長崎のイベント

2017年05月26日

「もてなしや」から「ながさき紫陽花まつり」

まだ5/24です

紫陽花まつり01
久しぶりの雨が降る中「中通り」に出かけました

紫陽花まつり01-2
まず向かったのは中島川河畔にある「もてなしや2号店」です・・・オープン直後の今年1月にも訪れましたがそれ以来です

紫陽花まつり01-3
その時にも書きましたがここには「蚊焼干し」が置いているんです・・残念ながら「イカ」はありませんでしたが(^^;

紫陽花まつり01-4
女房が気になったのは隣にあった「そうめんアイスクリーム」という商品・・・1個400円くらいするので買うのは止めたそうですが(^^;

そうめんアイスクリーム詰め合わせ(12個入) のうち製麺 長崎県 新食感!クリーミーなアイスクリームの中にもちもち麺
そうめんアイスクリーム詰め合わせ(12個入) のうち製麺 長崎県 新食感!クリーミーなアイスクリームの中にもちもち麺
何とこの商品はアマゾンや楽天市場でも販売されているんですね(゜o゜)

紫陽花まつり01-5
その「そうめんアイス」を作っている南島原の「のうち製麺」の「あげとっと」という商品や

紫陽花まつり01-6
大瀬戸特産「ゑべす蛸」を使った「たこ飯」なんて商品もありましたからこのお店は楽しいですよね(^^;

紫陽花まつり02
そこから「ながさき紫陽花まつり」が行われている中島川公園に向かいました

紫陽花まつり02-2

紫陽花まつり02-3
鉢植えなんですがこれだけ集めるとなかなか見事な光景になりますね

紫陽花まつり02-4

紫陽花まつり02-5
「あじさい」は長崎市の花に選定されているのですが実際に多く植えられているのは「神の島公園」と「香焼総合公園」くらいしか私は知りませんから観光地に「鉢植え」を設置するのはいいアイデアだと思います
でも普通に「紫陽花(あじさい)まつり」とすればいいのに数年前から「紫陽花(おたくさ)まつり」としたのか理由が判りません・・・多くの長崎市民も多分「あじさいまつり」と呼んでいるのじゃないでしょうか

紫陽花まつり02-6
やはり「雨の眼鏡橋」に「紫陽花」はよく似あいます(^^♪


ssiimm at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月25日

かもめ広場で「あいぱく2017」

昨年も訪れた「あいぱく(アイスクリーム万博)」というイベントが長崎駅の「おくんち広場」で行われているとのことなので女房に付き合って出かけてみました

あいぱく01
調べてみると昨年も同じ日に出かけているんですね(^^)
今年は5/19から5/28までの10日間開催されるそうです

あいぱく01-2
昨年はお客さんの数の多さに驚かされましたが、今回は平日でしかも雨が降っていたせいもありお客さんも少なかったですね(^^;

あいぱく01-3
女房が昨年食べることが出来なかった「桔梗信玄餅アイス」も並ばずに購入できていました

あいぱく01-3-2
でも天気が良ければこの「最後尾」に並ばなくちゃいけなかったでしょうね(^^;

あいぱく01-4

あいぱく01-5
雨のせいでお店も暇そうです

あいぱく01-6
「風船アイス」って何でしょうか?

あいぱく02-5
こちらの「綿菓子」みたいなアイスクリームは「コールド・ストーン・クリーマリー」というアメリカのアイスクリームブランドだそうですが「キャナルシティ」や「鳥栖アウトレットプレミアム」にもお店があるそうですね

あいぱく02
この日一番の賑わいを見せていたのは「よねたや」というお店で

あいぱく02-2
食べた人も貰った人もみんなが幸せになれる北海道の新食感スイーツ」だそうです・・・無論甘いものが苦手な私は食べたいとも貰いたいとも思いませんが(^^;

あいぱく02-3
「南部せんべい」の巌手屋というお店がアイスを作っているのですが「東北復興」を願って工場は福島にあるそうです

あいぱく03
結局女房は「桔梗信玄餅アイス」巌手屋の「チョコ南部」新潟の第一食品「まるごと苺大福」を購入していました・・・先日自宅に戻った娘がいれば二人であれこれ言いながら食べれたのにね(^^;


ssiimm at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月22日

おくんち広場で「長崎食の遊宴地」&パクチーラーメン

観光通りアーケードで行われた「びわフェスタ」&「はまんまちアーケード ロングマルシェ」に行った後は夢彩都横の「おくんち広場」で開催されている「長崎食の遊宴地」に寄ってみました


食の遊宴地01
今年で6回目になるそうですね・・・私は第1回から第4回までは訪れていますが昨年は来なかったみたいです

食の遊宴地01-2
ステージイベントは以前に比べると「目玉」が無くなったかな?

食の遊宴地01-3
でも告知もそれほどなかった割にはお客さんは大勢集まっていました(^^)

食の遊宴地02
「佐世保玉屋のサンドイッチ」の隣には「浜勝」のブースがありましたがどちらもこんなイベントではあまり見かけませんよね・・・1パック800円の「玉屋のサンドイッチ」よりは「浜勝」の「ヒレかつサンド」300円が魅力的です(^^;

食の遊宴地02-2
佐世保の「マルモ水産」の「蒸し牡蠣」は以前別のイベントで戴いたことがありましたね

食の遊宴地02-3
榎津町に昨年オープンした「ALL-ICCHI-CAFE(オールイッチ・カフェ)」はカレーで出店していました

食の遊宴地02-4
このイベントの常連である「王道庵」は「五島うどん・あごだしたこ焼き・鉄板焼き五島うどん」で出店していましたが以前の「うポリタン」は止めたのかな?

食の遊宴地02-5
住吉の「長崎浦上そぼろ町おこし隊」は「浦上そぼろらいすばーがー」というのを作ったそうです

食の遊宴地02-6
「吉野家」というから牛丼チェーンかと思ったら「富士宮焼きそば」のお店でした(^^;

食の遊宴地02-7
全国的に有名な「富士宮焼きそば」が500円ですから食べているお客さんは多かったですね

食の遊宴地02-8
毎回出店している「小林甚商店」は今回も「あごだしラーメン」の試食を提供していました
以前は市内のラーメン店などが数軒出店していたのですが最近は姿を見なくなったせいもありここで食事することも無くなりました

食の遊宴地03-2
恒例の「カステラ早食い大会」が行われていました(^^)

パクチーラーメン01
ついでに夢彩都の地下にある「カルディ」に寄ったのですが女房が買ったのは「テレビで紹介していた」というベトナムの「パクチーラーメン」

パクチーラーメン02
「パクチー嫌いの人でも食べられる」というキャッチフレーズだそうですが・・・ラーメン自体が日本のに比べるとやはり美味しくないですね


ssiimm at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月21日

観光通りで「びわフェスタ」&雑貨市

昨日は浜町で行われるという「はまんまちアーケード ロングマルシェ」というイベントに知人が出店するというので出かけてみました

ロングマルシェ01-2
ところが会場の観光通りアーケードに来てみると思った以上のお客さん(゜o゜)

ロングマルシェ01-3
今までいろんな雑貨市やマルシェに出かけたことがありますがこれほど人が集まっているのは初めて見ました
今回の主催者は以前「ブリックホール」でのイベントにも行ったことがある「ワイヤーママ」でしたがさすがに浜町の集客力はブリック以上ですね(^^;

ロングマルシェ01-4

ロングマルシェ01-5
とにかく人が多く写真もまともに撮れないほどです(^^;

びわフェスタ01-4
ところがアーケードの奥に行くとさらなる行列が(゜o゜)

びわフェスタ01
こちらは毎年行われている「びわフェスタ」という催しですが「びわ」を市場価格より2割引きほどで購入できるそうです・・とは言っても私はそれほど買いたいとは思いませんが(^^;

びわフェスタ01-2
別に試食を戴けるとかじゃなく純粋に「びわ」を買うために集まっているのでしょうね

びわフェスタ01-3
買うだけならこれほど並ぶことも無いとは思うのですが買った「びわ」を各地に送付する手続きに時間が掛かっているみたいです

ロングマルシェ02-2
雑貨市の会場に戻ってやっとみつけた知人のお店もお客さんが多くて忙しそうでした(^^;

ロングマルシェ03
さらにハマクロスの先では「西部ガス」のイベントも行われていました

ロングマルシェ03-2
こちらはさすがに混みあっていませんでしたね
「木工」のコーナーもあり子供連れのお客さんが楽しんでいたみたいです


ssiimm at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月07日

「DEJIMA博」に行ってきました

昨日は朝からちょっと不安定な空模様でしたが水辺の森公園周辺で行われている「DEJIMA(デジマ)博」に行ってきました・・・昨年までは秋に行われていましたが今回は5/4から5/7までのゴールデンウィークに開催です


デジマ博01-2
会場は「水辺の森公園」が中心ですが「出島ワーフ」「おくんち広場」、さらには先日もちょっと触れた出島近くの「日新ビル」でも行われます

デジマ博01-4
出島ワーフの三角広場には子供向けの「ビービーズランド」や「お仕事体験ブース」などがありましたが特に行列が出来ていたのがミニトレイン・・・何とこれは「JR九州」が運営するブースですから係員もすべて現役の鉄道マンがやっていました(゜o゜)

デジマ博02-2
メイン会場である「水辺の森公園」にやってきましたが遠くに見えるのは「オベーション・オブ・ザ・シーズ」という国際観光船ですがこのシリーズは相変わらず巨大ですね(^^;

デジマ博02-3
左手には何故か「大相撲」のブースがありましたが右手を見ると早くも行列・・・地元の情報番組でも紹介されていた「食べるハンバーグ」だそうです
デジマ博02-4
いろんなブースがありましたが取りあえず向かったのは「イベントステージ」・・・今までに何度か記事にしている「ベベンコビッチ」さんのお嬢さんである「HaiRi」ちゃんのライブが行われるのです

デジマ博02-5
彼女を前回見たのは昨年5月の「510(五島)の日」でしたが1年経つと驚くほど大人びていたのにはちょっとビックリ(゜o゜)
さらに「写真撮影禁止」されるくらいの存在になっているのにはさらにビックリ!

デジマ博02-6
ステージのスケジュールを見ると錚々たるメンバーに交じってのライブステージなんですね
相変わらずのきれいな声に迫力も加わってきたみたいでテレビで聞くCMソングもライブで聞くと素晴らしいものがあります
しばらく聞いていたのですが「画像」が無いと記事も書きにくいので「ひるじげグルメ祭り」会場に移ります

デジマ博03
長崎浜屋の催事でも長蛇の列が出来ていた「かねすえ」の「わらび餅」はここでも行列・・・甘いものが苦手な私には判りませんがそんなに美味しいのでしょうか?

デジマ博03-2

デジマ博03-3
美味しそうなお店が目白押しですが

デジマ博03-4
中でもインパクトがあったのはこの会場で「鮎の塩焼き」を作っていた「火処」という新潟から出店していたブース・・・地方の小さな炉端焼きのお店でもアイデア次第で「全国」にピックアップされるのですね

デジマ博03-6
手軽さもあってか「唐揚げ」のお店や

デジマ博03-8
焼き鳥のお店は何軒もありましたが

デジマ博03-7
その中でも試食を提供していたここの「炭火焼き鳥」は香ばしくて美味しかったですね(^^)

デジマ博04
長崎浜屋の駅弁大会にも出店していた「若廣」では「焼き鯖寿司」の試食を戴きました

デジマ博04-2

デジマ博04-6
テレビでよく紹介されるお店も来ています・・・特に「利久」は数日前の「ケンミンショー」でも取り上げられていましたね

デジマ博04-7
まだ午前中でいつ雨が降っても不思議じゃない天気でしたがお客さんが大勢集まっていました・・・この後天気が回復した午後にはかなり混みあったでしょうね

デジマ博05
スイーツのお店もたくさんありましたが興味が無いので写真を撮ったのはこの不思議な作り方をする「トルコアイス(?)」のみです(^^;

デジマ博05-2
全部回るつもりも無かったのですが一応スタンプラリーの台紙を貰いましたが・・・この用紙を持参すると「出島」に無料で入場できるみたいですね(^^)



ssiimm at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月05日

波佐見陶器まつり2017・・第二会場と「マルヒロ」

まだ5/2で波佐見にいます(^^;
今までには「波佐見陶器まつり」に行ったついでに「有田陶器市」「三川内はまぜん祭り」「新茶まつり」などに寄っていましたが今回は訪れたことが無い「波佐見陶器まつり第二会場」に行ってみることにしました・・・ついでに寄りたい所もありましたし(^^;

ポーセリンパーク01-2
第二会場にも駐車場はあるのですがもう一度駐車料金を払うのは馬鹿々々しいので今まで行こうと思ったことはありませんでした
でも有田にある「有田ポーセリンパーク」駐車場から第二会場のすぐ近くにある「マルヒロ」までシャトルバスが出ているらしいのです・・・そこで実に20数年ぶりに「ポーセリンパーク」にやってきました
前回はホテルに勤務していた頃で得意先の旅行会社から頼まれて添乗員のアルバイトとして訪れたのですが・・・当時日本各地で流行していたテーマパークの一つでしたがバブル崩壊とともに運営も成り立たなくなり一旦は閉鎖したのです

ポーセリンパーク01-3
それを「宗政酒造」という醸造元が購入して再開させたのですが現在は土産物販売所がメインみたいです・・・無論最初の写真に写っている「ツヴィンガー宮殿」は健在ですが(^^;

ポーセリンパーク02-2
いまだに広大な敷地で駐車場もめちゃくちゃ広く開催中の「有田陶器市」へのシャトルバスも運行しているそうです
ところが話を聞くと「マルヒロ」へのシャトルバスはこの図のさらに下にある駐車場から出ているそうなので移動しました

マルヒロ01
これが「マルヒロ」行きのシャトルバスです
約15分間隔で運行されているみたいでしたが驚いたことにほぼ満車・・・それも乗客はほとんどが若い女性(゜o゜)
「白山陶器」「ナチュラル69」と並んで波佐見焼の人気店とは以前から聞いていましたがこれほどお客さんが集まるとは想像以上です(セール開始直後は入場制限も行われたみたいです)

マルヒロ01-2
5分足らずで到着したのが

マルヒロ02
初めて訪れた「マルヒロ」です

マルヒロ02-1
何と敷地内に多くのショップが集まっていました

マルヒロ02-2
単一会社の催しだとは思えない規模で「ワークショップ」も行われています


マルヒロ02-3
「マルヒロ」で買い物をすると飲食代金が割り引かれるそうです(^^)

マルヒロ02-4
でもメインは「マルヒロ ガレージセール」です

マルヒロ02-5
店内の撮影は禁止だそうなので画像はこの商品紹介のポスターのみですが今回このお店に寄ってみたかった理由は右下にある「金子キセル」という磁器製のキセルなんです
本来の定価は5400円なのですが「A級品」扱いだと15%引きですし「B級品」だと2〜30%引きで購入できるかも・・・と期待して訪れたのですが残念ながら「会場に出していない」そうでした(T_T)
でもここの器も他では見ることが出来ないくらい独特でしたね、特に「金子キセル」の写真の隣にある「season5s」の「ソークカップ」は「4色のアースカラーは釉薬ではなく、焼き物の生地に染み渡る特殊な絵の具を使用することにより、石や紙のようなマットな風合いを生み出しています。また、鋳込み成形の技術を用い極限まで薄く成形することにより、驚くほどの軽さを実現。」しているそうですがとても焼き物だとは思えない薄さ+軽さでした

第二会場01
「マルヒロ」から徒歩で数分の場所にあるのが「波佐見陶器まつり」の第二会場です

第二会場01-2
でもこの会場の前には見渡しても横断歩道らしきものが全く無いんですね・・・私は「横断歩道が無い道路では自由に道を渡って大丈夫」と免許更新の時に聞いていたので堂々と横断しましたが、中にははるかかなたまで横断歩道を探しに行った人がいるかもしれません(^^;

第二会場02
この第二会場も規模はかなり小さいながらもテントの中で行われているんですね

第二会場02-2

第二会場02-3
まぁそれなりに楽しめたのですがわざわざこんな場所に「第二会場」を設ける必要があるのかがイマイチ理解できません・・・ひょっとすると「有田陶器市」を訪れた観光客に波佐見をアピールするのが狙いなのかな?

第二会場02-4
この場所は普段は高速バス利用者のための駐車場だそうです



ssiimm at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月04日

波佐見陶器まつり2017・・今年は「箸置き」

前の記事の続きでいよいよメイン会場の「やきもの公園」です


波佐見01
今年は晴天じゃありませんでしたが暑くは無く歩いて見て回るのにはいい具合の天候でした

波佐見01-2
会場に入って数軒目くらいにあるのが昨年大行列が出来ていた「natural69(ナチュラル69)」・・・この日は行列は出来ていませんでしたが相変わらずの人気です(^^)

波佐見01-3
ホント平日だというのに多くのお客さんが集まっています

波佐見01-4
「Fysm Color」や「tomofac」など何と読むのか判らないお店も多くのお客さんで賑わっていました

波佐見02
やきもの公園名物のテントに入りました

波佐見02-2
何気に見かけた「箸置き」ならぬ「スプーン置き」ですがこれは女房が気に入って購入しました・・・でも何だか見覚えがあるデザインですね

波佐見02-3
やはり「皿山器替えまつり」で毎年寄っている「アイユー」でした(^^;

波佐見02-4
テント内は各ブース趣向を凝らした展示を行っているので見て回るだけで楽しいですね

波佐見02-5
「箸置き」をこんな具合に展示していますし

波佐見02-6
マグカップの展示にも一工夫(^^)

波佐見03
テントの外にある広場にやってきましたがここには「彼杵茶」など地元特産品のブースが多く並んでいますが「窯元」もいろいろあります

波佐見03-2
そんな中「HSOCA~陶魂」という読み方が判らないお店で見かけた箸置きはこの日の最安値50円でした(^^;

波佐見03-3
「アトリエ やま」というお店の「白磁のどうぶつえん」も目を引きましたね

波佐見03-4
ずっと以前から波佐見陶器まつり会場に「うどん屋」を出している「東彼商工会波佐見支部(かな?)」ですがお店の名前を「七日間食堂」としていました・・・客数アップにつながるかどうかは判りませんがいいネーミングだと思います(^^♪

この後再びテント内のお店を見て回りましたがそこでの「箸置き」の数々です

波佐見03-7
手が込んでいますね・・・ちょっと高いですが(^^;

波佐見035
これは「箸とスプーン」が同時に置けるんですね・・・女房が気に入り購入していました

箸置き01-2
これは特にきれいでしたね(^^)

箸置き01-5
1個200円というのが高いのか安いのか全く判りませんが一番多い価格帯みたいでした

「マツコの知らない世界」を見て積極的に箸置きを使うようになったのは今年の2月からですが、それまでほとんど関心を持っていませんでした・・・ですから陶器まつり会場でこれほど販売されているのに全く気づきませんでした(^^;

まだまだ「波佐見陶器まつり」の記事は続きますが次は「マルヒロ」です


ssiimm at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: