長崎の道

2018年04月11日

島原道路「諫早外環状線」を走ってみました

大村に行った帰りに先日開通した島原道路・諫早外環状線「諫早インター工区」を通ってみることにしました

島原道路・諫早00
諫早インター近くの工事現場に掲示してあった道路の説明ですが今回開通したのは地図の左手にある「貝津交差点」近くの「小船越インター」から中ほどにある「栗面インター」までの2.7kmだそうです・・距離は大したことは無いのですが何せ常に渋滞している「小船越交差点」を通らずに愛野や島原方面に行けるので結構便利な道になりそうですね(^^)

島原道路・諫早01
本当は「小船越インター」から乗りたかったのですがこの日は高速を使って大村に行ったので帰りに「栗面インター」から乗ることにしました・・・車のフロントガラスが汚れているのは気にしないでください(^^;

島原道路・諫早01-2
長崎方面に向かって走り「栗面交差点」から左折するとほどなくインター入口の案内があります

島原道路・諫早01-3
将来的には「長野インター」からの道と合流するのでしょうがいつになるのでしょう

島原道路・諫早01-4
片側1車線ですがやはり対向車線を走る車が圧倒的に多く見られます

島原道路・諫早01-5
「栗面平山トンネル」というのを抜けると前方にまたトンネル

島原道路・諫早01-6
これは「平山貝津トンネル」というそうですがその先にまたトンネルがあります

島原道路・諫早01-7
今度は「貝津トンネル」というそうですが全長2.7kmの道路に「297m」「349m」「330m」のトンネルがあるのですから工事も大変だったでしょうね

島原道路・諫早02
3本目のトンネルを抜けるともうすぐ出口です

島原道路・諫早02-2
最終的には小船越の「長崎県立農業大学校」近くで国道と合流しました(^^;


ssiimm at 09:20|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月25日

「吾妻愛野バイパス」を通って雲仙へ

「島原道路」の一部である「吾妻愛野バイパス」が12月16日から供用が開始されその手前にある「愛野森山バイパス」とつながりましたね
雲仙グリーン道路に出るそうですがどこらへんに出るのか知りたくてちょっと行ってみることにしました・・・ついでに仁田峠で「霧氷」でも見ることが出来ないかなとも思ったのですが朝一番で「雲仙ロープウェイ」のHPを見ると「霧氷付着状況・・なし」になっていました(^^;


吾妻愛野バイパス01
諫早を抜け森山町に入り拡幅工事が進んでいる中を走っていると前方に島原道路の「愛野森山バイパス」の入口が見えてきました

吾妻愛野バイパス01-3
バイパスに乗って約2km走ると以前の終点だった「愛野IC」がありますが

吾妻愛野バイパス01-4
ここからが今回新たに供用を開始した「吾妻愛野バイパス」になります

吾妻愛野バイパス01-5
今回の完成した部分も1.7kmだそうですから実感としては「あっという間に」終点です(^^;

吾妻愛野バイパス01-6
バイパスを下りると「雲仙グリーンロード」と合流しますがここを左折すると

吾妻愛野バイパス01-7
すぐに見慣れた建物がありましたから愛野から「雲仙グリーンロード」に入って間もない場所なんですね(^^;

吾妻愛野バイパス02-2
「霧氷」は無くても取りあえず雲仙に上がろうと思ったのですがその前にちょっと「トイレ休憩」・・・「やさい工房 野々花」という直売所に寄ってみました

吾妻愛野バイパス02-3
敷地内に何だか水車も備えた趣のある建物・・・「ほたる」というレストランでした(^^;

雲仙01
直売所で女房が野菜などを買った後に雲仙に向かいましたが、この道を通って雲仙に向かうのは4年ぶりみたいです

雲仙01-2
「仁田峠」に向かう途中にあるのは「雲仙ゴルフ場」ですが子供が小さかった頃に「はだしで遊ぼう」とかいうイベントで訪れたことがありましたね(^^;

雲仙01-3
仁田峠には数年前に上がったと思っていましたが何と7年ぶりになるみたいです(゜o゜)
ずっと以前は「距離の割にはむちゃくちゃ高かった」仁田峠循環道路も現在は無料(任意で100円ほどの協力金を徴収していますが)になっています

雲仙02
まずは「第2展望台」にやってきましたが

雲仙02-2

雲仙02-3
この日は思ったより暖かかったのですが天候はイマイチでした(^^;


雲仙02-5
さらに奥に進むと見えてきたのは「雲仙ロープウェイ」ですがこれに乗って行く山頂は「妙見岳」なんですよね

雲仙02-6
残念ながら霧氷の雰囲気は全くありません・・・まぁこれだけ暖かけりゃ付いた「霧氷」もすぐに溶け谷うでしょうが(^^;

雲仙02-7
何気に懐かしい標識です


ssiimm at 09:38|PermalinkComments(1)clip!

2016年07月25日

「多良岳横断道路」は久しぶり

白木峰の「コスモス花宇宙館」に寄った後は久し振りに「多良岳横断道路(多良岳グリーンロード)」を走って「山茶花公園」に向かうことにしました

多良岳横断道路01
「五家原岳」へ向かう道を上がって行きます

多良岳横断道路01-2
右手には「国立諫早青少年自然の家」があります・・・ずっと「少年自然の家」と思っていたのですが2006年に「青少年」に変わったそうですね(^^;
ちなみに「国立青少年自然の家」は全国に14カ所しかないそうで九州にある3つの施設でここが最初に作られたそうです

多良岳横断道路01-3
ずっと上がって行くと途中で交差点があり右手に行くと最終的には「山茶花高原」まで続くスーパー林道になっているので右折します・・・ちなみに直進するとテレビ塔がある五家原岳に行けますし左に行くと大村の国道444号線に出ることが出来ます

多良岳横断道路01-4
涼しいので久しぶりにエアコンを切ってのドライブです(^^)

多良岳横断道路02
しばらく走ると「修多羅(すだら)の森」という案内板がありますが「森」といってもかなり広大な地域になっています

多良岳横断道路02-2
すぐ上には芝生広場が広がっていますがここにはトイレがあるので便利です

多良岳横断道路02-3
駐車場の脇には流れもあるせいでかなり涼しいですね
前回来た時はこの駐車場にも多くの車が停まっていましたがこの日は1台もいませんでした

多良岳横断道路02-4
下の道を少し進むと左手の狭い道を上がると「水神池」という名水があるのですがそこまで上がるのは大変なので道路脇に水を落としている池に水汲みの人は集まっています・・・この水を商売に使う人もいるみたいでこの時は軽トラックの荷台いっぱいに積んだポリタンクに水を詰めている人がいました

多良岳横断道路02-1
再び山の中を走ります

多良岳横断道路02-5
右手に見えたのは「諫早しゃくなげ高原」という初めて目にした看板です・・・ここには元々「多良岳ツクシシャクナゲ群叢」という国の天然記念物があったのですが地元高来町の高来山林協議会の方々がボランティアで整備して見物できるようにしたそうですね

多良岳横断道路02-6
そういえば「金泉寺」も数年前にきれいに建て替えられたというニュースを見た記憶がありますがそのせいか数カ所ある登山口には車が何台も停まっていました


ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月10日

長崎市内の滝巡り8・・藤田尾の「津々谷の滝」

この日は蒸し暑かったので「涼」を求めて滝に行ってみることにしました
タイトルに「8」とありますが1〜7は5年ほど前に記事にしているのです・・・実はこの日訪れた「津々谷の滝」もその時に行くつもりだったのですが場所を詳しく調べずに向かったので滝への入口が判らなかったのです(^^;

藤田尾01-2
旧・三和町を南下すると信号があり突き当りを左に行くと藤田尾町を通って茂木まで1本道で行くことが出来るようになっています・・・10年ほど前は町内の狭い道を通り抜けなくちゃいけませんでしたから楽になりました(^^)

藤田尾01-3
5年前はこの入口の道が判らなかったのですが「ナガジン」の記事で「茂木四国八十八か所霊場」の「第68番札所」を目標にするという事が書いてあったのです

藤田尾01-4
小道を進むとその「68番札所」には右に行くという案内板があったのでそこを左折します

藤田尾01-6
でも途中の道がだんだん狭くなりさらにはうず高く積もった落ち葉が・・・さらにその下には落石したと思われる大きな石がゴロゴロしてハンドルを取られそう(-_-;) 軽自動車だから進めたけど大きな車じゃ無理でしょうしバイクもかなり危険だと思いますね

藤田尾01-7
あちこちで路肩は崩れているし「この先も行けるのかな」と車から一旦降りて確認したくらいです・・・何せ途中で行き止まりになったらとてもバックで戻る自信は無いしロードサービスを呼んでもここまで入ってくるのは無理でしょうから(^^;

藤田尾02
一番の難所ではとても写真を撮る余裕も無かったのですが何とか目的の「津々谷の滝」入口までやってきました
案内板を見ると「津々谷の滝は、新四国霊場であり、昭和2年に薬師如来像が建立されたのを初め、昭和7年から昭和9年にかけて普賢菩薩像、弘法大師像、不動尊像が建立されている。また、最近では十三仏の石像が寄進され、霊場としての崇敬地となっているほか、八郎岳の鹿が水を飲みに姿を見せることもある。」とあります

藤田尾02-2
すぐ隣には鳥居があったのでここが滝への入口でしょうね

藤田尾02-5
ところが鳥居の先に金網があり進入禁止になったのかとビックリ(゜o゜) ・・・でも木札に「ここからお入りください」とあったので一安心(^^;
金網を止めてあった紐を外して進むことが出来ました

藤田尾02-7
さほど急ではないけど歩きにくい山道を100mくらい上っていくと

藤田尾02-8
前方にやっと滝が見えてきました(^^)

藤田尾03-1
最近は雨が少ないので水量がちょっと寂しいですけどこれが「津々谷の滝」で高さは20mあるそうです

藤田尾03-2

藤田尾03-3
水量は少なくてもやはり近くから見ると迫力はありますし何よりマイナスイオンを全身に浴びて気持ちいいですね(^^♪

藤田尾03-4
滝の隣にはお馴染みの「不動明王像」や

藤田尾03-5
「弘法大師像」の他案内板にあった「十三仏」の石像もありました

藤田尾03-7
でもこれらの仏像の前に供えてる榊(ヒサカキ?)は青々していましたから定期的に参拝に訪れている方がいらっしゃるんでしょうね

藤田尾04
この小屋は何をするための建物かは判りませんが「寄贈 キティちゃん薬局 2003年」ですって(゜o゜) ・・・城栄町にある見慣れた薬局の方がこんな場所に小屋を寄贈するなんてちょっと驚きました

藤田尾05
鳥居の前に戻ってきましたが来た道とは反対側にも道が続いているのですがどこに行くのでしょうね・・・興味はあったのですが戻れなくなってしまう不安がありおとなしく来た道を引き返すことにしました

藤田尾05-2
たとえどんなに狭くてもガードレールがある道は安心ですね(^^)


ssiimm at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月15日

「唐人屋敷通り」から仁田小学校への道

先日「仁田小学校」の卒業生と話をしていると「佐古小学校と統合されるのは寂しいけど新しい道ができた」と言っていたのでずっと工事中だった道が開通したのかと確認に行ってきました

館内町付近01
どっちの方向から行こうかなと思ったのですが広場場・館内方面から行くことにしました

館内町付近01-2
広場場の道路改修工事も長くやっていますね
今年のランタンフェスティバル前からやっていましたが完成までにはまだ時間が掛かりそうです

館内町付近01-4
「唐人屋敷大門」の下を車で通り抜けるのは初めてです(^^)

館内町付近01-5
左手には以前記事にした「ながさき・あっちゃん亭」が既にオープンしていましたが「中年男さん」は早くも食べに来たそうです(^^;

館内町付近02
派手な大門を過ぎると昔ながらの町並みが続きます・・・

館内町付近02-2
その先からはずっと工事中でしたがいつのまにやら

館内町付近02-3
新しい道路が出来ています(^^)

館内町付近02-4
ちょっとカーブがきつい道を進みましたが

館内町付近02-6
道路はここまでで通行止めになっていました(゜o゜)
見るとこの先も完成しているみたいなのに・・・と思い案内板を見ると

館内町付近02-7
先ほどの「唐人屋敷通り」の工事が済むまでは開通しないそうです(T_T)

館内町付近03
車を降りて歩いてみましたが前方に見えるのは「仁田保育園」ですね・・・つまり昨年訪れた「仁田・佐古地区ふれあいセンター」のすぐ裏手にあたります

館内町付近03-2
しょうがないので来た道を引き返すことにしましたが下りのほうがかなり危なそうな道ですね

館内町付近03-3
ここらあたりの道路は改修しないのでしょうか?


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月13日

佐賀から長崎 その2・・「長田バイパス」ですって

昨日の記事の続きで佐賀から長崎県に入りました

佐賀から04
小長井町に入るとフルーツの形をしたバス停があるのですぐ判りますがこれは1990年に開催された長崎旅博覧会の時に当時の町長のアイデアで設置されたとこの町出身の西山さんが話していましたね

佐賀から04-2
10数年前には「山茶花高原」や「ハーブ園」にもよく訪れていました

佐賀から04-3
先日書いた「鯉のぼり」の記事の時には長崎市内で見つけることができなかった「長崎方式」で揚げた鯉のぼりを見ることができました

佐賀から04-4
長崎方面に車を走らせていると「長田バイパス」という知らない道路がいつの間にか開通していました・・・調べると5年前に開通していたみたいですから、いかにこちら方面に来ていないのかが判っちゃいます(^^;

佐賀から04-5
片側2車線の広い道路になっていましたが考えるとこの道路を走ると「隆砲ラーメン」や「ジャージーファーム」には寄れなくなったのですね

佐賀から04-6
しばらく走ると「直進すると大村」「左折すると長崎」という標識がありましたがどっちに行けばいいのかな?
イメージだと直進したほうがいいみたいな気がするのですが・・・

佐賀から04-7
それでも案内板通りに左折して「長崎方面」に向かうことにしました

佐賀から05
その先もいい道路が続きますが一体どこへ出るのやら・・・右手に「ヤマダ電機」の看板が見えますがここはどこなんでしょう?

佐賀から05-2
ようやく国道と合流したのは「長浜ラーメン こたろう」がある鷲崎交差点でした(^^;
常に混んでいる長田付近や諫早駅近くを通らないで済むのでいいのかもしれませんがもう少し北側に合流地点があるといいのにね(^^)



ssiimm at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月27日

式見に新しい道路・・・「市道相川町四杖町1号線」

ちょっと式見に行ってきました

式見01
何気に相川方面に車を走らせるとかなり以前から工事を行っていた道路が通行できるようになっているみたいですね・・・先日通った時はまだ立ち入らせないように簡単なフェンスで道路を塞いでいたのですがそれも取り除かれていました

式見01-2
だったらどこに出るのかちょっと走ってみることにしました

式見01-3
山を切り開いたみたいで途中には何もありません(^^;

式見01-4
やがて人家が見えてきましたから元々あった道と合流するみたいです

式見02
開通したのはここまでで、この先はまだ工事中でした

式見02-2
工事の看板を見ると「市道相川町四杖町1号線」という道路だそうで将来的には式見ハイツまで通じるそうですから地元の人には便利になるでしょうね・・・ここまで開通したのが先月末だそうで「開通式」の様子はこちらのブログでどうぞ

式見02-3
この交差点から右手を見ると以前通りったことがある式見中学校へと続く道ですね・・・狭い道を通らなくても済むようになったので生徒の保護者にとってはかなり楽になると思いますね(^^)

式見02-5
ということは左手の坂道の先には・・・グラウンドみたいなフェンスが見えますがこれも私にとっては既知の道路なんです

式見02-6
先に進み右手に行くと

式見03
前方に見えるのは現在は廃校となった旧「式見高校」です

式見03-2
3度目の訪問となる「旧式見高校正門」ですね(^^;

式見03-3

式見03-4
旧式見高校校舎の建物は現在も残っています
以前も書きましたが私が長崎北高に通っていた頃にはまだ「長崎北高式見分校」の時代ですし、その後「式見高校」としてこの地に開校した時にはずっと長崎を離れていましたから「式見高校」時代をほとんど知らないので「懐かしい」という気持ちは特別湧かないのですが(^^;
少なくとも式見高校のOBが再訪しようと思ったら以前に比べると格段に行きやすくなりましたね(^^)


ssiimm at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: