波佐見の話題

2019年12月11日

「皿山人形浄瑠璃2019」で「二人三番叟」

やっとこの日の一番の目的である「皿山人形浄瑠璃」の開始時間間近になってきました(^^)

皿山人形浄瑠璃01
こちらが上演会場である「皿山人形会館」ですが2012年以来毎年訪れていますね(^^;

皿山人形浄瑠璃01-2
今年も先ずは神社に参拝しました

皿山人形浄瑠璃01-4
年によってばらつきはありますが今年は観客が少ないこと(゜o゜)
やはり「器替えまつり」の参加店舗が少なくなったのも影響しているのでしょうか

皿山人形浄瑠璃01-5
開始前に人形浄瑠璃の人形が展示されていたのは何か行うのかな?

皿山人形浄瑠璃01-6
それより私が気になったのは「太夫」が座る場所に荷物が置いてあるということです

皿山人形浄瑠璃01-7
開始時間の午後1時半になっても人形浄瑠璃は始まらずに担当者が人形の動かし方の説明を始めました

皿山人形浄瑠璃01-8
「例年に比べて今年のお客さんの数が少ないから」と言っていましたが今年の演目が短時間で終わるからでは無いのかな?

皿山人形浄瑠璃01-9
観客にも「人形」の操作を実際に体験させていました(^^)

皿山人形浄瑠璃02
いよいよ本番のスタートですが今年の演目はやはり上演時間が短い「二人三番叟」でした・・・しかも浄瑠璃は「録音」でしたから事情があったのでしょうね

皿山人形浄瑠璃02-3
私は生の浄瑠璃を聞けなかったのでちょっとガッカリでしたが女房は「解説があったので人形の動きが良く判って面白かった」と気に入ったみたいです(^^)


ちょっとだけ動画も撮ってみました(^^)

上演が終わった後に係りの人に聞いたところやはり「太夫」が不在だったそうですね


ssiimm at 09:15|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月10日

皿山器替えまつり2019・・「中華 いさみ」でランチ

「波佐見皿山器替えまつり」の参加店舗が少なくなりましたし、無くなった「正光窯」「器楽館考商」は「おもてなし」に力を入れていたので他の店舗より滞在時間が長かったのです・・・だから以前は「皿山人形浄瑠璃」が始まる前には全部回ることができませんでした
でも今回は「aiyu(アイユー)」を見終わった時点でまだ11時半くらいでしたから人形浄瑠璃の上演時間まで2時間もありますがどうしましょうか・・・取りあえずはランチを食べることにしました

以前食べたことがあり一旦は閉店したあと再開した「山ぶどう」というお店は再び閉店したみたいですし、隣の空き地にあった「ロンドンバス」を改造したカフェも野ざらし状態でした

波佐見02
一昨年食べた「きまぐれ」という宇和島うどんのお店も閉まっていましたが臨時休業なのかもしれませんね

いさみ01
結局やってきたのは波佐見町役場の先にある「中華軽食 いさみ」というお店です・・・以前波佐見町を紹介しているサイトで見たことはあるのですが訪れるのは初めてです

いさみ01-2
そのサイトや「食べログ」あたりの記事を見た時よりもかなり値上がりしているみたいですね
このお店のおススメが「炒飯」だということも忘れていたので夫婦揃ってラーメン600円税込を注文しました・・・でもこんな小さなお店は税込み表示をしてもいいと思うのですが(-_-;)

いさみ01-3
こちらがラーメンですが何だか昔懐かしい長崎のラーメンといった感じ・・・「恵美須市場」に昔あった「ますや」や小ヶ倉の「さんこうラーメン」を思い出させてくれる優しい味でした(^^;

いさみ02
お店の向いにある「OYANE」って何でしょう?

いさみ02-2
「中華軽食 いさみ」の並びには「わざん」のアウトレット店があったのでちょっと覗いてみましたが私が毎朝使っている小皿はもう廃番になったみたいですね(T_T)

波佐見01
まだまだ時間があったので「エレナ波佐見店」や「ダイソー」「コスモス」などで時間つぶしをしてから「皿山人形浄瑠璃」が行われる会館前の駐車場に向かいましたが今年は楽に駐車できました(^^)
ここから歩いて「器替えまつり」の残り2店舗を見て回ることにしたのです

器替えまつり06
「濱田屋」に向かう途中にある「皿山公民館」では今年も「うどん」を販売していましたが数年前にはここでも作家さんたちの作品を展示していましたね

器替えまつり06-2
何故か宿郷にある「浜陶」が「濱田屋」と言う名前で出店するようになって3年目でしようか

器替えまつり06-4
当然器も出品しているのですがどちらかというと「おもてなし」に力を入れている感じがします

器替えまつり06-5
一番人気は「袋に詰め放題500円」だったみたいで袋を手にしたお客さんが多かったですね(^^;

器替えまつり07-1
最後にやってきたのは今年も「田澤幸祥窯」です

器替えまつり07-2
毎年ここでは格安品をいくつか購入していますが今年も昨年と同じ型の湯呑を購入しました(^^;

器替えまつり07-3
以前に比べると価格が普通になっていますね


ssiimm at 09:14|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月09日

波佐見皿山器替まつり2019・・考商&正光窯が閉店

毎年12月に波佐見町皿山地区で行われる「波佐見皿山器替まつり」に今年も行ってきました・・・第1日曜だと思っていたら「第一土日」なので今年は12/7・8だったのですね(^^;

器替えまつり01
毎年恒例ですが先ずやってきたのは「器楽館 考商」なんですが・・・何と閉まっていました(゜o゜)
昨年もコーヒーカップを買いましたし何よりこのお店の「おもてなし」はすごく気に入っていたのです

器替えまつり01-2
その先にある「生大根の漬物」がすごく美味しかった「陶修堂」も2年前から参加しなくなりましたね

器替えまつり02
そんな訳で最初に訪れたのは「現代の名工・立井治甫」こと立井清人さんがやっている「治甫窯」です

器替えまつり02-2
ここで今回のマップを戴きましたが参加店舗が何と6店しかありません(゜o゜)

器替えまつり02-1
昨年はそれまでより減ったとはいえ8店舗ありましたし

器替えまつり00
私たち夫婦が最初に訪れた2012年には12店舗あったのが半分になっちゃったのですね(T_T)

器替えまつり02-3
この「治甫窯」の「おもてなし」はお菓子とミカンでしたが数年前までは工房内で「イモの天ぷら」を戴いていたのですよね

器替えまつり02-4
考えてみると屋外で作品を展示しているのはここだけじゃないのかな?
器替えまつり03
参加店舗が少ないので後戻りをして「利左エ門窯」に寄りました

器替えまつり03-2
ここでは昨年同様に饅頭とミカンで「おもてなし」です(^^)

器替えまつり03-3
これは「飴釉しのぎ」と言うのかな? デザインもですが色合いが素晴らしいと思いますね

器替えまつり04-1
再び県道1号線に戻って「松尾陶器」に寄りました

器替えまつり04-2
このお店は普通の器も作っていますが手水鉢など特殊な焼き物がメインなんです

器替えまつり04-3
お店の向いにあった「ギャラリー 源」の跡にハウスメーカーの「オープンハウス」が建てられていました

器替えまつり04-4
移転した「natural69(ナチュラル69)」はともかくその先にあった「正光窯」が参加しなくなったのはご主人が60代の若さで亡くなられたからだそうですね・・・一番最初に寄った「器楽館 考商」も同じ事情で閉館したというのを同級生だったという方からお聞きしました(T_T)

器替えまつり05
思いのほか早く「aiyu(アイユー)」に来ちゃいました

器替えまつり05-2
中では「カレー&おでん」を販売していましたがここで軽食を販売するのは久しぶりですね
でも女房は外でカレーを食べたがらないので今回はパス・・・以前みたいに「豚汁」だったら良かったのにね(^^;

器替えまつり05-3
ここでは人気商品の「重宝皿」を半額で何度か購入しましたね

器替えまつり05-4
「おもてなし」は「漬物&饅頭」でしたが最後の饅頭は女房がゲットしたそうです(^O^)

参加店舗が少なくなったし「おもてなし」も減ったので今回は1度の記事内で収まるかと思ったのですが「その2」に続きます(^^;


ssiimm at 09:40|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月02日

波佐見陶器まつり2019・・長十郎窯から「西の原」

平成から令和にかけて書き続けた「波佐見陶器まつり」の記事もこれが最後かな(^^;

陶磁器工業組合01
「波佐見陶器まつり」のメイン会場の向いにある「陶磁器工業会館」にやってきましたが昨年はここで「東京ドームテーブルウェアフェスティバル里帰り展」を開催していましたね

陶磁器工業組合01-1
今回はイベントは行われておらず「カリタ」のデモンストレーションもありませんでしたが1階では波佐見焼各社の器が割引価格で販売されていましたし

陶磁器工業組合01-2
今回も「白山陶器」のB級品を販売していましたが相変わらずお客さんは少なかったですね・・・メイン会場では大行列だったでしょうに何故なんでしょ?

陶磁器工業組合01-3
私がお気に入りの「ファンシーグラス」は全種類揃えているのですが隣にあるマグカップ(?)は1個も持っていません・・手にした感じはすごく良かったので今度はこのシリーズを揃えようかな(^^;

陶磁器工業組合01-4
この建物の前にはいろんな出店がありますがこの「中本製麺」のブースはずっと前からありますね

陶磁器工業組合02
何気に立ち寄った「長十郎窯」のサブブースですが

陶磁器工業組合02-2
何と今回買おうと思っていた「湯冷まし」がいろいろ揃っています(゜o゜)

湯冷まし
結局ここで購入したのは2000円→300円で販売されていた「湯冷まし」です・・・ホントに平常価格が2000円かなと思いましたがネット通販を見るとそんな価格でした(^^;

西の原01-2
その後は雨が降る中「西の原」方面に向かいましたが

西の原01
途中のお店でも「湯冷まし」を見かけましたが「持ち手」が無いのはよくあるんですよね

西の原01-3
道端で「珈琲」を販売していましたこの「ハサミフィルター」使用の「マックリカフェ」ですが

西の原01-4
以前も見かけた裏通りのお店が本店なんでしょうか?

西の原02
やっと「西の原」に到着しました(^^;
私が最初に訪れた7年前には「知る人ぞ知る」場所だったのですが最近は人気スポットになっていますね(^^)

西の原02-2
若い人はお店を回るのが楽しいのでしょうが私はやはり「庭」を見るのがいいですね

西の原02-3
特に母屋である「福重家住宅主屋」は国登録有形文化財に指定されているくらいですから(^^)

西の原02-5
母屋以外でも建物の周囲にある緑は結構見応えがあります

西の原03
でも若い人はやはりお店が気になるみたいで各ショップは大勢のお客さんで賑わっていましたし

西の原03-2
昨年も紹介した「ボルダリング」のコーナーには多くの子供たちが集まっていましたね

西の原03-3
以前はいろんなお店が軒を並べていた場所も「飲食スペース」としてかなりスッキリと整備されていましたね

西の原03-5
「井手蒟蒻店」は今年も健在でした(^^)

ssiimm at 09:11|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月01日

波佐見陶器まつり2019・・「七日間食堂」でランチ

年号は「平成」から「令和」に変わりましたがまだ「波佐見陶器まつり2019」の話題が続きます(^^;

七日間食堂01
メインのテントが思った以上に混雑していたのでとりあえずは「芝生広場」を見て回ることにしました・・・ここには陶器店以外にも「そのぎ茶」や軽食を販売しているブースが並んでいるんです

七日間食堂01-2
いつぞや訪れた「鬼木の棚田」のブースでは「棚田米」のおにぎりや漬物などを販売していました

七日間食堂01-3
普段はここもゆっくり見て回るのですが何せ雨のせいで下はぬかるんでいます(-_-;)

七日間食堂01-4

七日間食堂01-5
それでもいくつかのブースを見て回りましたがやはりお客さんは少なかったですね

七日間食堂02
昨年訪れた時に気になったお店が今年も出店していました

七日間食堂02-2
以前からあった「東彼商工会」が運営する「うどん店」ですが昨年から「七日間食堂」という名前になったのです・・・要は「波佐見陶器まつり」が開催される4/29〜5/5の7日間だけオープンするからこの名前にしたのでしょうがネーミングがいいですね(^^♪
お店の名前だけで入ろうと思ったのは「ボートレース大村」にある「かもめ食堂」以来です

七日間食堂02-3
そばやうどんが600円からですから周辺のお店に比べるとちょっと割高ですが食べてみることにしました

七日間食堂02-4
これがこの店の「山菜うどん」600円です
市販の麺にパックの「山菜」を入れただけでこの価格はどうかなと思いましたが思った以上に美味しく食べることが出来ました・・・やはり麺は地元の「水谷製麺」なんでしょうか

七日間食堂02-5
「おにぎり」も結構美味しかったですね(^^♪

波佐見04

波佐見04-2

波佐見04-3
一応会場内を回ったのですがお客さんが多くてあまり見て回れませんでしたし今回購入しようと思っていた物を見つけることが出来なかったので会場付近のお店に行くことにしました

波佐見05
会場脇のスペースには大手のお店が特売所を設けていますが

波佐見05-2
変わったデザインの器もいろいろ販売していました

波佐見05-3
「アイユー」が最初に売り出した「箸置き付き小皿」も各社が作っていてかなり安いのもありますね

波佐見05-4
「箸置き」もカラフルなものが揃っています

波佐見06
「奥川陶器」の一角に見慣れないお店がありましたが今年から場所を借りているそうです・・・ここでやっと今回の目的の物を見つけることが出来ました

ポット01
ちょっと大きいけど500円だったので取りあえず購入しましたがこれは何でしょうね(^^)


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月30日

波佐見陶器まつり2019・・雨のメイン会場

今年も「第61回波佐見陶器まつり」に行ってきましたが本格的な雨が降ったのはこの10数年で初めてでしたね

波佐見00
雨が降っていたとはいえやはり初日だったせいか会場に向かう車が多かったこと(゜o゜)
高速を使い川棚経由で向かったのですがちょっと混んでいたとはいえ波佐見の町には1時間半くらいで到着したのに駐車場に入れるのに30分くらい掛かりました

波佐見01
会場近くには公認パーキングがいくつかありますがここ数年は最初から番号の 峙戝羆小学校」かその上の◆峭鍛ぅ哀薀Ε鵐鼻廚膨笋瓩襪海箸砲靴討い泙
ここからは会場まで徒歩10分くらいで行けますしすぐ近くには人気スポットの「西の原」もあるんです・・・しかも会場近くの駐車場に比べると駐車台数がかなり多いので満車の確率はかなり低いと思われます
でも表の通りから見えないので誘導員の案内を無視して通り過ぎる車がほとんどですが(^^;

波佐見01-2
駐車場の隣にあるのが2010年に国登録有形文化財に指定された「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」です・・・でもこの周辺の駐車スペースがかなり広くなっていますね

波佐見01-3
建物の手前には新しく建てられたのでしょうが真新しいトイレがありましたが「西の原公衆トイレ」というのかな? ・・・「ウォシュレット」完備ですし波佐見町で利用したトイレの中で一番きれいでした(^^♪

波佐見01-4
こちらが「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」ですが何やら行われているみたいな・・・実は波佐見町に赴任した3名の「地域おこし協力隊員」が中心となって「波佐見プレーパーク+」というイベントが開催されているんです

波佐見01-5
「地域おこし協力隊」のお店もあります(^^)

波佐見01-6
改装工事が終了して見違えるほどきれいになった講堂では子供向けのイベントが行われていました

波佐見02
そこからメイン会場まで歩いて向かったのですがあちらこちらの駐車場には空きを待つ車の列がありました・・・でも時間駐車じゃないので回転は悪いでしょうからなかなか停められないでしょうね

波佐見02-2
歩いている途中で「モナミ(MONAMI)」という「波佐見焼 & 韓国料理 & カフェ」のお店を見かけましたが一昨年にオープンしていたみたいですね

波佐見02-4
今年も「よってってマルシェ」がオープンしていましたが第5回だそうですね

波佐見03
メイン会場である「やきもの公園」に到着しましたが入口のゲートは昨年から新しくなっています
波佐見03-2
雨が降っているにもかかわらず大勢の人出・・・これでも昨年よりは少ないそうですが(^^;
私は例年だとGW期間中の平日に来ることが多かったので初日に訪れた記憶はあまりありませんからちょっと驚きました

波佐見03-4

波佐見03-5
メインの大型テントに向かう手前にあるショップにも大勢の買い物客が集まっていますね

波佐見03-6
当然メインの大型テント内は信じられないくらいの人だかり・・・朝の新宿駅みたいです(^^;

波佐見03-7
そんな中でもお客さんたちは熱心に品定めをしていました

「波佐見陶器まつり」の記事はまだまだ続きます(^^;

ssiimm at 09:20|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月06日

皿山人形浄瑠璃2018・・「傾城阿波の鳴門」再び

まだ12/2の波佐見・皿山地区にいます(^^;

皿山人形浄瑠璃01
皿山大神宮という神社の境内に建っている「皿山人形浄瑠璃館」にやってきましたがここで「人形浄瑠璃」を見るのも7年目になりますね

皿山人形浄瑠璃01-2
最近は開始30分くらい前には到着するのですがすぐ前の駐車スペースが満車だったこともあり建物に入れたのは15分前・・・こんな時に限って見物客も多いですね(^^;
その後もお客さんは増え続け始まる頃には9割がたの席が埋まっていました

皿山人形浄瑠璃01-3
例によって保存会会長によりストーリーの解説や「皿山人形浄瑠璃」の歴史などの話がありましたが今回は昨年まで三味線を担当していた唐津の竹本鳴子太夫が来られなく完全に「皿山地区」の人だけでの上演になるそうです

皿山人形浄瑠璃01-4
何と昨年まで「太夫」として義太夫を語っていた陶器店のお嬢さんが三味線を弾くことになったのですね(゜o゜)

皿山人形浄瑠璃02
定式幕が開きいよいよ始まりますが演目は7年前にも演じられた「傾城阿波の鳴門」ですが「三味線」のレパートリーがまだ少ないからだそうです(^^;

皿山人形浄瑠璃02-3
先ずは「巡礼おつる」が登場してお馴染みの「巡礼にご報謝〜」のセリフ・・・とは言っても最近の人は知らないでしょうね

皿山人形浄瑠璃02-4
その後に続く「あ〜い〜、とと(父)さんの名は、阿波の十郎兵衛と申します。」「かか(母)さんの名は、お弓と申します」の場面は私の父親が好きだったみたいで子どもの頃に「口真似」するのを良く聞いたものです

皿山人形浄瑠璃02-3-2
その後はこの「巡礼おつる」が実の娘と判ったのに累が及ぶのを恐れて名乗ることが出来ないお弓の葛藤が続きます

皿山人形浄瑠璃02-5
「ここで一緒に住みたい」という「おつる」を突き放しますが

皿山人形浄瑠璃02-6
やはりわが子を思いその場に泣き崩れます

皿山人形浄瑠璃02-7

皿山人形浄瑠璃02-8
でも「もう2度とは会うことが出来ない」と思い直して娘を追うところで柝(き)が入り幕になります

皿山人形浄瑠璃03
最後に再び保存会長が登場して文楽人形の説明をしてくれていました(^^)


ssiimm at 09:38|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: