本の散歩道

2014年08月08日

文庫本の話題

昨夜ブログにリンクを貼らせて戴いている「千々石deその日暮らし」さんの記事を読んでいると辞書の話題がありました・・・ふと懐かしくなって若い頃に何度も読んだ角川文庫発行の無料文庫「辞書の話」という本を読みたくなり本棚を探しましたが結局は見つけることは出来ませんでした^^;
でも代わりに懐かしい文庫本を見つけたのでそのことを書いときます

文庫本01
最近は岩波文庫にもパラフィン紙がかかっていませんがずっと前には新潮文庫にもパラフィン紙がかけてあったのですね・・・まったく覚えていませんでした

文庫本01-2
パラフィン紙(正確にはグラシン紙というみたいです)は数十年経つと傷んできますが中はきれいなままですからちょっとすごいですね(^^)
ところでこの新潮文庫版の「中勘助集」「珊瑚集」はまだ発行されているのかな?

文庫本02
パラフィン紙というとやはり岩波文庫が懐かしいですね
ところでこの2冊は先日読んだ坂崎重盛さんの「絵のある」岩波文庫への招待」に触発されて記事にしようと思い本棚から引っ張り出してきたのですがよく見ると「絵のない絵本」は★1個で「水滸伝」は☆が2個になっていますね・・・★の頃は1個につき50円でしたが☆になると100円になっています
そういえば★が50円だった頃に例外的に40円だった本が(多分)1冊だけありましたね、面白く思い購入したはずなのですがどこに行ったのやら^^;

文庫本02-4
「絵のない絵本」には懐かしい紐しおりが付いていますね

文庫本02-5
「水滸伝」では紙の栞になっています・・・でもこの本はいつ購入したのかな?
最初水滸伝を読んだのは高校図書館にあった本でしたからその後懐かしくなって買ったのでしょうか?

文庫本03
そういえば「旺文社文庫」なるものもありましたね
学校の図書館には多くの人が読んでも破れないようにハードカバーの旺文社文庫が置いていたのも懐かしい記憶です

文庫本は若い頃から好きでよく買っていたのですが老眼になってからは読むのが辛く久しく遠ざかっていました・・・実は最近ちょっと嵌っている時代小説があり久しぶりに読んでいますがこれは活字がちょっと大きいので助かっています^^;



ssiimm at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月24日

「神保町公式ガイド」ですって(^^)

長崎市立図書館に行くと目的の本以外にも何だか面白そうな本が目に入るとなるべく借りるようにしています

神保町01
今回目に留まったのはこの「神保町公式ガイド」というムック本です・・・「Vol.3」となっているからには1と2もあるのでしょうが初めて目にしました

この神保町界隈には学生時代からしばらく東京で働いていた時期も合わせると6〜7年は通ったでしょうか・・・今でも一番思い出が残っている街です

神保町01-2
若い頃は本好きでしたから神保町に建ち並ぶ「書泉ブックマート」「書泉グランデ」「三省堂」「東京堂書店」などを初めて見たときには感動すら覚えました・・・その後はお決まりの古本屋巡りにも嵌りましたが何よりこの街を歩き回るのがホント楽しかったですね(^^)
本来は大学の1・2年生の頃は校舎は杉並区にあったのですがサークルに顔を出すのを口実に毎日のように訪れていました

神保町01-4
地図を見ると当時の思い出がいろいろと蘇ってきますが当然40年ほど前の出来事ですから記憶違いもありますし街自体かなり変わっていますね・・・10年ほど前に訪れた時は「怖さ」を感じたほどです

・珈琲店にもよく足を運びましたが当時オープンした「古瀬戸珈琲店」や「さぼうる」の名前がありますし「神田伯剌西爾」もまだ営業を続けているみたいです・・・古書店の2階にあった「ブラック&ホワイト」やすずらん通りの「珈琲館」はもう無いのかな

・当時から「歴史がある」といわれていたビアホール・レストラン「ランチョン」はいまだに健在ですね・・・考えてみるとランチタイムに生ビールを飲むなんてこのお店でしか経験していません^^;

・学生時代には麻雀もよくやりましたが猿楽町のよく通った雀荘は「地上げ」騒動のときになくなっちゃいました(T_T)

・パチンコホールの「人生劇場」や「文庫川村」それに変わった名前で記憶に残っている「レオ・マカラズヤ」もまだあるみたいです

・当時ランチを食べ歩いたお店は残っているのでしょうか・・・10年前には天丼の「いもや」はまだありましたが近くに何軒かあったとんかつ屋さんはほとんど残っていませんでしたね

・東京を離れた後に時々利用していた「ニュー駿河台ホテル」も閉館したみたいです

「神田すずらん通り商店街」のHPも懐かしくて時々見ているのですが街並は悲しいほどに変わっているみたいです


書き出せば切がありませんね・・・まだまだ続くかもしれません^^;



ssiimm at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月17日

「浜んまち検定」と「浜んまちお店図鑑」ですって(^^)

以前も書きましたが最近は女房の用事に付き合って浜町に何度も足を運んでいます

浜町検定00
今日も女房の用事が済むまであちこちさるいたのですが、その途中で建設中の「ハマクロス411」前の壁面にある浜町の案内板に気になるポスターを発見しました

浜町検定01
何でも「浜んまちお店図鑑」・「浜んまち検定」本というのが完成したそうです
どうせ最近流行の「検定」と同様に検定を受けさせて高い受験料でも取るのかと思いきや・・・何と無料で配布しているとのこと(゜o゜)

浜町検定02
そんなわけで配布場所である「WITH長崎」の4階にあるという「浜市事務所」へと向かいました
でも4階に上がっても昼間なので閉まっている飲み屋さんばかりで照明もついていなくてなかなか見つかりません・・・2周してやっとそれらしき鉄の扉を発見しました^^;

浜町検定02-2
考えたらWITH長崎に入るのもかなり久しぶりですね・・・1階はまだしも2階より上に上がったのは(故人となった)高校時代の同級生がやっていたワインバーを訪れて以来でしょうから何年ぶりになるのかな?
ここは娘が飲みに行ったことがあるらしい「辛辛」というお店ですがこのビルが出来たときには「サントリー・ジガーバー」というのがありましたよね・・・たしか女房と一緒に飲みに入った記憶があります

浜町検定03
これが「浜市110周年記念事業」として発行された「濱んまち検定」と「濱んまちお店図鑑」です

浜町検定03-2
これが「濱んまち検定」の目次ですがなんとなく見覚えがあるような内容がいくつかあると思ったらミニコミ誌の「ハマスカ」に掲載したものをまとめたみたいですね・・・長崎新聞での紹介記事はこちら

浜町検定03-3

浜町検定03-4
それでも当然知らなかった話題が多く載っていますから結構楽しい本になっています

浜町検定04
一方の「濱んまちお店図鑑」は浜町周辺のお店の話題ですからこの「珈琲YOSHIO」にしろ

浜町検定04-2
「増倉印店」にしろ私がブログで触れたお店が数多く紹介されています(^^)

結構製本もしっかりしているし内容も面白いので無くならないうちに貰いにいくことをオススメします・・・何せ無料ですから損するわけもありません(^^)

浜町検定01
それはそうとこのポスターの下の方に書いている「好文堂書店3階の『まちぶら休憩所』が工事のため撤去」とあるのはちょっと気になりますね・・・カフェでも出来ると面白そうですが^^;


ssiimm at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月07日

テレビ欄の「遊び」&最近読んだ本

最近は暇があると長崎市内及び近郊にある図書室・図書館を回っていますが当然気に入った本があると借りていますが、そんな中で割と気に入った本をちょっと紹介しておきます

でもその前にネットで知った新聞のテレビ欄で行われているちょっとした遊びを

新聞01
これは今朝の新聞ですがNHKで久しぶりに野球放送があるんですね
以前だと対戦カードと解説者名くらいしか番組欄には書かないのに民法のドラマみたいに長々と「見所」の紹介を書いています

新聞01-3
でもよく見ると赤枠で囲ったところを縦に読むと「6月野球も熱い!」という文章が隠れていますね(^^)
先週あたりのヤフーのニュースで知ったのですが最初やり始めたのは北海道新聞のテレビ欄みたいですね・・・NHKでも先日からやっているので普段はほとんど目を通さないテレビ欄についつい目が行ってしまうようになりました(^^)

本01
長崎近郊の郷土史はいろいろ出版されていますが先日もちょっと紹介したこの「長崎市三重地区の郷土誌」は三重地区に縁が無い私が読んでもなかなか面白かったですね
普通の郷土誌だと地図や表・グラフなど客観的な資料でその地域の推移を紹介するのに多くのページが使われているのですがこの本「どこにでもある村のどこにもない歴史」という副題が示すように著者の主観で書かれているので郷土史というより「三重地区の物語」といった感じでかなり読みやすくなっています

本いろいろ03
この「長崎の食文化」という本は市立図書館や県立図書館で見かけたことがないのは書庫に収納されているのでしょうね・・・いろんな方が寄稿されているのですがたとえば「ちゃんぽん」の由来だけでもいろんな郷土史家によって意見が分かれているのですね

本いろいろ01-3
いろんな図書館を回っていると開架式が多いので新刊を含めて今まで目にしたことがあまりない本が並んでいるのも楽しいですね・・・これらの本の中では10年ほど前に出版された「長崎石物語」というのが結構読み応えがありました

本いろいろ01
「千々石deその日暮らし」さんのブログで紹介されていなかったら「大村市史」など読むこともなかったでしょうね・・・まだ第三節の「大村氏の出自」しか読んでいませんが今まで時折目や耳にした大村史とは一線を画した本だと思います

本02
「サライ」は以前は時々購入していたのですが最近は面白そうなバックナンバーを図書館で借りるくらいになりました^^;
この号を借りたのは当然「心尽くしの日本酒」という記事に惹かれたのですが

本02-3
最後のほうに載っていた新刊書の案内に何と(今までに何度か記事に書いたことがある)中村小山三さんの本が取り上げられていました(゜o゜)

本02-4
そこで(本来なら購入するべきなのでしょうが)長崎市立図書館ネットワークで調べると市内の図書室に1冊だけ置いていましたが何と我が家から一番近い「小江原ふれあいセンター」でした
「小山三ひとり語り」という題名どおり本人が書いたのではなくインタビュアーが質問することに対して過去の話をするという形式でした・・・もう40年近くお会いしていませんが当時の口調を思い出させてくれる懐かしい本でしたね(^^)

本いろいろ01-2
小山三さんは学生時代に知り合えたのですがこの本の著者である山田拓民さんはもっと以前・・・私が子供のころの隣の小父さんでした^^;
ずっと長崎商業の先生をしていたので「ヤマちゃん」や「福岡在住のブロガーの方」も教わったかもしれませんね



ssiimm at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月16日

香焼図書館で平湯先生の本

香焼町には何故か最近よく訪れていますね・・・先日は「弘法大師祭り」で円福寺に来たばかりですが今回は香焼図書館にやってきました


香焼図書館01
ここは旧・香焼町役場である現在の長崎市役所香焼支所です・・・香焼図書館には駐車場がないのでここに車を停めさせてもらいました

香焼図書館01-2
ちょっと中に入ってみることにしました

香焼図書館01-3
まぁ普通に市役所の支所ですね^^;

香焼図書館01-4
そこから歩いて図書館に向かいます

香焼図書館01-5
表の通りに出ると先日も目にした船着場がありますがどこ行きの船が発着するのでしょうか・・・

香焼図書館02
そのすぐ近くにあるのが今回の目的である香焼町図書館です
今でこそ長崎市立図書館がありますが数年前まではここが長崎市立の図書館の中では一番の蔵書数を誇っていたみたいですね・・・県立図書館や長崎大学図書館は別格ですが長崎市が運営する図書館としては当時若草町にあった「図書センター」よりはずっと立派な図書館です

香焼図書館02-2
1階は児童書や小説の類が並んでいるので2階に向かいます

香焼図書館02-3
こちらが2階ですがメインは郷土資料ですね

香焼図書館02-4
一番奥には「村井喜右衛門 オランダ船引き上げの模型」なるものが展示されていましたが

1798年10月17日、オランダ船エリザ号が長崎港入り口の神の島付近で座礁し沈没した。エリザ号のスチュアート船長の依頼で幕府は何度も引き上げを試みたが、ことごとく失敗に終わった。
香焼村、栗の浦に仮屋を構える村井喜右衛門が無償で引き上げを申し出、式見など近隣の漁師たちに呼びかけ、150艘もの小船と、柱を海中に立て滑車をつかって、潮の干満と風を利用して引き上げに成功した。エリザ号は無事修理を終わって出帆することができた

ということだそうです

香焼図書館03

香焼図書館03-2
ここの図書館には長崎の郷土資料が数多くりますね・・・数は長崎市立図書館が多いのでしょうがここはすべて開架式なので背表紙を見ているだけでも楽しいです(^^)

香焼図書館03-4
そんな中私がこの図書館にまで来たのは長崎市立図書館に置いていないこの本があるからです・・・「図書館を生き返らせる」という私の高校時代の恩師である平湯文夫先生の著作シリーズなのですが知っている人はいないでしょうね^^;

香焼図書館03-5
ついでに借りたのは「樂」の前の号の特集「長崎の本棚」で紹介されていた「島内八郎めもあーる」と「史談切り抜き帳」・・・そういえば「樂」で長々と紹介されていた越中哲也さんの「長崎学の人々」という本の中にはやはり高校時代にお世話になった日本史の田中敏郎先生の名前が載っていましたね

香焼図書館03-3
何気に図書館で無料で配布していたこの「乙女の長崎 プチバカンス」というシリーズは初めて目にしたような気がします・・・

香焼図書館04-2
「長崎さるく」のコースマップ「香焼界隈」にこの香焼図書館が書かれているのはなぜかなと思ったら先ほどの「エリザ号」の模型の紹介だったのですね

香焼図書館04
その「香焼界隈」を少し回ってみることにしましたが続きはそのうち・・・^^;


ssiimm at 10:18|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2014年04月19日

図書館の本・・・その3かな?

前の記事で書いた長崎市立図書館やあちこちの「ふれあいセンター」で借りた本の一部です

本01
ニュースにもなったからご存知の方は多いでしょうが「新長崎市史」がこの第3巻「近代編」で完結しましたが思ったより早かったですね・・・どこの図書室に行っても必ず置いていますし借りる人もほとんどいないみたいです


本01-2
これは以前から時々借りている「ナガサキ インサイトガイド〜長崎を知る77のキーワード」ですが市立図書館の本に比べるとずいぶんきれいなので思わず借りてしまいました^^;

本01-3
スティーブン・ハンターの「ボブ・リー・スワガー」シリーズの続編がいろいろ出ているとは知りませんでした・・・以前は本屋で購入していましたが図書館にもあるんですね

本01-4
東野圭吾さんの小説は江戸川乱歩賞を受賞した「放課後」以来のファンですが最近気に入っているのが「新参者」の加賀恭一郎シーズですがその短編集です・・・考えてみると最初に「放課後」を図書館で借りたのは20数年前でまだ長崎市立図書館が出来る前の若草町・図書センター時代でしたね

本01-5
夢枕獏さんも好きなシリーズが多いのですがこれは「千々石deその日暮らし」さんの紹介で知った「大江戸恐竜伝」です・・・市立図書館では貸し出し中が多いのですが「ふれあいセンター」の図書室には5巻揃っていました(^^)


本02
図書室や公民館にはこのような地域限定の小冊子を入手できるのも楽しいですね
今までにもいろんな市場や商店街のガイドブックを入手しましたがこの「築町ドラマチック」はかなりいい出来だと思いますし、「西町さるくマップ」も面白そうです



ssiimm at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年02月01日

「メアリー・ポピンズ」が復刊!

復刊ドッドコム」というサイトに登録しているのですが先日のメールを見ると何と「メアリー・ポピンズ」の本が復刊されるそうです(゜o゜)

■『メアリー・ポピンズとお隣さん』

【著者】P.L.トラヴァース 著 / 小池三子男 訳
【発行】復刊ドットコム
【予価】1,470円(税込み)※予価の為、価格が変更する場合がございます。
【発送時期】2014/03/下旬

P.L.トラヴァースによる「メアリー・ポピンズ」シリーズ7作のうち、手に
入れることができなかった3つの名作が25年ぶりに帰ってきました!
新たな翻訳・新たなイラストでの新装復刊です。

復刊第1弾は、お馴染みのバンクス一家のお隣に“恐怖の聖女”と謎の少年が
引っ越してきて騒動が巻き起こる『メアリー・ポピンズとお隣さん』。その
少年をめぐり、メアリーとバンクス家の子どもたちが大活躍するお話です。
『メアリー・ポピンズとお隣さん』は、シリーズ前4作を書いてから、54年後
にトラヴァースが著したシリーズ最終作。
なぜトラヴァースは、長い空白の後この作品を書いたのか?
本作を読んで、その秘密をぜひ探ってください!

★「メアリー・ポピンズ」シリーズ 今後の刊行予定
第2弾『さくら通りのメアリー・ポピンズ』…2014年4月刊行予定
第3弾『メアリー・ポピンズ AからZ』…2014年5月刊行予定
※この2作については、後日、準備が出来次第予約を開始いたします。

だそうです

私が「メアリー・ポピンズ」を知ったのは小学生の頃にディズニー映画の「メリーポピンズ」を見てからですね
新地近くにあった「新世界」という映画館で見たのですが本当に面白くて何と3度も見てしまいました・・・当時の映画館は座席の入れ替えは無かったので何度でも見ることができたのですが、必ず2作品を上映していたのでさして面白くは無かった併映の作品も見なきゃいけなかったのがちょっと辛かった記憶があります^^;

その後岩波書店から出版されていた本を読んだのですがこれは更に面白かったですね・・・「風に乗ってきたメアリー・ポピンズ」と「帰ってきたメアリー・ポピンズ」が1冊になっていた以外に「とびらをあけるメアリー・ポピンズ」「公園のメアリー・ポピンズ」と中学生から高校生にかけて何度読み返したことでしょうか

このころは「ファンタジー」というジャンルが無かったので全て「童話」になっていましたが、読んだ感想は「子供向けじゃ無いな」でしたね^^; この後に嵌った「ナルニア国物語」と並んで一番何度も読み返した本でしょう

この「メアリー・ポピンズ」の中のエピソードに出てくる王子様の話を読みたくて神田の古本屋で「ラングの童話集」を買ったこともありました

このほかにも「メアリー・ポピンズ AからZ」「メアリー・ポピンズのお料理教室」の存在は知っていましたがいずれも物語ではなく、「とびらをあけるメアリー・ポピンズ」で物語自体は終わったとばかり思っていたのです・・・ですから「メアリー・ポピンズとお隣さん」が50年以上も経って新たに書かれていたとは全く知りませんでした(゜o゜)



ssiimm at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: