雲仙市の話題

2017年09月04日

小浜の「ほっとふっと105」から三宅商店

千々石から小浜に向かいました

小浜01
やってきたのは小浜にある「日本一の足湯」である「ほっとふっと105」です

小浜01-2
9/4・5は休業なんですね

小浜01-3
まぁ何はともあれ足湯でリラックス(^^;

小浜01-4
女房も久しぶりに浸かっていました

小浜01-5
空を見ると秋の気配になっています(^^)

小浜01-6
隣にある直売所にも訪れましたが

小浜01-7
以前ここにあった小さな「足湯」は無くなり「温泉卵」を販売していました

小浜02さな
「足湯」を楽しんだ後は女房がお気に入りの「三宅商店」に行きましたが

小浜02-2
購入するのは当然「星」などの「割れ」商品です(^^)

小浜02-3
でもこのお店で「ロールケーキ」などの洋菓子を販売しているとは全く知りませんでした(^^;

小浜02-4
以前は何度も訪れた「国崎」にも最近は足が遠のいていますね

有喜01
長崎に戻る途中でワンパターンですが有喜の「なかよし村」に寄ったのは

有喜01-3
「村川蒲鉾」の揚げ立てを購入しようと思ったのですが

有喜01-4
この販売所に「うきかま屋」という名前があるとは知りませんでした(^^;


ssiimm at 09:23|PermalinkComments(0)clip!

2017年02月23日

有明町の「仲よし」で「がぶ丼」

神代小路(こうじろくうじ)を見物した後は島原城で「梅&雛飾り」を見ようと思い向かったのですが途中でランチを食べることにしました

仲よし01
寄ったのは有明町にある「仲よし」というレストランです・・・何も知らなかったらまず入ることは無い店名ですね(^^;

仲よし01-2
店内は座敷にテーブル&椅子を設置しているという変則的な造りでした

仲よし02-2
創業以来「ちゃんぽん」が人気だそうですし

仲よし02-3
ランチも680円からとリーズナブルです

仲よし02
でもこのお店の名物は「長崎Wスーパーポーク丼」と「がぶ丼」なんだそうです・・・「カツ丼」が750円なのに肉が多いこれらのメニューはかなりお得ですね

仲よし03
特にこの「がぶ丼」というのは大人気だと知人に聞いていたのでわざわざこのお店に来たのです(^^)
でも「がぶ丼」って初めて聞く料理名ですね・・・ネットで調べるとどうやら東京の武蔵小山にある「くいしんぼう がぶ」というお店が考案したメニューだそうです

仲よし03-2
これが「仲よし」の「がぶ丼」ですが800円という料金の割には見た目が素晴らしいですね(^^)
国産牛を使用しているだけあって肉は柔らかいですし黒胡椒がいいアクセントになっていて満足度は高いです・・・女房は「タレがちょっと好みと違う」そうですが(^^;

仲よし04
このお店は送迎バスも用意していて団体客が多そうでした

仲よし04-2
敷地内に「和香」という食事処も運営していますが

仲よし04-3
私には無縁のお店みたいです(^^;


ssiimm at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月22日

「神代小路まちなみ交流館」で「わが店一番」

前の記事の続きでまだ「緋寒桜の郷まつり」会場にいます(^^)

神代小路03
今回も「鍋島邸」を見た後は「神代小路(こうじろくうじ)」をさるくことにしました

神代小路03-1
2006年(平成18年)には平成18年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞した街並みですが

神代小路03-2
以前も書きましたが私が特に気に入っているのがこの水路です(^^)

神代小路03-3
今年はイベント会場が分散していますがこの「創工房」でも期間中毎日「陶芸教室」が開催されるそうです

神代小路03-4
そこの裏手にあった白梅は満開でした(^^♪

神代小路03-5
この日はホント好天に恵まれ街中を散策するのには最高でした・・・時間が早かったのでお客さんもさほど多くは無かったのでのんびり歩けました

神代小路03-6
「鍋島邸」の隣にある住宅も歴史を感じさせる趣ですが「千々石(ちぢわ)deその日暮らし」さんのブログを見ると以前の「鍋島家家老」宅だそうですね

神代小路04
ずっと以前は別の建物だった場所に新たに建てられたのが

神代小路04-2
「神代小路まちなみ交流館」といってこの場所で「緋寒桜の郷まつり」のイベントの一環である「わが店一番」が開催されていました

神代小路04-3
館内に入るとすぐの場所で地元国見町の「マルソウ」というお店が「黒棒(くろんぼう)」「白棒(しろんぼう」というお菓子を販売していました・・・「黒棒」は子供の頃からいろんなメーカーのを見たことがありますが「白棒」というのは初めてですね

神代小路04-4
建物の奥ではコンサートが行われるのでしょうが

神代小路03-5
以前は「旧国見中学校神代校舎」の教室で行われていたのですよね(^^;

神代小路04-5
県産品フェアでもお馴染みの「みゆき蒲鉾」ではいろんな蒲鉾を販売していましたが「てんぷらパック」500円はかなりお買い得だったので購入しました

神代小路04-6
「七郎屋」の「ごぼう七味揚げ」は何もここで買わなくても近所の「エレナ」で購入できるのですが気に入っているのでつい買っちゃいました(^^;

神代小路05
建物の裏にあるのが以前の会場である「旧国見中学校神代校舎」です



ssiimm at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月21日

「緋寒桜の郷まつり2017」で鍋島邸

毎年国見町・神代で開催される「緋寒桜の郷まつり」に今年も行ってきました

神代小路01
長崎バイパス→長崎自動車道→諫早市内→愛野道路と走って愛野の国道に到着・・・自宅から40kmで1時間弱かかりました

神代小路01-2
そこからさらに251号線を愛野→吾妻→瑞穂→国見と通り「神代」にやってきました
さすがに時間が早かったので第1駐車場にすんなり停めることが出来たのはラッキーでした(^^♪
でも今年はちゃんとしたポスターが作られなかったみたいですね

神代小路01-3
毎回最初に出迎えてくれるのは「小路公民館」の桜です(^^)

神代小路01-4
鍋島邸にやってきました
この施設の紹介は過去に何度も書いているので省略しますね(^^;

神代小路02
邸内に入ると真っ先に目に入るのが「鍋島邸の緋寒桜」で紹介されている屋敷前の桜です

神代小路02-2
やはり今年はちょっとピークを過ぎているみたいでした(T_T)

神代小路02-3
それでもアップで写すと・・・やはり屋敷と一緒に写さないと意味が無いみたいです(^^;

神代小路02-4
でもこの敷地内を歩くといろいろ楽しめるのです

神代小路02-5
裏手にある「枝垂れ梅」もちょっと盛りを過ぎていましたがまだまだ見応えはあります

神代小路02-6

神代小路02-7
裏の丘に上がるとこちらは今が満開みたいでした

神代小路02-9
丘から下る途中で見た「鍋島邸」です

神代小路02-8
この庭もほとんどのお客さんは素通りしていましたが結構いい感じですね(^^)



ssiimm at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月05日

雲仙の話題・・「かせやカフェ」でパン(^^)

再び雲仙の話題です(^^;
地獄巡りをした後は雲仙の街並をぶらぶらと歩いて駐車場に戻ることにしました

雲仙06
地獄から宮崎旅館の前を通って少し歩くと「お山の情報館別館」の手前に広いスペース

雲仙06-2
この広場にもあまり記憶はありませんね

雲仙06-3
案内図があったので見ると「50周年記念広場」というそうですがどうやらこの場所も「リニューアル」されたそうです

雲仙06-5
雲仙に来たら女房が必ず寄るのが湯せんぺいの「遠江屋」です

雲仙06-6
当然いろんな湯せんぺいが並んでいますが

遠江屋
女房が気に行っているのは「湯せんぺいの耳」です(^^;

雲仙07-2
続いてやってきたのは私がお気に入りの「かせやカフェ」というお店ですが

雲仙07-3
カフェとは言ってもメインはパン屋さんなんです(^^)

雲仙07-4
「雲仙ばくだん」「ちくわパン」などこのお店のオリジナルのパンがあるんですがどれも美味しくて安いんです(^^♪
バゲット以外のパンを購入するのが目的でパン屋さんに入るのは大村の「キートス」とこのお店くらいですね・・・他のパン屋さんにもオリジナルの美味しいパンはあるとは思うのですがあまり目に入りません(^^;

雲仙07-5
当然カフェも併設しているのですが利用したことはないのでそのうちゆっくりと訪れたいですね

雲仙07-6
店の奥に「ゆ」と書いた暖簾が下がっているのには初めて気が付きました

雲仙07-7
存在は知ってはいたのですが「貸し切り湯」があるんです・・・というのもこのお店の前身は「加勢屋旅館」という温泉旅館だったそうなんです(^^)

雲仙07-8
「かせやカフェ」の裏側あたりも再開発工事が行われていますね


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月03日

雲仙の話題・・・「地獄」がリニューアル(^^;

前の記事の続きでまだ雲仙にいます

雲仙04
雲仙の「地獄」に来るのも久しぶりですね・・過去記事をチェックすると9年前まで遡ってしまいましたがそんなになるとは思えませんが記事にしていなかったのかな?

とっとって01-2
今回雲仙に来た目的の一つが今年の1月に見た「とっとって」の広告です(^^;

雲仙04-2
雲仙神社の隣から入りましたがここらへんはあまり変わっていないような気がします

雲仙04-3-2
坂を越えて九州ホテルの裏手に来ると何やら新しそうな施設・・・これが「雲仙地獄見台」でしょうね

雲仙04-3
更にその先には「雲仙地獄 足蒸し」「雲仙地獄工房」もあり合わせて「雲仙地獄茶屋」というそうです(^^;

雲仙04-4
ただでさえ暑かったので「足蒸し」はスルーしましたが地獄で「温泉卵」を実際に販売しているのを見かけるのもずいぶん久しぶりのような気がします

雲仙04-5
一番少ない時間帯だったせいもあるでしょうがお客さんの姿はちらほら・・・そのうちの半分くらいは外国人の方でした

雲仙04-6
歩いていると再び新しそうな施設が・・・

雲仙04-7
「大叫喚地獄」にデッキが出来て今までより間近で見ることが出来るようになっているんですね(^^)

雲仙05
その先の上り坂は止めて下りの道を進むと「宮崎旅館」の裏手の道に出ましたが

雲仙05-2
全く知らなかったのですがここにも何やら出来ています

雲仙05-4
この「泥火山」という場所は初めて見ました

雲仙05-3
もっとブクブクしているといいのですが(^^;
それでも小さな気泡が出ていましたから時間帯によっては動きが激しいのかもしれませんね


ssiimm at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月02日

雲仙の話題・・・東洋館から「満明寺」の大仏

雲仙の福田屋で「高来そば」を食べた後は「ホテル東洋館」で「展望露天風呂」というのに入るつもりでした

雲仙01
その前に「福田屋」の駐車場から左方向にある小地獄温泉に向かったのは数十年ぶりに「青雲荘」を見ようと思ったからです・・・私同様女房も「小学校の時の修学旅行で来て以来」だそうです(^^;

雲仙01-2
全く知らなかったのですが「青雲荘」以外にも小地獄温泉として旅館が数軒あるのですね

雲仙01-3
雲仙の街並の反対側にある「ホテル東洋館」にやってきました
私が長崎市内のホテルに勤務していた頃は「九州ホテル」「雲仙宮崎ホテル」と並ぶ人気旅館でしたがこのホテルだけは来たことがありませんでしたね

雲仙01-4
ここの露天風呂が「もってこい!長崎」を持参すると半額の400円で利用できるそうなんです(^^)

雲仙01-5
ロビーに入ると何だか薄暗いような気がしますね
フロントの女性に「風呂に入りに来たのですが」と伝えると・・・何と「本日は休館日なのでご利用できません」とのこと(゜o゜)
まさかホテルに休館日があるとは思ってもいませんでしたが確かに本を見るとこのホテルのみ「休みは不定休なので電話で確認のこと」と書いていました・・・忙しくないときは新館の「東園」だけで対応しているのかもしれませんね

雲仙02
しょうがないので地獄でも見ようかとぶらぶらと雲仙の街を歩いて行きましたが

雲仙03
途中に「雲仙大仏」という幟があるのを見かけて「千々石deその日暮らし」さんの記事を思い出しちょっと見に行くことにしましたがここは「満明寺」というお寺だそうです

雲仙03-2
時代がありそうな不動明王像の前にある「鐘楼」は鐘も含めてやけに新しそうですね

雲仙03-3
こちらが「大仏殿」みたいです

雲仙03-4
入口の扉を開けるといきなり金色に輝く大仏(゜o゜)
長崎で大仏というと寺町にある晧台寺の大仏を思い出しますがどちらが大きいのかな?・・・と思って調べると「晧台寺」の大仏が3.4mでここのが5mだそうです

雲仙03-5
隣にあった「ボケ封じ観音」にも当然参拝しときました(^^;

本当はこの後行った「地獄」の記事も続けて書くつもりだったのですが長くなりそうなので次の記事に続きます<m(__)m>


ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: