ニュースな話

2015年10月20日

今度はゴスペル!・・・あんぐりさんは忙しそう

先日の朝日新聞の地方版に大きく取り上げられてましたが

ゴスペル
以前このブログでも紹介したことがある「あんぐり」さんこと小泉容子さんが今度は浜町で「ゴスペル」を歌っているんですって(゜o゜)

夢を追うアラフィフ女性2人がデビューした。「ゴスペルを歌いたい」という願いを形にし、プロとしてステージに立っている。「後悔はしたくない」と一歩を踏み出した。
アフロのかつらに長いつけまつげ、シスター姿の2人組。その名は「歌う魔よけ BB’s(ビービーズ)」。長崎市の小泉容子さん(49)と山口純子さん(51)のユニットだ。       朝日新聞より

とありますが「朝日新聞デジタル」では動画も見ることができるのですね

以前彼女を紹介した時は「GATEの上映活動」という理由で「アメリカ国連協会平和賞」というのを受賞し、さらにその関連で長崎市から「長崎平和特派員」の認定証を贈られたという内容でしたね
さらにその後も記事にはしませんでしたが「フリーハグ」で話題になったり「カトちゃん」の仮装をして福島支援のダンスパーティーを開いたりしていましたが今度はゴスペルで歌手デビューですか(^^;

残念ながら金曜日が休みになることは滅多にないのですが機会があれば見てみたいですね・・・でもあんぐりさんももうアラフィスねぇ、私も年を取るはずです(^^;


ssiimm at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月06日

「明治産業革命遺産」が世界文化遺産へ登録決定

NHKのサンデースポーツを見ていると途中で「ニュース速報」が入り「明治日本の産業革命遺産が世界文化遺産へ登録決定」とテロップが流れました

世界遺産
その後ニュースの時間に正式に決定したことが放送されましたがやはり長崎に関係が深い「世界文化遺産」への登録ですから最初すんなり決まらない時にはちょっとハラハラしましたね

ドイツで開かれているユネスコ(=国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会で日本時間5日夜、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録が決まった。
 日本が推薦していた「明治日本の産業革命遺産」は日本時間5日午後10時過ぎから審議され、全会一致で世界文化遺産に登録された。登録が決まったのは、19世紀半ばから20世紀の初めにかけてできた鉄鋼・造船などに関連する23の施設で、福岡・長崎・山口など8県にわたっている。
 登録をめぐっては、韓国が当初、一部の施設について「朝鮮人労働者が強制的に働かされた歴史に目を背けている」として反対していたが、日本と韓国の両政府が先月、登録に向けて協力することで合意。しかし、「強制徴用」をどのように表現するかで調整が難航し、委員会での審議を予定よりまる1日先延ばしして協議を行っていた  
            日本テレビ系ニュースより

長崎を始めとする国内の関連施設がある自治体はホッとしているでしょうね・・・まだまだこれからも大変でしょうが(^^;

例えば長崎では「端島の保存」「グラバー園の入場制限」「三菱関連の施設公開(特に占勝閣)」などクリアしないといけない問題が山積していますもの
でもまぁ今日のところは「正式決定」を無条件に喜びましょうか(^^)

>>>>>>>>>追記です<<<<<<<<<

そのあと見たフジテレビ系の情報番組で韓国が「世界遺産登録」に反対した時のニュース映像を流したのですが、アナウンサーの吹き替えであたかも北朝鮮の女性アナみたいな口調を使ったのには不快感を感じましたね・・・実際に韓国語での放送がどうだったのかは判りませんが


ssiimm at 00:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年07月02日

女子ワールドカップ準決勝・・・まさかの結末

普段だとブログを書いている時間帯ですがテレビで「サッカー女子ワールドカップ」準決勝「なでしこジャパンvsイングランド」戦が行われているのでゆっくりと書いている訳にもいきませんね(^^;

女子サッカー
前半中ごろにPKで先制したのですが前半終了間際にPKで同点にされちゃいました

後半立ち上がりは五分の感じだったのですがだんだんとイングランドに攻め込まれる時間が長くなってきました・・・一体この先どうなるのか中継から目が離せません(^^;

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

後半もずっと押されっぱなし・・・というところで何とワンチャンスのときに相手のオウンゴール(゜o゜)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今回はイングランドに完全に中盤を支配されていたので良くてもPK戦かと思っていたのですがまさかまさかの結末でした(^^)

女子サッカー02
佐々木監督も薄氷を踏む思いだったでしょうね(^^;



ssiimm at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月23日

タバコの「エコー」や「わかば」が値上げ予定

先日「ヤフーニュース」で見ましたがタバコの「エコー」や「わかば」などの「旧3級品」と呼ばれるタバコが「税」の関係で来年から値上げを繰り返し4年後には現在より1.5倍くらいの価格になるそうですね

政府・与党は29日、一般のたばこより税率が低い「わかば」など6銘柄のたばこ税を2016年度から4段階で引き上げる方針を固めた。商品ごとに異なる税率に対して、日本にたばこを輸出する海外から批判が高まっていた。

 増税の対象は旧3級品と呼ばれる日本たばこ産業(JT)の紙巻きたばこ「わかば」「エコー」「しんせい」など6銘柄。現在の価格は「わかば」が1箱260円、「エコー」「しんせい」が各250円となっている。

 これらの銘柄にはたばこ税が約116円かかっているが、一般のたばこの約245円を大きく下回る。16年度に1箱20円、17年度に同20円、18年度に同30円、19年度に同約59円上げて一般のたばこと同額にする。税額が上がれば、販売価格が値上がりする可能性が高い。
      日本掲載新聞より

エコー

手巻煙草を利用している私には無縁の話なので記事にもしなかったのですが、現在の勤務先で「エコー」を吸っている同僚が二人いるので聞いてみると・・・全く知りませんでした(^^;

「たばこ税」が安いせいで代表的な「メビウス(セブンスター)」が430円なのに対してこれらのタバコは250〜260円だったのですよね・・・ですからタバコが値上がりするたびに人気となり現在の国内たばこ販売ランキングで「わかば」が6位で「エコー」も7位になっているそうですがちょっと驚きました(゜o゜)

でも・・・普通のタバコが高くなりすぎたので需要が増えてきたこれらのタバコを狙い撃ちにすることも無いと思うのですが
「商品ごとに異なる税率に対して、日本にたばこを輸出する海外から批判が高まっていた。」とありますが今に始まったことでは無いし、増税のための単なる理由づけみたいな気がしますね・・・本当に批判が理由なら日本でも「海外」を真似て手巻煙草を安く販売すりゃいいのにと思います



ssiimm at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月18日

フランスで凧(ハタ)を揚げる・・「クラウドファンディング」って?

何気に「長崎経済新聞」のサイトを開くと「長崎の書道家と凧職人が渡仏のため『クラウドファンディング』 6万人規模のイベントに参加」とありました
内容を読むと「書道スタジオ「スタート」(長崎市中町)と長崎凧(ハタ)専門店「大守屋」(長崎市古川町)が現在、フランスで行われるイベントに参加する費用を集めるための「クラウドファンディング」を行っている。」とありましたが「クラウドファンディング」って何でしょ?

記事の中に説明がありましたが
クラウドファンディングとは、インターネット上に挑戦するプロジェクトなどのアイデアを公開し、個人スポンサーを募って資金を調達するシステム。調達方法はいろいろあるが、福山さんらは支払われる金額に応じてプレゼントを用意し、スポンサーが支払った合計金額が目標に達した場合のみ資金調達できる方法を採用した。達しない場合はスポンサーに返金される。」
そうです

そこで日本初のクラウドファンディングサービスという「READYFOR」のページを開くと

イベント02

このプロジェクトについて
はじめまして!長崎市在住の福山嘉人と申します。

突然ですが書道や凧などの伝統文化は日本の誇れる才能です!

日本人は海外のデザインや町並み、ファッションなどに魅力を感じていますよね。逆に海外の方は日本の伝統文化に大きな魅力を感じています。この魅力を発信していくことは日本の良さを発信する、また日本人が日本人であることに誇りを持つきっかけになります!
 
私は、2013年2月に「書道という日本文化をもっと気軽に楽しめるものにしたい」という思いから、長崎市中町に『書道スタジオStart(スタート)』という書道空間をつくりました。いつでも手ぶらで行ける書道教室という今までにはないスタイルの書道を楽しむことができる空間です。

こういった活動を続けていたところ、フランスのノートルダム・ド・モンで開催される「A TOUT VENT!」に参加し凧と書道でイベントに参加できるチャンスを得ました!

しかし、本プロジェクトにかかわるメンバーの渡航費および現地で必要な資材費、その他経費を合わせて100万円が足りません。

温かいご支援よろしくお願いいたします。

とありました・・・海外で長崎の凧(ハタ)を揚げるのは「セイコーラボ」の長崎ハタ揚げ振興会 中村清光さんがずっと以前から行っていてフランスでもナガサキハタファイターズという凧の会が出来ていたそうですが現在はどうなっているのかな?

3000円の募金をするとミニ凧(ハタ)か手拭いを戴けるそうですから興味がある方は先ほどの「READYFOR」のページから「このプロジェクトの支援に参加する」をクリックしてみてはいかがでしょう・・・若い人のチャレンジには応援したくなりますね(^^)



ssiimm at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月14日

「佐古小学校」と「仁田小学校」が統廃合

先日何気にニュースを見ていたら「入学式」の話題になり何と「佐古小学校」が最後の入学式を行ったそうです(゜o゜)

長崎市内ほとんどの小学校で入学式がありました。桜満開の入学式にはなりませんでしたがおしゃれな格好をして登校してきたのは長崎市立佐古小学校に入学する新1年生8人 <中略> 創立109年、全校児童79人の佐古小学校は来年仁田小学校と統合され、新しい小学校に生まれ変わる予定で佐古小としては今回の入学式が最後となる見込みです。
            NCCニュースより

以前から「佐古小学校」と「仁田小学校」はすごく近い場所にあるとは思っていましたがやはり統合されるのですね

長崎市のHPの議事録を見ると

・ 佐古小学校及び仁田小学校の統廃合計画について、両校の現状を踏まえ統合形態について協議を行った結果、新設統合とすることが決定され、新設校の仮称を仁田佐古小学校とすることが決定された。

となっていますがどうやら統合された後は「仁田佐古小学校」という名称になり現在の佐古小学校の場所に新校舎が新設されるみたいですね(「佐古小学校同窓会」のFB参照)
子供たちにすればやはり生徒数が多いほうがいいでしょうが卒業生にとっては寂しいでしょうね・・・統合されるということは「仁田小学校」「佐古小学校」は消えるわけですから

女房の母校である「磨屋小学校」も統廃合のせいで現在は「諏訪小学校」となり校舎自体は元あった場所に建っているのですが「あれは新しい小学校で私の母校とは違う」と言っています

仁田・佐古01-2
この仁田小学校は校舎を含めすべてが無くなるんですね・・・

「磨屋小学校」「新興善小学校」「勝山小学校」「立神小学校」「北大浦小学校「南大浦小学校」「浪の平小学校」「野母小学校」「樺島小学校」「脇岬小学校」「高浜小学校」などここ10数年で消えた小学校はいくつもあります(統合して「諏訪小学校」「桜町小学校」「大浦小学校」「野母崎小学校」などが誕生していますが)
「少子化」のせいで子供たちが少なくなってきているのですから小学校の統廃合は時代の流れでしょうがないでしょうが、このまま進むと未来はいったいどうなってしまうのでしょうか・・・私の母校である「西城山小学校」は兄の時代に「城山小学校」から分かれてできたのですがそのうち再び統合されるという可能性も無きにしも非ずですね(^^;

「長崎県議会選挙」や「長崎市議会選挙」も行われていますが「少子化」のことを真剣に考えている候補者がいるのでしょうか・・・ホント心配です


ssiimm at 09:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年04月07日

中村小山三丈が大往生(T_T)

前のパソコンが壊れて新しいのに買い換えたのですが、買ってからもしばらくはパソコンの設定に忙しくニュースや昔の仲間のメーリングリストには目を通していませんでした
ところがブログのアクセスを見ると以前書いた「小山三さんが泣いている」という記事が異常に検索されているので何故かなと思ったら・・・何と歌舞伎界の最高齢だった中村小山三丈がお亡くなりになったそうです(T_T)

現役最高齢の歌舞伎俳優で、三代にわたって中村勘三郎家に弟子として仕えた中村小山三(なかむら・こさんざ)さんが6日午前11時24分、虚血性心不全のため東京都内の病院で死去した。94歳だった。東京都出身。葬儀は9日午前11時から東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺で。喪主は歌舞伎俳優の中村勘九郎(なかむら・かんくろう)、七之助(しちのすけ)さん。
4歳で十七代目中村勘三郎に入門し、1926年初舞台。59年に二代目中村小山三を襲名した。女形の名脇役として十七代目、十八代目勘三郎の舞台を支える一方、現在の中村勘九郎、七之助兄弟の師匠番として勘三郎家の芸の継承に尽くした。
             時事通信より

最初にお会いしたのは今から40年くらい前になりますから当時は50歳代だったのですね・・・プライベートで父親以上の世代の人と知り合うなんて全くありませんでしたからもっと年上だと思っていました
その当時は歌舞伎役者は長生きだというのが定説で「尾上多賀之丞さん」「坂東弥五郎さん」など90歳以上で出演していた方も結構いらしたんですがいつのまにか現役最高齢になられていたんですね

小山三さん
考えてみると年に数か月間で10数回お会いしていたとしてそれを4年(5年かな?)間ですからサークル仲間や遊び友達などを除けばへたな同級生より顔を合わせていたのかもしれませんね・・・親しく話をしたことはほとんどありませんからあまり実感はありませんが(^^;
でも厳しい反面初めて六本木に飲みに連れて行ってくれたり銀座でランチをご馳走してくれたりとちょっと大人の世界を垣間見せてくれた忘れられない方でした

歌舞伎の世界では表に出ることがない「脇役」がメインでしたが「中村屋」の番頭として先々代・先代の「中村勘三郎」に仕えたことで知られていましたし、お二方が相次いで亡くなられた時にはテレビの特別番組でもよくお顔を見せていらしましたね

最近は舞台上がることもなかったそうですが94歳で現役のまま亡くなられたのですから大往生じゃないのでしょうか・・・天国で17代・18代に会ったときのために昨年は「松尾芸能賞功労賞」というご褒美もいただいていますし

改めてご冥福をお祈りいたします


ssiimm at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: