長崎の食

2015年05月30日

波佐見町・水谷製麺の「長崎焼きそば」

先日諫早市有喜にある「なかよし村」で見かけたのが波佐見町にある「水谷製麺所」の焼きそばですが、この後行った「がんばランド」にもありましたから「エレナ」では普通に販売しているのかもしれませんね

なかよし村02-6
こちらが「なかよし村」の売り場で

がんばランド02-4
これは「がんばランド」の売り場ですが、何故か「なかよし村」がちょっと安かったですね(^^)

焼きそば01
これが「なかよし村」で購入した「長崎焼そば」ですが、考えてみるとこんな具合に販売している「長崎焼きそば」というのはあまり見ることがありませんね・・・名古屋あたりのメーカーの「焼きそば」はよく目にしますが長崎で自宅で焼きそばを作る場合は「焼きそば」を買わずに「ちゃんぽん麺」を買って焼きそばにする家庭が多いのでしょうか
新地付近の「瑞泰號製麺所」や「三栄製麺」はともかくとして「下町食品」や「五島製麺」では販売していないのが不思議なくらいです

焼きそば02
さっそく作ってみることにしましたが「唐あく使用」と書いているだけあって麺の質感が全国チェーンの「焼きそば麺」とはかなり違いますね
一緒に入れるのは豚肉&各種野菜のほかに一夜干しのイカとかんぼこ・・・これは必需品です(^^;

焼きそば02-2
「焼きそばソース」が同封されていましたが「長崎創作麺工房」の文字が・・・調べるとこれも「水谷製麺所」オリジナルみたいです

焼きそば02-3
「後片付けが大変」という理由で女房から嫌われている重いホットプレートを使って「焼きそば」を作りましたがやはり美味しいですね・・・ですから焼きそばはお店で食べるより自宅で作る機会が多くなります

(以前も書きましたが)日本各地に「ご当地焼きそば」がありその中のいくつかは「B級グルメ選手権」でも評判になりましたが私が思うには長崎の焼きそばより美味しいのは多分無いと思います・・・中に入る具材や作り方はともかく「麺」の美味しさが全然違いますもの(無論実際にご当地で食べたことがあるのは「富士宮焼きそば」くらいしかありませんが(^^;)

とは言っても長崎以外では「唐あく」使用の焼きそばなどまず食べることができないでしょうから「他県民」には信じられない話でしょうね・・・こんなものを食べるときは長崎に住んでいることの幸せを感じてしまいます(^^♪

でも長崎に住んでいながら福岡産のちゃんぽん麺を買ったり「三食入り焼きそば」を買ったりしている人も多いのは事実でしょうから、これはかなり損をしていると思いますね・・・いくらスーパーで安く販売しているとはいっても日本中で一番美味しい麺(あくまで私の感想ですが(^^;)を食べ損ねているのですから
嘘だと思ったらこの水谷製麺の「長崎焼きそば」や市内各所にある製麺所で「ちゃんぽん麺」を購入して焼きそばを作ってみるといいと思います・・・イカとかんぼこもお忘れなく(^^;


ssiimm at 09:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年05月16日

おくんち広場で「ながさき 食の遊宴地2015」

今年で4回目になると思いますが夢彩都横の「おくんち広場」で5/16・17の二日間開催される「ながさき 食の遊宴地2015」に行ってきました

食の遊宴地01-5
昨年より早く会場に入ったのですが結構お客さんが集まっていましたね・・・回数を重ねるごとに認知度が上がってきたのでしょうか

食の遊宴地01-3
まだステージイベントは始まっていないのに観客席には大勢のお客さん・・・「カステラ早食いコンテスト」(昨年から「カステラ早食い世界選手権」になったのでした(^^;)を待っているのかな?

食の遊宴地01-2
イベントスケジュールを確認してもまだ最初の「日見幼稚園」も出演していませんが(^^;
「南野やじ お笑いライブ」というのが予定されていますがこの芸人さんはずっと以前にテレビで見たことがありますね・・・司会の人の話を聞くまでは長崎出身ということを知りませんでしたし、現在「FM諫早」で番組を持っているというのも初めて知りました

食の遊宴地01-1
こちらが今年の「ながさき 食の遊宴地」への出店ブースですが毎年少しづつ変わってきていますね、何より「ラーメン店」が少なくなっています

食の遊宴地02
この「出島ポテトフリット」というのを販売する「太陽野菜」という会社は初めて目にしましたね・・・HPを見ると「おまけつき」があるそうですがまだオープン前でした

食の遊宴地04
以前は「とうふ蒲鉾」などを県産品フェアなどで販売していた「本多蒲鉾」も最近はこの「たこ野郎」シリーズをVファーン長崎の試合会場などで販売していますね・・・でも数年前までは6個入り350円だったのが500円になっていました

食の遊宴地02-3
見たことが無いのがあったので「1個だけだといくら?」と聞いたのですが対応できませんでした(^^;

食の遊宴地04-4
この「ビクトリーチキン」や

食の遊宴地04-3
「ビッグママ」も諫早競技場や各地のイベントではよく見かけますが長崎市内中心部ではあまり認知度も高くないのじゃないのかな

食の遊宴地04-2
こちらは住吉の「浦上そぼろ」ですが新たに「浦上そぼろライスバーガー」というのを販売していました

食の遊宴地02-4
「鯵サンド・鯖サンド」という不思議なもの(失礼m(__)m)を販売していたのは「高浜アイランド」という聞いたことが無いブースでしたが女房は知っていました

食の遊宴地02-4-2
高浜海水浴場がリニューアルした時にオープンした施設だそうで「ノモンズカフェ」というお店を出しているそうです・・・秋の「高浜くんち」の時にでも行ってみましょうかね(^^)

食の遊宴地02-5
「ドラゴンうどん」とは初めて目にしましたが隣にある「大波止ターミナル」の「南蛮亭」がやっているお店だそうです
その手前でフレンチオーストを販売しているお店は「lugo」と思ったらどうやら「IUGO(ユゴー)」・・・昨年の「宵酔いまつり はしご酒ラリー」で訪れたお店みたいですがフレンチトーストねぇ

食の遊宴地02-6
女房のお気に入りは「井上鯨肉店」のクジラスティックカツですがあまり他のイベント会場では見かけませんよね

食の遊宴地02-7
私は明治屋のスパイシーウィンナーというのを1本のみ戴きましたがビールが欲しくなりますね(^^;

食の遊宴地03
今回も「小林甚製麺」は試食販売のみでした・・・新商品らしき「冷やし中華」があったので女房が今回も購入していました

食の遊宴地03-2
会場の入り口近くでは「カステラ早食い選手権」の受付ブースがありましたが私たちが来た時にはすでにいっぱいになっていましたから人気のイベントなんですね(^^)


ssiimm at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月14日

「ケンミンショー」で「バッテラ」の話題

今日の「ケンミンショー」では大阪の「バッテラ」の話題でしたね・・・大阪の人たちの「バッテラ」に関する思い入れはホント驚きますしスーパーでの品揃えにも感心しました

解説に出てきた人の話でもありましたし、ネットで検索しても「バッテラ」の発祥は大阪となっていますね・・・番組ではお店の名前までは出さずに「明治20年ごろ大阪の寿司屋」としか言いませんでしたが一般的には「「大阪の鮓常(すしつね)」という寿司店が明治26年(1893年)に最初はコノシロで売り出した」というのが定説になっています

でも長崎文献者の以前の代表であった嘉村國男さんの著作(多分「長崎ことはじめ」)によると「「文久2年(1862年)に玉川亭という料亭の2代目主人藤井静治という人がフナ鮨からヒントを得て考案した」そうです・・・年代的に70年ほどの開きがありますし「バッテラ」の語源がポルトガル語ということを考えれば十分ありそうな話ですね
熊本名物の「太平燕」と同様に長崎から大阪に伝わったのかもしれません・・・ですから大阪ほどじゃありませんが長崎でも多くの飲食店に置いているくらい一般的なメニューなんでしょう(^^)

女房は「吉宗(よっそう)」に行っても茶碗蒸しよりバッテラを頼むことが多いそうです



ssiimm at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年12月26日

杉永蒲鉾の「長崎おでん試食会」も3回目^^;

ここ数年は年末になると稲佐橋を通るたびに「杉永蒲鉾」の年末大売出しが始まっていないか気になりますね、それというのもこの大売出しの期間中は店頭で「長崎おでん」の無料試食会を開催しているのです
女房の話では今年はテレビで紹介していたそうなので早速行ってみました

杉永01-1
杉永蒲鉾にやってきました・・・「年末大売出し」をやっている時は表にある駐車場が閉鎖されているのが目印です
ここ以外にも店の裏手にも駐車場があるので車で行っても大丈夫です

杉永01-2
店頭に置かれたベンチには多くの人が座っていますが

杉永01-4
その人たちはこの「長崎おでん」の無料試食を戴いているのです(^^)

杉永01-5
「何を入れましょうか?」と聞いてくれるので頼めばいろんな種類のおでんを食べる事ができるのかもしれませんね

杉永01-6
私が戴いたのはこちらです・・・やはり蒲鉾屋だから練物が多く野菜は大根くらいしかありませんがさすがに美味しいですね(^^)

杉永02
試食を済ませたらやはり店内を見て回ります

杉永02-2
ここでは各コーナーに蒲鉾の試食が普段から置いているのでこれを食べるだけでも結構お腹が膨れます(^^)

杉永02-3
最近気にいっているのがこの「ベーコン巻」「サーモン巻」という商品です
それと必ず購入するのが「からし蓮根」・・・「杉永蒲鉾」のからし蓮根は結構美味しいのです

杉永02-5
このほかにもさすがに工場直営店だけあっていろんな商品が揃っています

杉永03
ちなみにこの「長崎おでん試食会」は「年末大売出し」期間の12/29まで行われるみたいですから一度足を運んでみてはいかがでしょう・・・別に試食を食べたからといって買い物をしなくちゃいけないということもありませんから^^;

杉永03-2
「からし蓮根」やら「ベーコン巻」や「竜眼」などいろいろ購入してレジに行くと思ったより安い金額・・・どうしてかと思ったら女房が何気にカゴに入れたこの「ドーナツ」もサービス品でした^^;


ssiimm at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月23日

「ケンミンショー」で紹介していた「沖縄天ぷら」

今日の「秘密のケンミンショー」で紹介していた「沖縄の天ぷら」は見た目が「長崎天ぷら」に似ているなぁと思ったらやはり衣に味が付いているんですね

Wikipediaでも「16世紀には、南蛮料理を祖とする「長崎天ぷら」が誕生している。これは衣に砂糖、塩、酒を加えラードで揚げるもので、味の強い衣であるため何もつけずに食するものであった。これが17世紀に関西に渡り、野菜を中心としたタネをラードに代わりごま油などの植物油で揚げる「つけ揚げ」に発展する」と紹介されているように日本の天ぷらのルーツと言われる「長崎天ぷら」ですが沖縄てんぷらは独自のルーツがあるみたいですね・・・衣に付けている味も長崎では塩と砂糖ですが沖縄では塩だけみたいですし

どちらにしろ基本的に天つゆなどをつけずにそのまま食べるのは一緒みたいですし冷めても美味しいのも同様ですね(^^)

違いといえば沖縄てんぷらはファストフード感覚であちこちで気軽に食べることができるのに対し「長崎天ぷら」は天ぷら専門店や「卓袱料理」でしか食べることができない点ですね・・・長崎でも「豚まん屋」みたいにあちこちでお手頃価格で提供すればいいのに

長崎市民でも「長崎天ぷら」を口にしたことが無い人は結構いるのじゃないでしょうか・・・私はずっと以前にホテルに勤務していた頃には従業員食堂でしょっちゅう食べていましたしそれを真似て自宅でも良く作ってもらっていますが^^;

自宅で作ってみようかなと思った人にはこちらにレシピがあります

ssiimm at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月10日

チョーコー醤油の「金蝶ソース」

醤油ほどではないでしょうがソースにおいても日本中に「ご当地ソース」があるみたいですね・・・長崎市においては醤油は「チョーコー醤油」でありソースは「金蝶ソース」になります

現在は「金蝶ソース」も「チョーコー醤油 大村工場」で作られているのですが私が子供のころは独立した会社でした・・・ちなみに「チョーコー醤油」も以前は「長工醤油」といって八千代町(住所は西坂町かな?)に本社・工場があり小学生の頃には工場見学に行ったことがありますね

子供の頃には近くの駄菓子屋で食べていた「お好み焼き」「たこ焼き」「焼きそば」から出前で取っていた皿うどんまでこの金蝶ソースでした・・・ただし以前は一升瓶しかなくしかも販売しているお店も限られていたので簡単には買えませんでしたから子供の頃に自宅では全国チェーンのソースを使っていましたね


金蝶ソース01
これが「金蝶ソース」ですが現在は地場のスーパーや業務用スーパーなどでこの320mlボトルも販売していますから楽に買えるようになりました(^^)

金蝶ソース01-2
裏を見ると原材料のトップに「醸造酢」とありますが確かに酸味を感じます

金蝶ソース02
一方で一般的な全国シェアのソースの場合は

金蝶ソース02-2
「野菜・果実」とあるのが一番の違いでしょうか・・・とはいっても比率の違いは判りませんが^^;

金蝶ソース03-2-2
5〜6年前の「樂」という長崎の雑誌で取り上げられたことがありますがこの記事によると「金蝶ソース」誕生に関する資料は全く残っていないそうです
ですから例えば四海楼の4代目が書いた「ちゃんぽんと長崎華僑」という本でも「していたようだ」「思われる」等推察のみで(初代が開発に大きく貢献したように)書かれていますね



何とアマゾンでも買えるのですがメーカー名が「長工醤油」になっています^^;


ssiimm at 10:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2014年09月07日

「長崎食の博覧会2014」に行ってきました

先日書いたベルナード観光通りで開催されている「長崎食の博覧会2014」と「長崎県産品愛用フェア」に女房と行ってきました

県産品01
古川町方面からアーケードに入るとすぐにブースがありますがこの先は「長崎県産品愛用フェア」の会場みたいです

県産品01-2
まず長崎県産品にまつわるクイズがあり

県産品01-3
焼酎のミニボトルを戴きました(^^)

県産品01-4
長崎がんばらんば国体やV・ファーレン長崎のPRブースがあり

県産品02
その先がメインの県産品試食・販売コーナーです・・・まずはいつもの「五島うどん」のブースで試食を戴きました

県産品02-2
その隣にあったのが昨年おくんち広場で行なわれた「MBC(モーモー・ブーブー・コケコッコ)★フェア」でたくさんの試食を提供してくれた「長崎県養豚組合」ですが今回も数人掛りで試食を配布していました(^^)

県産品02-3
雲仙市のブースではお茶やゆで落花生を戴きました

県産品02-4
私の苦手なスイーツの試食もありましたが当然パス・・・

県産品02-5
でも何故か女子高生がさかんにPRしています

県産品02-6
どうやらこの「ポテまるんるん」という商品は諫早商業の生徒さんが開発に携わっていたみたいですね
試食して気に入った女房は購入していました

県産品03

県産品03-1
ここからは「長崎食の博覧会」の展示スペースでまずはお馴染みの「シュガーロード」のコーナー・・・長崎市内の和菓子屋さんが作った見た目がきれいなスイーツが並びます

県産品03-2
隣には「プロの料理人によるワンコイン料理」として中華や洋食などのパック料理を500円で販売していました

県産品04
その先では恒例の「料理コンクール作品展示」コーナーです

県産品04-2
市内の有名シェフたちによる豪華な料理が並んでいるので通りがかりの人たちが写真を撮りまくっていました・・・こんな料理を口にすることは無いでしょうね^^;

県産品04-4
ステージでは何やらやっていましたががんば君と田上市長のツーショットを見ることができました

県産品04-6
一番奥では最近話題の「魚のまち長崎応援女子会」のブースがあり「だし教室」を開催していました

県産品05
「長崎県の郷土料理」コーナーがありましたがこれらの料理を実際に食べさせてくれたらいいのにね・・・たとえば諫早近郊のぬっぺという郷土料理は数年前まで知りませんでしたし大村の「にごみ」は今回初めて目にしました


ssiimm at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: