長崎の道

2016年07月25日

「多良岳横断道路」は久しぶり

白木峰の「コスモス花宇宙館」に寄った後は久し振りに「多良岳横断道路(多良岳グリーンロード)」を走って「山茶花公園」に向かうことにしました

多良岳横断道路01
「五家原岳」へ向かう道を上がって行きます

多良岳横断道路01-2
右手には「国立諫早青少年自然の家」があります・・・ずっと「少年自然の家」と思っていたのですが2006年に「青少年」に変わったそうですね(^^;
ちなみに「国立青少年自然の家」は全国に14カ所しかないそうで九州にある3つの施設でここが最初に作られたそうです

多良岳横断道路01-3
ずっと上がって行くと途中で交差点があり右手に行くと最終的には「山茶花高原」まで続くスーパー林道になっているので右折します・・・ちなみに直進するとテレビ塔がある五家原岳に行けますし左に行くと大村の国道444号線に出ることが出来ます

多良岳横断道路01-4
涼しいので久しぶりにエアコンを切ってのドライブです(^^)

多良岳横断道路02
しばらく走ると「修多羅(すだら)の森」という案内板がありますが「森」といってもかなり広大な地域になっています

多良岳横断道路02-2
すぐ上には芝生広場が広がっていますがここにはトイレがあるので便利です

多良岳横断道路02-3
駐車場の脇には流れもあるせいでかなり涼しいですね
前回来た時はこの駐車場にも多くの車が停まっていましたがこの日は1台もいませんでした

多良岳横断道路02-4
下の道を少し進むと左手の狭い道を上がると「水神池」という名水があるのですがそこまで上がるのは大変なので道路脇に水を落としている池に水汲みの人は集まっています・・・この水を商売に使う人もいるみたいでこの時は軽トラックの荷台いっぱいに積んだポリタンクに水を詰めている人がいました

多良岳横断道路02-1
再び山の中を走ります

多良岳横断道路02-5
右手に見えたのは「諫早しゃくなげ高原」という初めて目にした看板です・・・ここには元々「多良岳ツクシシャクナゲ群叢」という国の天然記念物があったのですが地元高来町の高来山林協議会の方々がボランティアで整備して見物できるようにしたそうですね

多良岳横断道路02-6
そういえば「金泉寺」も数年前にきれいに建て替えられたというニュースを見た記憶がありますがそのせいか数カ所ある登山口には車が何台も停まっていました


ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月10日

長崎市内の滝巡り8・・藤田尾の「津々谷の滝」

この日は蒸し暑かったので「涼」を求めて滝に行ってみることにしました
タイトルに「8」とありますが1〜7は5年ほど前に記事にしているのです・・・実はこの日訪れた「津々谷の滝」もその時に行くつもりだったのですが場所を詳しく調べずに向かったので滝への入口が判らなかったのです(^^;

藤田尾01-2
旧・三和町を南下すると信号があり突き当りを左に行くと藤田尾町を通って茂木まで1本道で行くことが出来るようになっています・・・10年ほど前は町内の狭い道を通り抜けなくちゃいけませんでしたから楽になりました(^^)

藤田尾01-3
5年前はこの入口の道が判らなかったのですが「ナガジン」の記事で「茂木四国八十八か所霊場」の「第68番札所」を目標にするという事が書いてあったのです

藤田尾01-4
小道を進むとその「68番札所」には右に行くという案内板があったのでそこを左折します

藤田尾01-6
でも途中の道がだんだん狭くなりさらにはうず高く積もった落ち葉が・・・さらにその下には落石したと思われる大きな石がゴロゴロしてハンドルを取られそう(-_-;) 軽自動車だから進めたけど大きな車じゃ無理でしょうしバイクもかなり危険だと思いますね

藤田尾01-7
あちこちで路肩は崩れているし「この先も行けるのかな」と車から一旦降りて確認したくらいです・・・何せ途中で行き止まりになったらとてもバックで戻る自信は無いしロードサービスを呼んでもここまで入ってくるのは無理でしょうから(^^;

藤田尾02
一番の難所ではとても写真を撮る余裕も無かったのですが何とか目的の「津々谷の滝」入口までやってきました
案内板を見ると「津々谷の滝は、新四国霊場であり、昭和2年に薬師如来像が建立されたのを初め、昭和7年から昭和9年にかけて普賢菩薩像、弘法大師像、不動尊像が建立されている。また、最近では十三仏の石像が寄進され、霊場としての崇敬地となっているほか、八郎岳の鹿が水を飲みに姿を見せることもある。」とあります

藤田尾02-2
すぐ隣には鳥居があったのでここが滝への入口でしょうね

藤田尾02-5
ところが鳥居の先に金網があり進入禁止になったのかとビックリ(゜o゜) ・・・でも木札に「ここからお入りください」とあったので一安心(^^;
金網を止めてあった紐を外して進むことが出来ました

藤田尾02-7
さほど急ではないけど歩きにくい山道を100mくらい上っていくと

藤田尾02-8
前方にやっと滝が見えてきました(^^)

藤田尾03-1
最近は雨が少ないので水量がちょっと寂しいですけどこれが「津々谷の滝」で高さは20mあるそうです

藤田尾03-2

藤田尾03-3
水量は少なくてもやはり近くから見ると迫力はありますし何よりマイナスイオンを全身に浴びて気持ちいいですね(^^♪

藤田尾03-4
滝の隣にはお馴染みの「不動明王像」や

藤田尾03-5
「弘法大師像」の他案内板にあった「十三仏」の石像もありました

藤田尾03-7
でもこれらの仏像の前に供えてる榊(ヒサカキ?)は青々していましたから定期的に参拝に訪れている方がいらっしゃるんでしょうね

藤田尾04
この小屋は何をするための建物かは判りませんが「寄贈 キティちゃん薬局 2003年」ですって(゜o゜) ・・・城栄町にある見慣れた薬局の方がこんな場所に小屋を寄贈するなんてちょっと驚きました

藤田尾05
鳥居の前に戻ってきましたが来た道とは反対側にも道が続いているのですがどこに行くのでしょうね・・・興味はあったのですが戻れなくなってしまう不安がありおとなしく来た道を引き返すことにしました

藤田尾05-2
たとえどんなに狭くてもガードレールがある道は安心ですね(^^)


ssiimm at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月15日

「唐人屋敷通り」から仁田小学校への道

先日「仁田小学校」の卒業生と話をしていると「佐古小学校と統合されるのは寂しいけど新しい道ができた」と言っていたのでずっと工事中だった道が開通したのかと確認に行ってきました

館内町付近01
どっちの方向から行こうかなと思ったのですが広場場・館内方面から行くことにしました

館内町付近01-2
広場場の道路改修工事も長くやっていますね
今年のランタンフェスティバル前からやっていましたが完成までにはまだ時間が掛かりそうです

館内町付近01-4
「唐人屋敷大門」の下を車で通り抜けるのは初めてです(^^)

館内町付近01-5
左手には以前記事にした「ながさき・あっちゃん亭」が既にオープンしていましたが「中年男さん」は早くも食べに来たそうです(^^;

館内町付近02
派手な大門を過ぎると昔ながらの町並みが続きます・・・

館内町付近02-2
その先からはずっと工事中でしたがいつのまにやら

館内町付近02-3
新しい道路が出来ています(^^)

館内町付近02-4
ちょっとカーブがきつい道を進みましたが

館内町付近02-6
道路はここまでで通行止めになっていました(゜o゜)
見るとこの先も完成しているみたいなのに・・・と思い案内板を見ると

館内町付近02-7
先ほどの「唐人屋敷通り」の工事が済むまでは開通しないそうです(T_T)

館内町付近03
車を降りて歩いてみましたが前方に見えるのは「仁田保育園」ですね・・・つまり昨年訪れた「仁田・佐古地区ふれあいセンター」のすぐ裏手にあたります

館内町付近03-2
しょうがないので来た道を引き返すことにしましたが下りのほうがかなり危なそうな道ですね

館内町付近03-3
ここらあたりの道路は改修しないのでしょうか?


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月13日

佐賀から長崎 その2・・「長田バイパス」ですって

昨日の記事の続きで佐賀から長崎県に入りました

佐賀から04
小長井町に入るとフルーツの形をしたバス停があるのですぐ判りますがこれは1990年に開催された長崎旅博覧会の時に当時の町長のアイデアで設置されたとこの町出身の西山さんが話していましたね

佐賀から04-2
10数年前には「山茶花高原」や「ハーブ園」にもよく訪れていました

佐賀から04-3
先日書いた「鯉のぼり」の記事の時には長崎市内で見つけることができなかった「長崎方式」で揚げた鯉のぼりを見ることができました

佐賀から04-4
長崎方面に車を走らせていると「長田バイパス」という知らない道路がいつの間にか開通していました・・・調べると5年前に開通していたみたいですから、いかにこちら方面に来ていないのかが判っちゃいます(^^;

佐賀から04-5
片側2車線の広い道路になっていましたが考えるとこの道路を走ると「隆砲ラーメン」や「ジャージーファーム」には寄れなくなったのですね

佐賀から04-6
しばらく走ると「直進すると大村」「左折すると長崎」という標識がありましたがどっちに行けばいいのかな?
イメージだと直進したほうがいいみたいな気がするのですが・・・

佐賀から04-7
それでも案内板通りに左折して「長崎方面」に向かうことにしました

佐賀から05
その先もいい道路が続きますが一体どこへ出るのやら・・・右手に「ヤマダ電機」の看板が見えますがここはどこなんでしょう?

佐賀から05-2
ようやく国道と合流したのは「長浜ラーメン こたろう」がある鷲崎交差点でした(^^;
常に混んでいる長田付近や諫早駅近くを通らないで済むのでいいのかもしれませんがもう少し北側に合流地点があるといいのにね(^^)



ssiimm at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月27日

式見に新しい道路・・・「市道相川町四杖町1号線」

ちょっと式見に行ってきました

式見01
何気に相川方面に車を走らせるとかなり以前から工事を行っていた道路が通行できるようになっているみたいですね・・・先日通った時はまだ立ち入らせないように簡単なフェンスで道路を塞いでいたのですがそれも取り除かれていました

式見01-2
だったらどこに出るのかちょっと走ってみることにしました

式見01-3
山を切り開いたみたいで途中には何もありません(^^;

式見01-4
やがて人家が見えてきましたから元々あった道と合流するみたいです

式見02
開通したのはここまでで、この先はまだ工事中でした

式見02-2
工事の看板を見ると「市道相川町四杖町1号線」という道路だそうで将来的には式見ハイツまで通じるそうですから地元の人には便利になるでしょうね・・・ここまで開通したのが先月末だそうで「開通式」の様子はこちらのブログでどうぞ

式見02-3
この交差点から右手を見ると以前通りったことがある式見中学校へと続く道ですね・・・狭い道を通らなくても済むようになったので生徒の保護者にとってはかなり楽になると思いますね(^^)

式見02-5
ということは左手の坂道の先には・・・グラウンドみたいなフェンスが見えますがこれも私にとっては既知の道路なんです

式見02-6
先に進み右手に行くと

式見03
前方に見えるのは現在は廃校となった旧「式見高校」です

式見03-2
3度目の訪問となる「旧式見高校正門」ですね(^^;

式見03-3

式見03-4
旧式見高校校舎の建物は現在も残っています
以前も書きましたが私が長崎北高に通っていた頃にはまだ「長崎北高式見分校」の時代ですし、その後「式見高校」としてこの地に開校した時にはずっと長崎を離れていましたから「式見高校」時代をほとんど知らないので「懐かしい」という気持ちは特別湧かないのですが(^^;
少なくとも式見高校のOBが再訪しようと思ったら以前に比べると格段に行きやすくなりましたね(^^)


ssiimm at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月04日

「森林基幹道 西彼杵半島線」を通って神浦ダム

まだ4/1です・・・当分続くかもしれませんね^^;

「さくらの里」の先にある三京町の桜を見た後は更に奥へと車を走らせました

西彼杵線01
ここは先日もちょっと書いた「森林基幹道 西彼杵半島線」の起点なんですが、この道路は7〜8年前に仕事の関係で何度か通ったことがあります・・・ちなみに右に行くとナフコ琴海店の近くである長崎市西海(にしうみ)町」の三差路に出ます

西彼杵線01-3
その当時は神浦ダム手前が工事中で途中までしか行けなかったのですが現在はどうなっているのか確認してみたいと思ったのです・・・でもこの「西彼杵半島線」というのを検索してもヒットする記事は少なく現在の状況がどうなっているのか全く判らないんですね(゜o゜)

西彼杵線01-2
あちこちに「西彼杵半島線」の案内板はあるのですがかなり古びています^^;

西彼杵線01-4
この道路の路線図かと思ったら「九州自然歩道」の案内でした・・・でもこんな(車でもこ来れる)山奥まで歩いてくる人がいるのでしょうか

西彼杵線01-5
かなり走ってやっと道路の分岐がありましたが左手に行くと上黒崎町だそうです

西彼杵線01-6
その先にあったのは今は名称が無くなった「外海町」への分岐点ですが以前通ったのはこの道でしょうか・・・「世界遺産候補」の大野教会堂の前を通って旧外海町役場に続く細い道です

西彼杵線01-7
先に進むと橋がありましたが以前はここらあたりまでしか来れなかったような・・・

西彼杵線01-8
車を停めて下を覗くと細い道がありますね・・・ひょっとすると神浦の「河川公園」脇に通じている恐ろしいほど細い山道かな^^;

西彼杵線02
突然のガスでちょっとビックリ(゜o゜)

西彼杵線02-1
その先にあった標識によると「平成21年」時点の終点はここだったみたいです・・・私が通った平成19年頃よりは先に進んでいますね^^;

西彼杵線02-2
何も無い山道ですから途中の風景は大幅にカットしていますがかなり走ったあとにやっと他の道路らしきものが見えてきました・・・多分神浦の大中尾付近でしょう

西彼杵線02-3
人家も見えてきました(^^)

西彼杵線02-4-2
どうやらこの県道につながる橋が現在の終点みたいです
反対側の西海町からの道路はどうなっているのか気になりますね

西彼杵線02-5
橋を渡ったところにあった桜に囲まれた川は「鶴山谷川」・・・何となく面白い名前ですね^^;

西彼杵線02-6
県道57号線をどっちに行こうかちょっと考えましたが琴海に続く右方向に進むと程なく「神浦ダム」に到着しました

西彼杵線03-2
以前も何度か記事にしたことがある長崎市最大の「神浦(こうのうら)ダム」です

西彼杵線03-4
桜を見るつもりも無かったのですがやはり咲いていると近くに行ってみたくなりますね


ssiimm at 09:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年12月11日

佐世保に行くのは何年ぶりかな?

「波佐見皿山人形浄瑠璃」を見た後は長崎に帰るのですが今年はちょっと時間があったので佐世保市にでもよってみようかということになりました・・・ランチを「器替えまつり」会場で食べたので例年より1時間ほど早く回り終わったのです

佐世保01
早岐を通るときはそんなに道も混んでいませんでしたが

佐世保01-2
田の浦で佐世保方面に右折してからは徐々に車が増えてきましたね・・・考えてみると早岐より北に行くのはずいぶん久しぶりです

佐世保01-4
ちょっと先のイオン大塔店に近付くとますます渋滞・・・そういえばこの日は日曜日だったのですね、すっかり忘れていました^^;

佐世保01-5
「ユニクロ」「ドンキ」「かめや釣具」などの看板を見るとなんだか時津を走っているような感じがします^^;

佐世保01-7
「庄屋」のチェーン店である「金の天ぷら」というお店も初めて目にしましたが長崎市にもできるといいのに

佐世保02
佐世保駅も久しぶりですね・・・最後に佐世保に来たのは多分「シーサイドライナー」に乗って「YOSAKOI」を見に来たときですがブログに書いていないので10年以上前なんでしょうね

佐世保02-2
この「アルカス佐世保」がオープンしてまだそれほど経っていない時だった記憶はあります
さらに車で来たというのはあまりにも昔の話なので何年位前かも思い出せませんが子供が小さい頃は長崎県で唯一の象を見るために「石岳動植物園」に何度も行ってました・・・その後も仕事で何度か佐世保を訪れたことはあるのですがそれもかなり前の話です
だいたい長崎市と佐世保市は同じ県内といってもどちらもそれなりの大きさの街ですからわざわざ出かける必要性はお互いにあまり無いでしょうね

佐世保02-3
せっかくここまで来たのだから「させぼ五番街」にでも寄ってみようかと思ったのですが日曜日だったので当然のごとく駐車場には長蛇の列・・・改めて平日に来ることにしましたが結局佐世保では渋滞しに行ったようなものです^^;

佐世保03
佐世保市内は混んでいましたが長崎に戻る道路は空いていましたね・・・大塔から指方まで行き「西彼道路」に乗りました

佐世保03-2
途中でトイレに寄ろうと思いパーキングに寄ると

佐世保03-3
昨年この道路を通ったときに気づいたコンビニが早々と撤退していました(゜o゜)

佐世保03-5
反対車線のコンビにはまだ看板が出ているので営業しているのかな?


ssiimm at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: