ゴールデンウィーク

2016年05月01日

今年も「波佐見陶器まつり2016」・・その1

昨日はいい天気でしたね(^^)
毎年我が家のゴールデンウイークにおける恒例行事になっている「第58回 波佐見陶器まつり」に行ってきました

波佐見01
長崎バイパス→高速を乗り継いで嬉野インターへ・・・そこからも順調に走っていたのですが自宅を出てちょうど1時間後の65km走った時点で渋滞につかまっちゃいました

波佐見01-2
信号での合流もあったのでしょうが一番の原因はこの「白山陶器」を訪れるお客さんのせいじゃないのかな

波佐見01-3
会場付近の駐車場も午前中だというのに例年以上の混雑ぶりでしたが何とか徒歩圏内に停めることが出来ました(^^;

波佐見01-4
歩いて会場に向かう途中には昨年もやっていた「よってってマルシェ」というのがオープンしていました・・・地元のお店がいろいろ出店していましたがこの時間はまだお客さんも疎らですね(^^;

波佐見02
「第58回波佐見陶器まつり」会場に到着しましたが今回も過去の画像を使い回しているのかと疑われそうな好天です(^^♪

波佐見02-2
会場に入ってすぐの所にあった「natural69」のブースには驚くほどのお客さんが集まっていました(゜o゜)
例年「皿山器替えまつり」の時にも若い人が多く集まるお店ですがちょっと異常ですね・・・女房の話だとテレビでも紹介されたとのことでしたが

波佐見02-2-2
皆さんお皿や茶碗を買い集めています(^^;

波佐見02-3
ホント例年以上のお客さんですね

波佐見02-4
いつものように「観光交流センター」に寄ったのは「トイレ」と「抽選」のせいもありますが

波佐見02-5
2階で開催されている展示会も見たかったのです

波佐見02-6
「波佐見陶器まつり」本部でもある「波佐見町勤労福祉会館」前では今年も「波佐見炎レンジャー」のショーが行われていました(^^)

波佐見02-8
何気にその後方を見ると何だかカフェみたいなお店が・・・という事は以前あった韓国料理の「おんや」は閉店したみたいですね

波佐見02-9
「日本遺産」に選定された「日本磁器のふるさと 肥前」のブースもありました

波佐見03
いよいよテントに向かいますが中も大勢のお客さんで混雑しています

波佐見03-2

波佐見03-3
テント内ではいろんな窯元や販売店がお店を出していますからお客さんも品定めに余念がありません

波佐見03-4
無論3個1000円や1個100円などの特売品が一番売れるでしょうが(^^;

波佐見03-5
テント村の外にある広場には「彼杵茶」などのブースや「波佐見町婦人部」が運営する「無料休憩所」などもありますが

波佐見03-6
窯元の直営ブースもあります・・・このお店では以前も花器を購入したことがあるのですが今回はこの器を購入しました

ちょっと長くなってきたので今回も次の記事に続きます(^^;


ssiimm at 09:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年05月06日

波佐見陶器まつり2015・・西の原をさるきました

「季泉」でそばを食べた後はいよいよ波佐見陶器まつりのメイン会場である「波佐見やきもの公園」に向かったのですが、さすがに休日ということもあり会場近くの駐車場はどこも満車でした・・・普段はゴールデンウィーク中の平日に来ることが多いのでちょっと甘く考えていましたね(^^;
町が用意した広い専用駐車場には楽に停めることができたのでしょうがシャトルバスでの送迎を利用する気もなかったので会場近くで駐車場を探しましたが皆さん同じ考えみたいでかなりの渋滞になっていました

西の原01
それでも西の原方面に行くと空いているかもしれないと期待しつつ車を走らせると運よく「中善」という会社がやっている駐車場で空きを発見(^^)

西の原01-1
目の前には「レトロ」という感じ満開の「有田屋」というちゃんぽん屋さんがありましたからここは折敷瀬郷かな?

西の原01-3
駐車場から会場に向かう途中にあるのが波佐見町の中でもお気に入りの旧「幸山陶苑(福幸製陶所)」跡ですが右手に見えるお宅が以前の経営者の方が暮らしている「福重家住宅主屋」で2012年に国登録有形文化財に指定されました

西の原01-4
その向かいにあるのが3年前にランチをいただいた「モンネ・ルギ・ムック」ですがこの建物も以前の「旧福幸製陶所事務所」で同じく有形文化財です・・・相変わらず人気のお店みたいで来たお客さんはお店の人に携帯電話の番号を伝えていました

西の原01-5
敷地内には緑が多く気持ちが癒されますね(^^)

西の原01-6
その隣には「旧福幸製陶所細工場」の跡を利用した西海陶器の「モンネ・ポルト」がありますが店内に入ると以前から比べるとかなり多くのお客さんが訪れていました・・・施設全体でも年を追うごとにお客さんの数が確実に増えてきていますね

西の原02
ここも人気の「HANAわくすい」ですがやはり「旧福幸製陶所絵書座」という有形文化財です

西の原02-2
右手には一昨年に中を見せていただいた日本庭園があります

西の原02-3
敷地内をあるいていると何やら新しそうなお店がありました

西の原02-4
「にぎりめし かわち」というそうですが「波佐見町地域おこし協力隊」のFBを見ると「西の原に川内のお母さんたちのおにぎり屋さんがオープンしました!」とありますから地元の人たちがやっている期間限定ショップかもしれませんね

西の原03
敷地の一番奥には「南創庫」というのがありますがその向かいの倉庫らしき建物の中でも何やらお店がオープンしているみたいです

西の原03-2
中に入ってみると「フリーマーケット」が開催中なのかな?

西の原03-3
その奥にはフードコーナーがありましたが何と畝刈の「将大」が運営する「俺んちのコロッケ」がはるばると出店していました(^^;

西の原03-5
隣にあった「麺処ろじ庵」といううどん屋さんは佐世保のお店みたいですが5/15オープンって今年の話かな? だとしたらこれからオープンするんですね(^^;

西の原04
「西ノ原工房」を出て「やきもの公園」に向かって歩いていると今度は「よってってマルシェ」というイベント会場がありました・・・今回初めて気づきましたが以前からやっていたのかな?

西の原04-2
ちょっとした広場に20軒ほどのお店が軒を連ねていましたがかなりの盛況でしたね・・・やはり「波佐見陶器まつり」のメイン会場にはあまり魅力的な飲食店が無いからでしょうか

西の原04-3
この「カレーなる饗宴」というハンバーグカレーを提供している「キッチンきらら」など寄ってみたいお店がいくつもありましたが

西の原04-4
一番気になったのはこの超小型の電動バイク・・・何と折り畳めるそうです(゜o゜)

西の原04-5
平戸の「有安オート」というお店が開発したみたいですね
スケジュールを見るとこの日だけのデモンストレーションだったみたいです


ssiimm at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月05日

波佐見陶器まつり2015・・季泉で「そばサラダ」

今年はGW中の休みが少ないうえに娘の引っ越し作業の手伝いがあるのでどうかなと思ったのですが「第57回波佐見陶器まつり」に行くことができました

波佐見01
高速の流れが悪かったので東彼杵インターで下りたのですが下の道も思った以上の渋滞・・・やはり連休中は混みますね
東彼杵の道の駅「彼杵の荘」に「RVパーク」ができていましたが調べると昨年の4/25に「一般社団法人日本RV協会」により国内22番目の施設に認定されたそうです

波佐見01-3
この右手にある「音琴」という焼き肉店は「肉好き芸人」の寺門ジモンさんの著書にも紹介されたお店だそうです
渋滞はどこまで続くのかと思ったら川棚町の交差点では直進する車だらけだったのでやっぱりハウステンボスに向かう車が多かったみたいでした

波佐見01-4
その後はすんなりと波佐見まで行くことができたのですが、それでも思った以上に時間がかかったので先に食事をしようと思い波佐見高校の手前で脇道に入り


季泉01
やってきたのは波佐見町でお気に入りの蕎麦屋さんである「季泉」です

季泉01-2
過去には「皿山器替えまつり」の時に訪れていたのでゴールデンウィークに来たのは初めてですね
この期間は「ゴールデンウィーク特別メニュー」というのになっていて注文しようと思っていたセットがありませんでした(T_T)

季泉02
料理を頼んだ後料理が運ばれてくるまでの時間を利用して付近をちょっと散策・・・向かいには以前食事をした「陶農レストラン・清旬の郷」と温泉施設「湯治楼」がありますが

季泉02-3
いまだに人気の施設みたいで車がたくさん停まっていました

季泉02-2
たしかに雰囲気はいいですよね・・・でもいい雰囲気のせいかお客さんの回転が悪く前回訪れたときはかなり待たされましたっけ(^^;

季泉02-4
何故ここに来たのかというと今年の2月にオープンした「プリスヴィラ波佐見」というホテルを見ようと思ったからなんですが・・・駐車場の誘導をやっていた人に聞いたところ「ちょっと先にあるのでここからは見えない」そうです

季泉03
季泉に戻ってしばらくすると注文した料理がやってきましたがこちらは女房の「かけ蕎麦」500円+「炊き込みごはん」220円です・・・毎回同じものを頼んでいますが炊き込みご飯の量が少なくなったのじゃないかな(^^;

季泉03-2
私は前回も食べて気に入った「そばサラダ」800円

季泉03-3
中に隠れている温玉を引っ張り出しました(^^) ・・・普段はこの手の蕎麦をアレンジした料理は食べないのですがこのお店の「そばサラダ」は美味しいと思います


ssiimm at 09:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年04月29日

長崎帆船まつり2015・・最終日に行ってきました

毎年欠かさず行っている「ながさき帆船まつり」も今日が最終日・・・娘の用事であちこち出掛けたのですが合間を見て水辺の森公園に行ってきました

帆船01
普段だと駐車料金が格段に安い「松が枝国際ターミナル」に車を停めるのですがちょっと時間がかかるので手前にある「県営常盤(南)駐車場」に入れました・・・歩いて水辺の森公園に向かっていると数10メートル近いだけで「常盤(北)」は満車で待っている車もいました(^^)

帆船01-2
駐車場の隣ではなにやら作業中・・・いつのまにか「ハッピードリームサーカス」の公演が終了して撤去作業を行っている最中でした

帆船02
今日は昼から雨という予報でしたが少し雨粒を感じただけで時間が経つと晴れ間も広がり暑いくらいでした・・・公園で遊んでいた子供たちは楽しそうでしたね(^^)
行く手に大きな帆船が見えてきましたが

帆船02-1

帆船02-3
これがロシアの大型帆船「ナジェジュダ」ですが久しぶりに見たような気がします・・・2011年は参加予定だったのですが「東北大震災」による福島原発事故のせいで中止になったので私が目にするのは2009年以来かもしれません

帆船02-2
船の上に船員たちが並んでいたせいか見物客が大勢集まっていましたが同じロシアの「パラダ」に比べると大人びているような気がします

帆船03
その隣には「ナジェジュダ」に負けず大きな「日本丸」が停泊していましたがやはり見物客も圧倒的に多かったです・・・毎年必ず「日本丸」か「海王丸」を見ることができるのですから長崎以外に住む「帆船ファン」からするとうらやましいでしょうね(^^;

帆船03-3

帆船03-4
できれば「セイルドリル」で帆を張っている姿を見たかったですね

日本丸02
ちなみにこれは一昨年に見た帆を張った「日本丸」です(^^)

帆船03-5
近くにスケジュールがあったので確認すると午後2時に出港する予定だそうです・・・久しぶりに「ごきげんよう〜」を見たかったのですがこの後も用事が待っているので叶いません(T_T)

帆船03-6
昨年も行われていましたが岸壁に繋がれた艀の上では「葉隠砲術隊」という方々による大砲の試射が行われていました

帆船04
今回参加している帆船の中で唯一船内の一般公開に参加したことが無い「みらいへ」ですが今年も間に合わなかったみたいです

帆船04-2
案内板には書いていませんがこの「みらいへ」は、以前「あこがれ」という大阪市が保有していた帆船だったのですがその当時は船内公開に参加したことがありました
でも諸般の事情により昨年「日本で唯一誰でも乗れる練習帆船」に生まれ変わってからは船内に入ったことが無いのでどんな風に変わったのか見てみたいと思っているのですが・・・

帆船05
韓国の「コレアナ」と静岡の「ドーントレッダー」は今回はパス

帆船05-2
三角広場では今回も「長崎ランタンフェスティバル」の「媽祖行列」で使用される「唐船 富貴花」が展示されていましたが

帆船05-3
今年はチャイナドレスを身に着けての記念撮影サービスが行われていました

帆船05-4
「五島うどん」や「ちゃポリタン」の出店もお客さんで賑わっていましたね

帆船05-5
ステージでは「日本開港5都市」の親善大使の女の子たちが各市のPRを行っていました


ssiimm at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月06日

5月5日は「滝の観音」花まつり

5月5日は久しぶりに「雪の浦ウィーク」にも行ってみたいと思っていたのですが「長崎玉屋」の後は方角の関係で東長崎方面に行くことにしました

滝の観音01
矢上の交差点角にあるガソリンスタンドに「アポロハット」というのがオープンしたとの案内がありましたが、これはイエローハットのスタンド向けショップなんでしょうか?

滝の観音01-2
国道34号線の平間から山のほうに左折します

滝の観音01-3
しばらく走ると左側にあるのが「滝の観音」ですがこの日は年に1度の「滝の観音 花まつり」の日なんです

滝の観音01-4
入口にある石門を車で通り抜けることが出来るとは思ってもいませんでしたが考えるとここのお寺が運営する霊園がこの先にあるんですね・・・今回のまつりもその霊園駐車場が利用されていました

滝の観音05
帰る時に撮った入口の石門の写真ですがかなり狭いので普通車だとかなり気を使うでしょうね^^;

滝の観音01-5
ここが二の鳥居ならぬ二の石門でお寺の入口になりますがこの先に行くには拝観料200円が必要です・・・といっても入口で徴収するのではなく本堂にある賽銭箱に入れるようになっています

滝の観音01-6
これが参道にある有名な伏樹門(ふしぎもん)と言われる樹齢何年になるかわからない巨木が作る自然の門です・・・隣にも参道はありますから背が高い人でも大丈夫です^^;

滝の観音01-7
「滝の観音」と呼ばれていますが正式名称は「長瀧山霊源院」という黄檗宗の寺院です

滝の観音02
これは本堂に行く手前に架かっている「羅漢橋」ですが

滝の観音02-1
長崎大水害のときに流されたのを全国から寄せられた寄付金によって修復したそうです

滝の観音02-1-2
その橋の上からの眺めもいいですね

滝の観音02-2
以前も書きましたがここ「滝の観音」は長崎県名勝文化財第一号に指定されているのですが第二号以降はありませんから唯一の存在です

滝の観音02-3
これが「滝の観音」こと「長瀧山霊源院」の本堂ですが

滝の観音02-4
中では甘茶のサービスが行なわれています・・・そう「滝の観音」では5月5日が「花まつり」なんです

滝の観音02-5
そういえばこの日は年に一度のご本尊の開帳される日なんですが

滝の観音02-5-2
こちらがその「魚籃観音像」でしょう

滝の観音08-2
ちなみに普段の様子はこうなっています

滝の観音02-6
本堂前や休憩所で甘茶や「ちまき」「あめがた」を販売していましたがほとんど売り切れたそうですから朝から多くの人が参拝に訪れたのでしょうね

滝の観音03
滝の観音に来たからにはやはり滝は見逃せません

滝の観音03-2
今度は「普濟橋(ふさいばし)」を渡り

滝の観音03-3
橋の上からの画像です

滝の観音03-4
座禅堂で御住職の法話が行なわれるのでどうぞと誘われましたが・・・

滝の観音03-5
長崎大水害で壊れた鐘でしょうが「破鐘」という碑がありました・・・私としては「悲しくもまたあはれなり」という「海潮音」のボードレールの詩があるので「やれがね」と読みたいところですが一般的には「われがね」と読むのでしょうね

ところでわざわざ5月5日を選んで「滝の観音」を訪れたのはご本尊の開帳にはあまり興味が無くこの日に奉納されるという「間の瀬狂言」を見たかったのです・・・ところが係りの人に話を伺うともう何年もここでは行なわれていないとのことでした(T_T)
だとしたら今年の秋の矢上くんちまで待たなきゃいけませんね


ssiimm at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月03日

「有田陶器市」は久しぶり

15年以上前は「陶器まつり」にもさほど興味は無かったので数年に1度くらいしか行きませんでしたし、その場合も「有田陶器市」に行くことが多かったですね
でも10年ほど前に女房の母親を陶器まつりに連れて行くことになったのですが、足が弱くなっていたので長い距離を歩く「有田陶器市」よりも1ヶ所に集まっている「波佐見陶器まつり」が楽だろうと波佐見に行ったのです・・・その後は10年近くずっと波佐見陶器まつりに行っているので有田陶器市もずいぶん長いこと訪れていませんね

有田01-2
久しぶりに有田陶器市に行ってみようかという気になったのは波佐見陶器まつり会場から無料のシャトルバスが出ているのですが乗り場がメイン会場のすぐ近くだということを知ったからです・・・20年ほど前に車で行ったときには駐車場探しに苦労しましたがこれだと楽ですよね

有田01
波佐見焼き物公園の裏手に大型バス用の駐車場がありシャトルバスはここから出発するのですが何とJR九州のバスをチャーターしていました・・・これが1時間に3本の割合で往復しているのです

有田01-3
バスはほぼ満員に近かったのでやはり利用者も多いんですね
何と15分ほどで有田に到着しましたからずいぶん近いんですね、我が家から浜町まで行くより短時間です・・・直行だということもありますがそれでも思っていたよりずいぶん早いので結構オススメです

有田01-4
到着した場所も有田駅にほど近い場所だったので歩いて5分ほどでメインストリートに行けます

有田01-6
ここが「有田駅前やきもの散歩道(ちゃわん王国通り)」で有田駅前から上有田駅前までの数kmに渡って陶器店が並ぶ有田陶器市のメイン会場です
でも平日ということもあり思ったよりお客さんが少なかったですね、週末や祝日に来るとこの通りは人で埋め尽くされます

有田01-9
これが会場地図の一部ですがずらっとお店が並んでいます

有田01-7
でも陶器市以外の時の通りの様子はこちら・・・普段は一般のお店でも陶器市の時期には陶器店になるんですね^^;

有田01-5
人気のお店の前にはお客さんが並んでいます

有田02
鍛冶屋町にもある現川焼き「臥牛窯」のお店もありましたが特設会場かな?・・・現川焼きといっても現川に会社があるわけではありませんが^^;

有田02-5
こちらも有名な老舗である「香蘭社」ですが最近はあまり名前を聞かなくなったような気がしますね

有田02-3
当然すべてのお店に入ることが出来ますが中には敷居が高そうな造りのお店もあります(^^)

有田02-2
この日は暑かったせいもあり街中のいろんなお店の前にテーブルを出して飲み物を提供しているところには結構お客さんが集まっていました・・・多くがこの選べるカップ付きでしたが値段はいろいろありこのお店の300円というのは最安値かな?



有田03
「古田商店」というお店の前にも休んでいる人がいましたが

有田03-1
ここも器付き300円で珈琲を提供していましたが何やら音楽が聞こえてきます・・・「碗琴コンサート」って何でしょうか?

有田03-2
見ると茶碗を使った演奏をしていました(゜o゜)
従業員さんにしてはずいぶん上手だなと思ったら「有田工業高校吹奏楽部」の生徒さんでした

有田04
ホントこの日は暑かったので通りを歩くのも途中で切り上げ有田駅に向かうことにしました

有田04-2
ここが有田駅です・・・普段は静かな駅なんでしょうが陶器市期間中は臨時列車もあり乗降客が桁外れに多くなります

有田04-3
この駅の名物は「九州駅弁コンテスト」で優勝した「有田焼きカレー弁当」でしょうね

有田04-4
構内に「ご自由にお持ち帰りください」と「ハマ」なるものが置いていました・・・「三川内はまぜんまつり」における「はまぜん」と同じ目的のものなんでしょうがこちらには文字も入っていて手が込んでいます

この後駅を出たところでタクシーに乗りませんかと声をかけられたのですが次の記事に続きます


ssiimm at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月02日

「波佐見陶器まつり2014」に行ってきました

やはりゴールデンウィークには「波佐見陶器まつり」は外せませんね・・・そんな訳で今年も行ってきましたが今回はちょっと足を伸ばして久しぶりに「有田陶器市」にも寄ったのでまた同じ日の記事が続きます^^;

波佐見01
今回は高速を東彼杵で下りて川棚経由で行ったのですが嬉野まで高速で行くのとどっちが速いのでしょうね・・・東彼杵の道の駅「彼杵の荘」では来週に新茶まつりが開催されるみたいです

波佐見01-2
会場付近に着くと車はまださほど多いとは思えなかったのですが近くの駐車場がほとんど満車だったのは近くにある小学校のグラウンドを今年は利用できなかったからでしょうね・・・今回からかなり離れた場所に広い駐車場を設けたみたいでそちらに誘導していました

波佐見01-3
私は例年通り近くに停めることができたのでいつもの道を歩いて会場に向かいましたがこの通りの出店もほぼ例年通りです^^;

波佐見01-4
前もって知ってはいたのですが会場近くにあった「白山陶器」の販売所が移転していたのにはちょっとガッカリ・・・

白山陶器01
それというのも私が一番愛用しているこの白山陶器の磁器のグラス(ファンシーカップというのかな?)は何度も買ったのですが割れたりして残り少なくなったので今回久しぶりに買い足したかったのです・・・もっとも私が最初購入したころから比べると「B級品」なのに値段はかなり高くなりましたが

波佐見01-5
その先にある「アウトレット」「B級品」を掲げているお店にはお客さんが多かったですね

波佐見02
会場に到着しましたが今年もいい天気です

波佐見02-2
上の写真もこの写真も毎年同じ写真を使いまわしている感じの光景です^^;

波佐見02-4
平日とはいえお客さんは相変わらず多かったですね

波佐見02-5
「波佐見陶器祭り」おなじみのテントにやってきましたが、このテントは期間中はずっと建てられていますがそれ以外の時はどうしているのでしょうか?

波佐見02-6
テントの中も大混雑・・・

波佐見02-7

波佐見02-8
平常価格に比べるとかなり安く販売しているのでしょうね
家族が多いころはいろいろと買っていましたが最近は必要なものしか買わなくなったので安いからといって飛びつくこともなくなりました

波佐見03
芝生広場もお客さんで賑わっています

波佐見04
久しぶりに上の公園に上がってみました

波佐見04-2
会場の左手に大型バスが止まっていますがそこから有田陶器市会場までシャトルバスが出ているらしいので後で行ってみることにしましたが

波佐見05-1
その前にいつもの陶芸の館(交流センター)に寄ったのは

波佐見05-2
女房が抽選をするためですが例によって外れは飴玉1個・・・何もないほうがいいと思いますね

波佐見05-3
それと今回は「波佐見焼で植木鉢を作った」というような新聞記事を見たのでどんなものか見に行ったのですが

波佐見05-4
残念ながらとっくに売り切れたそうです・・・ここにあるのが見本鉢なのかな?

 波佐見05
この会場の飲食店は高いだけという印象があったのですが今回は「清旬の郷 DA TOMMY」が提供している「波佐見パニーニ」という初めて見た料理がありました・・・波佐見町もこの「波佐見陶器まつり」にわざわざ来たお客さんに喜んで帰ってもらいたいと思ったら会場内でのランチにも目を向けるべきでしょうね
せっかく町内にはいろんな美食処があるのですから素人が作ったそばやうどんを500円で提供するよりこんなお店を優先的に出店させるべきだと思います・・・私も何年か前に1度だけ会場内で食べたことがあるのですがその後は絶対に食べませんもの

このあと有田陶器市に行った後で再び戻ってくるのですが続きはそのうち・・・



ssiimm at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: