波佐見の話題

2016年12月07日

「波佐見皿山人形浄瑠璃」で「生写朝顔話」

「波佐見皿山器替えまつり」を楽しんだ後は一番の目的である「皿山人形浄瑠璃」を見に行きました

皿山人形浄瑠璃01
今年で5年連続で訪れる「皿山人形浄瑠璃館」です(^^)

皿山人形浄瑠璃01-2
何度見ても「定式幕」はいいですね開演30分前に到着しましたが待つ時間も苦にはなりません

皿山人形浄瑠璃01-3
この日は「生写朝顔話(宿屋の段)という狂言を行うそうです
今から40数年前に東京の国立劇場で歌舞伎の舞台を見た記憶はありますが当然のことながらストーリーは全く覚えていません(^^; でもかすかな記憶では「生写朝顔日記」じゃなかったかな?

皿山人形浄瑠璃01-5
本番前に太夫連の紹介です・・・劇中に琴を演奏する場面があるので三味線の竹本鳴子太夫のお孫さんが琴の演奏をするそうです

皿山人形浄瑠璃02-2
柝(き)が入っていよいよスタートです

皿山人形浄瑠璃02-3
ヒロインの「朝顔」の登場ですが数年来の艱難辛苦のせいで盲目になり「瞽女」として主人公の「駒沢次郎左衛門」の前に登場

皿山人形浄瑠璃02-4
宴席の芸に琴を奏でますがこの所作には驚きますね・・・先ほども書いた「竹本鳴子太夫のお孫さん」が行っているのですが実際に演奏しているようにしか見えません(゜o゜)

皿山人形浄瑠璃02-7
「身の上話」をして朝顔が退席・・・駒沢次郎左衛門は気になりますが連れがいるので行動を起こせません

皿山人形浄瑠璃03-1
そこで相方が寝た後で宿屋の人にもう一度呼ぶように頼みますが「清水に行った」ということで叶わなかったので金子や目薬、それに扇子を託します

皿山人形浄瑠璃03-3
駒沢次郎左衛門が宿を立った後に思いがけずに「朝顔」が登場!扇子に書かれた内容で以前の恋人という事を知り

皿山人形浄瑠璃03-4
大雨との理由で引き留める宿屋の亭主を振り切り

皿山人形浄瑠璃03-5
後を追って「大井川の渡し」に向かいます

ここで暗転。。。。。。。。。。。。

皿山人形浄瑠璃03-6
やっとの思いで大井川までやってきたのですが駒沢次郎左衛門一行は川を渡ったけどその後は「大雨のために川止め」と知らされ

皿山人形浄瑠璃03-8
ここで「聞こえませぬ、聞こえませぬ〜」の口説き・・・泣けちゃいますね(^^;

皿山人形浄瑠璃03-9
手に扇子を持ってポーズを決めた所で幕・・・・

ストーリーがある分昨年の公演よりはるかに面白かったですし何より若い太夫の上達には驚かされました・・・女房も「今までで一番面白かった」そうです(^^)



ssiimm at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

波佐見皿山器替えまつり2016・・その2

前の記事の続きです(^^;

器替えまつり05
「松尾陶器店」に車を停めたままで向かいにある「ギャラリー源」には歩いて行きました

器替えまつり05-3
ここにもいろんな陶器が展示しています・・・ここで何気に「器替えまつり」のパンフレットを見ると昨年までのスタンプラリーと違い「すてきな粗品」のプレゼントがあるらしいので改めてポイント稼ぎに行くことにしました(^^;

器替えまつり06-1
そこでやってきたのはちょっと離れている「利左エ門窯」です

器替えまつり06-2
器も素晴らしいのですが相変わらず展示方法も素敵ですね(^^♪

器替えまつり06-4
ここでの「おもてなし」はコーヒー&饅頭でした

器替えまつり07
続いてやってきたのは昨年買い物もした「正光窯」です

器替えまつり07-2
いつものことながらここの器のきれいさにはには目を奪われますね(^^)

器替えまつり07-4
「おもてなし」は断りを言ったのですが「餅入りぜんざい」を私にも持ってきてくれました・・・当然食べるのは女房に頼みましたが(^^;

器替えまつり08
今回初参加だという「濱田屋」というのは「波佐見陶器まつり」でお馴染みの「浜陶」のお店だそうです・・・浜陶の本社は夏に訪れた「鹿山神社」の近くにありますから臨時に駐車場でお店を開いていました

器替えまつり08-3
当然商品は販売していたのですが「おもてなし」に重点を置いているみたいでしたね(^^)

器替えまつり08-5
ここでは「豚汁」を戴きました

器替えまつり09
毎年いろんな小物を購入している「田澤幸祥窯」にやってきました

器替えまつり09-2
相変わらず特売品を見るだけでも面白いですね

器替えまつり09-3
ここでのおもてなしは毎回お菓子がメインです

器替えまつり10
最後に訪れたのは「皿山人形浄瑠璃館」に近い「アイユー」ですが

器替えまつり10-1
例年だとコーヒーや豚汁などを販売しているスペースにはテーブルが置かれ商品がいくつか展示しているだけでした

器替えまつり10-3
メインの販売所もかなり器の展示が少なくなっていますが何故なんでしょ?

器替えまつり10-4
以前は「抹茶」のおもてなしもありましたが今回は「漬物or一口饅頭」・・・でもこの漬物は美味しかったですね(^^)

器替えまつり11
スタンプラリーがすべて埋まったので「交換所」である皿山公民館を訪れましたが

器替えまつり11-2
「粗品」はお菓子と大きなニンジンでした(^^)



ssiimm at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月05日

「波佐見皿山器替えまつり2016」のおもてなし

ずっと以前は12月の第1日曜日の楽しみはラグビー対抗戦「明治vs早稲田」を見ることでしたがここ数年は波佐見の「波佐見皿山器替えまつり」と「皿山人形浄瑠璃」になりました(^^;

器替えまつり00
波佐見に向かう途中で毎年見かけるのは「川棚駅」でのイルミネーションの飾りつけですね(^^;

器替えまつり01
今回は前もっての「器替えまつり」のパンフレットを持っていなかったので参加店舗も判りませんでしたが、取りあえずは地区の外れにある「器楽館 孝商」に立ち寄りました
例年だと多くのお客さんで賑わっているのですがこの日は朝からの雨模様でちょっと寂しかったですね

器替えまつり01-2
でも店内は当然の如く色彩豊かな器で華やかです(^^)

器替えまつり01-4
このお店では毎年手が込んだ和菓子での「おもてなし」が秀逸なんですが今年も私の前に出されたのは素敵な器&季節感あふれるイチョウの葉に盛られた「金つば」で

器替えまつり01-5
女房にはモミジに添えられた「栗のワイン漬け」・・・どっちも女房が食べましたが(^^;

器替えまつり01-6
ここで今年の「器替えまつり」のパンフレットを入手できました

器替えまつり01-7
裏面の参加店舗マップを見ると昨年よりさらに減って今年は10カ所しかないんですね
この時点ではスタンプを全部押して回るつもりはなかったのですが(^^;

器替えまつり02
続いて寄ったのは昨年「現代の名工」に選ばれた「立井治甫」こと立井清人さんの「治甫窯」です

器替えまつり02-2
昨年も見かけた立て看板はちょっと目立たない場所にありました

器替えまつり02-3
販売所にもさりげなく掲示していますがもっとアピールしてもいいのではないのでしょうか

器替えまつり02-4
ここでの「おもてなし」は毎年恒例の「イモの天ぷら」・・・と思ったら今年のはちょっと違いもちもちしていました

器替えまつり03
このイベントの「おもてなし」で一番気に入っているのがこの「陶秀堂」の

器替えまつり03-2
「生大根」の漬物です(^^)

器替えまつり03-3
でも昨年から提供しているこの「モツ煮込み」は思った以上に煮込まれていてむちゃくちゃ美味しかったですね
何と「おにぎり」まで付いていたので「煮込み定食」みたいです(^^;

器替えまつり03-4
どこの工房でも特価品を販売していますが春に行われる「波佐見陶器まつり」に比べると商品はずっと良さそうです

器替えまつり04
続いて訪れたのはは「手洗い鉢」で有名な「松尾陶器」ですがこのお店の娘さんはまだ高校生くらいなのに「皿山人形浄瑠璃」で太夫を勤めているんですよね
ですからご主人に「今年の演目は何をやるのかご存知ですか」とお伺いしたら・・・「ちょうど来たから聞いてみましょう」というので入口を見ると

器替えまつり04-2-2
何と「皿山人形浄瑠璃」の面々が人形を連れてPRのための挨拶回りに訪問(゜o゜)

器替えまつり04-3
毎年来ていますが初めて目にしました(^^♪
改めて伺うと「生写朝顔話」ということでしたが国立芸場での歌舞伎を40数年前に見た記憶がありますね

「器替えまつり」のお店巡りは次の記事に続きます(^^;



ssiimm at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月22日

観光通りアーケードで「波佐見茶わん祭」

例によってイオン銅座店に日本酒を買いに行ったついでに浜町に寄りました

波佐見茶わん祭01
この日は観光通りアーケードで「波佐見茶わん祭」というイベントが行われていましたが

波佐見茶わん祭01-2
同時開催で「全国お茶まつり長崎大会」という来年行われるイベントの「1年前プレイベント」というのも開催されていました

波佐見茶わん祭01-3
いくつかあるブースでお茶を戴きました(^^)

波佐見茶わん祭01-5
こちらが「第71回全国お茶まつり長崎大会」の案内ですが会場が佐世保ですからまず行くことは無いでしょうね・・・でも9月に行われる「全国茶品評会」というのは大村のどこが会場なのかな?

波佐見茶わん祭01-6
こちらが長崎県が力を入れている「蒸し製玉緑茶」だそうです

波佐見茶わん祭01-7
「月香園」のブースもありました・・・確かこの会社の創業者は私の母親と同じ黒木町の出身で旧知の人じゃなかったかな

波佐見茶わん祭02
「お茶」のコーナーを過ぎるとメインの「波佐見茶わん祭」会場になりますが最初に目に付いたのは「マツコの知らない世界」で紹介されたという「波佐見焼陶製ブローチ」のガチャガチャ・・・この「ガチャガチャの世界」の回も見たのですがこれは記憶にありませんでしたね(^^;

波佐見茶わん祭02-2
その先には波佐見焼の器がズラリと並べられています

波佐見茶わん祭02-3
何でも「出張イベント」では一番規模が大きいそうですね

波佐見茶わん祭02-3-2
我が家にある器も波佐見焼が一番多いので同じようなデザインも見かけます(^^;

波佐見茶わん祭02-4
「波佐見陶器まつり」でお馴染みの緑のコンテナを使っての廉価品販売も行っていました

波佐見茶わん祭02-6

波佐見茶わん祭02-5
やはり「2個500円」や「3個1000円」などが人気みたいでお客さんも集まっていました(^^;

波佐見茶わん祭02-7
このイベント目当てに訪れて大量に買い込む人もいましたが通りすがりに1〜2個を買い求める人の姿が目立ちましたね(^^;


ssiimm at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月02日

波佐見町・熊野神社で「山中浮立」

先月22日に行った波佐見町湯無田郷・熊野神社で行われた「山中浮立」の様子をやっとアップできます(^^)

熊野神社01
この日は「鬼木棚田まつり」「ハッピータウン波佐見」「鹿山神社」などに出かけて「山中浮立」が行われる湯無田郷にある「熊野神社」にやってきたのは浮立開始15分くらい前でした・・・一番心配していた駐車場は神社の敷地内に難なく停めることが出来ました(^^;

熊野神社01-2
拝殿内では神事が行われているみたいです

山中浮立01-4
神社入口に展示されていた傘鉾みたいなものや幟・毛槍などはこの前に行われた「道浮立」で使用されたのでしょうが見てみたかったですね

熊野神社01-4
ここの浮立の特徴は子供のみで行われる点でしょうね・・・他の地域の浮立が人手不足で子どもの参加が増えているのに対しここのはずっとこの形式だそうです

山中浮立02
もうひとつの特徴が鳴り物が「大太鼓」「据え太鼓」「笛」のみで「鉦」が無い点でしょうか
そんな中最初の演目である「本囃子(ほんぺし)」が始まりましたが何だか「月の輪」みたいな所作ですね

山中浮立02-2
続いて「一番追い廻し」や

山中浮立02-3

山中浮立02-4
「奴」「二番追い廻し」が演じられましたが今年は初参加の子供たちが多かったせいもあるのか動きはちょっとぎこちなかったかな

山中浮立02-5
何とシャギリにも初参加の小学生がいました(^^)

山中浮立03
続いて登場は「天人」というプログラムですが男の子が天女に扮しています

山中浮立03-3
何やら来賓席が騒がしいなと思ったら「道化」という役柄の人も登場して来賓たちをいたぶっていました(^^;

山中浮立03-4
そのまま天人がいる場所へと進んで行きます

山中浮立03-5
動作がかなり「卑猥」で特に年配の女性たちの笑いを誘っていました(^^♪

山中浮立03-6
天人との絡みもありましたが何とこの二人は親子だそうですね(^^;

山中浮立03-7
退く時にも腰に当てた「ばち」を披露しながら客席を回ったので大受けでした(^O^)

山中浮立04
次の演目の「飛竜(ヒャリ」は経験豊富な中学生が演じたので今までとはちょっと様子が違い

山中浮立04-3
かなりリズミカルに飛び跳ねていました

山中浮立05
最後の「鬼人」は高校生が風格の演技です(^^)

山中浮立06
最初出演した「本囃子(ほんぺし)」が再び登場してラストです

保存会会長の挨拶によると昨年まで務めた演者の多くが今年は参加を取りやめたので浮立の開催自体が危ぶまれたそうですが何とか人数を確保できたとのことでした・・・やはり遊び盛りの子供たちを夏休みの期間に練習で拘束するのはかなり大変なんでしょうね
今年は何とかお囃子に合わせて間違いなく演じた子供たちですが来年も出場すればもっと見応えがある浮立を披露してくれると思います



ssiimm at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年09月27日

波佐見の「福田清人資料室」と鹿山神社奉納相撲

途中二つほど記事が入りましたが先日波佐見に行った時の続きです(^^;

波佐見01
「鬼木棚田まつり」で案山子を見た後はシャトルバスに乗って波佐見中心部に戻ろうと思ったのですがバスがまだ到着していませんでした
そこで発着所の敷地内にあった「波佐見農民具資料館」という建物を覗いてみることにしましたがここには「福田清人先生資料室」というのも併設しているそうです・・・当然長崎出身の児童文学者である「福田清人」さんは図書館で見たことがあるので知っていましたが何やら別の記憶がありますね(^^;

波佐見01-3
館内は当然昔の道具がいろいろと展示していましたが

波佐見01-2
建物の奥に「福田清人先生資料室」というのがありました

波佐見00
何故この「福田清人」さんが記憶に残っているのかの理由が判明しましたがこの方は私の母校である「長崎市立緑が丘中学校」の校歌を作詞された方でした(^^)
その他にも長崎県内でいくつもの学校の校歌を作られています

鹿山神社01
「ハッピータウン波佐見」に行ったのですがさほど面白くなかったので早々と退散しましたがまだ「山中浮立」までには時間があります・・・そう思いながら車を走らせていると思いがけなく見かけた「鹿山神社」の鳥居!

鹿山神社01-1
この日はこの神社で「奉納相撲」が行われるんですよね(^^)

鹿山神社01-2
参道にはカラフルな幟も建っています

鹿山神社01-3
先ずはいつも通り拝殿に参拝しました

鹿山神社01-4
この「鹿山神社」の由緒なるものもありましたが800年からの歴史があるそうです・・・長い年月の間にはいろいろあったみたいです

鹿山神社02
そんなこととは無関係に境内に設けられた土俵では子供たちによる「奉納相撲」が執り行われています(^^)

鹿山神社02-2
観客席には大勢の観客が集まっていましたが多分地元の方々でしょうね

鹿山神社02-3
声援を背にして熱戦が展開していました(^^;

鹿山神社02-4
受付を見るとここでは「赤ちゃん」の相撲も行われているみたいですね

鹿山神社03
近くにあった地元婦人部の方々がやっているブースで「世界一美味しいだご汁」というのを提供しているそうです

鹿山神社03-2
無料なので当然戴きましたが美味しかったですね(^^♪

でもなかなか「山中浮立」まで辿りつけません(^^;



ssiimm at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年09月24日

「ハッピータウン波佐見祭り」ですって

波佐見で行われた「鬼木棚田まつり」は思った以上に楽しかったですね

ハッピータウン01
ただ早めに行ったので次に行きたいと思っていた「山中浮立」までは時間があります・・・そこで地元のテレビ局やFM長崎が何気に宣伝していた「第1回ハッピータウン波佐見祭り」というのに行ってみることにしました

ハッピータウン01-3
物を販売したりワークショップを開催するのは良くある話ですが何故か入場料500円が必要というのですから長崎市内で行われたら絶対に参加しないでしょうね(^^;

ハッピータウン02
会場は2010年に国登録有形文化財に指定された「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」です・・・同じく「国登録有形文化財」に指定された「西の原」の「旧福幸製陶所」には「モンネ・ルギ・ムック」などいろんなお店が入って建物も息を吹き返しているのに比べるとこちらは朽ち果てようとしています
ですからこの建物を使ってイベントを行うというのは賛成なんですが

ハッピータウン02-2
入場料を取る割には大勢のお客さんで賑わっているみたいですね・・・私は入ろうかどうかちょっと悩んだのですが女房がさっさと入場料を払っちゃいました(^^;

ハッピータウン02-3
玄関脇の小部屋にはコーヒーショップがオープンしていたのでいい香りが漂っていました

ハッピータウン02-4
中に入ると驚くようなお客さんの数(゜o゜)
レジには長い行列が出来ていたくらいです

ハッピータウン02-5

ハッピータウン02-6
講堂の奥ではワークショップが開催されているということでここにも大勢の参加者がいました・・・年寄りの私たち夫婦には無縁ですが(^^;

ハッピータウン03

ハッピータウン03-2
講堂内に出店しているお店も若い人には人気なのでしょうが私たちにはイマイチ(^^;

ハッピータウン03-3
校庭(?)に出てみるとこちらにも大勢のお客さんが集まっていました

ハッピータウン03-4
ここにはいろんな飲食店が出店していましたし

ハッピータウン03-5
時間によってはステージイベントも行われるみたいですね

ハッピータウン03-9
何やら大勢の人が集まっていますが

ハッピータウン03-6
「カレー」を楽しむイベントみたいです

ハッピータウン03-7

ハッピータウン03-8
最初に「ごはん」を買ってからお気に入りのお店で「そばチョコ」に入ったカレーを購入するシステムだそうです・・・私はちょっと心惹かれたのですが外でカレーを食べるのが嫌いな女房は近寄ろうともしません(^^;

ハッピータウン04
入場料を払った割には私たち年寄り夫婦にはほとんど楽しめないイベントでしたが「旧講堂」自体は素晴らしい建物でしたね



ssiimm at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: