長崎ランタンフェスティバル

2017年02月13日

ランタンぶらぶら・・「皇帝パレード」から築町

この日は朝から雪の中を大村まで行ってきたのですが帰りに「長崎ランタンフェスティバル」最終日の雰囲気を味わおうと浜町に寄ってみました

浜町01
安い駐車場が空いていなかったらパスしようと思っていたのですが「土日は60分100円」という長崎市立幼稚園前のコインパーキングが珍しく空いていました(^^;

浜町01-2
そこに車を停めて中通り方面に歩いて行くと・・・途中で見かけたのが「長崎の猫雑貨」という新しいお店
私は猫にほとんど関心が無いので素通りしましたが(^^;

浜町01-3
眼鏡橋を渡ると前方に人だかり・・・時間的に「皇帝パレード」が通過するのでしょうね

浜町01-4
やはりちょうどいいタイミングで「皇帝パレード」に遭遇しました
他のイベントに比べるとさほど関心は高くなくパレード目的でランタンフェスティバルに来たのは1〜2回しかありませんがやはり目の前を通ると無視は出来ませんよね(^^;

浜町01-6
この日の皇帝役は大リーグで活躍しているプロ野球選手である「ムネリン」こと川崎宗則選手なんですがタイミングが悪く顔を手で隠されました(^^; ・・・当然女房は「ムネリン」など全く知らないそうです

浜町01-7
こちらは皇后役である長崎出身の女性アナウンサーだそうですが今度はは私が知りません(^^;

浜町01-8
パレードは一旦諏訪小学校に入り一時休憩して湊公園に向かうそうです・・・小学校前で仁王立ちしているガードマンは以前からの知人ですが「ランタンフェスティバル」のたびに顔を合わせているような気がします

浜町01-9
中通りには大勢の人がいましたが、昨年末にオープンしたこの「チョコレート市場」というお店も多くのお客さん・・・考えたらもうすぐ「バレンタインデー」なんですね(^^;

浜町02
「皇帝パレード」はこの後には中通りから観光通りを通って湊公園まで進むそうですが観光通りアーケードにはそれを待つ大勢のお客さん・・・

浜町02-2
と思ったら「ハマクロス」前は想像以上の大混雑(゜o゜)・・・本当にゆっくり見たいのなら「鍛冶屋町通り」が一番のポイントなんですがね

浜町02-3
人が多い浜町アーケードを通り抜け「築町」に向かうことにしました

浜町03
浜町アーケードの入口である「鉄橋(くろがねばし)」には一昨年のメインオブジェである「九羊啓泰」が飾られています

浜町03-2
築町商店街にやってきましたが「からすみ」の「小野原本店」前では「ランタンフェスティバル」限定という「ワンコインからすみ」を店頭で販売していました(^^;

浜町03-3
「メルカ築町」前にはお馴染みのチンドン屋「かわち家」さんが岩崎本舗の「角煮まんじゅう」を宣伝していました・・・この日は一人でやっているのかなと思ったら

浜町03-4
残りの楽団は「貝賀鮮魚店」前で「フランクフルト」を頬張っていました(^O^)

浜町03-5
さらにその先の「中野蒲鉾店」でも「ランタンフェスティバル」用の「揚げたて蒲鉾」を販売していてお客さんが並んでいますね

浜町03-6
たまに見かけますが毎日やればいいのにね

浜町03-7
何とこんなことには無縁だと思っていた「川万商店」でも店頭で「揚げたて天ぷら(蒲鉾)」を販売していました(゜o゜)
今までにもイベントの時にはやっていたのかもしれませんが初めて気が付きました・・・ここもしょっちゅうやればいいと思いますね

浜町04
中央公園では「中国雑技」が行われていましたがあきれるくらいの観客の多さでした(^^;



ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月08日

長崎ランタンフェスティバル2017・・3度目の「変面」

まだ2月3日ですね(^^;

孔子廟01
夕方からはあちこちの節分会場を回ったのですがその前に変面の第一人者「姜鵬」さんのステージを見るために「孔子廟」に再びやって来ました

孔子廟01-3
当然前回購入した「年間パスポート」を利用します・・・私たちが購入したのは1年間有効で1000円だったのですが2000円で3年間有効のパスポートもあるそうですね

孔子廟01-2
開始時刻までちょっと時間があったので「お土産コーナー」を覗いてみると・・・何と「変面人形」なるものが販売されていました(^^;

孔子廟02
この日は時間通りに「変面」が開始されましたが演じるのは当然「 中国川劇変面王」である姜鵬さんです

孔子廟02-2

孔子廟02-3

孔子廟02-4
考えてみると今年のランタンフェスティバルで「変面」を見るのは3度目になりますね・・・でも当然ですがこの人のステージが群を抜いて素晴らしいですね(^^)

孔子廟03
演技が終了すると「素顔」を顕すのが「変面」のパターンですが

孔子廟03-2
姜鵬さんの場合はここからもう一度マスクが登場するのです(゜o゜)
多くの変面師を見ましたがこのパフォーマンスが出来るのは姜鵬さん以外では一人しか見たことがありません

孔子廟03-3
全部終了してから挨拶をしますが

変面
5年前に孔子廟での初舞台の時より若々しいような感じですね(^^♪



ssiimm at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月06日

長崎ランタンフェスティバル2017・・重慶雑技芸術団

これはまだ「節分」の前、2/1の記事の続きです

重慶雑技00
先日の記事でも書きましたが「湊公園」で雑技が始まる前にステージイベントの予定表を見ていると「中国雑技」と「重慶雑技芸術団」という別のグループの公演があるのに気が付きました(゜o゜)
新聞記事で「重慶雑技芸術団」のことを見た記憶があるのでその時はてっきり今年の雑技はこのグループが行うと思っていたのです・・・でも湊公園で行う雑技とは別に夕方から中央公園で上演するとのことですし何とこの日が最後の舞台みたいです

重慶雑技01
そんな訳で湊公園から中央公園に向かいました・・・まさか「雑技」のはしごをするとは思っても見ませんでした(^^;
でもこの日はかなり寒かったですね

重慶雑技01-2
寒い中を1時間近く待ったところでいよいよ「雑技」のスタートですが普段「ランタンフェスティバル」で行われる「中国雑技」に比べると女の子が多いこと!
今年の「中国スーパー雑技団」や何度も来ている「中国雑技芸術団」では総勢で6〜8人でやっているのですが女の子だけで10数人いましたからかなり華やかです(^^)
司会の方の話ではこの「重慶雑技芸術団」は特別参加で5日間しか講演しないそうですから最終日に気が付いてラッキーでした(^^♪ 
ちなみにウィキペディアで「雑技」を調べると「その中で比較的早く設立されて今日に至るまでその名声を揚げている雑技団では上海雑技団、広州雑技団、武漢雑技団、重慶雑技団、 瀋陽雑技団、西安雑技団などがある」とありますから司会者が「中国でもトップクラス」と紹介したのも納得です

重慶雑技01-3

重慶雑技01-4
実際の舞台は「ジャグリング」「力技」など特別変わった演技では無いのですが完成度はかなり高いと感じました・・・やはり日本に本拠を持っている雑技団と違い各団員が披露する演技の種類が少ないので技に磨きがかかっているのでしょうか

重慶雑技01-5
驚いたのはこのダンス・・・軽業や力技など観客を驚かせる演目ばかりじゃなくなるほど「雑」技なんですね

重慶雑技02-3

重慶雑技02-4
過去の中国雑技でも見た演目が続きます

重慶雑技02-7
この「ローリングバランス」は以前何度か見た「中国雑技芸術団」の候軍(コウグン)さんの演技の方が良かったかな(^^;

重慶雑技03-3
女の子の「柔軟」も人数が多いので迫力があります

重慶雑技04
最後は全員での「組技」ですがこれもすごいです

重慶雑技04-2

重慶雑技04-3
全員が組み合わさった状態で何と回転しています(゜o゜)

各演技の画像を見ても判らないでしょうが通して観覧していると音楽に上手に乗った演技構成でまるでミュージカルでも見ているような素晴らしさでしたね・・・女房も「この中国雑技は今まで見た中で一番良かったのでもう一度ゆっくり見てみたい」とかなり気に入ったみたいでした

重慶雑技06
上演時間の1時間があっという間に過ぎましたが、気が付けばすっかり陽は落ちて天井のランタンも素晴らしくきれいでした(^^♪


ssiimm at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月03日

長崎ランタンフェスティバル2017・・湊公園で中国雑技

「柊」でラーメンを食べた後、ちょっと「夢彩都」に寄ってから湊公園に向かいました

湊公園01-1
この日の「中国雑技」の開始予定時間は午後3時だったのですが中央公園と違い湊公園はお客さんが集まるのが早いので45分くらい前に到着しました・・・公園入口の門には孔子廟と同じような「飾り瓦」があるのに今回初めて気が付きました(^^;

湊公園01-2
これが今年のメインオブジェである「百鳥(ももとり)」で一番上に飾られているのは「鳳凰」だそうです

湊公園01-3
ワンパターンですが「関聖帝君」こと「関羽」を祀った祭壇の前にはお供え物の数々・・・当然全部本物です(^^;

中国雑技01
寒い中を待ちわびた中、やっと「中国雑技」のスタートです
今年も昨年に引き続き「中国スーパー雑技団」という岡山に本部がある雑技団が行うそうですが今回のオープニングは中国獅子舞です

中国雑技01-2

中国雑技01-3
「力技」「皿回し」あたりは昨年と同じプログラムかな?

中国雑技01-4
「槍芸」は昨年も行われましたが内容が変わっていますね

中国雑技01-5

中国雑技01-7
「コマ回し」「ヘッドバランス」という女性の演技が続いた後は

中国雑技02
人気の「変面」の登場です

中国雑技02-2
私を含め長崎市民は毎年楽しんでいますが初めて見る観光客あたりはビックリするでしょうね(^^♪

中国雑技02-5
これは「単肩倒立」っていう技でしたっけ? 派手さは無いのですが結構見応えがありました

中国雑技03-2
過去の雑技で最後に登場するのは「椅子芸」が多かったのですが今回は「綱渡り」だそうです

中国雑技03-3

中国雑技03-4
「綱」の上でジャグリングをしたり一輪車に乗ったりした後には

中国雑技03-5
こんな芸当も披露していました(^^)

今年のプログラムは昨年と大きく変わっていましたから思った以上に楽しめましたね

予定01
ちなみにこれはずいぶん前に入手していた「ランタンフェスティバル2017」のイベントプログラムなんですが

予定02
会場で待っている間の時間つぶしに見ようと思い案内所で貰って来たのを見ていると・・・あれ? 「重慶雑技芸術団」って?



ssiimm at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月31日

ランタンぶらぶら・・「もてなしや」に田中旭榮堂!

孔子廟で「変面」を見た後は「ランタンフェスティバル」の飾りを見ようと浜町に行きました

眼鏡橋会場01
浜町アーケードを少し歩いてから向かったのは黄色のランタンが特徴の「中島川公園会場」です・・・左手に見えるのは15年ほど前のメインオブジェだった「天馬」ですね

眼鏡橋会場01-1
眼鏡橋にかかる黄色のランタンです・・・眼鏡橋の上にいる観光客は少なく多くは両隣の橋の上から写真を撮っていました(^^;

眼鏡橋会場01-3
この黄色のランタンは数年前に新調されたので昼間見てもすごくきれいです

眼鏡橋会場01-2
その奥にあるオブジェは2011年の「玉兎迎春 嫦娥奔月」ですが過去のメインオブジェは何体くらい残っているんでしょうね

眼鏡橋会場02
中島川沿いに歩いていると見えてきたのは1/26の新聞に「明日オープン」と紹介されていた「もてなしや2号店」です

眼鏡橋会場02-1
最近このあたりでいろんなお店を展開している「メモリード」が川向うに2年ほど前に作った「もてなしや」の新しいお店です・・・そういえば1号店にはオープン前に立ち寄りましたね(^^;

眼鏡橋会場02-3
店内に入るとまず目に付いたのは観光案内のパンフレットですがスペースの多くは「長崎土産」の販売所になっています

眼鏡橋会場02-4
でもこの販売所は独自の商品を集めているみたいですね
「蚊焼干し」なんて「がんばランド」以外ではあまり見たことがありませんし、これだけ種類が揃っているのには驚きます

眼鏡橋会場02-5
その隣にあった「魚住」の「からすみ」ですがこんなミニサイズがあるとは知りませんでした・・・これなら価格も安いですし珍しがられるでしょうから長崎土産にはいいかもしれませんね(^^;

眼鏡橋会場02-4-2
よく購入している「カコイ食品」の「あごだし味噌」の隣にあったのは平戸の「長田食品」の商品・・・今年の「水産加工振興祭」で目にしたのが多分初めてのお店です

眼鏡橋会場02-6
これも「県産品フェア」でお馴染みの「テル鮮魚」の「生節」ですが普通にお店で販売しているのを見たのは初めてじゃないかな

眼鏡橋会場02-7
何だか聞き覚えがある「やさいのカリカリ」という商品ですがこれは2年前の「長崎県特産品新作展」で最優秀賞に輝いた商品なんですね・・・当時とはパッケージが違っていますがこのデザインが昨年の「長崎デザインアワード2016 パッケージデザイン部門」で受賞しているそうです(^^)

眼鏡橋会場02-8
でもこのお店で一番驚いたのは「田中旭榮堂」の栗饅頭を販売していたことです(゜o゜)
このお店は明治から続く老舗なんですが上町にある本店以外では販売所などでは扱っていませんし各地で行われる「長崎県産品フェア」にも出店しないのです・・・私はこのお店のパッケージが好きなので子供たちの初節句のお祝いに利用させて戴いたくらい気に入っているお店なんです
ちなみに隣にある「千寿庵長崎堂」の「長崎オマガリにゃすてら」という商品も「やさいのカリカリ」と同時に受賞しましたね
どちらかというとここは観光客よりも地元長崎市の人に利用してもらいたいお店です(^^;

眼鏡橋会場03
お店を出ると中島川に観光客が大勢下りていました(^^;



ssiimm at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月30日

長崎ランタンフェスティバル2017・・孔子廟で「変面女子」

今年も「長崎ランタンフェスティバル」が始まりましたね
一昨日の1/28は初日という事で夕方から点灯式があるのですがそれまでは「湊公園」「中央公園」のいずれでも催しが行われないんですよね

孔子廟01
そんな中で「孔子廟」のみは昼間からイベントを行っているので早速行ってきました

孔子廟01-2
考えてみるとランタンフェスティバル期間中には毎年「孔子廟」を訪れているのですが昨年までは入場料が無料になる午後5時以降にしか入っていませんから料金所に来るのも久しぶりです
それというのも昨年までは夕方に行われていた「変面」が昼間と午後8時過ぎくらいに上演されることになったねです(T_T)
でも正直「変面」を一度見るためだけに600円の入場料を払うのはちょっと・・・と思っていたのですが「中国川劇変面王」の姜鵬さんのFBで「年間パスポート」が1000円で販売しているのを知ったのです

孔子廟01-3
こちらが孔子廟に1年間何度でも入場できるパスポートです・・・私は1年間有効のものしか知らなかったのですが窓口で聞くと3年間有効のもあるそうですね
いずれにせよこのパスポートがあるので今年は何度でも「変面」を見に来れますね(^^♪

孔子廟01-9
孔子廟に入ると「長崎ランタンフェスティバル」の看板がありましたがやはり「変面」をアピールしています

孔子廟01-4
会場である「大成殿」前の広場にはすでに多くのお客さん・・・その時点ではアマチュアの演奏会が行われていましたが当然「変面」を待つ人たちでしょうね

孔子廟01-5
まだ開始には時間があったのでとりあえずは「孔子様」に参拝した後

孔子廟01-6
かなり久しぶりに「中国歴代博物館」にも訪れてみました

孔子廟01-7
館内は当然撮影禁止なので入口の画像のみですが・・・ここの展示物は門外漢の私でも驚くような逸品の数々です(゜o゜)

孔子廟01-8
今年は回廊にいろんな出店が軒を連ねていますね

孔子廟02
「変面」の開始前には驚くような観客・・・でも空気を読めないアマチュア演奏家たちがリクエストされてもいないアンコール曲を演奏したりして持ち時間をオーバーしたので開始が遅れたのはちょっと(-_-;)

孔子廟02-3
やっとお客さんが待っていた「変面」の登場ですが・・・実はこのパフォーマンスを演じているのは新聞などでも紹介されていましたが現役の女子高生なんだそうですね

孔子廟02-4
そんでもってこの日の演技が初舞台だそうです(^^;
女性の「変面師」というのは今までにも「中国雑技団」で何人か見たことがありますから特別珍しくはありませんが現役女子高生というのは初めてでしょう

孔子廟02-5

孔子廟02-6
毎年見ている「姜鵬」さんのパフォーマンスに比べるとさすがに見劣りしますがこれはしょうがないでしょうね(^^;

孔子廟02-9
でもマスクを取った後の可愛さは抜群でした(^^♪

次回は姜鵬さんの「変面」を見に訪れましょうかね(^^)



ssiimm at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月20日

長崎ランタンフェスティバル2016・・今年も孔子廟で「変面」

以前も書きましたがランタンフェスティバルの楽しみは「中国雑技」と「媽祖行列」、そして孔子廟で行われる「変面」を見ることです
数年前にはは期間中に数度しか上演されなかったのですが演じる当時の留学生だった「姜鵬」さんが長崎で就職したこともあり毎日見ることが出来るようになったのはラッキーですね(^^)

孔子廟01
という訳で孔子廟にやってきました

孔子廟01-2
到着したのは孔子廟が無料開放される午後5時の30分くらい前でしたがすでにお客さんが10数人に並んでいました・・・この後次第に行列の人数が増え開放5分くらい前には200人以上並んでいたのではないでしょうか(゜o゜)

孔子廟01-5
こちらが孔子廟の「大成殿」ですが

孔子廟01-6
何はともあれ先ずは参拝・・・無論中国式の参拝方法は知らないので日本式ですが(^^;

孔子廟02-2
午後5時を回ると先ず行われたのが「緑が丘保育園」の「ヤンコ踊」、・・・この踊はランタン期間中にあちこちで行われていますが実際に見るのは初めてですね

孔子廟03
「ヤンコ踊」が終わるといよいよ「変面」の登場です

孔子廟03-3
こちらが若くして「中国川劇変面王」と称された姜鵬さんですが

孔子廟03-4
さすがに動きも堂に行っていますね

孔子廟03-5
すぐ目の前でも演じてくれますが

孔子廟03-6
どこに行っても直前に並ぶ観客からは驚きの声が沸き起こります(^^)

孔子廟03-8
これだけ素晴らしい技術を持った方が目の前で演じてくれるのですから申し分ありませんね
「変面」で検索すると日本各地でいろんな人が演じていますがこれだけの技を習得している人はほとんど皆無ですし、そもそもこれほどお客さんの目の前で演じる人はほとんどいませんね

孔子廟04

孔子廟04-3
この後もいろいろ変化してくれましたがそのたびに目の前の観客からは大喝采(^^)


ちょっと動画も撮ってみましたが写真を撮りながらの撮影ですから今年も上手く撮れていませんね(^^;

変面
こちらのお面が今年限定の「申」のマスクかな?
孔子廟04-6
お客さんの目の前数十センチの場所で演じるのはやはり技に絶対の自信をもっているのでしょうね

孔子廟04-7
最終的にはマスクをすべて外した素顔で挨拶します

孔子廟05
「もってこ〜い」の声には「ひょうたん笛」の演奏をしてくれました(^^;

ちなみに来月は京都芸術センターで「狂言」とコラボするそうですね

狂言×中国変面
日時:2016年3月30日(水)19:00start/18:30open
出演:茂山正邦、茂山茂(狂言)、姜鵬(変面)
作・演出:村上慎太郎(夕暮れ社 弱男ユニット)
内容:狂言×中国変面『からくり人形』(村上慎太郎作・演出)、狂言『右近左近』


ssiimm at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: