長崎くんちと郷くんち

2017年11月15日

土井首くんちで「竿浦・江川浮立」・・郷くんち2017

実際は11月3日に行われたのですがいろんな記事が間に入りアップするのが遅くなってしまいました(^^;
この日は朝から「おくんち広場」に行きその後「小ヶ倉くんち」で「小ヶ倉獅子踊」を見たのですが・・次に「土井首くんち」に行くか「平山くんち」に行こうかちょっと考えましたが、さらにその後に「長崎浜屋」に行く予定もあったので土井首くんちで「竿浦・江川浮立」を見ることにしました・・・平山くんちでの「大名行列」や「庭浮立」は素晴らしいのですが確実に行われているのか判らなかったせいもあります(^^;

土井首くんち01
土井首くんちの会場である「土井首大山祇神社」に到着したのは12:30くらいでしたがすでに浮立が始まっているみたいでお囃子が聞こえていました
ちなみに神社前の道沿いは「駐停車禁止」じゃ無いので見物客の車がズラッと並んでいるのが毎年の光景です(^^;

土井首くんち01-2
境内に行くとやはり「竿浦・江川浮立」が始まっていましたね・・・ちなみにこの奉納踊りは本来もうちょっと南にある「竿浦大山祇神社」で行なわれる「竿浦くんち」の奉納踊なんですがこの「土井首くんち」から出演依頼があった場合にここで披露されるのです

土井首くんち01-4
若者たちが舞いながら行う太鼓は相変わらず見応えがありましたし

土井首くんち01-5
女の子たちが担当している据え太鼓(モラシ)や

土井首くんち01-6
男性陣の「鉦」も素晴らしかったですね

土井首くんち02
ひとしきり太鼓を披露した後は

土井首くんち03

土井首くんち03-2
鬼の面を被って太鼓の上に乗って舞う「なぐさめ拍子」のスタートです・・・以前は大人と子供が行っていたのですが最近は子供だけが行っていますね

竿浦・江川浮立04-2
数年前に見た時は衣裳がずっと派手でしたし演じる時間も長かったですよね


一応動画も撮りましたが太鼓の上の舞は年々短くなっていくような気がします

土井首くんち03-3
最後に大太鼓で締めました

土井首くんち04
毎年見かける光景ですがトラックで会場を去るときにマイクで「今年も呼んでいただいてありがとうございました」と言っていました(^^;


ssiimm at 09:32|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月05日

小ヶ倉くんちで「小ヶ倉・上揚獅子舞」・・郷くんち2017

「おくんち広場」での「ふるさと物産まつり」に寄った後はこの日一番の目的である「小ヶ倉くんち」に向かいました

小ヶ倉くんち00
会場である「小ヶ倉神社」の手前にある小ヶ倉メモリードホールでは3周年記念イベントが行われていました

小ヶ倉くんち01
会場に到着すると「よさこい」が行われていましたが「小ヶ倉獅子踊」は何時から行われるのでしょうか

小ヶ倉くんち01-2
会場に貼られていたプログラムで確認するとこの二つ後の11:55から行われるみたいですね

小ヶ倉くんち01-3
次のステージは小ヶ倉保育園児による太鼓演奏でしたがデジカメやスマホで撮影する保護者の方々が多かったこと(^^;

小ヶ倉くんち02
予定より少し早めに登場したのが小ヶ倉・上揚自治会の「小ヶ倉獅子踊」です
小ヶ倉くんちは4年毎の輪番制ですが前回は雨に見舞われ公民館の中での上演だったのですよね

小ヶ倉くんち02-2
こちらが主役の「獅子」です

小ヶ倉くんち02-3
始まる前に全員で挨拶をした後お決まりの「撒き物」ですが

小ヶ倉くんち02-4
今回も手拭いをゲットすることが出来ました(^^♪・・・ちなみに一緒にある「豆絞り」は女房がキャッチしたものです

小ヶ倉くんち03
いよいよスタートですが先ずは「月の輪」です

小ヶ倉くんち03-2
二人の男の子が舞いながら太鼓を叩きます

小ヶ倉くんち03-3
その後太鼓の打ち手が代り「玉使い(サンコ)」の所作に合わせて「獅子舞」が始まりました

小ヶ倉くんち03-5
前回は女の子二人に加えて小さな男の子がいた「サンコ」ですが今回は男女のコンビでした

小ヶ倉くんち04
獅子が立ち上がり

小ヶ倉くんち04-2
牡丹の花に絡むのは各地の獅子踊に共通した所作ですね

小ヶ倉くんち04-3
見事に牡丹の花をゲットした後は

小ヶ倉くんち04-4
一番の見せ場である「獅子」と「サンコ」の同時前方転回

小ヶ倉くんち04-5
見事に成功しました(^^♪

でも本来はこの「小ヶ倉獅子踊」にはもう一頭の獅子がいるんですよね・・・前回は個々の演技しか見ることが出来なかったので今年は2頭揃っての演技があるのかと期待していたのですがここで終了しました
この後「もってこい」があったのですが「演技者が疲労回復してから」という理由で5分の休憩・・・変だなと思い近くにいた役員の方に聞くと「獅子踊」を演じる人が1組しか集まらなかったそうですね
やはりここでも少子高齢化の影響があるみたいですがこの先も何とか続けて欲しいものです・・・でも「幕末から昭和27年まで長崎くんちの下筑後町の奉納踊として出演していたため長崎市民に『筑後町の獅子舞』として親しまれた」という歴史を持つ「小ヶ倉獅子踊」なんですから長崎市も援助をしてもいいと思うのですが

そういえば毎回小ヶ倉くんちでは「もってこい」の音頭を取る人の存在も大きかったのですが今回は姿を見ませんでしたね


ssiimm at 09:08|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月01日

式見くんちで「荒毛太鼓」・・郷くんち2017

まだ10/29の「式見くんち」にいます(^^)

荒毛地区01
「上方自治会」の後は「荒毛自治会」の登場です

荒毛地区01-2
この地区も最初は笛の演奏から始まりました

荒毛地区01-3
笛に合わせて太鼓もスタートです
この後行われる「お下り」では荒毛公園までの道中にずっと太鼓を叩き続けながら進むのでほとんどの自治会は笛と太鼓を演じるのです

荒毛地区01-4
太鼓の演武が終了すると婦人会の踊りが登場しました

荒毛地区01-5
「もってこい長崎」という踊だそうですがあまり聞いたことが無い歌ですね

荒毛地区01-6
踊りが終了していったん下がりますが

荒毛地区02
今度は手に道具を持って登場しましたが今度は「バイ流し」という広島に伝わる民謡だそうです

荒毛地区02-2
婦人会の女性たちだけかと思ったら男の子も参加しているんですね(^^)

荒毛地区03
踊りが済むと境内に太鼓が運び込まれましたが

荒毛地区03-2
これからこの若い男女によって「荒毛太鼓」というのが披露されるそうです・・・ひょっとしてこれが初披露なのかな?
ちなみに身に着けている衣裳は端午の節句の時の「武者幟」で作ったそうですね(^^)

荒毛地区03-3
式見くんちでこの手の太鼓演奏は初めて見ましたがなかなか勇壮で見応えがありました



特に観客席が盛り上がったのはこの衣裳を放り投げた場面・・・「コッコデショ」みたいでしたね(^^)

荒毛地区03-5
女の子も格好良かったです

荒毛地区04
奉納踊りが終了すると拝殿からお神輿が出されてこれからお下りが始まります・・・私はこの後女房と待ち合わせしていたのでここで退散しました

前の記事でも書いたように「式見くんち」は8年輪番なんですが今年で7年連続で見たことになりますから、来年の「松崎」「大崎」自治会でやっと全部の自治会の奉納踊りをコンプリートすることが出来ます・・・はたして前回奉納された松崎自治会の「安珍清姫」は行われるのでしょうか?


ssiimm at 09:35|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月31日

式見くんち「上方地区」は「虚無僧踊り」・・郷くんち2017

10/29は私の誕生日ですが「式見くんち」が行われる日でもあります・・・ちなみにこの日が日曜日に当たるのは過去記事をみると11年ぶりになりますね(^^)

式見には旧式見村の名残で16の地区があるのですが毎年2地区が乙宮神社で行われる「式見くんち」で奉納踊りを行うので一回りするのに8年掛かる計算になりますね
上方地区01
この日の天気予報は雨でしたし朝から時折小雨がぱらついていたので予定通り乙宮神社で行われるのか心配だったのでちょっと早めに式見にやってきました
神社近くの駐車場には相変わらず多くの出店が並んでいますが地域の小さな祭りにこれだけ集まるのは他じゃ見られない光景でしょう

上方地区01-2
こちらが会場の「乙宮神社」です

上方地区01-3
拝殿前には今回も「江坂蒲鉾店」からの樽酒が奉納されているので誰でも自由に戴くことが出来ます

上方地区01-4
雨も何とか大丈夫みたいで神社前には今年の当番町である「上方地区」の出演者や「太鼓」などが集まってきました・・・雨が強く降ると式見中学校の体育館での開催になりますが6年前に経験しましたね(^^;

上方地区01-5
時間になると拝殿には奉納踊りの参加者たちが勢ぞろい

上方地区02
笛の演奏が始まると

上方地区02-2
それを合図に太鼓の演奏もスタートします


上方地区02-3
ベテランと若者が一緒になって踊る様子はなかなか見応えがありましたね(^^)

上方地区03
次に登場したのは虚無僧スタイルの女性陣ですが

上方地区03-2

上方地区03-3
深編笠を被り手には1尺8寸の竹・・・これが「虚無僧踊り」という踊で

上方地区04-2
昨日の長崎新聞でも紹介されていましたが「1934年に式見漁港の防波堤完成を祝って披露されたのが始まりとされるが、踊りの由来はよく分からないという。」だそうです


動画を見ると出演者が尺八を吹いているようにも見えますが実際は録音が流れているのです(^^;

上方地区03-4
踊りが終了すると天蓋に道具をしまい込み

上方地区03-5
ちょっとポーズ(^^;

上方地区03-6
道具を片づけた後に今度は「八木節」踊りの奉納です

上方地区03-7
やはりベテランよりも若い女の子に目が行きますね(^^♪

上方地区04
演し物が終了した後で「撒き物」が撒かれましたが私もゲットすることが出来ました(^^)


ssiimm at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月17日

三重くんちと矢上くんちの話題・・郷くんち2017

以前は10月になるとなるべく休みを取って「郷くんち」を見に行っていたのですが職場が変わったせいもありここ2年ほどはあまり見に行くことが出来なくなりました
先日の日曜日である10/15もあちこちで「郷くんち」があったのですが仕事だったので足を運ぶことが出来ませんでした・・・まぁ「若宮くんち」のみは前日の10/14に「竹ン芸」を見ることが出来ましたが(^^;

城山くんち
10/15に行われたのは若草町・八幡神社の「城山くんち」や

畝刈くんち
畝刈町・熱田神社の「畝刈くんち」

深堀くんち
さらには「鍛治町獅子舞」が奉納される深堀神社の「深堀くんち」

大浦くんち01-2
それにグラバー園の坂をお神輿が駆け上がる大浦諏訪神社の「大浦くんち」などが行われたのでしょう・・・悪天候だったので予定通りの行事を行えたのかは不明ですが(^^;

角上蛇踊01
そんな中で私が一番行きたかったのが三重くんちです
ここは各地区が5年輪番で奉納踊りを行うのですが今年は「角上げ(すみあげ)」地区の「角上げ蛇踊」が奉納される予定でした

角上蛇踊01-2
ここの「蛇踊(龍踊)」は「龍」の見た目が普通のものとかなり違う感じがしますが

角上蛇踊02
実は「龍」の鱗が「サバグミ」という木の葉を利用しているのです・・・ですから多分この日しか上演することが出来ないので「民俗芸能大会」などには出場しないのでしょう
こんな造りですから日曜日の大雨の中で奉納することが出来るのか心配したのですが・・・

三重くんち
翌日の新聞によると「三重小学校」の体育館で行われたみたいですね(^^)
でもこの記事によると今年から「少子高齢化」の影響もあり「サバグミ」を使うのを止め「紙製の鱗」にしたそうです・・・まぁ一番大事なのは「三重くんち」を存続させることなのである意味しょうがないでしょうがやっぱり寂しいですね(T_T)
今にして思うと前回の奉納踊りを見ることが出来たのはラッキーでした
来年の「角」も同じかな?

。。。。。。。。。。。。。。。

今日10/17も市内各地で「郷くんち」が行われるのですが休みを取ることが出来ませんでした(T_T)

浦上くんち
山王神社では「浦上くんち」が行われ子供神輿や地元団体の奉納踊りが行われますし「香焼くんち」「戸石くんち」なども予定されています

矢上くんち01
でも今日一番の行事はやはり「矢上くんち」でしょうね、何せ昨年「長崎くんち」で「上町」が奉納した「コッコデショ」の元となった「矢上・町名」のコッコデショが奉納されるのですから(^^)

矢上くんち02
さらには長崎市内では滅多に見ることが出来ない「本浮立」の一つ「馬場本浮立」も見ることが出来ます

天気も何とかもちそうですね(^^;

ssiimm at 09:38|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月15日

今年も若宮稲荷で「竹ン芸」・・郷くんち2017

昨日の天気予報は午後から雨・・・朝のうちから「らぶフェス2017」に行った後ちょっと心配しながら伊良林の「若宮稲荷神社」に向かいました

竹ン芸01
車は夫婦川町近くにある40分100円のコインパーキングに停めてぶらぶらと中島川方面に向かっていると前方から何やらやってきます

竹ン芸01-2
やはり「若宮稲荷神社」の秋の例大祭である「若宮くんち」の子供神輿でした(^^♪
この神輿による庭先回りはかなりの距離を巡幸するみたいなので子供たちは大変でしょうね

竹ン芸01-3
若宮稲荷神社の「一の鳥居」に到着したのは午後1時前・・・午後2時開始なので例年はもっとゆっくりやってくるのですが今年は土曜日ですから混むかもしれないと思ったのです

竹ン芸01-4
おなじみの鳥居が並ぶ長い石段ですが「あと何年ここを上がることが出来るのかな」と女房と話しながら歩くのが毎年恒例です(^^;

竹ン芸02
神社に到着した時には思ったよりお客さんは少なかったのでいつもの場所に陣取ることが出来ました・・・この場所は「撒き物」をゲットすることは出来ないのですが座ってみることが出来るのです(^^)

竹ン芸02-2
時間を追うごとにお客さんが多くなってきて「シャギリ」の人たちが登場する頃には人で溢れるくらい・・・雨が降りそうにもなかったのも影響しているのかもしれませんね

竹ン芸02-3
時間通りにスタートしましたが先ずは「子狐」の演技から始まりました
この子は昨日の長崎新聞でも紹介されていた子供でしょうが

竹ン芸02-4
3歳だというのに竹の一番上まで上がっていました(゜o゜)

竹ン芸02-5
子狐は全部で3人登場しましたが小学生ともなれば技も披露します

竹ン芸03
いよいよ本番で「女狐」「男狐」の登場です

竹ン芸03-2
まずは女狐だけの演技ですが曇り空なので写真はイマイチ・・・

竹ン芸03-2
一昨年はこんな秋晴れの画像だったのですが(^^;

竹ン芸03-3

竹ン芸03-4
続いて男女2匹の合わせ技ですが観客からはどよめきが起こります

竹ン芸03-5
竹の根元では激しくなる動きに備えて保存会の方々が一生懸命抑えていますね(^^)

竹ン芸04

竹ン芸04-2
演技も佳境に入ってきましたがこの頃から雨がぽつりぽつりと落ちてきました

竹ン芸04-3
この後女狐は「撒き物」を放って退散して男狐だけの演技になります

竹ン芸05
男狐も餅や手拭いを撒いた後に懐から取り出したのはお馴染みの「鶏」・・・初めて見た人はびっくりするでしょうね(^^)


身軽になってからいろいろ演技を行いますが「単純だけど観客が驚く」のがこの「泳ぎ」でしょうね

竹ン芸05-2
いよいよラストですが


このパフォーマンスは何度見ても素晴らしいですね(^^♪

ssiimm at 09:04|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月11日

長崎くんち2017・・観光通りで「傘鉾」競演

中通りで思いがけなく「銅座町」の庭先回りを見た後はちょっと浜町に寄りました

 傘鉾01
観光通りアーケードに来ると何だか各町から出ている警備係の人が多いなとは思ったのですが

傘鉾01-2
何と傘鉾がやってきました(゜o゜)

傘鉾01-3
「馬町」の傘鉾ですが市役所前から県庁まで「傘鉾パレード」を行った後にアーケードに来たのでしょうね



傘鉾を知らない人は「廻しているだけで何が面白いの?」と思うでかもしれません(^^;

傘鉾02
その後ろには各町の傘鉾が続いていますがこちらは「蛤」が印象的な「東濱町」です
市役所前で「傘鉾パレード」を見たことは何度もありますが浜町アーケードでは初めてですね・・・無論スペースが限られるので全部の傘鉾が並んで回るというダイナミックな演出を行うことはありませんが順番にアーケードを進みながら数十メートル毎に回してくれます




傘鉾03
続いてやってきたのは「八坂町」の傘鉾です・・・さすがに八坂神社がある町だけあって鳥居が飾られていますね




傘鉾04
こちらは「銅座町」の傘鉾ですが上の飾り(だし)が庭になっています(^^)

傘鉾05
最後に「築町」の傘鉾を見ることが出来たので思いがけなく全町の傘鉾の競演を楽しむことが出来ました(^^♪


ssiimm at 09:27|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: