長崎のおもてなし

2020年01月01日

除夜の鐘2019・・「長照寺」でリンゴ(^^)

皆様新年あけましておめでとうございます
旧年中は私のブログにお付き合いいただいてありがとうございました
どうぞ今年1年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

ということで今年も最初の記事は7年連続で昨夜の「除夜の鐘」です

除夜の鐘01
寺町周辺ではあちこちのお寺で「除夜の鐘」を一般の人も撞くことが出来るのですが人気の「皓台寺」や「光源寺」では待ち時間が長いんですよね・・・ですから今回は「長照寺」からスタートすることにしました

除夜の鐘01-3
ここでもまだ始まっていませんでしたが並んでいる人が20人くらいだったのでとりあえずは本堂に参拝しました

除夜の鐘01-4
こちらが「長照寺」の梵鐘です・・・昨年まで数回撞きに行った「皓台寺」の梵鐘は長崎市の文化財に指定されていますが私としてはここのが一番気に入っています

除夜の鐘01-6
「鐘撞き」を始める前に住職の方がお題目を唱えるのですがなかなかいい雰囲気なんです(^^)

除夜の鐘01-5
「鐘」を撞いた人たちに記念品として例年だと「紅白の餅」と「ミカン」を配っていたのですが今年は何と「リンゴ」・・・台風で被災された長野から購入されたそうですね
ちなみに「餅」は「三色」でした(^^;
ここまでの写真を撮影していたデジカメですがディスプレイを見ると「メモリーカードが入っていません、内部メモリーに保存します」ですって(゜o゜) ・・・何とSDカードを入れ忘れていたのです
予備に持っている古いデジカメのSDカードを代りに入れたのですが今度は「認識されません」・・・しょうが無いので古いデジカメで撮影を続けたのですがこのカメラは昼間はいいのですが夜間のフラッシュがかなり弱いんですよね(T_T)

除夜の鐘02
次に伺ったのは並んでいる人が少なかった「浄安寺」ですがこの画像は昨年のです(^^;

除夜の鐘02-3
ここの梵鐘は山門の2階にあるので座って撞かなきゃいけませんが2回撞くことが出来るんです

除夜の鐘02-2
「田中旭榮堂」の「栗饅頭」を戴きました(^^)

除夜の鐘03
毎年楽しみにしている「禅林寺」に到着したのは午前0時の直前でした

除夜の鐘03-2
こちらのお寺では係りの人がいないので自由に撞くことができます

除夜の鐘03-3
そして毎年一番の楽しみである「年越し蕎麦」・・・他ではあまり口にしたことが無いような独特の食感ですし寒い屋外で食べるのですから最高の「おもてなし」ですね(^^)

除夜の鐘03-4
蕎麦を食べている途中で回りの人たちが「おめでとうございます」と口にしていたので確認すると

除夜の鐘03-5
年が明けていました・・・文字通りの「年越し蕎麦」ですね(^^)

除夜の鐘04
「興福寺」の「白いお汁粉」を食べてくれる女房がいなかったのでここで今回の「除夜の鐘」は終了です


ssiimm at 17:42|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月10日

皿山器替えまつり2019・・「中華 いさみ」でランチ

「波佐見皿山器替えまつり」の参加店舗が少なくなりましたし、無くなった「正光窯」「器楽館考商」は「おもてなし」に力を入れていたので他の店舗より滞在時間が長かったのです・・・だから以前は「皿山人形浄瑠璃」が始まる前には全部回ることができませんでした
でも今回は「aiyu(アイユー)」を見終わった時点でまだ11時半くらいでしたから人形浄瑠璃の上演時間まで2時間もありますがどうしましょうか・・・取りあえずはランチを食べることにしました

以前食べたことがあり一旦は閉店したあと再開した「山ぶどう」というお店は再び閉店したみたいですし、隣の空き地にあった「ロンドンバス」を改造したカフェも野ざらし状態でした

波佐見02
一昨年食べた「きまぐれ」という宇和島うどんのお店も閉まっていましたが臨時休業なのかもしれませんね

いさみ01
結局やってきたのは波佐見町役場の先にある「中華軽食 いさみ」というお店です・・・以前波佐見町を紹介しているサイトで見たことはあるのですが訪れるのは初めてです

いさみ01-2
そのサイトや「食べログ」あたりの記事を見た時よりもかなり値上がりしているみたいですね
このお店のおススメが「炒飯」だということも忘れていたので夫婦揃ってラーメン600円税込を注文しました・・・でもこんな小さなお店は税込み表示をしてもいいと思うのですが(-_-;)

いさみ01-3
こちらがラーメンですが何だか昔懐かしい長崎のラーメンといった感じ・・・「恵美須市場」に昔あった「ますや」や小ヶ倉の「さんこうラーメン」を思い出させてくれる優しい味でした(^^;

いさみ02
お店の向いにある「OYANE」って何でしょう?

いさみ02-2
「中華軽食 いさみ」の並びには「わざん」のアウトレット店があったのでちょっと覗いてみましたが私が毎朝使っている小皿はもう廃番になったみたいですね(T_T)

波佐見01
まだまだ時間があったので「エレナ波佐見店」や「ダイソー」「コスモス」などで時間つぶしをしてから「皿山人形浄瑠璃」が行われる会館前の駐車場に向かいましたが今年は楽に駐車できました(^^)
ここから歩いて「器替えまつり」の残り2店舗を見て回ることにしたのです

器替えまつり06
「濱田屋」に向かう途中にある「皿山公民館」では今年も「うどん」を販売していましたが数年前にはここでも作家さんたちの作品を展示していましたね

器替えまつり06-2
何故か宿郷にある「浜陶」が「濱田屋」と言う名前で出店するようになって3年目でしようか

器替えまつり06-4
当然器も出品しているのですがどちらかというと「おもてなし」に力を入れている感じがします

器替えまつり06-5
一番人気は「袋に詰め放題500円」だったみたいで袋を手にしたお客さんが多かったですね(^^;

器替えまつり07-1
最後にやってきたのは今年も「田澤幸祥窯」です

器替えまつり07-2
毎年ここでは格安品をいくつか購入していますが今年も昨年と同じ型の湯呑を購入しました(^^;

器替えまつり07-3
以前に比べると価格が普通になっていますね


ssiimm at 09:14|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月09日

波佐見皿山器替まつり2019・・考商&正光窯が閉店

毎年12月に波佐見町皿山地区で行われる「波佐見皿山器替まつり」に今年も行ってきました・・・第1日曜だと思っていたら「第一土日」なので今年は12/7・8だったのですね(^^;

器替えまつり01
毎年恒例ですが先ずやってきたのは「器楽館 考商」なんですが・・・何と閉まっていました(゜o゜)
昨年もコーヒーカップを買いましたし何よりこのお店の「おもてなし」はすごく気に入っていたのです

器替えまつり01-2
その先にある「生大根の漬物」がすごく美味しかった「陶修堂」も2年前から参加しなくなりましたね

器替えまつり02
そんな訳で最初に訪れたのは「現代の名工・立井治甫」こと立井清人さんがやっている「治甫窯」です

器替えまつり02-2
ここで今回のマップを戴きましたが参加店舗が何と6店しかありません(゜o゜)

器替えまつり02-1
昨年はそれまでより減ったとはいえ8店舗ありましたし

器替えまつり00
私たち夫婦が最初に訪れた2012年には12店舗あったのが半分になっちゃったのですね(T_T)

器替えまつり02-3
この「治甫窯」の「おもてなし」はお菓子とミカンでしたが数年前までは工房内で「イモの天ぷら」を戴いていたのですよね

器替えまつり02-4
考えてみると屋外で作品を展示しているのはここだけじゃないのかな?
器替えまつり03
参加店舗が少ないので後戻りをして「利左エ門窯」に寄りました

器替えまつり03-2
ここでは昨年同様に饅頭とミカンで「おもてなし」です(^^)

器替えまつり03-3
これは「飴釉しのぎ」と言うのかな? デザインもですが色合いが素晴らしいと思いますね

器替えまつり04-1
再び県道1号線に戻って「松尾陶器」に寄りました

器替えまつり04-2
このお店は普通の器も作っていますが手水鉢など特殊な焼き物がメインなんです

器替えまつり04-3
お店の向いにあった「ギャラリー 源」の跡にハウスメーカーの「オープンハウス」が建てられていました

器替えまつり04-4
移転した「natural69(ナチュラル69)」はともかくその先にあった「正光窯」が参加しなくなったのはご主人が60代の若さで亡くなられたからだそうですね・・・一番最初に寄った「器楽館 考商」も同じ事情で閉館したというのを同級生だったという方からお聞きしました(T_T)

器替えまつり05
思いのほか早く「aiyu(アイユー)」に来ちゃいました

器替えまつり05-2
中では「カレー&おでん」を販売していましたがここで軽食を販売するのは久しぶりですね
でも女房は外でカレーを食べたがらないので今回はパス・・・以前みたいに「豚汁」だったら良かったのにね(^^;

器替えまつり05-3
ここでは人気商品の「重宝皿」を半額で何度か購入しましたね

器替えまつり05-4
「おもてなし」は「漬物&饅頭」でしたが最後の饅頭は女房がゲットしたそうです(^O^)

参加店舗が少なくなったし「おもてなし」も減ったので今回は1度の記事内で収まるかと思ったのですが「その2」に続きます(^^;


ssiimm at 09:40|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月01日

除夜の鐘2018・・今年も「禅林寺」で年越し蕎麦

皆様 新年あけましておめでとうございます

旧年中は私のだらだらと長いだけのブログにお付き合いいただいてありがとうございました
今年もどうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

ということで今年も最初の記事は昨夜の「除夜の鐘」からです(^^;

除夜の鐘01
今年は女房が「紅白を見たい」というので久しぶりに私一人で寺町に向かいましたがやはり最初は開始時刻が他のお寺より早い「海雲山 晧台寺」からスタートです

除夜の鐘01-2
例によってまずは長崎市唯一の大仏に参拝しましたが工事中(?)でした

除夜の鐘01-3
でも今回は鐘を撞きに訪れていた人が多かったですね
私が到着した午後10時半過ぎにはすでに数十人が並んでいて、その後も続々と集まり帰る頃には100人以上待っていたのじゃないかな?
家族連れで来ている人も多く中庭の遊具で遊ぶ子供たちが何人もいました(^^;

除夜の鐘01-4
「晧臺寺の梵鐘」は長崎市の有形文化財に指定されているそうですが

除夜の鐘01-5
これが実物です(^^)
何せ2階にあるので座った状態で撞かなくちゃいけません

除夜の鐘02
続いてやってきたのは毎回訪れている「光栄山 長照寺」です

除夜の鐘02-2
ここでもまず本堂に参拝しましたが

除夜の鐘02-3
「餅」を戴きました(^^;

除夜の鐘02-4
これが「長照寺」の梵鐘ですが私はこれが一番気に入っています

除夜の鐘03
真夜中だというのに寺町通りには「除夜の鐘」を撞きに集まった人たちで賑わっていますね・・・人気なのが両端の「晧台寺」と「光源寺」なのでどちらかからスタートして反対側に歩いて行くのです

除夜の鐘03-2
ここ数年「除夜釜」を戴いている「東明山 興福寺」ですが今回は「白いお汁粉」を食べてくれる女房がいないのでパスしました(^^;

除夜の鐘04
午前0時近くになってお気に入りの「河東山 禅林寺」に到着です

除夜の鐘04-2
ここでは当然「鐘」にも並んでいる人は多いのですが

除夜の鐘04-3
それ以上に「おもてなし」に並ぶ人が多くいます

除夜の鐘04-4
並んでいる途中で年が明けたので周りにいた見知らぬ方々と「あけましておめでとうございます」のご挨拶(^^;

除夜の鐘04-5
その後戴いたのがこのお寺独特の「年越し蕎麦」です(^^)

除夜の鐘05
年が明けたので「初詣」に向かおうかと思ったのですが戻る途中にある「東雲山 浄安寺」にあまり人が並んでいなかったので寄ってみることにしました

除夜の鐘05-2
ここの鐘は山門の2階にあるのですが

除夜の鐘05-3
「晧台寺」同様座って撞かなくちゃいけません(^^;

除夜の鐘06
今回も各お寺でいろんなものを戴きました(^^♪

ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月05日

波佐見皿山器替えまつり2018・・その2

引き続き波佐見の「皿山器替えまつり」の会場にいます

皿山器替えまつり04
続いてやってきたのは「正光窯」ですが

皿山器替えまつり04-2
ここでは「おもてなし」も健在です(^^)

皿山器替えまつり04-3
相変わらず見た目が素晴らしい作品が並んでいますね

皿山器替えまつり04-4
「器替えまつり」で50%OFFとなっていますが元値が5000円以上するのでちょっと手が出ません(^^;

皿山器替えまつり04-5
これがおもてなしの「ぜんざい」ですが当然戴いたのは女房だけです(^^;

皿山器替えまつり04-6
「波佐見焼」を全国レベルに引き上るきっかけとなった「東京ドーム」でのテーブルウェアフェスティバル」が来年2月に行われるそうですね

皿山器替えまつり05
毎年楽しみにしている「アイユー」にも当然訪れましたが

皿山器替えまつり05-2
「おもてなし」は行われていませんでした(T_T)

皿山器替えまつり05-3
でもここのお店の商材はデザインの割にお手頃価格なので割と気に入っています

皿山器替えまつり06
「皿山人形浄瑠璃」の開始にはまだ時間があったのでいつもは人形浄瑠璃を見終わってから行くことが多い「田澤幸祥窯」に寄ってみました

皿山器替えまつり06-2
相変わらず工場内の雰囲気がいいですね

皿山器替えまつり06-4
ここでは毎回同じようなお菓子の「おもてなし」です(^^)

皿山器替えまつり06-3
この窯元はとにかく安く販売しているので毎回いろいろ買い物をするのです・・・表の特価コーナーだけでなくこの棚に置いているものもかなり安く

皿山器替えまつり06-5
こちらのマグカップも1個100円でしたが

皿山器替えまつり06-6
器の底に絵が描かれていてとてもそんな値段だとは思えません(^^;

皿山器替えまつり06-7
すごく手に馴染んだこちらの湯呑は500円でしたが「器替えまつり」対象なので掛けた陶器を持参したら半額の250円で購入できました(^^♪


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月04日

波佐見皿山器替えまつり2018・・その1

今年も12月第1日曜日は波佐見町の皿山地区で行われた「皿山器替えまつり」に行ってきました
以前と違い参加店舗&工房が少なくなったので今回は1度の記事で書けるかなと思いましたがやはり2回に分けることになりました(^^;

皿山器替えまつり01
例年通りまず寄ったのは県道沿いにある「器楽館 孝商」です

皿山器替えまつり01-2
今回は前年までと違い「格安品」を前面でアピールしていますね

皿山器替えまつり01-3
「おもてなし」はお茶とお菓子や沢庵・・・私は要らないのですが昨年までの「和菓子」は提供しなくなったみたいですね

皿山器替えまつり01-4
でも「器」はかなり安く提供しています

皿山器替えまつり01-5
持った感じが良かったので500円で購入したマグカップは

皿山器替えまつり01-6
何と「重山陶器」の商品でした(゜o゜)

皿山器替えまつり00
今回もこのお店でマップを貰いましたが参加しているのが8店舗しか無いのですね

皿山器替えまつり00-2
私たちが最初に訪れた2012年には11か所が参加していたのですから約2/3くらいに減っています(T_T)
人間国宝の方がやっていた「平三窯」はご主人が他界されて窯自体が閉鎖されましたし

皿山器替えまつり02-3
「おもてなし」の生大根の漬物が気に入っていた「陶修堂」も昨年から参加しなくなりましたね

皿山器替えまつり02-4
一昨年まで参加していた「ギャラリー 源」はお店を畳んだのかな?
この他にも若者に人気だった「natural69(ナチュラルロック)」も移転して参加しなくなりました

皿山器替えまつり02
未だに参加している「治甫窯」にやってきました
ここは2015年に「現代の名工」に選ばれた「立井治甫」こと立井清人さんがやっている窯元なんですが私たち夫婦のイメージは「おもてなし」で提供される「イモの天ぷら」が美味しい窯元だったのです

皿山器替えまつり02-2
でも今年はやめたみたいですね(T_T)

皿山器替えまつり03
続いてやってきたのは「皿山人形浄瑠璃」で太夫を勤めるお嬢さんの実家である「松尾陶器」です

皿山器替えまつり03-3
このお店は手水鉢など特殊な焼き物で有名なんですが

皿山器替えまつり03-2
無論一般的な陶磁器も販売しています・・・まぁちょっと高めの価格設定なので私たちには無縁ですが(^^;


ssiimm at 09:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年01月01日

除夜の鐘2017・・今年も女房と寺町巡り

皆様あけましておめでとうございます
旧年中は私のだらだらと長いブログを読んでいただいてありがとうございました
今年1年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


という訳で今年も新年最初の記事は昨年末の「除夜の鐘」です(^^;

除夜の鐘01
昨年に引き続いて女房と一緒に回ることにしたのですが一体どこから行こうかなと・・・やはりスタートが一番早い「海雲山 晧臺寺」から始めることにしました

除夜の鐘01-2
先ずは長崎市内唯一の大仏に参拝します

除夜の鐘01-3
こちら「晧臺寺」の鐘は天井が低いので座った状態で撞くのですが・・・今年は気を配っていただいたのか椅子を用意してありました
ところが椅子の位置が後ろ過ぎて鐘を撞くタイミングが合わずちょっと不発気味になっちゃいました(^^;

除夜の鐘01-4
ここでは餅などのお土産も戴いたのですが女房は「ぜんざい」が気に入っていました・・・あれ?ご住職がピースサイン(^^;

除夜の鐘02-1
こちらも昨年に続いての「東明山 興福寺」ですが

除夜の鐘02-2
このお寺には戦争で供出して以来「鐘」が戻ってきていないので「除夜釜」での接待です

除夜の鐘02-3
一番奥に座ることが出来たので「媽祖様」のすぐ前でした(^^)

除夜の鐘02-4
戴いた「抹茶と白いお汁粉」ですが「お汁粉」は女房に任せました(^^;

除夜の鐘03
前回は寄らなかった「東雲山 浄安寺」ですが

除夜の鐘03-2
こちらお寺は山門の上が鐘楼になっているのです

除夜の鐘03-3
ですからここでも座って撞くことになりますが「一人2回」撞けます

除夜の鐘04
一番のお気に入りである臨済禅宗の「河東山 禅林寺」にやってきました

除夜の鐘04-2
多くの人が鐘楼の前に並んで待っていますが

除夜の鐘04-3
それ以上の人々が中庭に集まっています

除夜の鐘04-4
その人たちの目的はこの「年越しそば」か「お汁粉」の振る舞いなんです・・・他にお酒や甘酒も用意されていますからテーブルの周囲は賑やかなこと(^^)

除夜の鐘04-5
蕎麦を食べ終わった時点で年が明けたので女房にむかって「あけましておめでとうございます」(^^;

この後は「初詣」を行いに今年はまず「八坂神社」に向かいました


ssiimm at 10:04|PermalinkComments(2)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: