ちょっとお出かけ

2017年12月14日

大村の「溝陸」あたりのお店をさるきました

「古都うどん幸町店」でランチを食べた後は近くの店を少し見た後に諫早市に隣接する大村市の溝陸地区にある大型店舗を少し見て回りました

溝陸01
永昌町の交差点から旧・長崎街道を諫早ニュータウン方面に進み「北バイパス」を突っ切って白岩町を通り川を越えて到着したのが大村市の溝陸町です・・・訪れるのは4年ぶりくらいですね
ここにはいろんな大型店が出店していますが取りあえずは「 ファッションセンターしまむら 諫早西店」にやってきました・・・以前も書きましたが大村市にあるのに「諫早西店」という名前にしたのは「諫早ニュータウン」や「諫早西部台」をターゲットにしているのでしょうか?

溝陸01-2
最近「しまむら」に寄ると探している商品があるのですが

溝陸01-3
それが先月か先々月に購入したこの室内着・・・むちゃくちゃ暖かくてかなり気に入っているのですが時津・福田・大村に続いてこの店舗でも見つけることが出来ませんでした(T_T)

溝陸02
続いてやってきたのは隣の敷地にある「マックスバリュ溝陸店」ですが前回来た時に比べるとお店がかなりきれいになっていますね(゜o゜)
どうやら昨年リニューアルしたみたいですが、すぐ近くの「グリーンヒルズいさはや西部台」に「イオンタウン」ができるとどうなるのでしょうか(^^;

溝陸02-2

溝陸02-1
外観もですが店内もきれいですね・・・先日訪れた「エレナ葉山店」に匹敵するのじゃないえしょうか

溝陸02-3
すぐ近くにある「マックスバリュ」でも購入できるのでしょうが女房はいろいろ買っていました(^^;

溝陸02-4
このお店の「お惣菜バイキング」は100g138円だそうです

溝陸03
今回は寄りませんでしたが近所には「ドラッグストア モリ」や「コスモス」などもありますね

溝陸04
「ホームワイド溝陸店」にやってきました

溝陸04-2

溝陸04-3
ここの花売り場は種類が豊富ですね
近くに競合店が無いので価格は時津の「ナフコ」や「コメリ」ほど安くはありませんが品揃えは地域一番だと思います

溝陸04-5
ほとんどが屋根の下なので多肉植物や洋ランなども外で販売しています

溝陸04-6
POPに商品説明が大きく書かれているのもいいですね(^^)

溝陸04-7

溝陸04-8
店内の奥にペットコーナーがあり犬・猫などの生体や「観賞魚」も販売しているのには前回は気が付きませんでした(^^;


ssiimm at 09:32|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月07日

皿山器替えまつり・・「アイユー」でお買い物

まだ12/3で波佐見にいます(^^;
今回波佐見に来たのは「皿山人形浄瑠璃」もですが「波佐見皿山器替えまつり」の「アイユー」で買い物をすることでした(^^)

器替えまつり06
「皿山人形浄瑠璃」を見終わったので先ずは一番近い「田澤幸祥窯」に寄りました

器替えまつり06-2
毎回破格の値段で小皿などを販売しているのでここのお皿は我が家に結構ありますね(^^;

器替えまつり06-3
女房はこのお店の犬に会うのが楽しみだとか・・・

器替えまつり07
今回は皿山公民館で「うどん」を販売していました・・・でも「おにぎり付き」とはいえ500円ですからこの日のランチで食べた「きまぐれ」からするとちょっと(^^;

器替えまつり07-2
その先の空き地を利用して「濱田屋」というお店が販売していました

器替えまつり07-3
昨年から参加していますがこのお店は「浜陶」といって波佐見町役場近くの宿郷にある会社なんですよね・・・販売より「おもてなし」に力を入れているような気がします(^^;

アイユー01
ここが毎回訪れている「アイユー」です

アイユー01-2
過去にもいろんな飲食店が店内に出店していましたが今回は「清旬の郷」の敷地内に今年の春にオープンした「リトルハニー波佐見店」が出張販売をしていました(^^)

アイユー01-3
ここでも毎回「おもてなし」を行っているのですがちょっと奥まっているので多くのお客さんは気づかないみたいです・・・今回は昨年と同じく「まんじゅうor浅漬け」でしたから

アイユー01-4
私は「浅漬け」を頂き

アイユー01-5
女房は「一口まんじゅう」にしました

アイユー01-6
実はこのちっちゃなお皿を買うのが目的で「アイユー」にやって来たのです
今年の「波佐見陶器まつり」で見かけて女房が取りあえず1個買ったのですがかなり気に入ったので「使わなくなった器を持参すると新品が半額で買える」という「器替えまつり」で買おうと思っていたのです(^^)

アイユー02-1-2
正式名は「重宝皿」というそうですね
定価は648円でこの日はセールで20%引きで540円なんですが古い器を持参すると324円で購入できるのです・・定価ではちょっと高いかな(^^;

アイユー02

アイユー02-2
いろんなデザインがありますし

アイユー02-3
何せ人気店ですから「重宝皿」以外の器も豊富に揃っています

アイユー02-4
数年前にデビューした「キリトル」シリーズも健在ですね

アイユー03
結局今回購入したのはこの2点ですが・・・やはり「波に千鳥」のデザインを選んでしまうのは長崎人だからでしょうか(^^)



ssiimm at 09:43|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月06日

波佐見「皿山人形浄瑠璃」で「壺坂霊験記」

ランチも食べていよいよ「皿山人形浄瑠璃」です(^^)

皿山人形浄瑠璃01
6年前の前のことがあるので今年も開演30分前には会場である「皿山人形会館」に到着しましたが縁側では三番叟の人形がお出迎えをしています(^^)

皿山人形浄瑠璃01-2
舞台の前にこの日行われる演目を書いていますが

皿山人形浄瑠璃01-3
実は「器替えまつり」の最中に庭先回り(?)と遭遇していたので「壺坂霊験記」を演じることは判っていました(^^;

皿山人形浄瑠璃01-4
今回も保存会会長の挨拶からスタートです
毎回ですがこの時にあらすじを話してくれるのはいいですよね・・今回の「壺坂霊験記」も私の親たちの世代にとっては浪曲などで慣れ親しんだ物語でしょうがテレビで育った今の人たちは「お里沢市」と言っても全く判らないと思います(女房も知りませんでしたし(^^;)
そういえば浪曲の有名な「妻は夫をいたわりつ、夫は妻に慕いつつ〜」のくだりは過去に何度か聞いた記憶がありますがどこで聞いたのでしょうね・・・父親も時々口にしていましたが・・・続きの「頃は6月中の頃、夏とはいえど片田舎〜」までは覚えています

皿山人形浄瑠璃01-5
お馴染みの義太夫語りのお二人も席に着き

皿山人形浄瑠璃02
定式幕が開き柝が入りいよいよスタートです

皿山人形浄瑠璃02-1
この日演じられるのは「山の段」ということでその前にある有名な「三つ違いの兄さんと〜」という件を聞く事はできませんでした(^^;

皿山人形浄瑠璃02-4

皿山人形浄瑠璃02-5
「お里」の行く末を思い自ら崖下に身を投じる盲目の「沢市」

皿山人形浄瑠璃02-6

皿山人形浄瑠璃02-8
それに気付いた「お里」もくどきの長セリフの後に「沢市」の後を追います

皿山人形浄瑠璃03
その後二人が参拝した壺阪寺の観音菩薩の化身が登場

皿山人形浄瑠璃03-3
二人を蘇らせた上に盲目だった沢市の目も見えるようになりました

皿山人形浄瑠璃03-5
この奇跡に二人で喜び舞い踊るシーンで幕になります
上演時間は30分強でしたが女房は「最後の踊りの意味があまり判らなかったのに長過ぎた」そうです(^^;



ssiimm at 09:41|PermalinkComments(2)clip!

2017年12月05日

波佐見の「宇和島うどん きまぐれ」

「波佐見皿山器替えまつり」に参加している8軒のうち5店舗を回った時点で12時ちょっと前・・・「皿山人形浄瑠璃」は午後1時半からですし先にランチを食べることにしました


ロンドンバス01
数年前に入ったことがある「山ぶどう」という蕎麦店はその後店を閉めていたのですが今年再オープンしたそうです・・・でも「レストラン ロンドン」という名前に変えたのかな?
表に全くメニューの表示はありませんしそもそも何料理を出すのか全く判りませんから入る勇気はありません(^^;

ロンドンバス01-2
お店の駐車場に停まっているのは2階建ての「ロンドンバス」ですが

ロンドンバス01-3
実はカフェになっているそうです・・・この説明文は多分以前の所有者だった「ホテルオークラ JRハウステンボス」で「カフェ・マルセル」として稼働していた時の物みたいですね
このロンドンバスのことは「現代の名工」である「治甫窯」さんのフェイスブックで知りました(^^;

ロンドンバス01-4
ランチメニューがあればここで食べても良かったのですがこの日は最初から行こうと思っていたお店もあったのでパス・・・ホットドッグはあまり食べたいと思いませんですし(^^;

きまぐれ01
結局やってきたのは皿山の隣である稗木場郷にあるうどん店「きまぐれ」というお店です
ずっと以前から存在は知っていましたが女房は外でうどんを食べたがらなかったので今まで入ろうと思ったことはありませんでした・・・でも最近は大村の「やまと」や「春の家」でうどんを食べる機会が増えたので大丈夫だろうと思いやってきたのです
ちなみに波佐見のランチ情報は「波佐見町観光協会」とこちらのサイトを参考にさせてもらっています・・・何せ最低でも毎年「陶器まつり」と「皿山人形浄瑠璃」の2回は波佐見町内でランチを食べていますから(^^)

きまぐれ01-2
2010年12月にオープンした割にはきれいな店内ですね
8人掛けのテーブル席と小上がりの他カウンターも10席ほどあります・・・「波佐見町観光協会」の記事によると「宇和島うどん」のお店だそうですが店内には全く表示が無いですね

きまぐれ02
寄ってみようと思ったのは何よりその料金・・・何せ「かけうどん」が280円からあるんです(^^)

きまぐれ02-2
他のメニューも総じてリーズナブルで「ごぼう天うどん」や「丸天うどん」も380円です

きまぐれ02-3
丼メニューもありますがセットにすると100円安くなるそうです・・・無論最近とみに少食になった私たちが注文することはありませんが(^^;

きまぐれ02-5
各種おでんの他に「ご自由にお取りください」で天かすなどがあります

きまぐれ03
女房が注文するのはいつも基本のかけうどんですがこれで280円です(^^♪

きまぐれ03-2
「天ぷらは10〜15分かかる」とメニュー表に書いてあったので私は「温玉うどん」380円にしました
宇和島うどんというのは今まで食べたことがありませんがかなりもちもちしていて思った以上に美味しかったですね・・・女房もかなり気に入ったみたいです(^^)

ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月04日

波佐見皿山器替まつり2017・・その1

最近は12月の第1日曜日の楽しみは波佐見町で行われる「器替まつり」と「皿山人形浄瑠璃」を見に行くことになりました(^^)

器替えまつり00-2
今年も高速を東彼杵で降りて川棚経由で向かいましたが「川棚駅前」まで1時間弱で来ることが出来たのはやはり日曜日だったからでしょう

器替えまつり01-6
これが今回の参加店マップですが昨年に比べると「陶秀堂」「ギャラリー源」の2店が減って8軒になっていますし「スタンプラリー」も行われなくなりましたね(T_T)
特に「生大根の漬物」&「モツ煮込み」を提供していただいていた「陶秀堂」が参加しないのはかなりガッカリです

器替えまつり01
最初に寄ったのは今回も「器楽館 孝商」です

器替えまつり01-1
やはり「半額」の効果は大きいみたいで私たちがいる間にも大きな花瓶が売れていました

器替えまつり01-3
こんな可愛い「箸置き」もあるんですね(^^)

器替えまつり01-5
例年だと趣を凝らした和菓子の「おもてなし」があったのですが今年はお菓子と沢庵・・・私としてはこの沢庵が気に入りましたが(^^;

器替えまつり02
続いてやってきたのは一昨年の「現代の名工」にも選ばれた「立井治甫」こと立井清人さんの「治甫窯」です

器替えまつり02-2
敷地内にはいろいろな作品が並べられていますが

器替えまつり02-3
ここでの楽しみは私の場合年に一度しか食べない「イモの天ぷら」です(^^;
「器替えまつり」は二日間行われるのですがFBによるとこの日だけの提供だったみたいです

器替えまつり03
ずっと以前は店頭で「焼き芋」を焼いていた「松尾陶器」ですが最近は行わなくなりましたね

器替えまつり03-2
いつもながら「手洗い器」の品揃えが豊富です

器替えまつり03-3
何気に店内の小物を見ていると・・・何と我が家にある「河童の箸置き」と一緒のものがあったのにはビックリ(゜o゜)

器替えまつり03-4
ところでこのお店の前では毎年野菜を販売しているのですが今回は女房が白菜やジャガイモを購入していました(^^;

器替えまつり04
ちょっと後戻りをして「利左エ門窯」に寄ってみました

器替えまつり04-2
ここでの「おもてなし」は「饅頭&みかん」ですから女房の大好物です(^^;

器替えまつり04-3
ここは展示方法が他の店とは違っていて素晴らしいですね(^^)

器替えまつり05-1
単純に器の素晴らしさではここ「正光窯」でしょうね

器替えまつり05-2
「網目焼き」の素晴らしい作品が並んでいますし

器替えまつり05-3
小物もとても手が込んでいます

器替えまつり05-4
ここでの「おもてなし」は今回も「餅入りぜんざい」
無論私は断ったのですが聞こえなかったみたいで持ってきちゃいました・・・結局私は餅だけいただき「ぜんざい」は女房に食べてもらいました(^^;


ssiimm at 09:41|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月01日

雲仙から諫早・天祐寺・・長崎の紅葉2017

先日は孫の「お宮参り」で南島原に行ったのですが、帰りは雲仙を越えることにしました

雲仙01
口之津から雲仙に向かう途中で見かけたこの「日日観世音」というのは何でしょ?

雲仙01-2
さらに上がると「エコパーク 論所原」という施設がありましたがこちらも初めて目にしました・・・キャンプや乗馬もできるそうです

雲仙01-4
雲仙温泉にやってきましたが昼間だというのに結構見物客が多かったですね

雲仙02
わざわざ雲仙まで来たのはこの「かせやカフェ」に寄るのが目的でした・・・過去に何度か書いていますがカフェと言ってもメインはパン屋さんで、大村の「キートス」と並んで私のお気に入りなんです(^^)

雲仙02-2
ところが残念なことにパンはほとんどが売切れ(T_T)
女房は残ったパンを幾つか購入していましたが(^^;

雲仙03

雲仙03-2
普段は雲仙からの帰り道には小浜経由で行くのが多いのですがこの日は国見方面へ向かう道にしたのはまだ紅葉が残っているかなと思ったからなんですが・・・残念ながら見頃はとっくに過ぎていました(^^;

天祐寺01
長崎に戻る途中諫早あたりを走っている時にちょっと眠気を感じてきたので・・・眠気覚ましに少し歩こうかと思い立ち寄ったのは諌早でも由緒あるお寺の「天佑寺」です

天祐寺01-2
以前も寄ったことがあるのですが別の場所から入ったのでこの大きな岩の上にあるお地蔵さまは初めて目にしました

天祐寺01-4
ここの参道の紅葉はまだ残っていました(^^)

天祐寺02
山門もいい感じですね(^^)

天祐寺02-2
その手前に案内板があったので先ほどのお地蔵さまが「背比べ地蔵」と呼ばれているのを知りました

天祐寺02-3
案内板が無かったら「坤松山(こんしょうざん)」も読めなかったでしょうね(^^;

天祐寺02-4
境内に足を踏み入れると眼の前に現れるのがイチョウの大木!
天祐寺02-5
本堂まで行って振り返ると

天祐寺02-7
かなり散っていましたが青空を背景にまだ見事な黄色の葉を見せてくれています

天祐寺02-8
このお寺には「奥の院 虚空蔵」という紅葉の名所もあるのですが眠気も取れたのでこの日はパスしました(^^;

ssiimm at 09:17|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月25日

写真館から口之津「四季膳 清香」で食事会

南有馬の「天満神社」で宮参りを済ませた後はお決まりの「写真館での記念撮影」から「食事会」という流れです・・・長崎市内では最近はどうなっているのかは知りませんが南島原あたりではお祝い事があると和食のお店で食事会を行うのが決まり事みたいになっていますね

写真館01
お宮参りの後で行う記念撮影は昔ながらの「写真館」で行います・・・この「古賀写真館」というのは2年前の初孫の撮影でもお世話になりましたし長男の奥さんが子供だった頃には七五三などで利用したそうです

写真館01-2
その初孫は神社で貰った風船が気に入ったらしく家族写真の最中でも片時も手から放しません

写真館01-3
こちらが今回の主役の孫3ですがこうやって目を開けさせるために写真館の人や出席者総出で30分以上掛かりましたね(^^;

清香01
何とか記念撮影も終わり食事会の会場である口之津のお店に向かいました

清香01-2
「四季膳 清香」という名前ですがご主人は焼肉の「清香園」で修業したとか・・・

清香02-1
席に着くと先ず用意されたのは孫1のための「お子様ランチ」でした

清香02-3
続いて大人のための会席料理が運ばれてきましたが料理も工夫されていますし何より「器」がいい感じですね

清香02-4-2
「松茸の土瓶蒸し」が出されましたが西洋館のお店で食べて以来でしょうから20年以上ぶりかも・・・でも私の記憶で一番印象的だったのは40年ほど前に岩手に住む友人と一緒に訪れた「龍泉洞」という鍾乳洞近くにあったお店で食べた「土瓶蒸し」ですね
その時の「松茸」はすぐ近くの「岩泉」名産だそうでかなり大きかったのですが今回のは・・・まぁ雰囲気だけでも美味しかったですね(^^;

清香02-5
「フグの湯引き」も出されました・・・子供の頃は「湯引き」というのが大嫌いでしたがやはり年を取ると美味しく戴けます(^^;

清香02-6
「海老の塩焼き」や

清香02-7
「牛肉のステーキ」などメニューは多彩ですね

清香03
でも悲しいことに車を運転しなくちゃいけないので「ノンアルコールビール」しか飲めません(T_T)

清香02-8
「茶わん蒸し」に豆腐が入っているのは初めてでしょう

清香02-9
デザートとご飯が出されましたが当然完食はパス
ホントこの地方の食事会はお客さんに満腹になってもらわないといけないと考えているのではないでしょうか(^^;

清香02-9-2
でもデザートに出された「ムース」らしきものの上に乗っている赤い粒・・・聞けば「ザクロ」だそうですが多分生まれてこの方初めて口にしたでしょう(^^;

清香01-6
今日の主役である長男の二女ですが「宮参り」を行うくらいですから産まれてまだ1ヶ月くらいしか経っていないのが信じられないほど・・・ひょっとすると首も座っているのじゃないかなと思わせるくらいしっかりしていました

清香03-3
孫が風船と一緒に手にしているのはおばあちゃん(つまり私の女房)からのお土産である「キティちゃんのお菓子ボックス」ですがこれも気に入ったみたいです(^O^) 
次に顔を見るのは正月かな?


ssiimm at 09:14|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: