長崎の民俗芸能

2016年12月07日

「波佐見皿山人形浄瑠璃」で「生写朝顔話」

「波佐見皿山器替えまつり」を楽しんだ後は一番の目的である「皿山人形浄瑠璃」を見に行きました

皿山人形浄瑠璃01
今年で5年連続で訪れる「皿山人形浄瑠璃館」です(^^)

皿山人形浄瑠璃01-2
何度見ても「定式幕」はいいですね開演30分前に到着しましたが待つ時間も苦にはなりません

皿山人形浄瑠璃01-3
この日は「生写朝顔話(宿屋の段)という狂言を行うそうです
今から40数年前に東京の国立劇場で歌舞伎の舞台を見た記憶はありますが当然のことながらストーリーは全く覚えていません(^^; でもかすかな記憶では「生写朝顔日記」じゃなかったかな?

皿山人形浄瑠璃01-5
本番前に太夫連の紹介です・・・劇中に琴を演奏する場面があるので三味線の竹本鳴子太夫のお孫さんが琴の演奏をするそうです

皿山人形浄瑠璃02-2
柝(き)が入っていよいよスタートです

皿山人形浄瑠璃02-3
ヒロインの「朝顔」の登場ですが数年来の艱難辛苦のせいで盲目になり「瞽女」として主人公の「駒沢次郎左衛門」の前に登場

皿山人形浄瑠璃02-4
宴席の芸に琴を奏でますがこの所作には驚きますね・・・先ほども書いた「竹本鳴子太夫のお孫さん」が行っているのですが実際に演奏しているようにしか見えません(゜o゜)

皿山人形浄瑠璃02-7
「身の上話」をして朝顔が退席・・・駒沢次郎左衛門は気になりますが連れがいるので行動を起こせません

皿山人形浄瑠璃03-1
そこで相方が寝た後で宿屋の人にもう一度呼ぶように頼みますが「清水に行った」ということで叶わなかったので金子や目薬、それに扇子を託します

皿山人形浄瑠璃03-3
駒沢次郎左衛門が宿を立った後に思いがけずに「朝顔」が登場!扇子に書かれた内容で以前の恋人という事を知り

皿山人形浄瑠璃03-4
大雨との理由で引き留める宿屋の亭主を振り切り

皿山人形浄瑠璃03-5
後を追って「大井川の渡し」に向かいます

ここで暗転。。。。。。。。。。。。

皿山人形浄瑠璃03-6
やっとの思いで大井川までやってきたのですが駒沢次郎左衛門一行は川を渡ったけどその後は「大雨のために川止め」と知らされ

皿山人形浄瑠璃03-8
ここで「聞こえませぬ、聞こえませぬ〜」の口説き・・・泣けちゃいますね(^^;

皿山人形浄瑠璃03-9
手に扇子を持ってポーズを決めた所で幕・・・・

ストーリーがある分昨年の公演よりはるかに面白かったですし何より若い太夫の上達には驚かされました・・・女房も「今までで一番面白かった」そうです(^^)



ssiimm at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月29日

九州地区民俗芸能大会・・霧島神宮お田植え・今井浮立・田結浮立

長崎市民会館で11/27に行われた「第58回 九州地区民俗芸能大会」を見に行ってきました・・・画像がかなり多くなったのでかなりカットしましたが多分3回に分けてアップすることになるでしょう(^^;

民俗芸能大会01
「九州地区民俗芸能大会」は九州各県持ち回りで行われているので長崎で開催されるのは8年ぶりだそうです
その8年前には諫早で行われたそうですが当時は「民俗芸能」には全く興味が無かったので当然見に行くのは初めてです(^^;

民俗芸能大会01-3
市民会館には何度か訪れたことがありますが「文化ホール」は初めてですね・・・ロビーには各県の「郷土芸能」のポスターが掲示されていました

民俗芸能大会01-2
ホールに行くと・・・思った以上のお客さんにちょっとビックリ(゜o゜)
一般の人も訪れていたのでしょうが喫煙所で話を聞くとやはり市内各地の「郷土芸能関係者」の方が多く来ていたみたいです

霧島神宮00
挨拶などが行われた後はいよいよトップバッターである鹿児島の「霧島神宮のお田植え祭り」の登場です・・・300年の伝統行事だそうですね

霧島神宮01
しめ縄を張った舞台に最初は薙刀と刀を持った人が登場しましたから「神楽」なんでしょね

霧島神宮01-2
続いて翁と媼みたいな二人が登場

霧島神宮01-3
「ちゃんぽん」や「カステラ」などを交えたコミカルな会話で会場を沸かせます・・・とは言っても大部分は方言で意味がよく判りませんでしたが(^^;

霧島神宮01-4
ここで観客席から「牛」が登場

霧島神宮01-5
その牛を使って田植え作業を行う際にもコミカルな会話は続きます

霧島神宮02
最後は「田の神」が登場して口上を述べますがこれもちょっと理解できませんでした(^^;

今井神楽00
次は福岡・行橋市の「今井神楽」です

今井神楽01
ここでも最初は「神楽」っぽい所作がありますが以前は神職の方が行っていたそうですね
この日行われたのはいろいろある中で「綱御先」という演目だそうです

今井神楽01-3
続いて「神官」や「鬼」が登場して

今井神楽01-4
「綱」を持った人と鬼が絡み合った後に

今井神楽01-5
鬼が客席に乱入して暴れまわります(^^;

今井神楽01-6
その後いったん取り押さえられますが

今井神楽02
鬼に助成が現れて再び混乱の世界・・・

今井神楽02-4
最終的には捕まっちゃいますが(^^;

田結浮立00
次は今年の夏にも見た諫早・飯盛地区に伝わる「田結浮立」です

田結浮立01
ここにもいろんな芸能が伝えられているのですが何せ時間の制限があるので今回は「掛け打ち」と「月の輪太鼓」のみの披露だそうです

田結浮立01-2
本番の時に比べると「掛け打ち」の人数も少ないですね

田結浮立01-3

田結浮立01-4
ですから「月の輪」もよく見えます
この日はいろんな太鼓の演奏がありましたがやはりこの「月の輪」が最高でした(^^♪



ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月30日

式見くんちで「陸上女ペーロン」・・郷くんち2016

昨日10/29は私の63歳の誕生日・・・ということは毎年決まっていますが「式見くんち」の日です(^^;

式見くんち01
朝方は少し肌寒かったのですが乙宮神社に到着した頃には日差しもありかなり暖かくなっていました

式見くんち01-4
拝殿前には例年のことですが「江坂蒲鉾店」からの寄贈の4斗樽が飾られていて自由に飲むことが出来ます(^^)

式見くんち01-2
先ずは拝殿に参拝しましたが奥には出番を待つ「お神輿」が鎮座していました

式見くんち01-3
今年の奉納踊りは「上中地区」「下中地区」ですが境内には上中地区が行う「陸上(りくあげ)女ペーロン」で使用されるペーロン舟がすでに設置されています
この後上中地区の自治会長の挨拶で紹介されていましたが「上中」の「陸上女ペーロン」が奉納されれるのは57年ぶりだそうですね

女ペーロン
でもこの「悉皆調査」によると昭和63年以来となっていますし地区も「向」となっています

女ペーロン02
残っている写真もカラーですから・・・まぁいずれにせよ久しく途絶えていたのが復活するのは喜ばしいことです(^^)

式見くんち01-5
会場に「笛」の連中が揃ってから

式見くんち01-6
先陣を切って「太鼓」の登場です

式見くんち01-7
ダイナミックに太鼓を打ち鳴らしながら会場を回ります

式見くんち01-8
中には小学生くらいの男の子も混ざっていましたが思ったより上手に演奏していました

式見くんち02
太鼓が終了するといよいよ「陸上女ペーロン」のメンバーが登場して

式見くんち02-2
まずは「大漁節」の唄に合わせて船の周りを踊ります・・・以前は踊りも大漁節だったそうですが今回は「炭坑節」を元にアレンジしたオリジナルの踊りだそうです

式見くんち02-4
踊りが済むと法被を脱ぎ

式見くんち02-5
ペーロン舟に乗り込みます

式見くんち02-7
「陸上女ペーロン」専用の唄を歌う人も登場しました・・・一応唄の動画も少し撮りました

式見くんち03

式見くんち03-2
実際のペーロン競漕に合わせて最初はゆっくりした動きでしたがレースの時には激しく櫂を漕ぎます(^^)

式見くんち03-3
勝利の「エイエイオー」(^^)
以前は2艘の舟を使って演じたそうですが今回は1隻だけでの演技でした・・・何せ式見くんちは8年に一度の奉納ですから一旦途切れた奉納踊りを復活させるのはかなり大変だったと思いますね

式見くんち03-5
乙宮神社での奉納が終わると次の奉納場所である「お旅所」にペーロン舟を持って行かなくちゃいけないのがすごく大変そうでした(^^;



ssiimm at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月21日

「第58回 九州地区民俗芸能大会」が長崎で開催

毎年九州各県の持ち回りで開催されている「九州地区民俗芸能大会」が今年は11/27(日)に長崎市の「市民会館文化ホール」で行われます

九州地区民俗芸能01-2
ちなみに8年前には諫早文化会館で行われ長崎県からは「皿踊り」と「黒丸踊」が出場したそうです

九州地区民俗芸能01-3
福岡県「今井神楽」・佐賀県「見借浮立」・熊本県「芝口大鞘節」・大分県「柞原太鼓」・宮崎県「高屋神社神楽」・鹿児島県「霧島神宮のお田植祭り」・沖縄県「新城伝統芸能シーヤーマー」という九州各県から「代表的民俗芸能」が出場するそうですが当然全く聞いたこともありませんね・・・まぁ長崎代表の「中尾獅子浮立と唐子踊」や「田結浮立掛け打ち踊」にしても長崎市民で知っている人もほとんどいないでしょうが(^^;

中尾獅子浮立06-9
「中尾獅子浮立と唐子踊」は矢上くんちで奉納されるときのように「ささら」「笠踊り」なども含んだ本浮立なのかな?

田結浮立07-4-2
「田結浮立」の「掛け打ち踊」も素晴らしいのですが役員たちの踊りもあるのでしょうか(^^;

どちらも長崎県や長崎市の「無形民俗文化財」に選定されている素晴らしい民俗芸能なんですが・・・どうせなら長崎市内では見る機会がほとんど無い五島の「オーモンデー」や対馬の「命婦の舞」あるいは「平戸神楽」などが披露されたら良かったのにね(^^;

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

見に行くことは出来ないでしょうが市内の「郷くんち」や大村の「浮立」の案内です

西泊くんち
西泊天満神社の秋の大祭である「西泊くんち」ですが以前は土日の二日間開催されていたのに今年は10/22のみの開催になっているみたいですね(T_T)

立神くんち
立神くんちは例年通り11/3に行われるそうです


水の浦くんち
「水の浦くんち」は10/16に行われたのでしょうね

鈴田ふれあい祭り
大村では10/23に「鈴田ふれあい祭り」というのが開催され「日焼浮立」というのが上演されるそうです・・・これは聞いたことが無いので一度見てみたいものです(^^;

みうら勘作まつり01
同じく大村の「みうら勘作まつり」も10/23に行われるのですが

みうら勘作まつり01-2
こちらでは毎年恒例の「今村浮立」が演じられます・・・毎年気にはしているのですが見に行けたことは一度もありません(^^;



ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月17日

今年も若宮稲荷神社で「竹ン芸」・・郷くんち2016

今年も休みが合ったので伊良林の「若宮稲荷神社」で行われた「若宮くんち」の「竹ン芸」を見に行ってきました・・・この「竹ン芸」は長崎市の無形文化財及び国の選択無形民俗文化財にも指定されている民俗芸能で250年以上の歴史を有しているそうです

竹ン芸01-2
この長い石段を上がりながら「何歳まで来ることが出来るかな?」と女房と言葉を交わすのが毎年の恒例です(^^;

竹ン芸01-4
神社に到着しましたが先ずは参拝・・・拝殿内では神事が執り行われていました

竹ン芸01-5
この日は土曜日だったので混むかもしれないと思い開始1時間前に到着しましたがさすがにまだそれほど混んでいませんね

竹ン芸01-6
でも開始直前になると大混雑・・・4年ほど前の日曜日を思い出しました(^^;
そんな中「中尾獅子浮立と唐子踊保存会」による「竹ン芸囃子」の演奏が始まりました・・・「長崎くんち」など他のシャギリと違い「三味線」が入っているのが独特です
ちなみに来月11/27には「第58回九州地区民俗芸能大会」が長崎で開催されますがそれに「中尾獅子浮立と唐子踊」も出場するのでこのシャギリの方々も参加するのでしょうね

竹ン芸02
時間になるとまずは子狐」の登場ですがこの子はまだ4歳だそうですが昨年も出場していた子供なのかな?

竹ン芸02-2
ちゃんと「子竹」の一番上まで上がって観客の喝采を浴びていました(^^)

竹ン芸02-4
続いて登場した小学校低学年の子供や

竹ン芸02-6
高学年の子供になるとだんだんと「演技」を行います・・・ちなみにこの小学6年生の子は最後の「子狐」でこの先再び出場することがあっても最低6年後だそうですね

竹ン芸03
子狐の演技が終了するといよいよ本番ですがまずは「女狐」から登場です

竹ン芸00
この方は今年初めて「女狐」に挑戦するそうで新聞やテレビでも紹介されていました(^^)

竹ン芸03-2
まずは花道で前転(^^)

竹ン芸03-3
つづいて「男狐」も登場しました

竹ン芸03-4
先に上がった「女狐」が誘うと

竹ン芸03-5
男狐も上がり

竹ン芸03-7

竹ン芸03-8
2匹による技の披露です

竹ン芸04
下では保存会の人たちが万が一のことを考えて必死で竹を支えています(^^;

竹ン芸04-3
女狐が下りると男狐の独擅場ですがまずは「撒き物」・・・紅白の餅や手拭いに続いて取り出したのは恒例の「鶏」です

竹ン芸04-4
その後には毎年恒例の「泳ぎ」で竹を大きく前後に揺らしますが実際に見ないと「ハラハラ」具合は判らないでしょう

竹ン芸04-5
最後はこれも恒例の「逆さ」の状態での落下・・・初めて見た人は驚くでしょうね



ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月30日

田結浮立2016その2・・ちょっと変わった蛇踊

昨日の記事の続きでまだ「飯盛西小学校」の体育館で長崎県無形民俗文化財の「田結浮立」を見ています

田結浮立05
「道具廻し」の次は・・・何と「古場名」の演し物である「龍踊」の登場です(゜o゜)
鳥居の模型を潜っての登場には「謂れ」があるんでしょうね

田結浮立05-2
止まっている姿は長崎の龍踊とさほど違和感はありませんが

田結浮立05-4
何と動きなら「火」や「煙」を吐くのです(^^;
諫早には実際に見たことはありませんが金崎地区・南諫早地区の2か所でも「龍踊」をやっていみたいですね
そのうち高来町の「金崎地区」に伝わる龍踊が同じように煙を吐くみたいですし動画を見ると「玉使い」の所作や「玉」もよく似ています・・・距離的には近い長崎市や南諫早地区のじゃなく遠い高来町の龍踊に似ているのにも不思議ですね


これはこれで楽しいのですが長崎市の「龍踊」とは別物だと思った方が良さそうです・・・こっちの動画も動きが独特です

田結浮立05-5
楽曲もずいぶん違いますが「モラシ」が入っていることにより「和」のテイストも加味されていますね

田結浮立05-6
この後一旦退場するのですが「もってこ〜い」が掛かり再登場しました(^^;

田結浮立06
続いて「池下名」の登場ですが

田結浮立06-2
この地区は「池下踊り」が演し物だそうで今回は「諫早のんのこ節」など3曲の踊りを披露しました

田結浮立07
トリを飾るのは「掛け打ち」です・・・「シャグマ」を見に付けた踊り手が登場しますが

田結浮立07-2
中に「鬼面」を付けた人たちもいるので佐賀方面では「面浮立」と言われている踊りです

田結浮立07-3
「鐘」と「太鼓」も登場しました

田結浮立07-4
勇壮に踊る背後では

田結浮立07-4-1
「大太鼓」を打つ「月の輪」も行われているみたいですがよく見えません(^^;

田結浮立07-4-2
踊りも最高潮に達した時に

田結浮立07-5
何故か周囲にいた「役員」らしき人たちが頭に手拭いを巻き付け始めましたが

田結浮立07-6
何とそのまま最前列で踊りに加わりました(゜o゜)
今までに「シャグマ踊」や「掛け打ち」は何度も見ましたがこんな演出は初めてですね・・・しかもこの人たちの踊りが上手いこと(^^;

田結浮立07-7
最後は「大太鼓」を子供から大人まで叩いてフィナーレです・・・今回の奉納踊り以外にも「ささら」「なぎなた踊」「銭太鼓」など多種多様な浮立があるそうですから3年後にはまた見に来たいですね

ちなみに今年の11/27に長崎市民会館で開催される「第58回九州地区民俗芸能大会」にこの「掛け打ち」が諫早代表で出演するそうですね・・役員たちの踊もあるのかな(^^;



ssiimm at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月29日

諫早市飯盛の「田結浮立」2016・・その1

昨日は朝から久しぶりに雨が降っていましたね・・・農家の人は喜んだでしょうがこの日にイベントを予定していた方々は「1か月以上晴れていたのに何でこの日に」と落胆したのじゃないでしょうか

私はこの日には西海市の「上岳八朔祭」での大名行列を見に行くか諫早市の「田結浮立」を見に行こうか考えていたのですが雨でも体育館で行うであろう田結浮立に行くことにしました・・・3年前にも見逃していますしね(^^;

田結浮立01
最初の予定では田結のあちこちの神社などで奉納踊りを行った後はここ「飯盛西小学校」のグランドで午前11時から行うことになっていたのですが「雨」のせいで体育館での上演になるそうです

田結浮立01-2
思った以上にきれいで広い体育館ですね(^^)
入口で「2階で見るか1階にするか」聞かれたので当然「砂かぶり」である1階で見ることにしたのですがほとんどのカメラマンは2階に陣取っていましたね・・・1階にいた地元のお年寄りの解説を聞きながらの観覧は楽しかったのですが(^^;

田結浮立01-3-2
「田結浮立」は3年に一度「本浮立」といって各地区の奉納踊りを一挙に上演するそうです

「長崎県神社庁」の解説によると
田結浮立の起源は奈良時代の神亀元(724)年で、五穀豊穣・雨乞い祈願として始まりました。この年の秋、収穫間近の稲穂が高波に襲われものが自生のシャギ竹に結ばれて無事であったことから、神仏の御加護によるものとの感謝と、堤防を築かれた龍宮様へのお礼として垣踊りが奉納されたのです。
 江戸期に入り、さらに田結村の六つの地区から特色のある出し物が加わって今日の形になり、諫早領主の御用浮立として伝承され、県内各地の伝統芸能にも広く影響を及ぼしたと言われています。
 現在の構成は、垣踊り、蛇踊り、浮立、池下踊りに大別され、その出し物の種類は、傘鋒、道具廻し、掛打ち踊りや、勇壮な大太鼓舞など十数種類に及ぶ豊富さです。時代的にも室町末期から江戸中期の芸能まであって、県内で最も多彩であり、昭和55年に県の無形民俗文化財に指定されています。
とあります

田結浮立02
先ずは「垣踊」からスタートです

田結浮立02-2
各地の「郷くんち」で見慣れた「月の輪」が登場しました

田結浮立02-3
「月の輪」自体は式見の「相川町月の輪太鼓」が大きいですし動きもダイナミックです

田結浮立02-4
でもここの「月の輪」は市内の月の輪の原型なんでしょうね
何より驚いたのは出演者による「歌」です


こんな「月の輪」は初めて見ました(゜o゜)

田結浮立03
続いて登場したのは何と「傘鉾」(゜o゜)

田結浮立03-2
「長崎くんち」以外で「傘鉾」を見るのは初めてですね・・・残念ながらあっという間に退場しましたが(^^;

田結浮立04
次は「道具廻し」だそうですが「矢上くんち」における「立道具」ですよね

田結浮立04-2
奉納踊りの前には挨拶が行われます(^^;

田結浮立04-3
離れた位置での投げ渡しはかなり練習したのでしょうね(^^;

田結浮立04-4
軽い麻素材とはいえこれだけ大きいと結構重そうです

この後「龍踊」や「掛け打ち」があるのですが次の記事に続きます<m(__)m>


ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: