ノスタルジー

2015年03月28日

「線路は続くよどこまでも」の原曲って?

娘が見ていたテレビ番組で懐かしい曲が流れていたので別のテレビを付けてみました・・・「クイズ 正解は出さないで」という番組でしたが年度末の特別番組みたいですね

その中で「線路は続くよどこまでも」の「原曲」だという聞いたことが無い歌詞を歌い「この続きはどうなっているでしょう」とあり最後に「ツルハシを置いて死ぬ」みたいな歌詞が正解だとか言っていました・・・まぁこの番組はクイズの答えよりそれを回答者が悪戦苦闘する姿を見せるのが目的みたいですが

でもテノール歌手の人が歌い上げていたのは原曲じゃないですよね・・・よく知られている「線路は続くよどこまでも」とは多分別の誰かが翻訳した歌詞でしょう
私たちの世代の人たちは子供の頃テレビで放送されていた「テキサス決死隊」の主題歌の元歌というのは知っていると思いますが「みんなの歌」で翻訳された歌詞が流れたのはその何年か後でしたね
ですから原曲も何度か聞く機会がありましたし「中学コース」という雑誌の付録でもアメリカ民謡の歌詞とかで原曲の歌詞も載っていましたから覚えたりしましたね

何せ50年くらい昔の記憶ですからあやふやですが原題は「I've been working on the railroad」といいましたね、ですから問題にあった原曲の題名(確か鉄道仕事」とか言いましたっけ?)の紹介から間違えています
この歌の一番盛り上がるところは「Dyna blow your horn」という歌詞の繰り返しから「someone's in the kitchen with Dyna」と続き「・・・on the old banjo and singin'」の後「フィーファイフィディアイオー」と大合唱・・・

私が群馬県のホテルに勤務していたときに仲良くなったカナダ人のダンサーたちともホテルの居酒屋でこの歌を一緒に歌い盛り上がったものです・・・カナダの人たちは歌の途中で「ポッポー」という合いの手を入れたりしていました(^^)

クイズの問題を考える人はどこから変な歌詞を探してきたのでしょうね・・・でも英語のスペルを確かめながら記事を書くのは時間もかかるし面倒ですね^^;



ssiimm at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月25日

ストリートビューでさるく杉並区和泉3丁目

高校を卒業して大学に行くために上京しましたが、最初に一人暮らしをはじめたのは杉並区の和泉3丁目という井の頭線の永福町駅周辺の町でした・・・大学の学生課で紹介された下宿に住むことにしたのです

この町には4年間過ごしたのですが考えてみるとその後東京に行く機会があっても再訪したことはありませんね・・・そこでグーグルのストリートビューで現在はどんな様子なのかを見てみることにしました

和泉
ここは永福町駅からの道と地下鉄方南町駅からの道が交差する「大宮八幡入口」交差点付近ですがとんかつ専門店の「一冨士」やサッポロラーメンの「狸小路」はいまだに営業しているみたいです
どちらの店も数回しか利用したことはありませんでしたがかなり懐かしいですね・・・何しろ長崎に住んでいたころは「とんかつ屋」「ラーメン専門店」というのが身近にあるお店じゃありませんでしたから最初は敷居も高く感じました^^;

和泉01-2
それに比べるとこの「草むら」(場所が変ったかな?)は何の変哲も無い中華屋さんでしたから銭湯に行くついでに何度か立ち寄りましたが、この店の「メンチカツ」は独特の製法でかなり美味しかった記憶があります・・・そういえば「ばん」という炉辺焼きのお店はどうなったのでしょうか?

和泉02
交差点から永福町駅に向って少し進んだところに4年間過ごした下宿があったのですが現在は建物が変っています・・・でもこのダンススタジオは下宿の主「永井さん」と関係があるのかな?

和泉02-1
そういえば毎日歩いていた道にこのお寺や変電所がありましたっけ・・・当時は全く関心が無かったので立ち寄ったこともありませんが^^;

和泉02-3-2
駅に向う道がかなりきれいになっていますが一方通行になっているみたいです
左手に見える「あさか屋」という寝具店はここで住むことが決まって最初に布団を購入したお店かな?
ここの近くにお茶屋さんがあり店頭で毎日作っていた「ほうじ茶」の香りも懐かしいですね

和泉02-2-2
通りの途中にあるこの「太陽」という大衆中華料理店は私が今まで食事をするために利用した回数が(圧倒的に)一番多いお店でしょう(^^) 
私がこの町に住み始めたころにオープンしましたからもう40年以上営業を続けていることになりますがご主人&奥さんはいまだに元気なんでしょうか・・・街中にある普通の中華屋さんでしたがホントお世話になりましたねm(__)m

・そういえば風邪を引いて動けないことを同じ下宿に住んでいた友人に聞いたときには、わざわざご主人が歩いてカレーライスを下宿まで持ってきてくれましたっけ(T_T)
・お店は好きでしたけどこのお店のラーメンは典型的な東京の醤油ラーメンで私の好みの味には程遠かったですね・・・そこで勧められた「タンメン(湯麺)」を食べたところこれはかなり気に入りその後は東京の中華屋さんではタンメンを注文するようになりました
・一番注文したのは安くて満腹になる「野菜炒め定食」か「焼きそば+半ライス」でしたが当時の価格で300円くらいだったかな?
・本当にお金がないときは「野菜スープ+半ライス」でした^^; でもライスはかなりの量をサービスしてもらっていました^^;
・「タンメン」もですが「広東麺」「ワンタンメン」や「レバニラ炒め」など東京のお店では普通にあるメニューを知ったのもこのお店が最初です

和泉02-4
多分この「名品ストア」では例の「トイレットペーパー」騒ぎの時に一度だけ利用したと思います

和泉02-5
店の雰囲気はかなり変っていますがこの「グリル マリノ」も何度か利用したお店でしょう

和泉02-7
駅前近くまでやってきましたがこのパチンコ屋さんは以前の「永福会館」かな?
数ヶ月間ですがアルバイトしたこともありましたね^^;

和泉03
永福町駅前にある「大勝軒」は長崎にも支店がある池袋「大勝軒」とは違う系列ですがこのお店も「大盛り」で有名でした・・・ただし私はこのお店のラーメンは好みに合わなかったので一度しか食べたことがありません
子供の頃から好きだったラーメンですが東京に行って驚かされたのは地域によって味に違いがあるということでしたね
ですから他人が美味しいと言ってもそれが私にとってどうなのかは食べてみないと判らないとこの頃から思うようになりました

さて次はどこを見て回りましょうか(^^)


ssiimm at 09:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年02月08日

花園町から若草町をさるきました

今回もノスタルジー&ローカルネタです^^;

花園01
「セブンイレブン花園店」の脇の道から入っていくと中学生時代に友人の「安部」が住んでいたアパートがきれいになっていますね

花園01-2
途中の露地を見ると以前は小さな家が並んでいた場所にマンションやらアパートが建っています

花園02

花園02-2
「西城山西部校区公民館」の前を通り過ぎると小学校時代の同級生の自宅だった大きな家がありますが表札は変わっていませんね・・・小学校から高校まで一緒だった「千原」は東京にずっと住んでいるのかな?

花園02-3
細い道を抜けてバス通りに出ましたが右手には「立岩神社」があります

花園02-4
そこを左に進むとやはり中学生の頃の同級生の家があった場所が見えます

花園02-5
交差点の上には小学校時代には「エハラパン」の工場があり後に「長崎物語」工場になりましたが工場見学に行ったのはどちらの時代かな?

花園03
坂道を下っていくと「秋月園」の名前があちこちに見えますね(^^)

花園03-2
この「秋月園」が運営していた「お茶屋さん&カフェ」である「ふたつの葉」も以前はテレビや新聞で紹介されていたのですが「浜町アーケード」に新店舗ができてからはやっていないのかな?

花園03-3
右手にあるのは「富士見公園」です・・・ここには第2公園というのが階段を上がった所にありソフトボールをやりに来ていましたね

花園03-4
「そば新」でランチを食べた後に改めて若草町方面に進みます

花園04
途中にある「立岩橋」から若草町になりますね・・・この橋の横にも小学校時代の遊び友達(1学年上)の自宅である中華料理店があったのですがずいぶん前に無くなりました

花園04-2
子供の頃には何度も訪れた光景です

花園04-3
私の父親の頃からある「堂口酒店」はいまだに営業を続けています・・・そういえば30年ほど前に私の長男が生まれたときにはお祝いも頂きましたっけ^^;

花園04-4
ずっと以前は「西城山市場」だったのですがその後「若草ストア」になり結局は閉店・・・その隣にある「あわたや金物店」も父親の行きつけでした

花園04-5
この「平山衣料」というのはたしか「貸本屋」もしていましたね

花園04-6
軒並み店を閉めている中で「柳園」というお茶屋さんだけ以前からあるみたいです

花園04-7
「若草ストア」の反対側ですが小学生の頃は「西城山市場」で同級生の実家もこの中で化粧品店をやっていましたね

花園04-8
このビルも色が一緒なのは同じ系列だったのかな

花園04-9
ここから右手の「防空壕」あたりの景色はあまり変わっていないような気がします^^;



ssiimm at 09:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年01月19日

「学習机」の思い出

朝日新聞の土曜版に連載している「サザエさんをさがして」というコラムがありますが先日の記事は「学習机」についてでした

学習机
この本文の中に「・・・時間割表、万年カレンダー、筆立て、フック、下棚……。本物のチョウの標本付きまで現れたというから驚きだ。」とありますがそういえば高校生の頃でしたっけ『世界の蝶』が付属している学習机のテレビCMを見たことがあり「いくらなんでもやりすぎでしょう」と思ったことがありましたね^^;

私の子供達が小学校に入学したころはまだ少子化という時代ではなかったので2月から3月にかけて大型スーパーやデパート・家具店などいろんなお店で「学習机フェア」を行っていたのでよく足を運んだものでした・・・当時はすでに学習机に無駄な付属品をつけるのは禁止になってみたいでどこのメーカーでも机の上に載せるデスクマットに人気キャラクターをあしらっていましたね
一番上の息子の机を買ったころはまだ机と抽斗が一緒になっていましたが次の子のときから抽斗が分離できるようになりましたっけ

学習机02
これは現在家を出た一番下の息子が10数年間使っていた机ですがいまだに使用することができますね・・・私は現在座卓を利用していますがこの机を使おうかな^^;
何しろ子供たちの机を選ぶ基準は大きくなっても使えるように横幅が広いものにしていましたから

・ちなみに子供たちの机は全て子供たち自身のお金で購入しました・・・それというのも子供たちが小さいころは私の父親も健在で毎年正月には父親の故郷である福岡の黒木町に連れて行っていたのですがそこでは毎回「兄弟会」なるものが催されていたのです
父親は8人兄弟だったので集まる人数も20名以上いたのですが、その多くの人たちから「お年玉」を貰っていたので毎回2〜3万円集まっていたのです(^^) 貰ったお年玉を貯金していたのが小学校入学前にはそれぞれ10万円近くになっていたので自然とそういう流れになりました

・小学校入学後もまだ小さいうちは同じようにお年玉を貰っていましたし貯金は私達が管理していましたから貯金は増える一方・・・結果的に子供達が中学生(一番上の子は高校生)になったときに買ってあげた携帯電話の通信費も全てそれから払っていましたね

・そもそも学習机というのは私自身が小学校に入学する頃から一般的になったのではないでしょうか・・・昭和26年生まれの兄の時には親の知り合いの大工さんに作ってもらったそうで、その机は60年近く経った現在でも福岡の兄の家で使用されています


ssiimm at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年08月11日

花園町をさるきました・・・佐賀屋が無くなっている!

過去に何度かさるいた花園町辺りに再び行ってきました

今回は花園郵便局に寄ったついでですからちょっと場所が違っています・・・と言っても花園町自体どこにあるのか知らない人が多いでしょうね^^;

花園01-1
城栄町から西城山小学校に向かって行く途中にあります・・・この建物は私が子供のころは「鶴田医院」という内科の病院で何度もお世話になりました

花園01
その隣には何年か前にセブン−イレブンがオープンしましたが近くには商店が少なくなっているので地元の人は重宝しているでしょうね

花園01-2
その駐車場から入った場所には小さなアパートや民家が軒を連ねていましたが最近はマンションが増えているみたいです

花園01-3
小学校の同級生である板屋の家は「花園保育園」になっていました・・・以前は下釜団地にあった「立岩保育園」がここに移転して名前も変わったみたいですね

花園01-4
「西城山小学校前」バス停の所の家が空き家になっていますがここは一学年上の遊び仲間である井前の実家だったかな?

花園01-6
「おがたドライクリーニング」の跡に出来ている「フレッシュさかい」という鮮魚&お惣菜の店は結構頑張ってやっているみたいですね

花園02
「かめ焼き公園」の横の路地に入りました・・・この公園の遊具などの場所は以前からするとかなり変わっています

花園02-2
川の手前に40年ほど前にオープンした「佐賀屋」は後に「さがや商店」と名前を変えて営業を続けていましたがいつの間にやら無くなっていました・・・近くにあった私の実家に子供たちを連れて行ったときには良く寄ったものです

花園02-3
佐賀屋の前に掛かっている「小園橋」は私が小学生の頃にできたのでしたっけ・・・川の様子もずいぶんと変わりました

花園02-4
「小園橋」にしろ「かめ焼き公園」にしろ作っていた頃の記憶が少し残っています^^;

花園02-5
ここら辺の地主である山口家の前は中学校と幼稚園に行くときの通学路でした

花園03
緑が丘中学校には途中から左に入ったこの道を30分くらい歩いて通っていましたね

花園03-2
川沿いの道は「マリア幼稚園」への道です・・スクールバスなど全く無かった時代ですからこの道を内堀や中野澄子ちゃんと一緒に歩いて通園していました

花園03-3
ここに防空壕がありましたが雰囲気は当時とあまり変わらないような気がします

やはり金堀町・花園町のことを書くとノスタルジー色が強くなってしまいますね


ssiimm at 20:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年07月24日

「神保町公式ガイド」ですって(^^)

長崎市立図書館に行くと目的の本以外にも何だか面白そうな本が目に入るとなるべく借りるようにしています

神保町01
今回目に留まったのはこの「神保町公式ガイド」というムック本です・・・「Vol.3」となっているからには1と2もあるのでしょうが初めて目にしました

この神保町界隈には学生時代からしばらく東京で働いていた時期も合わせると6〜7年は通ったでしょうか・・・今でも一番思い出が残っている街です

神保町01-2
若い頃は本好きでしたから神保町に建ち並ぶ「書泉ブックマート」「書泉グランデ」「三省堂」「東京堂書店」などを初めて見たときには感動すら覚えました・・・その後はお決まりの古本屋巡りにも嵌りましたが何よりこの街を歩き回るのがホント楽しかったですね(^^)
本来は大学の1・2年生の頃は校舎は杉並区にあったのですがサークルに顔を出すのを口実に毎日のように訪れていました

神保町01-4
地図を見ると当時の思い出がいろいろと蘇ってきますが当然40年ほど前の出来事ですから記憶違いもありますし街自体かなり変わっていますね・・・10年ほど前に訪れた時は「怖さ」を感じたほどです

・珈琲店にもよく足を運びましたが当時オープンした「古瀬戸珈琲店」や「さぼうる」の名前がありますし「神田伯剌西爾」もまだ営業を続けているみたいです・・・古書店の2階にあった「ブラック&ホワイト」やすずらん通りの「珈琲館」はもう無いのかな

・当時から「歴史がある」といわれていたビアホール・レストラン「ランチョン」はいまだに健在ですね・・・考えてみるとランチタイムに生ビールを飲むなんてこのお店でしか経験していません^^;

・学生時代には麻雀もよくやりましたが猿楽町のよく通った雀荘は「地上げ」騒動のときになくなっちゃいました(T_T)

・パチンコホールの「人生劇場」や「文庫川村」それに変わった名前で記憶に残っている「レオ・マカラズヤ」もまだあるみたいです

・当時ランチを食べ歩いたお店は残っているのでしょうか・・・10年前には天丼の「いもや」はまだありましたが近くに何軒かあったとんかつ屋さんはほとんど残っていませんでしたね

・東京を離れた後に時々利用していた「ニュー駿河台ホテル」も閉館したみたいです

「神田すずらん通り商店街」のHPも懐かしくて時々見ているのですが街並は悲しいほどに変わっているみたいです


書き出せば切がありませんね・・・まだまだ続くかもしれません^^;



ssiimm at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月21日

浜口町をさるきました・・・その2

先日書いた浜口町商店街をさるいた記事の続きです

浜口05
商店街を抜け山王通りの長崎大学歯学部病院前交差点にやってきました
角にある「山木屋洋菓子店」は古くからありますね、ずっと以前にここのブランデーケーキをいただいたことがあります・・・無論私は口にしませんでしたが^^;

浜口05-2
山王通りを「西洋館」方面に進みます

浜口05-3
焼き鳥の「平次」がここにも出来ているんですね
住吉に勤務していたときには当時文教町にあったお店と西洋館の向かいにあるお店で宴会をしたことがありますね

浜口05-4
その隣には「アルファイン長崎」というホテルがありますがずっと以前に中華料理の「天天有・福州」があった場所かな?

浜口05-5
この「七面山妙光寺別院」の前を歩くのも3年ぶりくらいでしょうか・・・そのときは岩川町の「三ツ幸商店」でお好み焼きを食べましたっけ^^;

浜口06
大学病院下の交差点を道なりに進むと向かい側には最近人気のカレーハウス「マティ マハル」があります

浜口06-2
ここは以前2度ほど訪れたイタリアンの「バール・トラットリア ・ヴィヴァーチェ」ですがこの手前から再び浜口の街中に戻ります

浜口06-4

浜口06-5
浜口商店街のひとつ隣の通りになりますが以前に比べると飲食店が少なくなっていますね・・・銅座界隈にあるおにぎりの「かにや」や割烹「いろは」の支店がありますね

浜口07
飲食店が減って何が増えたかというとマンションです

浜口07-2
以前に比べるとかなり増えています・・・浜口町のイメージがかなり変わりますね

浜口07-3
一見マンションみたいな飲み屋さんのビルは以前からあったような気がします

浜口07-1
その角にある「いろは」はランチ営業もしているみたいですね

浜口07-4
何に一番驚いたかというとこの大きなマンション(゜o゜)
「サムティ長崎大学病院前」というみたいですが私が川口町に住んでいた頃には「浦上食品センター」というのがあったのです
考えてみるとこの道を歩くのは30年ぶりくらいになるのかもしれません^^;

浜口08
再び表通りに出ましたがここにかつて「長崎北ホテル」というホテルやそこの1階に「平古場」というステーキハウスがあったのを知っている人も少なくなったでしょうね


ssiimm at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: