長崎の浮立

2015年10月19日

矢上くんちで「中尾獅子浮立と唐子踊」・・郷くんち2015

平間町の「矢上平野浮立」に続いては田中町中尾地区の「中尾獅子浮立と唐子踊」ですが、今回はいつも以上に写真が多くなっていますm(__)m
他の矢上くんちに奉納する町と異なり中尾地区のみは毎年「中尾くんち」で「唐子踊」を行っていますが、4年に1度の矢上くんちに奉納するということで普段の年とは違い「大浮立」といって「立道具」から「ささら」などすべての工程を行います

中尾01
まずは参加者による挨拶からスタートです

中尾01-2
続いて「中尾獅子浮立と唐子踊」専属の「獅子浮立保存会」による中尾地区に伝わるシャギリの演奏です
この中尾地区のシャギリは他の地区と一線を画していて一足早い昭和40年に県の文化財に指定されていますが今年は「竹ン芸囃子・シャギリ・角力踊道中囃子」のすべてを聞くことが出来る貴重な年じゃなかったのかな・・・あまりシャギリの知識が無いので想像ですが(^^;

中尾01-3
シャギリの演奏が始まったのですが私の前に立っている人がちょっと邪魔だなぁと思っていると・・・シャギリが終わった後に判ったのですが立ち位置を打ち合わせとは間違えていたみたいです(^^;

中尾02
「大浮立」が始まりましたが最初は「立道具」です
この奉納踊りの最中に保存会の方がマイクで解説されていたのは良かったですね(^^)

中尾02-2
続いて「ささら」が登場しましたが

中尾02-3
若い女性の所作はいいですね(^^;

中尾03
続いて女の子たちによる「傘踊り」が入場してきました

中尾03-3
「傘踊り」から「銭太鼓」に踊りは変わりましたが

中尾03-4
こんな小さな女の子も立派に踊っています・・・「子供くんち」という催し物も行われているみたいですが子供だけのイベントより大人に混じってしっかりと役割を果たしている子供たちが輝いて見えますね(^^)
この前に行われた「矢上平野浮立」では180人以上の参加者がいたそうですがこちらはもっと多い参加者だと思われます・・・ある意味子供たちと長年矢上くんちに参加しているお年寄りとの交流があるのですから市内に住んでいる子供たちより貴重な体験をしているのかもしれませんね

中尾04
「大浮立」の踊は終了しますがここで大太鼓の演奏・・・最高齢は80歳の方が演奏しているそうです(゜o゜)

中尾04-3
太鼓の演奏が済むと登場してきたのは「唐子踊」の出演者・・・ここにも就学前の小さな男の子が参加していますね(^^)

中尾04-4
順番に盃に注がれたお酒を飲み干すシーンでは旗振りの方がちょっとお手伝い(^^;

中尾04-5
子獅子が登場し唐子たちは退散

中尾04-6
大太鼓の演奏に合わせて仔獅子の演技を行いますがシャギリの演奏も「キャンキャン」や「バンバラ」を使った囃子で楽しませてくれます(参考・・くんち塾フォーラム・小川町

中尾05
仔獅子の演技が終了すると一旦月の輪が入り

中尾05-3
演奏や軽業を見せてくれます(^^;

中尾06
メインの親獅子が玉使いの子に先導されて登場

中尾06-2
いよいよここからが一番の見ものである「中尾の獅子踊」の開始です

中尾06-2-1
獅子が2頭に増えて踊りも激しさを増してきますがシャギリも軽快なお囃子で盛り上げます

中尾06-2-2
玉使いの子供たちのアクロバティックな動きも観客を楽しませてくれました(^^;

中尾06-3
獅子が立ち上がって牡丹の花を取ろうとする所作が一番の見せ場でしょうね

中尾07

中尾07-2
1時間を超える奉納踊りですが時間を感じさせないくらい素晴らしかったですね

なおこの「中尾獅子浮立と唐子踊」は長崎くんちで「小川町(こがわまち)」の奉納踊りとしても上演されますがこの時には浮立の部分を行わない代わりに獅子踊に特化しているそうですね(これもくんち塾フォーラム参考)

これで今年の矢上くんちは終了ですが来年の「現川浮立」「田之浦本浮立 」も今から楽しみです(^^)


ssiimm at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月18日

矢上くんちで平間町「矢上平野浮立」・・郷くんち2015

毎年10/17は「矢上くんち」を見に行くことに決めていますが今年は土曜日なんですよね
次の日の日曜日は「式見・淡島神社の創建400周年記念例祭」や、まだ見たことが無い「三重くんち・崎上浮立」などがあるのですが諸事情があり連休は取りにくく・・・結構悩みましたが4年前にも見た「矢上くんち」にしました(^^;

矢上くんち01
土曜日というせいで道が混んでいなくて会場の矢上神社に到着したのは開始45分も前でしたから例年だと神社前で待っている奉納踊り参加者たちもまだ姿を見せていませんでした(^^;

矢上くんち01-2
まずは参拝しましたが拝殿の中では神事が行われていました

矢上くんち01-3
拝殿前では今年も「甘酒」のサービス(^^;

矢上くんち02
「長崎シャギリ」連中も揃いましたが、先日の長崎くんちでお会いしたいつもの方も元気に参加しています(^^)

平間町01-2
主催者代表の方の挨拶の後さっそく平間町「矢上平野浮立」の奉納踊のスタートです

平間町02-2
先陣を切るのは矢上地区本浮立の流れ通りまずは「立道具」が3組

平間町02-3
続いて登場したのはこの「矢上平野浮立」でしか見ることが出来ない「シャカンシャカン」という女性の行列

平間町04-2
「立道具」みたいに投げ渡すのですが女性にとっては大変でしょうね

平間町03
続いて鬼の面をかぶった「ささら」の後に

平間町03-2
「掛け打ち」の子供たちが続きますが一番小さい子供は何歳なんでしょうね(^^)

平間町03-5
子供たちの演技とはいえ十分に見応えがあります
この平間町の奉納踊りの構成人員は180人以上だそうですが特に子供の人数確保は大変でしょうね

平間町04
次に登場したのは女性陣の「扇子踊り」です

平間町05-2
「矢上平野浮立」の最後を締めるのは大太鼓の演技ですがまずは「月の輪」が会場の中央で太鼓を叩きながら舞います

平間町05-3
続いて若手の人による大太鼓があり

平間町06
最後はベテラン(?)の方が登場

平間町06-3
ダイナミックに演奏します

平間町06-4
この後一旦退場した鉦が「モッテコ〜イ」の声に応えるかのように再入場

平間町06-5
最後は大太鼓を演奏しながらの退場ですがこんな光景は初めて見ました(゜o゜)

この後は「中尾獅子浮立&唐子踊り」が奉納されましたが次の記事に続きます


ssiimm at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月06日

「平山くんち2014」で子供浮立・・・郷くんち2014

あまり人気が無いのですが10月から続いた「郷くんち」の記事もこれが最後です^^;

平山01
土井首からさらに南下・・・途中にあるのが「竿浦・江川浮立」の本来の奉納先である「竿浦・大山祇神社」です

平山01-2
平山町にある「平山天満宮」に到着すると鳥居下に大太鼓が待機中・・・ぎりぎりで「平山浮立」に間に合いました(^^)

平山01-3
境内に上がるとちょうど笛が始まり

平山01-4
続いて子供たちによる据太鼓が打ち鳴らされ

平山01-5
鉦は私服の大人たち^^;・・・この道行きだけ大人が演奏していましたがこの後は子供たちに交代しました

平山01-6
参道を先ほどの大太鼓が入場してきていよいよ浮立の開始です

平山01-7
太鼓が設置されると

平山02
鳴り物や浮立に参加する子供たちがまず神社に参拝

平山02-1
鉦の打ち手が子供たちに代わりました

平山02-2
ここでも先ほどの「竿浦・江川浮立」と同じような構成で道行から「入りは」→「庭」→「まくり」と続きます

平山02-3
子供浮立ですから出演者は小中学生ですがなかなか達者に演じますね

平山02-4

平山02-5
いくつかの太鼓の演技の後に

平山03
いよいよメインの「ササラ」ですが・・・本来鬼の面を被って舞うのにアクシデントがあったとか

平山03-2

平山03-3
強面する鬼の面が無いので可愛い子供が演じる「ササラ」になっちゃいました^^;

平山04
本来はササラで終了するはずだったのですが追加で親子浮立を行ないました・・・親子と入っても子供浮立ですから中学生と小学生です

平山くんち03-4
ちなみにこの画像は3年前に行なわれた大人の浮立ですが月の輪もやっていたのですね

平山04-2
それでも会場にいたお年寄りたちからは拍手喝采でした(^^)


ssiimm at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月05日

「土井首くんち2014」で「竿浦・江川浮立」・・・郷くんち2014

「丸亀製麺」で天丼を食べた後は「土井首くんち」が行なわれる三和町(さんわまち)」にある土井首・大山祇神社に戻ってきました

土井首01
改めて参拝しましたが

土井首01-2
拝殿にはお神輿が鎮座していました・・・そういえば「土井首くんち」でお神輿のお下りやお上りを見たことが無いなと思ってプログラムを見ると

土井首01-5
何とお下りは8:40に始まり11:40には神社に戻っているみたいです^^;
この予定表を見て気づいたのですが「竿浦・江川浮立」には「なぐさめ拍子」という名前があるんですね

土井首01-3
ステージではいろんな団体の奉納踊りが行なわれています

土井首02
その間に会場には「竿浦・江川浮立」一行が到着していました・・・過去何度か書いていますがこの「竿浦・江川浮立」というのは本来「竿浦大山祇神社」で行なわれる「竿浦くんち」の奉納踊なんですがこの「土井首くんち」から出演依頼があった場合にここで披露されるのです

土井首02-2
それでも観客が少ない(であろう)「竿浦くんち」で行なうより大勢の人が集まる「土井首くんち」で披露する方が演者もやりがいがあるでしょうね・・・実際に「竿浦大山祇神社」まで見に行ったことはありませんが^^;

土井首02-3
据太鼓には何と5歳の女の子も参加しているそうです(゜o゜)

土井首02-4
さぁ「竿浦・江川浮立」の開始です

土井首02-5
鉦も気合が入ります

土井首02-6

土井首02-8

「竿浦・江川浮立」は七つのパートに分かれているそうで道行き→入りは→庭→まくり→上廻しと続く場面は見応えがありますね

土井首03
この「竿浦・江川浮立」の一番の見せ場である鬼の面を被った若者が太鼓の上で舞うシーンですが今年は子供のみの演技なんですね


一応動画も撮ってみました

土井首03-2
最後に大太鼓で締めました

竿浦・江川浮立04
何だか3年前に見たときのほうが衣装も派手で太鼓の上での舞も迫力があったような気がしますね

土井首03-3
全てが終わると次の庭先回りへと出発しましたがマイクで「呼んでいただいてありがとうございます」と何度も言っていました


ssiimm at 08:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年10月19日

三重くんちで「東上面浮立」・・・郷くんち2014

今日10/19は市内のあちこちで「郷くんち」が行なわれました・・・だから今回も10/19の記事がしばらく続きます^^;

畝刈01
まず「三重くんち」に向かったのですが途中で畝刈の「熱田神社」に立ち寄りました

畝刈01-2
今日はここでも「畝刈くんち」が行なわれるのですが

畝刈01-3
まだ時間が早かったみたいで拝殿内の飾り付けをしていました^^;

京泊
三重に向かう途中の新長崎漁港ではこの日は「長崎さかな祭り」が開催されるとあって道路はかなり混雑していました

三重くんち01
ここが本来の目的地である三重の「三重大神宮神社」です

三重くんち01-2
ここで行なわれる「三重くんち」では5年ごとの輪番で民俗芸能が奉納されているのです

・最初「三重くんち」を見たときは3年前でしたが馬場地区の「馬場浮立」が奉納されていましたね
・その次の年は角上地区の「角上龍踊」でした。
・昨年は同じ龍踊を角地区が奉納したのですが体調を崩して見に行くことができませんでした

今年が4年目で東上(ひがしあげ)地区の「東上面浮立」というのを奉納するらしいので見るのを楽しみにやってきました(^^)

三重くんち01-3
拝殿では神事が執り行われていました

三重くんち01-4
待っている間に見ていると地元「東上地区」の人たちでしょうか、続々と参拝に訪れていました

三重くんち02
11時になるとまず4人の「舞姫」による「浦安の舞」の奉納から始まりました・・・この舞姫たちは小学生だそうですがなかなかしっかりとした舞姿でしたね

それが済むと毎年恒例の「餅撒き」が始まり会場内に詰め掛けたお年よりも喜んで参加していました・・写真を撮るのを忘れて私も参加して2個ゲットすることができました(^^)

三重くんち03
いよいよ「東上面浮立」の登場ですがこれは鬼の面をかぶっての「掛け打ち」ですね
このブログでは面倒くさいので「浮立」という言葉で統一していますが三重くんちの各浮立や竿浦・江川浮立などは単一の浮立なので出演者も数十人なのに対し、矢上くんちで奉納されるのは「本浮立」といって150人から200人以上が出場して「掛け打ち」「ささら」「月の輪」など各種の芸能が披露されるのです

三重くんち03-2
奉納に先立ち自治会長からの挨拶がありましたが、この「東上面浮立」が明治安田生命が主催する財団の「地域の伝統文化分野保存維持費用助成」制度という所から助成金を貰ったそうですね・・・そのお金でお面などを伸張したそうです(^^)

三重くんち04
笛から始まり後を追いかけるように鉦を打ち始め

三重くんち04-2
さらには太鼓も続きます

三重くんち04-3
それらの曲に乗って舞う「東上面浮立」は4つのパートからなっていて最初は「道行」というそうです

三重くんち04-6
続いて「ヒャーガキ」という曲での舞だそうです・・・さらには「キョク」「カンタン」と続くそうですがよく判りません^^;

三重くんち05-2
4曲ワンセットで退場しますが「もってこ〜い」の声が掛かるともうワンセットの披露です

三重くんち05-5
最後退場するときは鉦も打ちながら続きますし

三重くんち05-6
太鼓も叩きながら後に続きます

三重くんち05-7
一番最後は笛が勤めていました

この後海岸近くの元「はまいそ」の駐車場でも再演するそうですがそこではこの「東上面浮立」の元になった佐賀県の太良の浮立も参加するとのことでした・・・見たい気もあったのですが何せ今日は行くところがたくさんあったので残念ながらパスしました^^;

来年は5年輪番の最後になる崎上地区の「崎上浮立」ですから絶対に見に来るつもりです(^^)


ssiimm at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月18日

矢上くんちで「蠣道浮立」・・・郷くんち2014

「間の瀬狂言」に引き続いて「蠣道(かき道)浮立」の登場です・・・矢上くんちでは旧矢上村にあった八つの地区が2地区づつ4年輪番で奉納踊りを演じますがこの「蠣道浮立」ですべて見たことになります(^^)

かき道01
「蠣道浮立保存会」や「かき道一丁目自治会」の幟をもっての入場です・・・「かき道」というと矢上ニュータウンを連想しますが「かき道一丁目」は八郎川沿いの昔からある「蠣道」で隣にある「侍石自治会」も加わっています

かき道01-1
矢上神社の拝殿前で配っている甘酒を戴きながらの見物です(^^)

かき道01-2
ここでも「立道具」からのスタートです

かき道01-4
他の地区より高く投げ合っていましたね^^;

かき道01-5
軽快な鉦や太鼓のリズムに合わせて

かき道02
鬼の面をつけた「ササラ」が登場しました

かき道02-2
そのすぐ後ろからは子供たちの「掛け打ち」が続きます

かき道02-3
勇壮な「ササラ踊り」と可愛い「掛け打ち」の競演です

かき道03
続いては女性陣の「扇子踊り」です

かき道03-2
総勢170人を越える参加者がいるということですが集めるのは大変でしょうね

かき道04
今度は「月の輪」の登場です

かき道04-3
勇壮に舞いながら太鼓を叩きます

かき道05-3
最後は大太鼓が同じように舞いながらの演技・・・これで終了かと思ったら交代して若い男性が太鼓の連打を行ないました

かき道05-2
鉦もリズミカルに打っています

かき道07
ここでも「もってこ〜い」の声がかかり先ほどの大太鼓の打ち手が再登場

かき道08
それにしてもこの大太鼓は「熊本城に合った」という言い伝えがあるそうですが立派な太鼓ですね

かき道08-2
今回も「間の瀬狂言」「蠣道浮立」の手ぬぐいを撒き物で戴きましたが手ぬぐいもコンプリートかな?


ssiimm at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月17日

矢上くんちで「間の瀬狂言」・・郷くんち2014

さぁ「矢上くんち」の日です・・・関係者以外で待ち遠しく思っている人はそんなに多くはいないでしょうが私は10月17日が来るのが楽しみでした(^^)

矢上くんちは8地区が毎年2ヶ所づつ奉納するので4年輪番なのですが、このブログで矢上くんちの記事を書くようになって4年目になるということでやっと「矢上くんち」コンプリートなんです(^^)

今年の奉納踊りは「間の瀬地区」と「蠣道(かき道)地区」になっていますがまずは間の瀬地区の「間の瀬狂言(猿浮立)」からですがいつも以上に写真が多くなってしまいました^^;

間の瀬狂言01
昨年同様に8時30分くらいに矢上神社に到着・・・昨年は人気の「矢上コッコデショ」が登場するということもあり神社下に多くの人たちが集まっていたのですが今年は平年並みでした^^;

間の瀬狂言01-2
まずは参拝しましたが拝殿内では神事が執り行われていました

間の瀬狂言02
午前9時になると挨拶があり最初に登場したのは間の瀬地区のシャギリの演奏です

間の瀬狂言02-2
いよいよ「平間町間の瀬自治会」「長崎県指定無形文化財 長崎市間の瀬狂言保存会」の幟を先頭に入場です

間の瀬狂言02-3
お祓いの水を掛けられました^^;

間の瀬狂言03
入場が終わるといよいよ本番ですがここも浮立の体裁なので先頭は「立道具」です


間の瀬狂言03-2
空にはきれいなうろこ雲が広がっていました

間の瀬狂言04
続いては艶やかな「ササラ」ですがこの地区のササラは他の地区より長いのじゃないかな?

間の瀬狂言04-2
小さな女の子のはそれなりに短くなっていましたが^^;

間の瀬狂言05
その次は「月の輪」ですがまずは金銀の兜をかぶった男の子が演じて

間の瀬狂言05-3
その後に大人が演じますが鉦・太鼓・鉦の鳴り物も活気を帯びてきました

間の瀬狂言06
ここで改めて「間の瀬浮立」を演じるに当たっての挨拶・・・間の瀬地区は総戸数が70軒ほどしかないそうで「少子高齢化」の波をもろに被っているそうですが、そんな中数百年も続く伝統芸能を維持していくのは大変なことでしょうね
ちなみに長崎市のHPに書いている「間の瀬狂言」の紹介は
滝の観音の門前と呼ばれる山間小集落に伝えられている狂言まじりの猿浮立を「間の瀬狂言」といい、.狂言のことば使い、動作、道具等、伝承によると宝町期に始まるという。万治3年(1660)観音寺(滝の観音)の開山の際も、この狂言を奉納したという。大太鼓には元緑8年(1695)観音寺の銘がある
となっています

間の瀬狂言06-3
初めて目にする「間の瀬狂言」が始まりました
演じる人の胸にピンマイクが付いているのでセリフも良く聞こえます(^^)

間の瀬狂言06-5

間の瀬狂言06-7
写真を見てもさっぱり判らないでしょうがあらすじなんて説明してもしょうがないですものね^^;

間の瀬狂言07
結局のところ岩山に隠れていた3匹の猿(見ザル、言わザル、聞かザル)を見つけ出します

間の瀬狂言07-2

間の瀬狂言07-4
この3匹の猿と先ほどの二人とが鳴り物に合わせてコミカルな動きを繰り広げます
「長崎くんち」の演し物や各地の浮立はいろいろ見ましたが笑いを誘う演目は多分初めてですね(^^)

間の瀬狂言07-6
10分以上演じた後で一旦は終了・・・ここで「もってこ〜い」の掛け声がかかり

間の瀬狂言08
再び二人+3匹がリズミカルな演奏に合わせて動き回ります

間の瀬狂言08-3
途中でご褒美(?)のバナナを貰って退場・・・ところが再びの「もってこ〜い」

間の瀬狂言08-4
猿たちが見学に来ていた小学生たちの前でバナナを食べただけでした(^o^)

間の瀬狂言08-5
最後の挨拶のときにもバナナを持っていました

約1時間の奉納踊りを堪能することができました(^^)


ssiimm at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: