長崎の民俗芸能

2016年08月28日

「三重地区みなと祭り2016」で三重・樫山の盆踊り

今日は朝からブログの投稿画面がおかしく記事をアップすることが出来ませんでした・・・動画は今でも調子が悪いですね

三重みなと祭り01
昨夜は「がんばランド」の隣の空き地で開催された「第23回三重地区みなと祭り」に行ってきました

三重みなと祭り01-1
相変わらず大勢のお客さんで駐車場の確保も難しかったですね(^^;

三重みなと祭り00
ほとんどの人は花火やたくさんの出店目的で集まっていたのでしょうが

三重みなと祭り01-2
私が毎回楽しみにしているのは「三重・樫山盆踊り保存会」主催の盆踊り大会です
これは最初にあった「三重の盆踊り(三重くどき踊り)」ですが他の地区の盆踊りと違って若い人や男性も多く参加しています

三重みなと祭り01-3
かなり独特な踊りなのにこんな幼い子も踊りに参加しているのは保育園あたりで教えているのでしょうね(^^)

三重みなと祭り02
続いて「西樫山の盆踊り」です
盆踊り唄も当然生歌ですがこの地区の唄は若い女性が担当していました(゜o゜)

三重みなと祭り03
最後は「東樫山の盆踊り」ですがこの地区は踊り手がちょっと少ないですね
ちなみにこれらの盆踊りは「京泊」「畝刈」のを含めて長崎市の「民俗芸能」に「長崎の盆踊り」として登録されています

三重みなと祭り01-4
午後8時半からは2000発の花火も打ち上げられましたが動画がまだアップできません(^^;


ssiimm at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月18日

「五島列島まつり」で「有川羽差太鼓&五島神楽」

まだ5/14は続いています
「510(五島)列島まつり」には昼過ぎに行ってベベンコビッチさん親子のライブを見たのですが「歯医者」に行った後夕方になって再び訪れました・・・今回はいつも以上に写真の羅列になっちゃいました(^^;

五島神楽01
会場の「おくんち広場」に到着するとすぐに出会ったのが五島市のゆるキャラである「つばきねこ」でした(^^)

五島神楽01-3
この時間になって再び訪れたのは「五島神楽」を見たいと思ったからなんですがその前に「有川羽差太鼓」というのが上演されるそうです・・・当然初めて目にする郷土芸能ですが保存会会長さんらしき方の解説があったので判りやすかったですね

五島神楽01-4
まずは「第1章出漁編」ですが出演している子供たちは揃いの法被を着ています

五島神楽01-5
それが「第2章格闘編」では黒シャツ姿になっていて

五島神楽01-6
「第3章ろくろ巻編」になると太鼓が寝かせてあります(^^)
素晴らしい演奏でしたがやっぱり目を引くのは長崎市内ではあまり見ることが無い「超巨大・大太鼓」ですね

五島神楽02
次はお待ちかねの「五島神楽」です
2002年に「国選択無形民俗文化財」に選定されていたのが今年の3月に「重要無形民俗文化財」に格上げされた「五島神楽」ですが今回上演されるのはその構成資産である玉之浦町「白鳥神社」に伝わる「玉之浦神楽」です・・・司会をやっているベベンコビッチさんと長老との会話に出てくるシーンは上演されませんでしたからフルバージョンではなさそうですが「五島神楽」を見るのは初めてです

五島神楽02-2
太鼓と笛の演奏の中まず登場したのは・・・残念ながら五島神楽について全く知識が無いので何という人か判りません(^^;

五島神楽02-3
続いて登場した二人組の役割も不明です(^^;

五島神楽02-4
「二人剣」というのでしょうか?

五島神楽02-5
ひとりになってからの「剣」の演技は見事です

五島神楽02-6

五島神楽02-7
続いて登場した鬼の面を被った人は「荒平」と呼ばれるみたいですがこの人の太鼓を叩く一連の所作は面白かったですね、特に最初の太鼓を叩いて出た大きな音に驚くシーンは秀逸です(^^)・・・ちょっと動画も撮りました

五島神楽02-8
続いて登場した人は

五島神楽02-9
お皿を使ったパフォーマンス・・・神楽というより雑技みたいですね(^^;

五島神楽03
その後再び「荒平」が登場しましたが

五島神楽03-2
今度は「獅子」との共演です

五島神楽03-3
長崎市内の獅子踊における獅子と玉遣いに似た演技です


五島神楽03-4-2
起き上がった獅子との絡みを演じた後

五島神楽03-5
何と獅子に乗っちゃいました(゜o゜)

五島神楽04
獅子は部隊が終了した後に客席に向かい子供たちの頭をガブリ・・・親は喜んでいましたが子供にとっては災難ですね(^^)

長崎で五島神楽を上演するなんて(「長崎くんち」のお旅所で行われたことはあるみたいですが)ほとんどありませんからとても楽しいひと時を過ごすことが出来ました(^^)


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月13日

大瀬戸町「とんばんさん」のお上り行列

前の記事では「お旅所」での様子を書きましたがこれからが「お上り」です・・・行列の後を少しですが「追っかけ」ました(^^;

とんばんさん06
お旅所を出た所では殿(しんがり)を勤めた「挟み箱」連中が歌いながら踊りを披露していましたが

大瀬戸04-6
相変わらず「酔っ払い」の仕草としか思えません(^^;
一応これの動画も撮りましたが肝心の唄がほとんど聞こえません・・・もっとも白昼の屋外で歌うのには適しているとは思えませんが(^O^)
とんばんさん06-2
国道沿いにも大勢の見物客が集まっていました

とんばんさん07
「お上り行列」が中々進まないので行列の先頭に行ってみると獅子舞がいましたが

とんばんさん07-2
沿道の赤ちゃんやお年寄りを「咬みながら」移動しているので遅いはずですね(^^;

とんばんさん07-3
「鳥毛」の子供たちも頑張っています

とんばんさん07-4
改めて「お神輿」ですが御幣を持って先導している子供がいるのも他では見ませんね

とんばんさん08
子供たちの「挟み箱」に続いて

とんばんさん08-2
「道踊り」がやってきました

とんばんさん08-3
こうやって全体を見ると結構な人数で構成されているんですね・・・何せ子供たちが多いので撮影する家族たちも沿道に群がっています(^^;

とんばんさん08-5
そして最後は再び「挟み箱」でちょっと卑猥な唄と所作が沿道の観客には大いに受けていました(^^;

とんばんさん09
私一人だともっとお上り行列に付いて行ったところですが女房も一緒だったので切り上げて近くの公園に集まっている出店を覗きに行ってみました

とんばんさん09-4
何気に正面の山を見ると中腹に幟のようなものが見えますが・・・ひょっとするとあそこがお上りの目的地である「琴平神社」なんでしょうか?


ssiimm at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月12日

大瀬戸町・琴平神社の春季大祭「とんばんさん」

西海市の大瀬戸町にある「琴平神社」の春季大祭は「とんばんさん」と呼ばれていて地元で人気の祭りだそうですがまだ見に行ったことがありませんでした
理由の一つが開催日がはっきりしない点にもあります・・・よく見ている「ダイドードリンコ 日本の祭り」というサイトでも一昨年に紹介されていましたがそれによると「昔は4月9日に御旅所に向かう「お下り」、10日に神社に戻る「お上り」を行っていましたが、10年ほど前から大勢の人が参加しやすいように、9日・10日前後の土曜・日曜に執り行うようになりました。」とありますが今年は何日に開催されるという事がネットで検索しても全く書いていないんですよね
それでも今年は4/9・10が土日になっていたのでまず間違いないだろということで4/10に「お上り」を見に行くことに決めていました・・・さらにこの日の長崎新聞に前日の「お下り」の様子の記事がありましたし「お上りは午後1時から開始」とあったので助かりました(^^)

そういえば「脇岬祇園祭り」も開催日や時間がはっきりしなかったので地元の交番に電話で確認したことがありましたね

とんばんさん01
ランチを食べた「大瀬戸ショッピングセンター」にほど近い場所に「お旅所」が設置されていましたが思った以上に大掛かりです

とんばんさん01-3
お上りのスタートを待つ子供たちですが顔にはこの祭り独特のペイントが施されています・・・「『お下り』のときは豊作祈願でキュウリやナスなどの野菜、『お上り』は大漁祈願でタイやタコなどの魚介」を描くのだそうです

とんばんさん01-4
その様子を撮影しようと大勢のアマチュアカメラマンが集まっていました・・・これらの中の誰かがブログあたりで開催日をアップしてくれたら楽なんですが(^^;

とんばんさん01-5
一方こちらはお上りに参加する「獅子舞」ですが「獅子舞を奉納する獅子は、小さな子どもが頭を噛んでもらうと健やかに成長するという言い伝えがある」ということで赤ちゃんを抱っこしたお母さんたちに囲まれていました(^^)

とんばんさん01-7
何気にあったこの舟はなんでしょうね・・・「福田くんち」みたいに荷物載せかな?

とんばんさん01-6
午後1時前から始まった神事も30分くらいでようやく終わりそうです

とんばんさん02
いよいよお上りが始まりますが行列の先頭を行く「箒持ちと汐振り」ですが清めの役を子供がやるのは初めて見ました

とんばんさん02-2
先ずは「太鼓浮立」の奉納が賑やかに始まりました

とんばんさん02-3
その後で「獅子」が「玉使い」の先導で登場です

とんばんさん02-4
長崎近郊の「獅子」と違って「関東風(?)」の獅子ですね・・・ちょこっと動画を撮りました

とんばんさん03
続いてやってきたのは「毛槍」ならぬ「鳥毛(とりけ)」という所作ですがこれも演じるのは子供達です

とんばんさん03-3
その後に続くのは地元のスポーツクラブのグループでしょうか?

とんばんさん03-4
その後にいよいよメインである「お神輿」の登場ですがさすがにこれは大人たちが担いでいます

とんばんさん03-6
お神輿に続いて先ほども奉納を行った「太鼓浮立」の登場ですが
とんばんさん03-7
中学生とは思えないようなダイナミックな演奏です(^^)

とんばんさん04
この「とんばんさん」の名物である「挟み箱」は大人と子供が演じますがまずは子供たちです・・・これも少し動画を撮りましたが歌は聞き取れるかな?

とんばんさん04-3
大人から小さな子供までの女性たちが一緒に踊る「道踊り」ですが

とんばんさん04-4
ここに登場したのが先ほどの舟・・・なるほどスピーカーで踊りの音楽をを鳴らしながら踊りの先導をするんですね(^^;

とんばんさん04-5
何故かここに警察のパレードも参加していましたが道理で祭り会場の周辺でお巡りさんを多く見かけた訳です

とんばんさん05
警察官のパレードが通過してからちょっと間を置いていよいよ一番の見ものである大人による「挟み箱」の登場ですが

とんばんさん05-2
何だか酔っ払いの集団みたいに見えるところが楽しいですね(^^;

この後国道を規制して行列が進むのですが次の記事で書く予定です


ssiimm at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月09日

皿山人形浄瑠璃2015・・伽羅先代萩・政岡忠義の段

今年も波佐見町の「皿山人形浄瑠璃」を見てきました・・・歌舞伎は若い頃に何十回見たか判りませんし「文楽」も2回くらい見に行きましたが「人形浄瑠璃」を意識して見るようになったのはこの「皿山人形浄瑠璃」からでしょうね

皿山01
開演は午後1時半からなんですが3年前みたいに団体のお客さんが来ると席が無くなっちゃうし会場前の無料駐車場のスペースもさほど広くないので午後1時前には到着しました

皿山01-2
例年通りまずは「皿山大神宮」に参拝します

皿山01-3
会場の「皿山人形会館」前には昨年から登場した「募金箱」・・・今回も僅かですが協力させていただきました(^^;

皿山01-4
「皿山人形会館」に入ると舞台には人形が勢ぞろい(゜o゜)
今回の演目で使用する人形でしょうが「政岡」がいるのを見ると一昨年上演した「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の続きを上演するみたいです

皿山01-5
開演前にいつもの人による演目の解説ですが今年はあらすじと登場人物の説明がありました・・・ほとんどのお客さんはストーリーは知らないでしょうからこれは良かったと思います
ちなみに上演するのはやはり「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の「御殿の場」の続きで「正岡忠義の段」というそうです・・・歌舞伎では「御殿の場」のみですが人形浄瑠璃では二つに分けているみたいですね

皿山01-6
太夫と三味線も登場したところで

皿山01-7
「定式幕」は開きっぱなしでしたが「柝(き)」が入りいよいよ開演です

皿山02-3
栄御前が持参した(毒入り)お菓子を拒みたいのに「頼朝公からの差し入れ」という名目なので断れない政岡・・・さらに鶴千代も食べたそうにしています
そこに千松が登場してお菓子を横取りして口に運びますが当然悶え苦しみます

皿山02-4
そこでこの場の敵役「八汐」が「毒」で死んだのを隠そうと持っていた懐剣で千代松を殺害したうえ何度も刀を突き差しますが・・実の子を殺されたというのに政岡は全くの無関心

皿山02-5
その無関心さに栄御前は政岡が鶴千代と千松を入れ替えていたのだろうと考え計画を話し政岡を味方に引き入れようと考えます

皿山02-6
栄御前が帰った後には母親の立場に戻って我が子の死に嘆き悲しむ政岡ですが

皿山02-7
その姿を物陰から見かけた「八汐」が政岡に切りつけますが反対に討たれ政岡は子供の敵討ちをすることが出来ました

皿山02-8
歌舞伎では先ほどの栄御前と政岡の会話の後に「連判状」を渡されこの幕切れの場に登場する「大ネズミ」にその連判状を奪われるのですが、この人形浄瑠璃では味方である「沖の井」と共に薙刀を構えたところで幕・・・
やはりこの後に続く「床下」はやらないみたいですね

まぁストーリーを書いても知らない人にはチンプンカンプン(って最近も使うのかな?)でしょうが(^^;

皿山03-2
浄瑠璃語りの太夫もずいぶん上手になりましたし今年も楽しいひと時を過ごすことが出来ました(^^)


ssiimm at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月07日

平山天満宮で「平山くんち」・・郷くんち2015

あまり人気が無い「郷くんち」の話題ですが前の記事に続いて「平山くんち」の「大名行列」です

平山天満宮01
改めて「平山天満宮」にやってきましたが今度は境内も賑やかです

平山天満宮01-2
一の鳥居付近で大名行列がスタンバイしましたが入場を待ちわびるカメラマンが多いのはやはり「神社」が絵になるからでしょうか(^^;

平山天満宮01-3
しばらく待っていると笛を吹き始めるとそれに呼応するように据え太鼓(モラシ)も演奏を始めます

平山天満宮01-4
さらには境内の反対側に陣取った「鉦」も打ち鳴らし始めると

平山天満宮02
その囃子を合図にいよいよ大名行列がスタートしました

平山天満宮02-2
お年寄りも重要な構成人員です(^^;

平山天満宮02-3
公園での最初の動きと同じように横に広がり

平山天満宮02-4
拝殿に向かっての所作・・・何だか「挟み箱」の声の出し方や動きが「脇岬祇園祭り」の「下馬」に似ていますね

平山天満宮02-5
槍や挟み箱毛槍などを空に付き上げるポーズが決まります

この後一旦退場しますが

平山天満宮03
神社をぐるっと一回りして再び入場(^^;

平山天満宮03-2
今度は公園での後半部分である円の動きを行います

平山天満宮03-3
集団の輪が次第次第に小さくなり

平山天満宮03-4
これが「見越し」かな?

平山天満宮04
「大名行列」が終了すると今度は「庭浮立」ですが今度は頭に飾りを付けています・・・他の浮立では「月の輪」と呼びますがここでは「天月」と言うそうです
背後で演奏する「モラシ」の演奏者が子供に代っていますが

平山天満宮04-2
「鉦」を叩くのもお年寄りから子供になっています(^^;

平山天満宮04-3
ここで「ささら」が登場して大太鼓の上に乗りました

平山天満宮04-4
大太鼓の演奏に合わせて「ささら」も太鼓の上で舞います

平山天満宮04-5
でもこの大太鼓の演奏は上手でしたね・・・昨年出場した女の子と一緒なのでしょうが太鼓もうまくなっていましたし見た目も大人びています(^^;

平山天満宮04-9
「ささら」が終わると「親子浮立」になりさらに若い子が登場

平山天満宮04-9-2
この掛け合いの演奏も見事でした(^^)

これで今年の郷くんちもすべて終了です・・・来年は式見くんちの「へらへら踊」が一番の期待ですが「郷くんち」以外でも西彼町の「下岳龍神祭」や「上岳八朔祭」にも行ってみたいですね


ssiimm at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月06日

平山くんちで「大名行列」その1・・郷くんち2015

やっと「平山くんち」です・・・でもやっぱり写真が多く、しかも会場が2か所だったので記事も2回に分けて書きますね(^^;

平山くんち01
午後1時に始まると聞いていたので会場の「平山天満宮」には20分くらい前にはやってきたのですが境内は静かなもの・・・係りの人に聞くと「最初に平山公園で行ってから神社にやってくる」ということだったので近くにあるという「平山公園」に向かいました

平山くんち01-2
運よく地元の人と一緒になったので歩いて公園に向かっているとあちこちに「大名行列」の参加者たち・・・集合場所が近くの公民館だったそうで衣裳を着たまま集まっているんですね(^^;

平山くんち01-1
公園に到着すると参加者たちが三々五々と言った感じで集まっていました

平山くんち01-3
午後1時を15分くらい過ぎていよいよ「市指定無形民俗文化財」である「平山の大名行列」のスタートです
前にも書きましたが参加人員が多く毎年行うのが大変なので「郷土芸能大会」などから参加要請があった時にしか行わないので「大名行列」を行うのは5年ぶりになります・・・今年は「長崎郷土芸能保存協議会会長」の中村七生さんが参加を要請したそうですね

平山くんち02
「大名行列」というくらいですから大勢の参加者が行列を行います
長崎市のHPによる紹介では

「御先」から「御見越」まで26の役割がつぶさに伝えられており、城入り的隠しの形態を取った一糸乱れぬ歩き方など、江戸時代の参勤交代の模様を伝える豪華な大名行列で、行列方と浮立方に分かれ、道行きの後、庭浮立が演じられる。

とあります

平山くんち02-2
公園の反対側では鉦や笛・太鼓の演奏も始まっていました


平山くんち02-4
参加者にはお年寄りの姿も多く見られますね(^^;

平山くんち02-5
公園の一番奥まで行くとそこから横に広がり

平山くんち02-7
合図とともに全員が一斉に所作を行います

平山くんち02-8
さらに行列は動き出し

平山くんち03

平山くんち03-2
次第次第に円を描き始め

平山くんち03-3
大人数の行列が小さくまとまってしまいます(゜o゜)

平山くんち03-4
その状態でパフォーマンス・・・これは見応えがありましたね
長崎市近郊で「大名行列」というと西海市西彼町の「龍神祭」もありますがそこでもこんなパフォーマンスは行われるのでしょうか?

平山くんち04
「大名行列」が終わると今度は「庭浮立」の開始ですが今年の大太鼓は女の子3人で行っていました・・・後で聞いた話だと姉妹だそうです(^^)

平山くんち04-2
でもこの太鼓の演技は素晴らしかったですね

平山くんち04-3
ここ数年見た「平山浮立」で一番見応えがあった太鼓の演技じゃないでしょうか
でも太鼓の上に乗り鬼の面を被って行う「ささら」が無いなと思ったらそれは神社での奉納で行うそうです

平山くんち04-8
平山公園での披露が終わるとぞろぞろと国道を移動

平山くんち05-1
「平山郵便局」前から再び大名行列がスタートしました
左側に見える据え太鼓は「モラシ」と呼ばれるそうですね・・・何でも「村囃子」あたりから転じた名前だそうです

平山くんち05
やはり道路を一列に進む方が「大名行列」っぽいですね(^^)

平山くんち05-2
国道の反対側で待っている人が多くいたのでそっちに行ってみると・・・先ほども行った全員での所作を見るためだったのですね

この後メイン会場の「平山天満宮」に向かいましたが記事は「その2」に続きます(^^;


ssiimm at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: