメーカーが「湯せんぺい」も作っているとは知りませんでした^^;

小浜02-3
驚いたのはこの購入した商品を入れてくれた究極のエコバッグ・・・何と新聞紙でできていました(゜o゜)

小浜02-3-2
家に持ち帰り改めて見てもしっかりしていますね・・・この「もくもく市場」をネットで調べてみると障害者のための就業支援施設みたいでHPにはこのエコバッグの作り方も紹介しています

小浜02-4
そのちょっと先にあったのは「湯けむりや」というお店ですが

小浜02-5
販売していたのは「クロワッサンたい焼き」や「仙女たい焼き」・・・ちょっと私には縁が無さそうなスイーツショップみたいですがマスコミではよく紹介されているみたいです

小浜01-3
国道を渡るとすぐに「日本一の足湯」である「ほっとふっと105」がありますが今でも日本一なのかな?
いずれにしろこの足湯の効果で日中でも観光客の人が訪れるのでしょうね

小浜03
こちらが足湯の源泉ですが

小浜01-4

小浜01-6
その脇には温泉の蒸気を利用した「蒸し窯」があり食材を持ち込めば無料で「蒸し料理」を作ることができます

小浜01-5
無論手ぶらで行っても食材の販売所が隣にありますから

小浜03-5
足湯の周りにあるテーブルでは多くの人たちが食事中でした(^^)

小浜03-2
ちょっと足湯に浸かってみました

小浜03-4
何気に目の前の公園に集まっているお年寄りたちを見ると・・・ゲートボールをやっているのかと思うと「ペタンク」みたいですね

小浜03-8
若い人からお年寄りまで思い思いの場所で足湯に浸かっていますが

小浜03-6
人が少ない先の方をを見に行くと

小浜03-7-2
一番最後に「ペット用」の足湯がありました^^;

小浜04
海岸沿いに歩いていると以前利用したことがある「波の湯 茜」の先に

小浜04-2
何やら新しい施設らしきものができています

小浜04-3
「海鮮市場 蒸し釜や」というお店ですが「市場」というからには中を覗くこともできるのかな?「体験型飲食店」とありますがよく判りませんね・・・店の前には「蒸し釜」がありますが「食材の持ち込み禁止」だそうです
料金も表からでは判りませんしシステムも判らないのでちょっと入りにくいお店です・・・HPにも料金が載っていませんし^^;


ssiimm at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月12日

小浜温泉「よしちょう(吉長)」で小浜ちゃんぽん

女房がテレビで小浜温泉のイベントを見たので久しぶりに小浜の「足湯」に行ってみたいと言いましたが、私もたまたま昨日「トルコライスマニアックス」の記事を読んだばかりなので行ってみることにしました・・・小浜の記事は画像の整理が大変なので今回もランチの記事を先に書きますね^^;

よしちょう01
足湯の「ほっとふっと105」から国道をあたった場所に「「味処 湯処 よしちょう(吉長)」というお店があります

よしちょう01-2
4年ほど前に初めて存在に気がついたのですが何とこの食事処には温泉もあるのです(^^)

よしちょう01-3
建物の1階に温泉があり食事は2階に上がります

よしちょう01-4
前回来たときはお客さんがかなり多かったのですが今回は時間が早かったせいもあり割りと空いていました・・・やはり昨日イベントがあったばかりだったせいかもしれませんね

よしちょう01-5-2
座敷もありましたが禁煙席の窓側のテーブルに着くと窓の外には「足湯」も見えました

よしちょう02
前回はこの店一番の人気メニューだという「小浜ちゃんぽん+にぎり寿司」のセットを注文しましたが今回は何を食べましょうか

よしちょう02-1
神崎さんが食べた「トルコライス」にもすごく惹かれますが^^;

よしちょう02-2
本来は和食のお店みたいで寿司や蕎麦のメニューもいろいろありますね

よしちょう02-3
「おすすめランチ」なるものもありました

よしちょう02-4
グランドメニューを見ると「塩ちゃんぽん」というのがこのお店の「いち押し」メニューみたいですね

よしちょう02-5
テーブルの上には「吉長オリジナル」のドレッシングも用意されています

よしちょう03-2
女房が頼んだのは「小浜ちゃんぽん+稲荷セット」820円・・・「あっさりしていて食べやすい」そうです

よしちょう03
結局私が選んだのは・・・やはり小浜に来たのですから「小浜ちゃんぽん+明太子ごはんセット」780円^^;
長崎ではちゃんぽんとご飯類を一緒に頼むなんて考えられませんがここでは普通なんですね・・・「ちゃんぽんはミニになります」と言われたのですがこれが「ミニ」?
小浜ちゃんぽんはこの店以外では1軒しか食べたことが無いので特徴は判りませんがたしかにあっさりしていて食べやすいですね・・・明太子ご飯は思った以上に美味しかったです(^^)

よしちょう04
壁に貼っていた案内によると会計を済ませた後に温泉に入ると無料になるそうですが、その前に入ると一旦入浴料の300円を払うシステムだそうです・・・私が食べ終わった時点で女房はまだ食べていましたからちょっと入浴してみることにしました

よしちょう04-1
とりあえず入浴料の300円を支払いますがこれは会計時に返金されるそうです・・・でも今どき300円の風呂代というのは銭湯よりも安いですよね

よしちょう04-2
1階の突き当たりに男湯があります

よしちょう04-3
脱衣場に入ると「天井材の落下に注意」の案内もあります^^;

よしちょう04-4
浴室内は湯気でよく見えません

小浜・吉長07
ちなみにこれは4年前に来たときの写真ですがこのときは利用する人も少なかったのかきれいに写っていますね(^^)
そのときは写真だけ撮って実際には入らなかったので今回がこの温泉の初体験です・・・女房を待たせていたので短い時間しか入りませんでしたがここのお湯はなかなか良かったですね、食事を抜きにしてもまたゆっくりと入りに来たいものです

よしちょう04-5
「落下物に注意」しようにも湯気でよく見えません^^;


ssiimm at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月07日

「千々石 温泉神社」から千々石商店街・・・初詣2015

「橘神社」に参拝した後はちょっと千々石の町をさるいてみることにしました

千々石01
まずは橘神社の参道の途中に「温泉神社参道」の案内があったので寄ってみることにしました

千々石01-2
のんびりと田舎の風景を楽しみながら歩いていくと

温泉神社01
ほどなく「千々石 温泉神社」に到着しました

温泉神社01-2
鳥居を潜った境内にあるのは何でしょう?

温泉神社01-3
矢印があり回る方向が描かれています・・・こちら方面の記事を書くときに参考にさせていただいている「千々石deその日暮し」というブログによると「茅の輪くぐり」というそうですね

温泉神社01-4
こちらが拝殿ですがさすがに1/5ともなると参拝客もいなくて静かな佇まいを見せています

温泉神社01-5
これが先ほどのブログでも紹介されていた「力石」ですね

温泉神社01-7
ちょっと拝殿の中に足を踏み入れるといつぞや書かれていた「神社庁暦」がありました
長崎市内の神社で購入すると300円なんですがここでは150円・・・でも代金はどうしたらいいのか判らなかったのでテーブルの上にそのまま置いときました

千々石02
神社の横を流れるのは「千々石川」かな?・・・河童が釣りをしていました(^^)

千々石02-2
狭い路地を歩いていると7月から9月限定オープンらしき「ところてん」のお店が・・・これも「千々石deその日暮らし」で何度か紹介されていたお店かな?

千々石03
ここからは一旦橘神社に戻り車に乗って「千々石商店街」に向いました
実は女房の母親はこの町の出身なので結婚前は何度も訪れていたそうです・・・結婚してから一緒に来たのは3度目かな?

千々石03-2
この「天川屋」というところで親戚の結婚披露宴にも出席したことがあるそうです

千々石03-3
商店街の中をあるお店を探してぐるぐる・・・

千々石03-4
この手作りのイルミネーションみたいなのは何でしょうか?

千々石03-5
やはり店を閉じているお店が多いですね

千々石03-6
ずっと以前に食べた「シュークリーム」を食べたいという女房のリクエストで商店街の中を探したのですが・・・「山中菓子店」というそれらしきお店がありましたが閉まっていました(T_T)



ssiimm at 11:05|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: