長崎の文化財

2017年10月15日

今年も若宮稲荷で「竹ン芸」・・郷くんち2017

昨日の天気予報は午後から雨・・・朝のうちから「らぶフェス2017」に行った後ちょっと心配しながら伊良林の「若宮稲荷神社」に向かいました

竹ン芸01
車は夫婦川町近くにある40分100円のコインパーキングに停めてぶらぶらと中島川方面に向かっていると前方から何やらやってきます

竹ン芸01-2
やはり「若宮稲荷神社」の秋の例大祭である「若宮くんち」の子供神輿でした(^^♪
この神輿による庭先回りはかなりの距離を巡幸するみたいなので子供たちは大変でしょうね

竹ン芸01-3
若宮稲荷神社の「一の鳥居」に到着したのは午後1時前・・・午後2時開始なので例年はもっとゆっくりやってくるのですが今年は土曜日ですから混むかもしれないと思ったのです

竹ン芸01-4
おなじみの鳥居が並ぶ長い石段ですが「あと何年ここを上がることが出来るのかな」と女房と話しながら歩くのが毎年恒例です(^^;

竹ン芸02
神社に到着した時には思ったよりお客さんは少なかったのでいつもの場所に陣取ることが出来ました・・・この場所は「撒き物」をゲットすることは出来ないのですが座ってみることが出来るのです(^^)

竹ン芸02-2
時間を追うごとにお客さんが多くなってきて「シャギリ」の人たちが登場する頃には人で溢れるくらい・・・雨が降りそうにもなかったのも影響しているのかもしれませんね

竹ン芸02-3
時間通りにスタートしましたが先ずは「子狐」の演技から始まりました
この子は昨日の長崎新聞でも紹介されていた子供でしょうが

竹ン芸02-4
3歳だというのに竹の一番上まで上がっていました(゜o゜)

竹ン芸02-5
子狐は全部で3人登場しましたが小学生ともなれば技も披露します

竹ン芸03
いよいよ本番で「女狐」「男狐」の登場です

竹ン芸03-2
まずは女狐だけの演技ですが曇り空なので写真はイマイチ・・・

竹ン芸03-2
一昨年はこんな秋晴れの画像だったのですが(^^;

竹ン芸03-3

竹ン芸03-4
続いて男女2匹の合わせ技ですが観客からはどよめきが起こります

竹ン芸03-5
竹の根元では激しくなる動きに備えて保存会の方々が一生懸命抑えていますね(^^)

竹ン芸04

竹ン芸04-2
演技も佳境に入ってきましたがこの頃から雨がぽつりぽつりと落ちてきました

竹ン芸04-3
この後女狐は「撒き物」を放って退散して男狐だけの演技になります

竹ン芸05
男狐も餅や手拭いを撒いた後に懐から取り出したのはお馴染みの「鶏」・・・初めて見た人はびっくりするでしょうね(^^)


身軽になってからいろいろ演技を行いますが「単純だけど観客が驚く」のがこの「泳ぎ」でしょうね

竹ン芸05-2
いよいよラストですが


このパフォーマンスは何度見ても素晴らしいですね(^^♪

ssiimm at 09:04|PermalinkComments(0)clip!

2017年05月03日

波佐見陶器まつり2017・・やきもの公園周辺

毎年ゴールデンウイークになると出かけている「波佐見陶器まつり」に今年も行ってきました
まずはメイン会場である「やきもの公園」周辺の話題です

波佐見05
昨日は平日なのに車が多くて午前中に行ったのですが会場周辺は軒並み満車・・しょうがないので「旧波佐見町立中央小学校」運動場に停めましたがここからだとまだ会場まで歩いて行けます
でも数年前までは平日だと楽に駐車できたのですがやはり「波佐見陶器まつり」を訪れるお客さんが確実に増えているみたいですね

波佐見05-2
その国登録有形文化財に指定された「旧波佐見町立中央小学校講堂兼 公会堂」は何やら工事中・・

波佐見05-3
何と講堂の修復作業でした!

波佐見05-4
来年5月までの予定ですから少なくとも今年の「ハッピータウン波佐見祭り」は開催されないでしょうね

波佐見05-5
すぐ近くに開店祝いの花輪があったので近寄ってみると「佐々木商店」という駄菓子屋さんがオープンしていました(^^;

波佐見05-6
すぐ近くにある「西の原工房」には毎年のように寄っているのですが今回はパス・・・ここも数年前に比べるとお客さんの数がかなり増えています

波佐見06
やきもの公園の手前のスペースに多くの飲食店がありますが

波佐見06-2
これは「よってってマルシェ」という一昨年から始まった企画の会場ですね

波佐見06-3
いろんなカフェや

波佐見06-4
雑貨店が出店していて年を追うごとに賑わいを増しています(^^)

波佐見07
道を渡って「陶磁器工業組合」に寄ったのはちょっとトイレを借りるためです
毎年恒例の「五島うどん」を販売する「中本製麺」のブースがありました

波佐見07-2
何気に左手の建物を見ると「展示即売会」の大きな看板がありましたが

波佐見07-3
コーヒーフィルターなどを販売している「Kalita(カリタ)」が臨時店舗を開いていました(゜o゜)

波佐見07-4
「カリタ」と波佐見焼とで共同開発したドリッパーをメインに販売していましたが思った以上にお客さんが集まっていましたね

波佐見07-5
やきもの公園の入口脇にもいろんなお店が出店しています

波佐見07-6
以前は全く関心が無かった「箸置き」もテレビで紹介されたのを機に最近は利用していますが気にして見るといろんなお店で販売しているのですね(^^)

波佐見07-7
ここに展示していた「キャロム」というビリヤードの玉の色をモチーフにした器は結構気に入りました

波佐見08
毎年必ず寄っている「西日本陶器」は結構処分品の品揃えが多く何度も購入したのですが、今年から販売方法を変えたみたいで廉価品が少なくなっていました

さぁ次は「やきもの公園」です(^^)



ssiimm at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月07日

「波佐見皿山人形浄瑠璃」で「生写朝顔話」

「波佐見皿山器替えまつり」を楽しんだ後は一番の目的である「皿山人形浄瑠璃」を見に行きました

皿山人形浄瑠璃01
今年で5年連続で訪れる「皿山人形浄瑠璃館」です(^^)

皿山人形浄瑠璃01-2
何度見ても「定式幕」はいいですね開演30分前に到着しましたが待つ時間も苦にはなりません

皿山人形浄瑠璃01-3
この日は「生写朝顔話(宿屋の段)という狂言を行うそうです
今から40数年前に東京の国立劇場で歌舞伎の舞台を見た記憶はありますが当然のことながらストーリーは全く覚えていません(^^; でもかすかな記憶では「生写朝顔日記」じゃなかったかな?

皿山人形浄瑠璃01-5
本番前に太夫連の紹介です・・・劇中に琴を演奏する場面があるので三味線の竹本鳴子太夫のお孫さんが琴の演奏をするそうです

皿山人形浄瑠璃02-2
柝(き)が入っていよいよスタートです

皿山人形浄瑠璃02-3
ヒロインの「朝顔」の登場ですが数年来の艱難辛苦のせいで盲目になり「瞽女」として主人公の「駒沢次郎左衛門」の前に登場

皿山人形浄瑠璃02-4
宴席の芸に琴を奏でますがこの所作には驚きますね・・・先ほども書いた「竹本鳴子太夫のお孫さん」が行っているのですが実際に演奏しているようにしか見えません(゜o゜)

皿山人形浄瑠璃02-7
「身の上話」をして朝顔が退席・・・駒沢次郎左衛門は気になりますが連れがいるので行動を起こせません

皿山人形浄瑠璃03-1
そこで相方が寝た後で宿屋の人にもう一度呼ぶように頼みますが「清水に行った」ということで叶わなかったので金子や目薬、それに扇子を託します

皿山人形浄瑠璃03-3
駒沢次郎左衛門が宿を立った後に思いがけずに「朝顔」が登場!扇子に書かれた内容で以前の恋人という事を知り

皿山人形浄瑠璃03-4
大雨との理由で引き留める宿屋の亭主を振り切り

皿山人形浄瑠璃03-5
後を追って「大井川の渡し」に向かいます

ここで暗転。。。。。。。。。。。。

皿山人形浄瑠璃03-6
やっとの思いで大井川までやってきたのですが駒沢次郎左衛門一行は川を渡ったけどその後は「大雨のために川止め」と知らされ

皿山人形浄瑠璃03-8
ここで「聞こえませぬ、聞こえませぬ〜」の口説き・・・泣けちゃいますね(^^;

皿山人形浄瑠璃03-9
手に扇子を持ってポーズを決めた所で幕・・・・

ストーリーがある分昨年の公演よりはるかに面白かったですし何より若い太夫の上達には驚かされました・・・女房も「今までで一番面白かった」そうです(^^)



ssiimm at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月17日

今年も若宮稲荷神社で「竹ン芸」・・郷くんち2016

今年も休みが合ったので伊良林の「若宮稲荷神社」で行われた「若宮くんち」の「竹ン芸」を見に行ってきました・・・この「竹ン芸」は長崎市の無形文化財及び国の選択無形民俗文化財にも指定されている民俗芸能で250年以上の歴史を有しているそうです

竹ン芸01-2
この長い石段を上がりながら「何歳まで来ることが出来るかな?」と女房と言葉を交わすのが毎年の恒例です(^^;

竹ン芸01-4
神社に到着しましたが先ずは参拝・・・拝殿内では神事が執り行われていました

竹ン芸01-5
この日は土曜日だったので混むかもしれないと思い開始1時間前に到着しましたがさすがにまだそれほど混んでいませんね

竹ン芸01-6
でも開始直前になると大混雑・・・4年ほど前の日曜日を思い出しました(^^;
そんな中「中尾獅子浮立と唐子踊保存会」による「竹ン芸囃子」の演奏が始まりました・・・「長崎くんち」など他のシャギリと違い「三味線」が入っているのが独特です
ちなみに来月11/27には「第58回九州地区民俗芸能大会」が長崎で開催されますがそれに「中尾獅子浮立と唐子踊」も出場するのでこのシャギリの方々も参加するのでしょうね

竹ン芸02
時間になるとまずは子狐」の登場ですがこの子はまだ4歳だそうですが昨年も出場していた子供なのかな?

竹ン芸02-2
ちゃんと「子竹」の一番上まで上がって観客の喝采を浴びていました(^^)

竹ン芸02-4
続いて登場した小学校低学年の子供や

竹ン芸02-6
高学年の子供になるとだんだんと「演技」を行います・・・ちなみにこの小学6年生の子は最後の「子狐」でこの先再び出場することがあっても最低6年後だそうですね

竹ン芸03
子狐の演技が終了するといよいよ本番ですがまずは「女狐」から登場です

竹ン芸00
この方は今年初めて「女狐」に挑戦するそうで新聞やテレビでも紹介されていました(^^)

竹ン芸03-2
まずは花道で前転(^^)

竹ン芸03-3
つづいて「男狐」も登場しました

竹ン芸03-4
先に上がった「女狐」が誘うと

竹ン芸03-5
男狐も上がり

竹ン芸03-7

竹ン芸03-8
2匹による技の披露です

竹ン芸04
下では保存会の人たちが万が一のことを考えて必死で竹を支えています(^^;

竹ン芸04-3
女狐が下りると男狐の独擅場ですがまずは「撒き物」・・・紅白の餅や手拭いに続いて取り出したのは恒例の「鶏」です

竹ン芸04-4
その後には毎年恒例の「泳ぎ」で竹を大きく前後に揺らしますが実際に見ないと「ハラハラ」具合は判らないでしょう

竹ン芸04-5
最後はこれも恒例の「逆さ」の状態での落下・・・初めて見た人は驚くでしょうね



ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月30日

田結浮立2016その2・・ちょっと変わった蛇踊

昨日の記事の続きでまだ「飯盛西小学校」の体育館で長崎県無形民俗文化財の「田結浮立」を見ています

田結浮立05
「道具廻し」の次は・・・何と「古場名」の演し物である「龍踊」の登場です(゜o゜)
鳥居の模型を潜っての登場には「謂れ」があるんでしょうね

田結浮立05-2
止まっている姿は長崎の龍踊とさほど違和感はありませんが

田結浮立05-4
何と動きなら「火」や「煙」を吐くのです(^^;
諫早には実際に見たことはありませんが金崎地区・南諫早地区の2か所でも「龍踊」をやっていみたいですね
そのうち高来町の「金崎地区」に伝わる龍踊が同じように煙を吐くみたいですし動画を見ると「玉使い」の所作や「玉」もよく似ています・・・距離的には近い長崎市や南諫早地区のじゃなく遠い高来町の龍踊に似ているのにも不思議ですね


これはこれで楽しいのですが長崎市の「龍踊」とは別物だと思った方が良さそうです・・・こっちの動画も動きが独特です

田結浮立05-5
楽曲もずいぶん違いますが「モラシ」が入っていることにより「和」のテイストも加味されていますね

田結浮立05-6
この後一旦退場するのですが「もってこ〜い」が掛かり再登場しました(^^;

田結浮立06
続いて「池下名」の登場ですが

田結浮立06-2
この地区は「池下踊り」が演し物だそうで今回は「諫早のんのこ節」など3曲の踊りを披露しました

田結浮立07
トリを飾るのは「掛け打ち」です・・・「シャグマ」を見に付けた踊り手が登場しますが

田結浮立07-2
中に「鬼面」を付けた人たちもいるので佐賀方面では「面浮立」と言われている踊りです

田結浮立07-3
「鐘」と「太鼓」も登場しました

田結浮立07-4
勇壮に踊る背後では

田結浮立07-4-1
「大太鼓」を打つ「月の輪」も行われているみたいですがよく見えません(^^;

田結浮立07-4-2
踊りも最高潮に達した時に

田結浮立07-5
何故か周囲にいた「役員」らしき人たちが頭に手拭いを巻き付け始めましたが

田結浮立07-6
何とそのまま最前列で踊りに加わりました(゜o゜)
今までに「シャグマ踊」や「掛け打ち」は何度も見ましたがこんな演出は初めてですね・・・しかもこの人たちの踊りが上手いこと(^^;

田結浮立07-7
最後は「大太鼓」を子供から大人まで叩いてフィナーレです・・・今回の奉納踊り以外にも「ささら」「なぎなた踊」「銭太鼓」など多種多様な浮立があるそうですから3年後にはまた見に来たいですね

ちなみに今年の11/27に長崎市民会館で開催される「第58回九州地区民俗芸能大会」にこの「掛け打ち」が諫早代表で出演するそうですね・・役員たちの踊もあるのかな(^^;



ssiimm at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月29日

諫早市飯盛の「田結浮立」2016・・その1

昨日は朝から久しぶりに雨が降っていましたね・・・農家の人は喜んだでしょうがこの日にイベントを予定していた方々は「1か月以上晴れていたのに何でこの日に」と落胆したのじゃないでしょうか

私はこの日には西海市の「上岳八朔祭」での大名行列を見に行くか諫早市の「田結浮立」を見に行こうか考えていたのですが雨でも体育館で行うであろう田結浮立に行くことにしました・・・3年前にも見逃していますしね(^^;

田結浮立01
最初の予定では田結のあちこちの神社などで奉納踊りを行った後はここ「飯盛西小学校」のグランドで午前11時から行うことになっていたのですが「雨」のせいで体育館での上演になるそうです

田結浮立01-2
思った以上にきれいで広い体育館ですね(^^)
入口で「2階で見るか1階にするか」聞かれたので当然「砂かぶり」である1階で見ることにしたのですがほとんどのカメラマンは2階に陣取っていましたね・・・1階にいた地元のお年寄りの解説を聞きながらの観覧は楽しかったのですが(^^;

田結浮立01-3-2
「田結浮立」は3年に一度「本浮立」といって各地区の奉納踊りを一挙に上演するそうです

「長崎県神社庁」の解説によると
田結浮立の起源は奈良時代の神亀元(724)年で、五穀豊穣・雨乞い祈願として始まりました。この年の秋、収穫間近の稲穂が高波に襲われものが自生のシャギ竹に結ばれて無事であったことから、神仏の御加護によるものとの感謝と、堤防を築かれた龍宮様へのお礼として垣踊りが奉納されたのです。
 江戸期に入り、さらに田結村の六つの地区から特色のある出し物が加わって今日の形になり、諫早領主の御用浮立として伝承され、県内各地の伝統芸能にも広く影響を及ぼしたと言われています。
 現在の構成は、垣踊り、蛇踊り、浮立、池下踊りに大別され、その出し物の種類は、傘鋒、道具廻し、掛打ち踊りや、勇壮な大太鼓舞など十数種類に及ぶ豊富さです。時代的にも室町末期から江戸中期の芸能まであって、県内で最も多彩であり、昭和55年に県の無形民俗文化財に指定されています。
とあります

田結浮立02
先ずは「垣踊」からスタートです

田結浮立02-2
各地の「郷くんち」で見慣れた「月の輪」が登場しました

田結浮立02-3
「月の輪」自体は式見の「相川町月の輪太鼓」が大きいですし動きもダイナミックです

田結浮立02-4
でもここの「月の輪」は市内の月の輪の原型なんでしょうね
何より驚いたのは出演者による「歌」です


こんな「月の輪」は初めて見ました(゜o゜)

田結浮立03
続いて登場したのは何と「傘鉾」(゜o゜)

田結浮立03-2
「長崎くんち」以外で「傘鉾」を見るのは初めてですね・・・残念ながらあっという間に退場しましたが(^^;

田結浮立04
次は「道具廻し」だそうですが「矢上くんち」における「立道具」ですよね

田結浮立04-2
奉納踊りの前には挨拶が行われます(^^;

田結浮立04-3
離れた位置での投げ渡しはかなり練習したのでしょうね(^^;

田結浮立04-4
軽い麻素材とはいえこれだけ大きいと結構重そうです

この後「龍踊」や「掛け打ち」があるのですが次の記事に続きます<m(__)m>


ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月18日

「五島列島まつり」で「有川羽差太鼓&五島神楽」

まだ5/14は続いています
「510(五島)列島まつり」には昼過ぎに行ってベベンコビッチさん親子のライブを見たのですが「歯医者」に行った後夕方になって再び訪れました・・・今回はいつも以上に写真の羅列になっちゃいました(^^;

五島神楽01
会場の「おくんち広場」に到着するとすぐに出会ったのが五島市のゆるキャラである「つばきねこ」でした(^^)

五島神楽01-3
この時間になって再び訪れたのは「五島神楽」を見たいと思ったからなんですがその前に「有川羽差太鼓」というのが上演されるそうです・・・当然初めて目にする郷土芸能ですが保存会会長さんらしき方の解説があったので判りやすかったですね

五島神楽01-4
まずは「第1章出漁編」ですが出演している子供たちは揃いの法被を着ています

五島神楽01-5
それが「第2章格闘編」では黒シャツ姿になっていて

五島神楽01-6
「第3章ろくろ巻編」になると太鼓が寝かせてあります(^^)
素晴らしい演奏でしたがやっぱり目を引くのは長崎市内ではあまり見ることが無い「超巨大・大太鼓」ですね

五島神楽02
次はお待ちかねの「五島神楽」です
2002年に「国選択無形民俗文化財」に選定されていたのが今年の3月に「重要無形民俗文化財」に格上げされた「五島神楽」ですが今回上演されるのはその構成資産である玉之浦町「白鳥神社」に伝わる「玉之浦神楽」です・・・司会をやっているベベンコビッチさんと長老との会話に出てくるシーンは上演されませんでしたからフルバージョンではなさそうですが「五島神楽」を見るのは初めてです

五島神楽02-2
太鼓と笛の演奏の中まず登場したのは・・・残念ながら五島神楽について全く知識が無いので何という人か判りません(^^;

五島神楽02-3
続いて登場した二人組の役割も不明です(^^;

五島神楽02-4
「二人剣」というのでしょうか?

五島神楽02-5
ひとりになってからの「剣」の演技は見事です

五島神楽02-6

五島神楽02-7
続いて登場した鬼の面を被った人は「荒平」と呼ばれるみたいですがこの人の太鼓を叩く一連の所作は面白かったですね、特に最初の太鼓を叩いて出た大きな音に驚くシーンは秀逸です(^^)・・・ちょっと動画も撮りました

五島神楽02-8
続いて登場した人は

五島神楽02-9
お皿を使ったパフォーマンス・・・神楽というより雑技みたいですね(^^;

五島神楽03
その後再び「荒平」が登場しましたが

五島神楽03-2
今度は「獅子」との共演です

五島神楽03-3
長崎市内の獅子踊における獅子と玉遣いに似た演技です


五島神楽03-4-2
起き上がった獅子との絡みを演じた後

五島神楽03-5
何と獅子に乗っちゃいました(゜o゜)

五島神楽04
獅子は部隊が終了した後に客席に向かい子供たちの頭をガブリ・・・親は喜んでいましたが子供にとっては災難ですね(^^)

長崎で五島神楽を上演するなんて(「長崎くんち」のお旅所で行われたことはあるみたいですが)ほとんどありませんからとても楽しいひと時を過ごすことが出来ました(^^)


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: