長崎ランタンフェスティバル

2018年02月24日

ランタンフェスティバル2018・・「浙江婺劇団」は初登場

今年の「長崎ランタンフェスティバル」で一番みたいと思っていたのは今回が初登場だという中国・浙江省の地方劇を演じる「浙江婺劇団(せっこうぶげきだん)」の公演です・・・昨年の「重慶雑技芸術団」と同様5日間だけの上演ですから見逃さないように日程をチェックしていました(^^;
ちなみにこの劇団や内容を紹介しているのは「人民中国」のHPくらいしか見当たらなかったので上演演目などはこれを参考にさせてもらっています

浙江 劇団01
この日(2/22)が最初の上演だという中央公園に向かいましたがお客さんの集まり具合は全く判らないので午後6時開始の1時間前には到着しましたが・・・さすがにお客さんはほとんど集まっていませんでしたね(^^;

浙江 劇団01-2
時間になると司会の人が登場していよいよ始まります・・・でもこの時点でも客席にはまだ若干の空席がありました

浙江 劇団01-4
最初の演目は「九節龍」という中国式の「龍踊」でしたがかなり派手ですね(^^;

浙江 劇団01-5

浙江 劇団01-6
長崎の「龍踊」に比べると煌びやかだし動きが早いこと(゜o゜)
無論「技術」的には長崎のほうがかなり洗練されているみたいでしたが何しろ「玉使い」まで含めたメンバーの動きはかなりスピーディーでなおかつ「雑技」のアクロバティックな要素も取り入れているので目が離せません


一応ちょこっと動画も撮ってみました(^^;

浙江 劇団01-7-2
「龍」を使って文字や図形を書くなんて長崎の「龍踊」からは想像もできませんよね・・・「龍踊」が好きな長崎市民は一度は見に行って見比べてもいいのではないでしょうか(^^)

浙江 劇団02
派手なオープニングが終わると今度は一転二胡の演奏

浙江 劇団03
続いては「婺劇」というこの地方に伝わる地方劇から「三岔口(さんちゃこう)」という芝居のワンシーン

浙江 劇団03-2
歌舞伎での「だんまり」みたいに暗闇の中という設定なんでしょうが何せ動きが激しいのでリアリティには欠けますね(^^;

浙江 劇団04
再び楽器の演奏が始まりましたが「徽胡(ホイフー=キコ)」と言って今で言う「ボイスパーカッション」みたいに口でも演奏するんですね
実はこの演奏の練習を昼間に「湊公園」で見ていましたがその時は何だろうと思っていました

浙江 劇団05
イマイチ記憶が曖昧なんですが次も演奏で「葫芦絲(ひょうたん笛)」だったかな(^^;

浙江 劇団06
続いては「天女散花」というこれも地元に伝わる「民俗芸能」でしょうが長い袖を新体操みたいに上手に操っていました

浙江 劇団07
次に登場したのはやはり「婺劇」の「呂布試馬(りょふしば)」という芝居のワンシーンですが左に立っている人は「馬」という設定みたいです
これも動画を撮ってみましたが独特の足の動きにはちょっと驚かされます

浙江 劇団07-2
さらにはかなりかさばる衣裳を着けたままて宙返りも行っていました(゜o゜)

浙江 劇団08
舞台に「猿」の扮装をした人たちが出てきましたが

浙江 劇団08-2
主役は当然「孫悟空」・・・「金猴鬧春(きんこうとうしゅん)」という劇だそうです
当然この芝居も孫悟空と猿たちがいろんな雑技で楽しませてくれます

浙江 劇団09
最後は出演者全員でのフィナーレで終了しましたが1時間の上演時間があっという間に過ぎたと感じたくらい楽しませて頂きました・・・途中からはかなりの数の立見のお客さんがいましたから早めに来て大正解でした(^^♪

浙江 劇団09-2
昨年同様に公演が終了した頃にはテント内のランタンもきれいに輝いていました(^^)

ssiimm at 09:07|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月20日

ランタンフェスティバル2018・・天后堂前で媽祖行列

まだ2/18ですがこの日は朝から「いさはや三海海鮮まつりinたらみ」に行った後諏訪小学校での「V・ファーレン長崎J1開幕激励パレード」出発式を見物してから「長崎ランタンフェスティバル」に向かいました・・・この日の一番の目的は唐人屋敷会場にある「天后堂(てんこどう)」前の広場で行われる「媽祖行列」でのパフォーマンスを2年ぶりに見ることでした
ちなみにこの日は今までになく好天に恵まれたので写真は全て逆光・・・画像を見るなら一昨年その前の年の記事がきれいです(^^;

媽祖行列01
「福建通り」から「唐人屋敷大門」の先「唐人屋敷通り」あたりは再開発の工事もほぼ終了したのか以前に比べるとかなりきれいな街並みになっています・・・その先の佐古小学校へ続く道はどうなっているのでしょうね

媽祖行列00
媽祖行列が到着するまで1時間近くあるのに会場の「天后堂前広場」に近づくと多くの人が集まっていたのにはちょっとビックリ・・・会場に入ると「太極拳」のデモンストレーションをやっていたので出演者の仲間や友達が見物に来ていたのですね

媽祖行列01-3
20分ほどすると「媽祖行列」を主催している「長崎ネットワーク市民の会」の代表である鬼永武さんのトークが始まりましたが今年も大勢の観客の笑いを取っていました(^O^)
でも中国語が堪能なのにはちょっと驚きました

媽祖行列01-4
ほどなくして「媽祖行列」が入場してきました

媽祖行列01-5
「媽祖様」を抱えた荷主夫妻も到着しましたが今回は行列だけで「船」は会場の外で待機していたのは何故なのかな?

媽祖行列01-6
この荷主役の方が抱えているのが「媽祖様」です

媽祖行列01-7
荷主夫妻の両脇にいるのが「媽祖様」の守護神である「順風耳」と「千里眼」です

媽祖行列02
まずは行列の祭官である「直庫(てっこ)」に合わせて「媽祖様」に参拝します

媽祖行列02-2
ここからはその「直庫」による「直庫振り」のスタートです

媽祖行列02-3

媽祖行列02-4
参加者一同の厄を払った後には

媽祖行列02-5
「直庫」独特の「不動のポーズ」・・・以前は司会者が「1分以上動かないと吉」と言っていましたがやはりプレッシャーになるのか今回は触れんませんでしたね(^^;


ちょっと体調が悪かったのかもしれません

媽祖行列02-6
続いては「順風耳」と「千里眼」による所作が行われます
以前も書きましたが「千里眼」をwikipediaで調べると「媽祖に使役されている鬼に、この能力を持つ千里眼と呼ばれる鬼がおり、順風耳と呼ばれる鬼と共に一対で仕えている」と説明されていますがこの「媽祖行列」を見たことが無い人には判らないでしょうね(^^;

媽祖行列02-7

媽祖行列02-8
この所作もさほど派手ではないのですがランタンフェスティバルになると見たくなります(^^)

媽祖行列03
一連のパフォーマンスは終わったのですが、広場では唐船を見ることが出来なかったので行列に先回りをして船を待つことにしました

媽祖行列03-3
これが唐船「富貴花」ですがここでも「直庫」が目立っています(^^)


ssiimm at 09:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月18日

「長崎ランタンフェスティバル2018」が始まりました

一昨日の2/16から「長崎ランタンフェスティバル2018」がスタートしましたね
昨日は一応ランタンフェスティバルには行ってきたのですが「中国雑技」などは時間の関係もあり後日見ることにして取りあえずは各会場のランタンや過去のメインオブジェ見物をしてきました(^^)

新地01
まずは新地中華街に向かいましたが

新地01-2
銅座川に飾られたピンクのランタンが川面に映ってきれいですね(^^)

新地01-3
先日も書きましたが新地橋公園には昨年のメインオブジェである「百鳥(ももとり)」が飾られています

新地01-4
中華街にある「会楽園」の店頭にも独自のオブジェが飾られていますね(^^;

新地01-5
やはり中華街に飾られている赤いランタンが一番きれいですが通りを歩いている人は思った以上に少ないのは「湊公園」でのアトラクションが始まるのに時間があったからでしょうか

新地01-6
以前土産品店だった場所が飲食店になっていました(゜o゜)
どうやら「老李」がランタンフェスティバル期間中に臨時店舗を出店しているみたいです

新地02
メイン会場のひとつである「湊公園」にやってきましたが今回も「本物の豚の頭」を飾っていることで有名な「関聖帝君」こと「関羽」を祀った祭壇です

新地02-2
今回は並んでいる参拝客が少なかったので久しぶりに「竹線香」をあげることが出来ました・・この竹線香を日本で作っているのは伊良林の「草野商店」のみですから観光で訪れた人は「変な線香」だと思ったことでしょうね(^^;

新地02-3
公園内もお客さんは少ないので

新地02-4
今年のメインオブジェ「瑞獅戲球(ずいすーしーちょう)」の写真も撮影しやすかったですね(^^)

中央公園01
新地から中央公園に向かいましたが浜町アーケードを出た所にある「鉄橋」に飾られていたのは恒例ですが一昨年のメインオブジェである「西遊記」です

中央公園01-2
途中築町でランチを食べた後はここもメイン会場である「中央公園」にやってきましたが築町側の入口には3体の大きなオブジェが飾られています
2009年のメインオブジェである「金牛」と2013年の「玄武」それに2012年の「祥龍戯珠(しょうりゅうぎじゅ)」ですが結構保存状態はいいみたいですね

中央公園01-3
ここのステージも開演までには時間があるのですが客席は結構埋まっていましたが1時間後の「皇帝パレード」や2時間後の「中国雑技」の開始を待っているのでしょうか?

中央公園01-4
以前蒸気機関車が展示してあったところは空きスペースになっているんですね(T_T)

中央公園02
今度は「眼鏡橋会場」に向かうことにしましたが交差点傍にある「親和銀行」には8年前の「龍馬&お龍さん」のオブジェが飾られていました

眼鏡橋会場01
眼鏡橋会場に到着して最初に目にしたのは2002年の「飛馬(ふぇいま)」ですがこのオブジェは毎年この場所に飾られているような気がしますね

眼鏡橋会場01-3
眼鏡橋には黄色のランタンが似合うのかな?

眼鏡橋会場02
この2010年のトラのオブジェは結構気に入っているのですがかなり色あせていますね・・・あと4年で新作が出来るので作り直すことが無いのはちょっと残念です

眼鏡橋会場02-2
ついこの間だと思いましたがこの 「老鼠娶親(ラオ・スー・チー・チィン)」がメインオブジェだったのは2008年ですから10年前になるんですね(^^;


ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月15日

明日から「長崎ランタンフェスティバル2018」

いよいよ明日2/16から「長崎ランタンフェスティバル2018」が始まりますね・・・例年だと中国での旧暦の1月1日(春節)から1月15日(元宵節)までの15日間開催なんですが今年は17日間あるのは何故なんでしょうね?
まぁそれは置いといて一昨日はちょっと新地中華街や浜町での準備の進み具合を見てきました

ランタン準備01

ランタン準備01-2
銅座川の上に並ぶピンクのランタンはホントきれいですね(^^)
2012年から飾られるようになりましたがこれだけきれいなのはちょくちょく作り直しているのでしょか?

ランタン準備03-5
中島川の「黄色のランタン」とはえらい違いです(^^;

ランタン準備01-1
このちょっと形が違うランタンも可愛いですね

ランタン準備01-3
毎回「新地橋公園 」には前の年のメインオブジェが飾られますが今回も昨年のメインオブジェだった「百鳥(ももとり)」です

ランタン準備01-4-2
新地中華街には基本の赤いランタンが飾られていますが「ランタンフェスティバル」発祥の地だけあっていつもながらきれいですね(^^)

ランタン準備01-5
ちょっとメイン会場である「湊公園」にも寄ってみました

ランタン準備01-6
まだ準備中で公園内は立ち入り禁止でしたがこちらが今年のメインオブジェである「瑞獅戲球(ずいすーしーちょう)」です

ランタン準備02
浜町アーケードにやってきましたがここも赤いランタンが飾られています

ランタン準備02-2
観光通りアーケードにはいろんなオブジェが準備されていますね

ランタン準備02-3
「三菱東京UFJ銀行」の前には毎回お馴染みの「馬上関羽」のオブジェがありますが

ランタン準備02-4
一番見慣れているのは「長崎浜屋」前の「月下老人」のオブジェでしょうね

ランタン準備02-7
「石丸文行堂」の店先には「ランタングッズ」が販売されていました(^^;

ランタン準備03
車で通っている途中で見かけた「長崎市民病院」前に飾られていたのは2014年のメインオブジェ「天馬奔騰」かな?

ランタン準備03-2
長崎駅前の「かもめ広場」に飾られていたのは2015年のメインオブジェだった「九陽啓泰(きゅうようけいたい)」です


ssiimm at 09:22|PermalinkComments(2)clip!

2017年02月13日

ランタンぶらぶら・・「皇帝パレード」から築町

この日は朝から雪の中を大村まで行ってきたのですが帰りに「長崎ランタンフェスティバル」最終日の雰囲気を味わおうと浜町に寄ってみました

浜町01
安い駐車場が空いていなかったらパスしようと思っていたのですが「土日は60分100円」という長崎市立幼稚園前のコインパーキングが珍しく空いていました(^^;

浜町01-2
そこに車を停めて中通り方面に歩いて行くと・・・途中で見かけたのが「長崎の猫雑貨」という新しいお店
私は猫にほとんど関心が無いので素通りしましたが(^^;

浜町01-3
眼鏡橋を渡ると前方に人だかり・・・時間的に「皇帝パレード」が通過するのでしょうね

浜町01-4
やはりちょうどいいタイミングで「皇帝パレード」に遭遇しました
他のイベントに比べるとさほど関心は高くなくパレード目的でランタンフェスティバルに来たのは1〜2回しかありませんがやはり目の前を通ると無視は出来ませんよね(^^;

浜町01-6
この日の皇帝役は大リーグで活躍しているプロ野球選手である「ムネリン」こと川崎宗則選手なんですがタイミングが悪く顔を手で隠されました(^^; ・・・当然女房は「ムネリン」など全く知らないそうです

浜町01-7
こちらは皇后役である長崎出身の女性アナウンサーだそうですが今度はは私が知りません(^^;

浜町01-8
パレードは一旦諏訪小学校に入り一時休憩して湊公園に向かうそうです・・・小学校前で仁王立ちしているガードマンは以前からの知人ですが「ランタンフェスティバル」のたびに顔を合わせているような気がします

浜町01-9
中通りには大勢の人がいましたが、昨年末にオープンしたこの「チョコレート市場」というお店も多くのお客さん・・・考えたらもうすぐ「バレンタインデー」なんですね(^^;

浜町02
「皇帝パレード」はこの後には中通りから観光通りを通って湊公園まで進むそうですが観光通りアーケードにはそれを待つ大勢のお客さん・・・

浜町02-2
と思ったら「ハマクロス」前は想像以上の大混雑(゜o゜)・・・本当にゆっくり見たいのなら「鍛冶屋町通り」が一番のポイントなんですがね

浜町02-3
人が多い浜町アーケードを通り抜け「築町」に向かうことにしました

浜町03
浜町アーケードの入口である「鉄橋(くろがねばし)」には一昨年のメインオブジェである「九羊啓泰」が飾られています

浜町03-2
築町商店街にやってきましたが「からすみ」の「小野原本店」前では「ランタンフェスティバル」限定という「ワンコインからすみ」を店頭で販売していました(^^;

浜町03-3
「メルカ築町」前にはお馴染みのチンドン屋「かわち家」さんが岩崎本舗の「角煮まんじゅう」を宣伝していました・・・この日は一人でやっているのかなと思ったら

浜町03-4
残りの楽団は「貝賀鮮魚店」前で「フランクフルト」を頬張っていました(^O^)

浜町03-5
さらにその先の「中野蒲鉾店」でも「ランタンフェスティバル」用の「揚げたて蒲鉾」を販売していてお客さんが並んでいますね

浜町03-6
たまに見かけますが毎日やればいいのにね

浜町03-7
何とこんなことには無縁だと思っていた「川万商店」でも店頭で「揚げたて天ぷら(蒲鉾)」を販売していました(゜o゜)
今までにもイベントの時にはやっていたのかもしれませんが初めて気が付きました・・・ここもしょっちゅうやればいいと思いますね

浜町04
中央公園では「中国雑技」が行われていましたがあきれるくらいの観客の多さでした(^^;



ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月08日

長崎ランタンフェスティバル2017・・3度目の「変面」

まだ2月3日ですね(^^;

孔子廟01
夕方からはあちこちの節分会場を回ったのですがその前に変面の第一人者「姜鵬」さんのステージを見るために「孔子廟」に再びやって来ました

孔子廟01-3
当然前回購入した「年間パスポート」を利用します・・・私たちが購入したのは1年間有効で1000円だったのですが2000円で3年間有効のパスポートもあるそうですね

孔子廟01-2
開始時刻までちょっと時間があったので「お土産コーナー」を覗いてみると・・・何と「変面人形」なるものが販売されていました(^^;

孔子廟02
この日は時間通りに「変面」が開始されましたが演じるのは当然「 中国川劇変面王」である姜鵬さんです

孔子廟02-2

孔子廟02-3

孔子廟02-4
考えてみると今年のランタンフェスティバルで「変面」を見るのは3度目になりますね・・・でも当然ですがこの人のステージが群を抜いて素晴らしいですね(^^)

孔子廟03
演技が終了すると「素顔」を顕すのが「変面」のパターンですが

孔子廟03-2
姜鵬さんの場合はここからもう一度マスクが登場するのです(゜o゜)
多くの変面師を見ましたがこのパフォーマンスが出来るのは姜鵬さん以外では一人しか見たことがありません

孔子廟03-3
全部終了してから挨拶をしますが

変面
5年前に孔子廟での初舞台の時より若々しいような感じですね(^^♪



ssiimm at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月06日

長崎ランタンフェスティバル2017・・重慶雑技芸術団

これはまだ「節分」の前、2/1の記事の続きです

重慶雑技00
先日の記事でも書きましたが「湊公園」で雑技が始まる前にステージイベントの予定表を見ていると「中国雑技」と「重慶雑技芸術団」という別のグループの公演があるのに気が付きました(゜o゜)
新聞記事で「重慶雑技芸術団」のことを見た記憶があるのでその時はてっきり今年の雑技はこのグループが行うと思っていたのです・・・でも湊公園で行う雑技とは別に夕方から中央公園で上演するとのことですし何とこの日が最後の舞台みたいです

重慶雑技01
そんな訳で湊公園から中央公園に向かいました・・・まさか「雑技」のはしごをするとは思っても見ませんでした(^^;
でもこの日はかなり寒かったですね

重慶雑技01-2
寒い中を1時間近く待ったところでいよいよ「雑技」のスタートですが普段「ランタンフェスティバル」で行われる「中国雑技」に比べると女の子が多いこと!
今年の「中国スーパー雑技団」や何度も来ている「中国雑技芸術団」では総勢で6〜8人でやっているのですが女の子だけで10数人いましたからかなり華やかです(^^)
司会の方の話ではこの「重慶雑技芸術団」は特別参加で5日間しか講演しないそうですから最終日に気が付いてラッキーでした(^^♪ 
ちなみにウィキペディアで「雑技」を調べると「その中で比較的早く設立されて今日に至るまでその名声を揚げている雑技団では上海雑技団、広州雑技団、武漢雑技団、重慶雑技団、 瀋陽雑技団、西安雑技団などがある」とありますから司会者が「中国でもトップクラス」と紹介したのも納得です

重慶雑技01-3

重慶雑技01-4
実際の舞台は「ジャグリング」「力技」など特別変わった演技では無いのですが完成度はかなり高いと感じました・・・やはり日本に本拠を持っている雑技団と違い各団員が披露する演技の種類が少ないので技に磨きがかかっているのでしょうか

重慶雑技01-5
驚いたのはこのダンス・・・軽業や力技など観客を驚かせる演目ばかりじゃなくなるほど「雑」技なんですね

重慶雑技02-3

重慶雑技02-4
過去の中国雑技でも見た演目が続きます

重慶雑技02-7
この「ローリングバランス」は以前何度か見た「中国雑技芸術団」の候軍(コウグン)さんの演技の方が良かったかな(^^;

重慶雑技03-3
女の子の「柔軟」も人数が多いので迫力があります

重慶雑技04
最後は全員での「組技」ですがこれもすごいです

重慶雑技04-2

重慶雑技04-3
全員が組み合わさった状態で何と回転しています(゜o゜)

各演技の画像を見ても判らないでしょうが通して観覧していると音楽に上手に乗った演技構成でまるでミュージカルでも見ているような素晴らしさでしたね・・・女房も「この中国雑技は今まで見た中で一番良かったのでもう一度ゆっくり見てみたい」とかなり気に入ったみたいでした

重慶雑技06
上演時間の1時間があっという間に過ぎましたが、気が付けばすっかり陽は落ちて天井のランタンも素晴らしくきれいでした(^^♪


ssiimm at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: