波佐見の話題

2019年05月02日

波佐見陶器まつり2019・・長十郎窯から「西の原」

平成から令和にかけて書き続けた「波佐見陶器まつり」の記事もこれが最後かな(^^;

陶磁器工業組合01
「波佐見陶器まつり」のメイン会場の向いにある「陶磁器工業会館」にやってきましたが昨年はここで「東京ドームテーブルウェアフェスティバル里帰り展」を開催していましたね

陶磁器工業組合01-1
今回はイベントは行われておらず「カリタ」のデモンストレーションもありませんでしたが1階では波佐見焼各社の器が割引価格で販売されていましたし

陶磁器工業組合01-2
今回も「白山陶器」のB級品を販売していましたが相変わらずお客さんは少なかったですね・・・メイン会場では大行列だったでしょうに何故なんでしょ?

陶磁器工業組合01-3
私がお気に入りの「ファンシーグラス」は全種類揃えているのですが隣にあるマグカップ(?)は1個も持っていません・・手にした感じはすごく良かったので今度はこのシリーズを揃えようかな(^^;

陶磁器工業組合01-4
この建物の前にはいろんな出店がありますがこの「中本製麺」のブースはずっと前からありますね

陶磁器工業組合02
何気に立ち寄った「長十郎窯」のサブブースですが

陶磁器工業組合02-2
何と今回買おうと思っていた「湯冷まし」がいろいろ揃っています(゜o゜)

湯冷まし
結局ここで購入したのは2000円→300円で販売されていた「湯冷まし」です・・・ホントに平常価格が2000円かなと思いましたがネット通販を見るとそんな価格でした(^^;

西の原01-2
その後は雨が降る中「西の原」方面に向かいましたが

西の原01
途中のお店でも「湯冷まし」を見かけましたが「持ち手」が無いのはよくあるんですよね

西の原01-3
道端で「珈琲」を販売していましたこの「ハサミフィルター」使用の「マックリカフェ」ですが

西の原01-4
以前も見かけた裏通りのお店が本店なんでしょうか?

西の原02
やっと「西の原」に到着しました(^^;
私が最初に訪れた7年前には「知る人ぞ知る」場所だったのですが最近は人気スポットになっていますね(^^)

西の原02-2
若い人はお店を回るのが楽しいのでしょうが私はやはり「庭」を見るのがいいですね

西の原02-3
特に母屋である「福重家住宅主屋」は国登録有形文化財に指定されているくらいですから(^^)

西の原02-5
母屋以外でも建物の周囲にある緑は結構見応えがあります

西の原03
でも若い人はやはりお店が気になるみたいで各ショップは大勢のお客さんで賑わっていましたし

西の原03-2
昨年も紹介した「ボルダリング」のコーナーには多くの子供たちが集まっていましたね

西の原03-3
以前はいろんなお店が軒を並べていた場所も「飲食スペース」としてかなりスッキリと整備されていましたね

西の原03-5
「井手蒟蒻店」は今年も健在でした(^^)

ssiimm at 09:11|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月01日

波佐見陶器まつり2019・・「七日間食堂」でランチ

年号は「平成」から「令和」に変わりましたがまだ「波佐見陶器まつり2019」の話題が続きます(^^;

七日間食堂01
メインのテントが思った以上に混雑していたのでとりあえずは「芝生広場」を見て回ることにしました・・・ここには陶器店以外にも「そのぎ茶」や軽食を販売しているブースが並んでいるんです

七日間食堂01-2
いつぞや訪れた「鬼木の棚田」のブースでは「棚田米」のおにぎりや漬物などを販売していました

七日間食堂01-3
普段はここもゆっくり見て回るのですが何せ雨のせいで下はぬかるんでいます(-_-;)

七日間食堂01-4

七日間食堂01-5
それでもいくつかのブースを見て回りましたがやはりお客さんは少なかったですね

七日間食堂02
昨年訪れた時に気になったお店が今年も出店していました

七日間食堂02-2
以前からあった「東彼商工会」が運営する「うどん店」ですが昨年から「七日間食堂」という名前になったのです・・・要は「波佐見陶器まつり」が開催される4/29〜5/5の7日間だけオープンするからこの名前にしたのでしょうがネーミングがいいですね(^^♪
お店の名前だけで入ろうと思ったのは「ボートレース大村」にある「かもめ食堂」以来です

七日間食堂02-3
そばやうどんが600円からですから周辺のお店に比べるとちょっと割高ですが食べてみることにしました

七日間食堂02-4
これがこの店の「山菜うどん」600円です
市販の麺にパックの「山菜」を入れただけでこの価格はどうかなと思いましたが思った以上に美味しく食べることが出来ました・・・やはり麺は地元の「水谷製麺」なんでしょうか

七日間食堂02-5
「おにぎり」も結構美味しかったですね(^^♪

波佐見04

波佐見04-2

波佐見04-3
一応会場内を回ったのですがお客さんが多くてあまり見て回れませんでしたし今回購入しようと思っていた物を見つけることが出来なかったので会場付近のお店に行くことにしました

波佐見05
会場脇のスペースには大手のお店が特売所を設けていますが

波佐見05-2
変わったデザインの器もいろいろ販売していました

波佐見05-3
「アイユー」が最初に売り出した「箸置き付き小皿」も各社が作っていてかなり安いのもありますね

波佐見05-4
「箸置き」もカラフルなものが揃っています

波佐見06
「奥川陶器」の一角に見慣れないお店がありましたが今年から場所を借りているそうです・・・ここでやっと今回の目的の物を見つけることが出来ました

ポット01
ちょっと大きいけど500円だったので取りあえず購入しましたがこれは何でしょうね(^^)


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月30日

波佐見陶器まつり2019・・雨のメイン会場

今年も「第61回波佐見陶器まつり」に行ってきましたが本格的な雨が降ったのはこの10数年で初めてでしたね

波佐見00
雨が降っていたとはいえやはり初日だったせいか会場に向かう車が多かったこと(゜o゜)
高速を使い川棚経由で向かったのですがちょっと混んでいたとはいえ波佐見の町には1時間半くらいで到着したのに駐車場に入れるのに30分くらい掛かりました

波佐見01
会場近くには公認パーキングがいくつかありますがここ数年は最初から番号の 峙戝羆小学校」かその上の◆峭鍛ぅ哀薀Ε鵐鼻廚膨笋瓩襪海箸砲靴討い泙
ここからは会場まで徒歩10分くらいで行けますしすぐ近くには人気スポットの「西の原」もあるんです・・・しかも会場近くの駐車場に比べると駐車台数がかなり多いので満車の確率はかなり低いと思われます
でも表の通りから見えないので誘導員の案内を無視して通り過ぎる車がほとんどですが(^^;

波佐見01-2
駐車場の隣にあるのが2010年に国登録有形文化財に指定された「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」です・・・でもこの周辺の駐車スペースがかなり広くなっていますね

波佐見01-3
建物の手前には新しく建てられたのでしょうが真新しいトイレがありましたが「西の原公衆トイレ」というのかな? ・・・「ウォシュレット」完備ですし波佐見町で利用したトイレの中で一番きれいでした(^^♪

波佐見01-4
こちらが「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」ですが何やら行われているみたいな・・・実は波佐見町に赴任した3名の「地域おこし協力隊員」が中心となって「波佐見プレーパーク+」というイベントが開催されているんです

波佐見01-5
「地域おこし協力隊」のお店もあります(^^)

波佐見01-6
改装工事が終了して見違えるほどきれいになった講堂では子供向けのイベントが行われていました

波佐見02
そこからメイン会場まで歩いて向かったのですがあちらこちらの駐車場には空きを待つ車の列がありました・・・でも時間駐車じゃないので回転は悪いでしょうからなかなか停められないでしょうね

波佐見02-2
歩いている途中で「モナミ(MONAMI)」という「波佐見焼 & 韓国料理 & カフェ」のお店を見かけましたが一昨年にオープンしていたみたいですね

波佐見02-4
今年も「よってってマルシェ」がオープンしていましたが第5回だそうですね

波佐見03
メイン会場である「やきもの公園」に到着しましたが入口のゲートは昨年から新しくなっています
波佐見03-2
雨が降っているにもかかわらず大勢の人出・・・これでも昨年よりは少ないそうですが(^^;
私は例年だとGW期間中の平日に来ることが多かったので初日に訪れた記憶はあまりありませんからちょっと驚きました

波佐見03-4

波佐見03-5
メインの大型テントに向かう手前にあるショップにも大勢の買い物客が集まっていますね

波佐見03-6
当然メインの大型テント内は信じられないくらいの人だかり・・・朝の新宿駅みたいです(^^;

波佐見03-7
そんな中でもお客さんたちは熱心に品定めをしていました

「波佐見陶器まつり」の記事はまだまだ続きます(^^;

ssiimm at 09:20|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月06日

皿山人形浄瑠璃2018・・「傾城阿波の鳴門」再び

まだ12/2の波佐見・皿山地区にいます(^^;

皿山人形浄瑠璃01
皿山大神宮という神社の境内に建っている「皿山人形浄瑠璃館」にやってきましたがここで「人形浄瑠璃」を見るのも7年目になりますね

皿山人形浄瑠璃01-2
最近は開始30分くらい前には到着するのですがすぐ前の駐車スペースが満車だったこともあり建物に入れたのは15分前・・・こんな時に限って見物客も多いですね(^^;
その後もお客さんは増え続け始まる頃には9割がたの席が埋まっていました

皿山人形浄瑠璃01-3
例によって保存会会長によりストーリーの解説や「皿山人形浄瑠璃」の歴史などの話がありましたが今回は昨年まで三味線を担当していた唐津の竹本鳴子太夫が来られなく完全に「皿山地区」の人だけでの上演になるそうです

皿山人形浄瑠璃01-4
何と昨年まで「太夫」として義太夫を語っていた陶器店のお嬢さんが三味線を弾くことになったのですね(゜o゜)

皿山人形浄瑠璃02
定式幕が開きいよいよ始まりますが演目は7年前にも演じられた「傾城阿波の鳴門」ですが「三味線」のレパートリーがまだ少ないからだそうです(^^;

皿山人形浄瑠璃02-3
先ずは「巡礼おつる」が登場してお馴染みの「巡礼にご報謝〜」のセリフ・・・とは言っても最近の人は知らないでしょうね

皿山人形浄瑠璃02-4
その後に続く「あ〜い〜、とと(父)さんの名は、阿波の十郎兵衛と申します。」「かか(母)さんの名は、お弓と申します」の場面は私の父親が好きだったみたいで子どもの頃に「口真似」するのを良く聞いたものです

皿山人形浄瑠璃02-3-2
その後はこの「巡礼おつる」が実の娘と判ったのに累が及ぶのを恐れて名乗ることが出来ないお弓の葛藤が続きます

皿山人形浄瑠璃02-5
「ここで一緒に住みたい」という「おつる」を突き放しますが

皿山人形浄瑠璃02-6
やはりわが子を思いその場に泣き崩れます

皿山人形浄瑠璃02-7

皿山人形浄瑠璃02-8
でも「もう2度とは会うことが出来ない」と思い直して娘を追うところで柝(き)が入り幕になります

皿山人形浄瑠璃03
最後に再び保存会長が登場して文楽人形の説明をしてくれていました(^^)


ssiimm at 09:38|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月05日

波佐見皿山器替えまつり2018・・その2

引き続き波佐見の「皿山器替えまつり」の会場にいます

皿山器替えまつり04
続いてやってきたのは「正光窯」ですが

皿山器替えまつり04-2
ここでは「おもてなし」も健在です(^^)

皿山器替えまつり04-3
相変わらず見た目が素晴らしい作品が並んでいますね

皿山器替えまつり04-4
「器替えまつり」で50%OFFとなっていますが元値が5000円以上するのでちょっと手が出ません(^^;

皿山器替えまつり04-5
これがおもてなしの「ぜんざい」ですが当然戴いたのは女房だけです(^^;

皿山器替えまつり04-6
「波佐見焼」を全国レベルに引き上るきっかけとなった「東京ドーム」でのテーブルウェアフェスティバル」が来年2月に行われるそうですね

皿山器替えまつり05
毎年楽しみにしている「アイユー」にも当然訪れましたが

皿山器替えまつり05-2
「おもてなし」は行われていませんでした(T_T)

皿山器替えまつり05-3
でもここのお店の商材はデザインの割にお手頃価格なので割と気に入っています

皿山器替えまつり06
「皿山人形浄瑠璃」の開始にはまだ時間があったのでいつもは人形浄瑠璃を見終わってから行くことが多い「田澤幸祥窯」に寄ってみました

皿山器替えまつり06-2
相変わらず工場内の雰囲気がいいですね

皿山器替えまつり06-4
ここでは毎回同じようなお菓子の「おもてなし」です(^^)

皿山器替えまつり06-3
この窯元はとにかく安く販売しているので毎回いろいろ買い物をするのです・・・表の特価コーナーだけでなくこの棚に置いているものもかなり安く

皿山器替えまつり06-5
こちらのマグカップも1個100円でしたが

皿山器替えまつり06-6
器の底に絵が描かれていてとてもそんな値段だとは思えません(^^;

皿山器替えまつり06-7
すごく手に馴染んだこちらの湯呑は500円でしたが「器替えまつり」対象なので掛けた陶器を持参したら半額の250円で購入できました(^^♪


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月04日

波佐見皿山器替えまつり2018・・その1

今年も12月第1日曜日は波佐見町の皿山地区で行われた「皿山器替えまつり」に行ってきました
以前と違い参加店舗&工房が少なくなったので今回は1度の記事で書けるかなと思いましたがやはり2回に分けることになりました(^^;

皿山器替えまつり01
例年通りまず寄ったのは県道沿いにある「器楽館 孝商」です

皿山器替えまつり01-2
今回は前年までと違い「格安品」を前面でアピールしていますね

皿山器替えまつり01-3
「おもてなし」はお茶とお菓子や沢庵・・・私は要らないのですが昨年までの「和菓子」は提供しなくなったみたいですね

皿山器替えまつり01-4
でも「器」はかなり安く提供しています

皿山器替えまつり01-5
持った感じが良かったので500円で購入したマグカップは

皿山器替えまつり01-6
何と「重山陶器」の商品でした(゜o゜)

皿山器替えまつり00
今回もこのお店でマップを貰いましたが参加しているのが8店舗しか無いのですね

皿山器替えまつり00-2
私たちが最初に訪れた2012年には11か所が参加していたのですから約2/3くらいに減っています(T_T)
人間国宝の方がやっていた「平三窯」はご主人が他界されて窯自体が閉鎖されましたし

皿山器替えまつり02-3
「おもてなし」の生大根の漬物が気に入っていた「陶修堂」も昨年から参加しなくなりましたね

皿山器替えまつり02-4
一昨年まで参加していた「ギャラリー 源」はお店を畳んだのかな?
この他にも若者に人気だった「natural69(ナチュラルロック)」も移転して参加しなくなりました

皿山器替えまつり02
未だに参加している「治甫窯」にやってきました
ここは2015年に「現代の名工」に選ばれた「立井治甫」こと立井清人さんがやっている窯元なんですが私たち夫婦のイメージは「おもてなし」で提供される「イモの天ぷら」が美味しい窯元だったのです

皿山器替えまつり02-2
でも今年はやめたみたいですね(T_T)

皿山器替えまつり03
続いてやってきたのは「皿山人形浄瑠璃」で太夫を勤めるお嬢さんの実家である「松尾陶器」です

皿山器替えまつり03-3
このお店は手水鉢など特殊な焼き物で有名なんですが

皿山器替えまつり03-2
無論一般的な陶磁器も販売しています・・・まぁちょっと高めの価格設定なので私たちには無縁ですが(^^;


ssiimm at 09:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月22日

観光通りアーケードで「波佐見陶器まつり」

前の記事で書いた「ラブフェス2018」に行く前に長崎浜屋で開催されている「京都歴代のれん市」に寄ろうと思い浜町に向かいました

浜町01
銅座のパーキングに車を停めて観光通りアーケードに入ると「長崎商工会議所青年部」主催の「第2回Autumn YEG Festival〜「秋」穫祭」というイベントが行われていました

浜町01-2
いろんな「体験」が出来るそうですが何で開催時間がバラバラなんでしょうね?

浜町01-3
ステージが用意されていましたが何に使うのかも判りません

浜町01-4
イベントをやっているブースもお客さんはイマイチ・・・でもこの「グリースハウゼ ナガセ」というお店は3年前に偶然見かけた頃に比べるとかなり有名になったみたいでちょっと嬉しいですね(^^)

浜町01-6
浜町アーケードの四つ角にある長崎でも一番人気の「マクドナルド長崎浜町店」のシャッターが降りていました(゜o゜)

浜町01-5
何でも「店舗設備故障」のために臨時休業をしているらしく再開は未定だそうです・・・ガッカリするお客さんも多いでしょうね

浜町02
ハマクロスの先も「長崎商工会議所青年部」のイベント会場かと思ったらどうも様子が違うみたいです

浜町01-1
何とこちら側では「波佐見陶器まつり」が行われていました(゜o゜)

浜町02-2
いろんなお店が波佐見焼の器を販売していましたが

浜町02-3
お店の名前を表示していたのはお馴染みの「浜陶」のみみたいです

浜町02-4
こちらのブースでは「アイユー」の重宝皿を販売していましたが価格は定価に近かったですね

浜町02-5

浜町02-6
それでも長崎市内でこれだけの「波佐見焼」を販売するイベントは滅多に無いでしょう・・・私が遭遇したのは2年前の「波佐見茶わん祭」以来です

浜町02-7
いろんな窯元の作品を展示していましたし

浜町02-9
こんな感じで「特売品」がありましたからお客さんも多く集まっていました(^^)

浜町02-8
毎年2回波佐見に出かけている私は何も買わないつもりでしたが何気に見かけた「800円→300円」のセール品に目が行きまして

浜町03
ついつい「重宝皿」を大きくしたようなお皿を買っちゃいました・・・今年の「波佐見陶器まつり」でも見かけたのですが買いそびれていたのです(^^;


ssiimm at 09:32|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: