長崎の祭りと行事

2020年04月30日

稲佐山から唐八景の「準提観音まつり」

昨日の4/29は休みでした・・・例年だと「波佐見陶器まつり」に行くのですが今年は「新型コロナウィルス」騒動のせいで中止になったのでどうしましょう?

稲佐山01
取りあえず自宅から近い「稲佐山中腹公園」に「ツツジ」を見にやってきました

稲佐山01-2
「ツツジ」もですが「藤」もいい感じで咲いていますね

稲佐山01-3
そういえば私の両親の出身地福岡の八女にある天然記念物「黒木の大藤」は観光客が押し寄せるのを防ぐために花を伐採したというニュースもありましたね・・・ここのは比べ物にならないくらいこじんまりしているので大丈夫ですが(^^;

稲佐山01-4
児童公園も普通に解放されていて親子連れが楽しんでいますがそれほど多くないので娘に孫を連れて遊びに来ることを勧めましょうか

稲佐山01-5
道向こうの「ツツジ」もいい感じで満開になっています(^^)

唐八景00
稲佐山から市内を縦断して「唐八景」にやってきました

準提観音01
この「唐八景公園」の手前には以前何度か書いたことがある「長崎西国三十三ヶ所霊場」の第6番札所である「準提観音」というお堂があるのです

準提観音01-1
こちらが「準提観音由来記」ですが下に「例祭 4月28日・29日」とありますね

準提観音01-2
だいたい2年に1度くらいの割合で訪れていますがこの日はその例祭である「準提観音まつり」が行われる日なんです・・・「波佐見陶器まつり」や「長崎帆船まつり」など県外からも多くの見物客が集まる大型イベントは軒並み中止になりましたがこのまつりは例年通り開催されていました

準提観音01-3
それというのも「まつり」とは言っても「観音堂」の前に陣取った保存会のお年寄りたちが参拝に訪れた人に記念品を渡すだけの些細な催しだからでしょう(^^;・・・でも「まつり」と名が付く催しがこの時期開催されているのはここだけじゃないのかな?

準提観音01-4
以前は「タケノコご飯」を頂いたこともありましたが会員の高齢化と「イノシシ」被害のせいで最近はお菓子のみ戴いています・・・規模は縮小されてもこの「まつり」は続けて欲しいですね

唐八景01
ちょっと「唐八景公園」に上がってみましたがここの「ツツジ」もきれいですね

唐八景01-2
でも駐車場は満車(゜o゜)

唐八景01-3

唐八景01-4
ですから車の中から撮影した画像ですが稲佐山以上にお客さんが集まる場所だとは知りませんでした(^^;


ssiimm at 09:03|Permalinkclip!

2020年02月10日

長崎ランタンフェスティバル2020・・グラバー園で「変面」

「長崎ランタンフェスティバル2020」も昨日で終了しましたが一昨日に「三匹の子ぶた」でランチを食べた後グラバー園に行ってみました

グラバー園00
グラバー園に行く時には30分50円で車を停めることが出来る「松が枝国際ターミナル」の駐車場を利用するのですがここは「国際観光船」が入港している時は使えないんですよね・・・最近は「新型コロナウィルス」の影響で観光船が激減しているからこの日も大丈夫だろうと思ったら何と「コスタセレーナ」という大型客船が入港していました(>_<)

グラバー園00-2
あきらめつつも駐車場近くに行くと何と「空車」になっていました(゜o゜)
不思議に思いつつちょっとターミナルを見に行くと上陸手続きをしている観光客が少ないこと!・・・多分中国から乗船しようとしたお客さんはいなくてもそれ以外の国の人たちが乗っていたのでしょうか

グラバー園01
先日の「節分」の時に通ったばかりの坂道を上がりましたがやはり昼間は観光客が多いですね(^^;

グラバー園01-2
最近は年に1度くらいの割合で訪れている「グラバー園」ですが前回来たのは2017年11月に「光の庭園」を見に来て以来ですから約2年ぶりです

グラバー園01-4
この日訪れた目的は「ランタンフェスティバル」の企画の一環で行われる「変面ショー」を見ようと思ったからです・・・無論「孔子廟」所属のアマチュア変面師が演じるのでしょうが(^^;

グラバー園01-1
気軽にグラバー園に来ることが出来るのは長崎市が60歳以上の市民に発行している「高齢者いきいきカード」を持っているからです(^^;

グラバー園01-5
「動く歩道」の途中から見る長崎市の風景はたしかに「異国情緒」がありますね(^^)

グラバー園01-6
「旧三菱第2ドッグハウス」では「長崎フォトフェスティバル2019」の写真の展示が行われていましたが結構面白い構図の写真がありました

グラバー園01-7
「旧リンガー邸」ではずっと「喜波貞子の生涯展」を開催していると思っていましたが現在は「グラバー特設展」というのを開催していました

グラバー園02
一番のメイン施設である「旧グラバー邸」は「耐震工事」が行われているそうです

グラバー園02-2
私みたいに何度も訪れている人にとっては全く問題ありませんが初めてここを訪れた人はかなりガッカリするでしょうね・・・やはりその分入園料の値下げを行ったらいいと思いますが

グラバー園02-3
グラバー園の出口近くにある「長崎伝統芸能館」で「変面ショー」は行われるそうです

グラバー園02-4
ちょっと早めに来たので前の方に座れたのですが開始直前には結構立見のお客さんも多くいました・・・そんな中いよいよ変面が始まりました

グラバー園02-5
演じるのはやはり「孔子廟」の「京介」さんという現役大学生だそうです
若者らしく大きな体をしていますがまだまだ動きが小さいですね・・・一応「動画」も撮ってみましたがまだ「変面」を始めて数か月だそうですから経験を重ねると良くなるでしょう

グラバー園02-6
衣裳に合わせた「虎」のマスクと動作も演じていました(^^)

グラバー園02-7
マスクを外すと思った以上の「イケメン」で女房は「パフォーメンスはイマイチだけど可愛いから」と気に入ったみたいです(^^;


ssiimm at 09:13|Permalinkclip!

2020年02月08日

長崎の節分2020・・大浦諏訪神社&いろいろ

長々と書いてきた2/3の記事もこれが最後です(^^;

大浦諏訪神社01
大浦天主堂に続く坂道を上がりましたがこの時間には人通りもかなり少なくなっていますね

大浦諏訪神社01-2
大浦天主堂の手前の路地を少し歩くと目的地である「大浦諏訪神社」があります・・・ちなみにこの場所は「大浦天主堂」「大浦諏訪神社」「妙行寺」という教会・神社・寺・のトライアングル上にあたり「祈りの三角ゾーン」と呼ばれているとか(^^;

大浦諏訪神社01-3
この神社の「節分祭」に参加するのは今回で3度目ですがこの場所から「豆撒き」をするので場所はあまり関係ないんですよね

大浦諏訪神社01-4
「豆撒き」の景品を提供しているお店などが紹介されていましたがお馴染みの「冨永商店」の名前もありました(^^)

大浦諏訪神社01-5
撒く豆の量も多いのですが参加者も驚くほどの人数なので「豆」は結構ゲットできましたが今回も「当たり」はありませんでした(^^;

大浦諏訪神社01-6
「豆撒き」が終わると女房はこの日5杯目の「ぜんざい」ですがやはり人数が多いので「紙コップ」ですね

大浦諏訪神社01-7
その間私は拝殿まで上がり参拝しましたが

大浦諏訪神社01-8
拝殿前から下を見るといまだに大勢の人・・・この後に行われる3回目の豆撒きを待っているのでしょうか?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これからは節分を回っている途中で見かけたいろいろです

ランタン・銅座川
「梅香崎神社」から見た「銅座川」にかかるピンクのランタンですが驚くほどきれいでした(゜o゜)

玉泉神社01
「玉泉神社」に向かう途中にあるコインパーキングは1年前に気が付いたのですがその時は40分100円だったのが30分100円になっていました(>_<)

玉泉神社02
その近くにあったランチの案内ですが「れすとらん 沙月」というのは初めて目にしましたがどこにあるのでしょうか?

玉泉神社02-2
と思ったらその奥にありました(^^;
見た感じに比べると結構リーズナブルなので「ランチパスポート」が終わったら利用してみましょうか

丸山公園
丸山公園横のビルにあった「わかたけ」跡にオープンした「居酒屋 ふくえ」の存在に気が付いたのは昨年の11月でしたが・・・何と閉店していました(゜o゜)

新地01
「イオン銅座店」の跡にオープン予定の「カンデオホテルズ長崎新地中華街」も昨年の11月の記事で書きましたが

新地01-2
その1階に「ココカラファイン」がオープンするそうです(゜o゜)

浜町01
浜町アーケードにあった「カフェ・ベローチェ長崎浜町店」が閉店したそうですが・・・リニューアルオープンするのかな?

浜町01-2
その先にオープンした「ラーメン亭 長崎」という「まるよしチェーン」のお店は「立ち食いコーナー」なるものがあるんですね・・・でも浜町まで行って「立ち食い」ねぇ

手引ラムネ
諏訪神社のお馴染み「月見茶屋」で見かけた「手引ラムネ」という商品は初めて目にしたと思いますが・・・何と「長崎しにせ会」にも入っている「吉田勝吉商店」が製造している歴史ある「ラムネ」なんですね
私はもう50年以上ラムネを飲んだことがありませんから全く知りませんでした(^^;

節分00-5
結局今年の「豆撒き」でゲットしたのはこれだけです・・・圧倒的に「長崎奉行所」のが多いのですがこれがあるから他の神社の豆撒きに参加しなくても大丈夫なんです(^^;


ssiimm at 08:58|Permalinkclip!

2020年02月07日

長崎の節分2020・・梅園天満宮で「祝い餅つき」

まだ2/3の節分会場にいます(^^;
今回「諏訪神社」の節分祭をパスして丸山五社に来たのは「玉泉神社」に行きたかったのもありましたが久しぶりに「梅園天満宮」での「かわち家」さんのパフォーマンスである「祝い餅つき」も見たかったのです

梅園天満宮01
丸山五社の中ではやはり「梅園天満宮」は人気でまだ6時過ぎだというのに参拝客も大勢集まっていました・・・この「梅園天満宮」での節分祭は「丸山町自治会」主催でこの後6時30分から「祝い餅つき」が行われその「餅」を使った「ぜんざい」は午後7時から配られますし午後7時半からは3回に分けて「豆撒き」も行われるのです

梅園天満宮01-2
目的の一つがこの神社の名物である「梅酒」もあるみたいで紙コップに注いだのが次々に無くなっていましたね

梅園天満宮01-1
当然私も戴きました(^^)

梅園天満宮01-3
年によって開花に差がある「梅」ですが今年はいいタイミングで花を着けていました

梅園天満宮01-4
午後6時30分になると予定通り「チンドン屋」の「かわち家」の登場です・・・調べてみるとこの神社で見るのは7年ぶりになるんですね(^^;

梅園天満宮01-5

梅園天満宮01-6
かなりハイテンションでパフォーマンスが始まりましたがやはりここに集まっている多くのお客さんはこの「祝い餅つき」を目的に来ているのでしょうから反応も良かったですね・・・いつぞや「チトセピア」の正月イベントでやった時とは大違いです(^^)


一応動画も撮ってみました

梅園天満宮01-7
この後は丸山町自治会長でもある「山口広助」さんなど地元の役員や子供たちも招き入れてのパフォーマンスを行い

梅園天満宮01-8
午後7時前に終了しました
この後は「ぜんざい」の配布ですが並んでいる人がかなり多いし女房は「ここのぜんざいは紙コップだし豆も少ない」というのでパスしました

大崎神社01
次に向かったのは「丸山五社」の最後である「大崎神社」ですがここでは「本石灰町」自治会主催の節分が行われるのです

大崎神社01-3
到着した時はちょうど2回目くらいの「豆撒き」が始まるところでしたがこの神社では私も年男だったときに拝殿に上がって豆撒きをしたことがありますね(^^;

大崎神社01-4
女房はこの日4杯目の「ぜんざい」です・・・「やはりお椀で出してくれるのがいいけどちょっと甘すぎ」だそうです(^^;

大崎神社01-5
境内では当然「鬼火焚き」が行われていましたが

大崎神社01-6
毎年その炭を使って「餅」を焼いているのです・・・私は今年も「餅」だけ戴きましたが

大崎神社01-7
何と「醤油」のサービス付きでした(^^♪

丸山五社の節分祭は終わりましたが2/3の記事はもう1回続きます(^^;

ssiimm at 09:20|Permalinkclip!

2020年02月05日

長崎の節分2020・・玉泉神社・楠神社・梅香崎神社

まだ2/3は始まったばかりです(^^;
「長崎歴史文化博物館」での「奉行所節分」に参加した後は「諏訪神社」の節分祭をパスして「丸山五社」に向かいました・・・ちなみに「丸山五社」とは私が便宜上使っているだけで正式な呼称じゃありません(^^;

玉泉神社01-2
目的の一つが「丸山五社」の中で唯一「節分祭」に参加したことが無い「玉泉神社」に行くことでした・・・ここは「寄合町自治会」主催で行われるのですが近くにコインパーキングが無いし坂道を上がらなくちゃいけないので行きにくいんですよね
過去に一度寄ったことがあるのですが終了していたので今回は開始直後に行こうと思っていたのです

玉泉神社01-4
こちらが「玉泉神社」の拝殿ですが

玉泉神社01-5
参拝すると「福豆」を戴きました(^^)

玉泉神社01-6
何と「御神酒」と「スルメ&昆布」も用意されていました(゜o゜)

玉泉神社01-7
女房は当然「ぜんざい」を戴きましたが「小豆がたくさん入っていて美味しかった」そうです

玉泉神社01-8
狭い境内ですが「梅」も数本ありいい感じで咲き始めていましたね

玉泉神社01-9
長崎の「節分」には「鬼火焚き」が欠かせませんがここでも行っていましたから女房の「交通安全」のお守りを代りに投じてあげました(^^;
この後午後7時からは「豆撒き」も行われるそうですがそれはパス・・・でもアットホームな感じで雰囲気がかなり良かったので女房も「来年も来たいわね」と気に入ったみたいです

楠神社01-2
続いて訪れたのは毎年恒例の「楠神社」ですがまだちょっと早かったみたいで「ぜんざい」は準備中でした

楠神社01
この神社の御神体は長崎市の文化財にも指定されている「大徳寺のオオクス」ですがここでは「船大工町」主催の「節分祭」会場になるのです

楠神社01-3
参拝すると「福豆」を戴きましたが「ぜんざい」が出来た頃に再び訪れることにして

梅香崎天満宮01
すぐそばにある「梅香崎天満宮(梅香崎神社)」にやってきました

梅香崎天満宮01-2
ここでも最初に参拝しましたが拝殿内を見たのは初めてかもしれませんね

梅香崎天満宮01-3
女房はこの日2杯目の「ぜんざい」を戴いていましたが「玉泉神社のも美味しかったけどやっぱりここのぜんざいが一番美味しい」そうです(^^)

梅香崎天満宮01-4
私はいつもの年同様に「餅」だけを戴きました(^^)

梅香崎天満宮01-5
ここの「節分祭」は「籠町自治会」主催ですから「ぜんざい」を配っている建物は「籠町自治会会館」なんです・・・ですから中を見ると「龍」が保管されています(^^;

梅香崎天満宮01-6
以前はこの「鬼火焚き」の火を利用して竹筒で燗をしたお酒を振舞っていたのですが(^^;

楠神社01-4
こちらは再び寄った船大工町主催の「節分祭」が行われている「楠神社」ですがここでも「鬼火焚き」が始まっていました

楠神社02
「楠神社」の横の階段を上がると祠らしきものがありましたがこれは「境内社」なのかな?

楠神社02-2
女房はこの日3杯目の「ぜんざい」を戴いていましたが「ここのも美味しい(^^♪」そうで「やはり小さな神社で戴くぜんざいはお椀なのがいい」ですって(^^)

楠神社02-3
私は例年通りお茶と沢庵を戴きました(^^;


ssiimm at 09:04|Permalinkclip!

2020年02月04日

長崎の節分2020・・「れきぶん」で「奉行所節分」

昨年は雨が降ったので「節分廻り」は断念しましたが今年はまぁまぁの天候だったのであちこちの節分会場を回ってきました・・・今年も2月3日の記事がしばらく続くことになるでしょうね(^^;

諏訪神社01
車を停めるために諏訪神社にやってきたのはまだ午後4時過ぎです
ここでの「節分祭」は午後6時からですし市内で一番早く「豆撒き」を行うすぐ近くの「長崎歴史文化博物館」ですら4時45分からのスタートなんですが・・・早く来ないと駐車場が満車になっちゃうのです(^^;

諏訪神社01-2
諏訪神社では豆撒きを行うステージの準備も整っていました

諏訪神社01-3
取りあえずは拝殿に参拝して

諏訪神社01-4
隣にあった案内板を見るとやはり「豆撒き」は午後6時半から合計4回行われる予定ですし一番の楽しみである銀屋町の「鯱太鼓」も行われるみたいですね
それでも先ずは例年通りに「長崎歴史文化博物館」で行われる「奉行所の節分」に向かうことにしました

諏訪神社01-5
諏訪神社の隣にある「長崎公園」の坂の途中にある切株は気を付けて見ないと気が付かないでしょうね・・・実はここには数年前まで長崎市の天然記念物に指定されていた「トックリノキ」というオーストラリア原産の高木があったのですが寒さのために枯死してしまったのです

諏訪神社01-6
公園の案内板にはまだ残っていますが(^^;

歴史文化博物館01
「長崎歴史文化博物館(れきぶん)」にやってきましたがこの「奉行所前広場」で「豆撒き」が行われるのです・・・まだ開始までは20分くらいあるのでお客さんもチラホラでした

歴史文化博物館01-2
こちらが「奉行所節分」の案内です
他の神社などでは数回に分けて豆を撒くのが多いのですがここは職員の勤務時間の関係だとは思いますが撒くのは1度だけなんです・・・でもその分大量に撒きますし参加者もさほど多くないので「豆」をゲットするのはとても楽なんです(^^)

歴史文化博物館01-4
開始10分前くらいになると続々と家族連れを中心に集まり始めて

歴史文化博物館01-5
開始直前には人だかり・・・でも他の会場に比べると少ないですが

歴史文化博物館01-6
「豆撒き」が始まると写真を撮っている暇もありませんし人にぶつかるので画像もぼけてしまいます(^^;

歴史文化博物館01-7
結局夫婦でこれくらい獲得できましたから他の会場ではそれほど必死にならなくても大丈夫でしょう・・・でも残念ながら数年前にゲットした「当たり」はありませんでした

歴史文化博物館02
諏訪神社に戻るとステージに「鯱太鼓」の準備も整っていました・・・でも今年は別の会場に行きたかったので見物はパスすることにしました

歴史文化博物館02-2
広場では「鬼火焚き(火焼神事)」が始まっていましたがちゃんと消防車も待機しています(^^;


ssiimm at 09:24|Permalinkclip!

2020年02月03日

長崎ランタンフェスティバル2020・・興福寺で姜鵬さんの変面

この日は昼間大村から諫早を回ったのですが夕方からは長崎の「興福寺」で行われる「姜鵬」さんの「変面」を見る予定でした・・・国道34号線が思ったより混んでいたので多良見から芒塚まで「高速」に乗りましたがこれが正解でしたね

興福寺00
車は1時間100円のパーキングに停めることが出来たのもラッキーでした(^^)

興福寺01
「興福寺」にやってきましたが

興福寺01-2
最近はここで「変面」の第一人者である「姜鵬さん」のステージが開催されるのです

興福寺01-3
「日本でただ1人 本物の変面王」だそうです・・・たしかに唯一のプロの「変面士」でしょうが(^^;

興福寺01-4
興福寺に到着したのは開始時間より1時間以上前でしたが思ったよりお客さんは多く空いている椅子は2脚だけでした・・・つまり私たちより遅く来た人たちは立ったままで開始時間を待つことになったのです

興福寺01-5
庭の片隅に置かれていたのは二日後の「節分」で「お焚き上げ」で使われる薪でしょうね

興福寺01-6
「変面」が始まる前に先ずは参拝しましたが・・・私の後に続々と参拝する人が来たのは皆さん忘れていたのかな(^^;

興福寺01-7
「変面」が始まる前に恒例の「興福寺」のご住職による説明が行われましたが相変わらず軽妙なトークで面白かったですね(^^)

興福寺01-8
この中庭にある「吹き流し」が「唐人船」の目印だということも初めて知りました

興福寺02
時間になるといよいよ「姜鵬さん」が登場して「変面」のスタートです

興福寺02-2

興福寺02-3
ランタンフェスティバル期間中は「中国雑技」でも行われていますし「孔子廟」ではアマチュアによる公演も毎日行われていますがやはり「プロ」である「姜鵬さん」の演技はランクが違います・・・若くして「変面王」という呼び名を取得しただけのことはありますね

興福寺02-4
画像だけでは判らないでしょうから一応「動画」も撮りましたがいかんせん周囲は暗いですしスポットライトの位置もおかしいのでまともには撮影できませんでした(^^;

興福寺02-5
普通の「変面ショー」に比べると上演時間が長いので王道の「マスクチェンジ」の曲に加えて新しい曲も使っていましたがどうなのかな?

興福寺02-6
最後に素顔を出した後に再び「変面」を装着するのが他の「変面」では見られないとの紹介でしたが・・・私はずっと以前の「中国雑技」で見たことがありますね(^^;


ssiimm at 09:26|Permalinkclip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: