映画館はいいな

2010年09月24日

TOHOシネマズで「ロミオとジュリエット」

以前書きましたがココウォークにある「TOHOシネマズ」では週替りで「午前十時の映画祭」と銘打って過去の映画を上映しているんです。

全50作品の中で女房が一番見たがっていたのがレナード・ホワイティング&オリヴィア・ハッセーの「ロミオとジュリエット」で私が「ウエスト・サイド物語」・・・どちらもシェイクスピアですね(^^)

IMGP2714
その「ロミオとジュリエット」が今日までだったのでTOHOシネマズに二人で観に行きました・・・女房はともかく私はビデオやテレビで見ることは無かったので40年ぶりくらいに見たことになります。
周知の物語ですからストーリーは頭の中に入っていますが細部はほとんど覚えていませんでした^^; この作品が上映されたときの見所のひとつが出演者が原作の年齢に近いというのがありましたがたしか14歳という設定のジュリエットをやったオリヴィア・ハッセーが15歳だったという記憶は残っていました・・・本当にオリヴィア・ハッセーはめちゃくちゃ可愛かったですね。

もうひとつ記憶に残っていたのがプラトニックな話だと思っていたのに初めて会って数時間後には裸でベッド・・・ウエスト・サイド物語でも同じようなシーンがありましたが当時15歳くらいだった純情な私には結構衝撃的なシーンでした(^o^)

さぁ次は10/30から上映の「ウエスト・サイド物語」を観に行かなくっちゃいけませんね・・・でも予告編や館内の広告を見ると見たくなる映画がたくさん出てきます

IMGP2713
「エクスペンダダブルズ」という映画は出演者が凄いですね、シルベスター・スタローン、ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、ジェット・リー・・・主役級の役者をこんなに集めるなんてまるでかつてのハリウッドオールスターみたい(^^)

IMGP2712
ずっと以前に昔の「トロン」を見たことがあるのですが当時としては画期的なCGに驚いた記憶があるのでこの新作も楽しみなんです。



ssiimm at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月23日

TOHOシネマズで「インセプション」

最近テレビで話題の映画「インセプション」を見に「TOHOシネマズ長崎」に行って来ました。


TOHO-01

女房がアミュプラザ長崎のユナイテッドシネマよりココウォークの「TOHOシネマズ」が気に入っているので最近はこっちに来ることが多くなりましたが座席の座り心地や見易さなどのハード面ではTOHOシネマズに軍配が上がりますが従業員の接客等ソフト面ではユナイテッドシネマがいいと思います。

TOHO-02
喫煙所もTOHOシネマズがきれいですがユナイテッドシネマのように予告編を見ることはできないですし、何より外にあるので上映中は利用しにくいですね・・・上映中に席を離れて喫煙することはほとんど無いですが。

さて話題の「インセプション」ですが映像のすばらしさには驚かされますね、ほとんどのシーンがCGじゃなく実写だというのが信じられないくらいです。ストーリーはめまぐるしく女房に言わせると「ちょっとわかりにくかった」とか・・・
いろんな話題をふんだんに盛り込んでいて結構面白かったのですが、2時間40分はちょっと長く感じました。
「他人の夢の中に入る」というのは夢枕獏さんの「サイコダイバー」シリーズと同じ発想でしょうが小説ならともかくそれを映像化するとはすごいアイデアだと思いますね、できることなら主人公が九門鳳介や毒島獣太みたいに精神的にタフなら良かったのに・・・



ssiimm at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月12日

「アウトレイジ」を見てきました

北野武監督の最新作でカンヌ映画祭にも出品されて話題になった「アウトレイジ(OUTRAGE)」を見てきました、本当はココウォークの「TOHOシネマズ」で見たかったのですが長崎での上映がアミュプラザ長崎の「ユナイテッドシネマ」でしかやっていないのでしょうがなくユナイテッドシネマ長崎へ・・・こんなことが時々あるのなら会員を延長しとけば良かったかな?


152983_1


暴力と残酷なシーンがあるのでR-15指定になっているらしいのですが思ったほどじゃなかったですね、女房も「座頭市の時はそんなシーンがあると知らなかったから驚いたけど、この映画は前もって話題になっていたから驚かなかった」と言っていたくらいです。以前の北野作品ではヤクザ個人が主人公でしたが今回はどちらかと言うと「ヤクザ組織」という集団が主人公みたいでやはり普通のヤクザ映画とは一線を画していました・・・登場人物の背景もほとんど描かれていませんでしたし「愛人」らしき女性が数人出ただけで家族がいるのかもわかりませんでしたものね。
それにしても北村総一朗さん・三浦友和さん・杉本哲太さん・椎名桔平さんあたりが「ヤクザ」役なんて似合うのかな?と思っていたのですがさすがに皆さん役になりきって素晴らしかったですね、ヤクザが似合いそうな國村隼さんや石橋蓮司さんがちょっと気弱な親分役を演じていたのと好対照でした。

いつものように内容を書くのは控えますが私としては結構面白かったですね、登場人物があっけなく死んでいきますが、ドライに描いていますから感情移入することもなく淡々と流れて最終的には悲哀感さえ漂います。

でも多分カンヌで賞はとれないでしょうね(^^)

ユナイテッド02
TOHOシネマズに対抗しているのかわかりませんがユナイテッドシネマでも独自の会員サービスを打ち出しているみたいです。

ユナイテッド01
近日公開のポスターの中に藤沢周平さんの隠し剣シリーズの「必死剣 鳥刺し」がありました。今までにこのシリーズは「隠し剣鬼ノ爪」が永瀬正敏さん主演で上映されましたし、「盲目剣谺返し」が「武士の一分」として木村拓哉さん主演で話題になりましたが今度は「必死剣 鳥刺し」ですか・・・「隠し剣」シリーズはどれも好きなんですが大体が最後は悲劇で終わるんでよね、どうせなら「臆病剣 松風」あたりを映画化して欲しいところです



ssiimm at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月27日

ユナイテッドシネマで「タイタンの戦い」

先日は「アリス・イン・ワンダーランド」を見ようとしたらユナイテッドシネマに拒否されたので今日は改めて「タイタンの戦い」を見に行ってきました・・・何せポイントが使えるのが5/9までですから見ないと損ですもんね^^;

152815_1
予備知識まったくなしで見に行ったのですが子供の頃に「少年少女世界の文学」で何度も読んだギリシア神話の中でも「ヘラクレスの冒険」と並んで好きだったペルセウスの話なんですね、それだけで見た甲斐はありました(^^)v 何と言っても好きだったのはメドゥーサ退治のシーンとアンドロメダ救出のシーンでしたが特に小学校の図書室で読んだ本ではアンドロメダのシーンにルーベンスの挿絵がありまして・・・

anndoromeda
こんなのが小学生が読む本の挿絵になっていたんですから好きになっちゃいますよね(^o^) でもメドゥーサの首で海獣を退治した後敵役に振りかざすシーンがなかったのはちょっと残念ですね

神話ではカシオペアが海神ポセイドンの怒りをかったために娘のアンドロメダが生贄にされそうになったはずだったのに映画では冥府の王ハーデスに置き換えられたなどストーリーは神話と相違点はいくつかありましたが十分に楽しむことが出来ましたし、ギリシア神話には全く疎い女房も思った以上に面白かったそうです。

でも・・・何故ユナイテッドシネマは3Dを導入しないのでしょうか?設備費はかかるでしょうがシネコンで3Dを備えていないと新しくて施設がきれいなTOHOシネマズに観客動員数で差をつけられてしまいますよね。

 



ssiimm at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月19日

TOHOシネマズで「午前十時の映画祭」

先日「アバター」を(私は見る気がしなかったので)一人で見てきた女房が持ってきたパンフレットによるとTOHOシネマズ長崎で現在「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」という企画が2/6から行われているんですね(全国の25の映画館で上映されるのですが長崎でもあって良かった!)。過去の名作を週替りで毎日午前十時からの1回だけ上映すると言う試みなんですがその内容が素晴らしいんです

「ゴッドファーザー」
「ワイルドバンチ」
「カサブランカ」
「第三の男」
「アマデウス」
「ライトスタッフ」
「2001年宇宙の旅」
「ミクロの決死圏」
「十二人の怒れる男」
「激突!」
「ベン・ハー」
「アラビアのロレンス」
「眺めのいい部屋」
「バベットの晩餐会」
「クレイマー、クレイマー」
「レインマン」
「ニュー・シネマ・パラダイス」
「映画に愛をこめて アメリカの夜」
「スティング」
「明日に向って撃て!」
「裏窓」
「北北西に進路を取れ」
「刑事ジョン・ブック/目撃者」
「追憶」
「ライムライト」
「チャップリンの独裁者」
「フォロー・ミー」
「アパートの鍵貸します」
「お熱いのがお好き」
「ショウほど素敵な商売はない」
「ショーシャンクの空に」
「フィールド・オブ・ドリームス」
「ロミオとジュリエット」
「ある日どこかで」
「ローマの休日」
「昼下りの情事」
「スタンド・バイ・ミー」
「エデンの東」
「ウエスト・サイド物語」
「雨に唄えば」
「鉄道員」
「天井桟敷の人々」
「太陽がいっぱい」
「男と女」
「羊たちの沈黙」
「薔薇の名前」
「パピヨン」
「ブリット」
「大脱走」
「戦場にかける橋」

上からの6作品の上映は終わっていますがこの先に楽しみな作品がたくさんあります・・・私も女房もビデオやDVDで見るより「絶対!映画館!!」派ですから二人で何を見ようかと相談中ですがそれも楽しいものです(^o^) 女房が楽しみにしているのは「太陽がいっぱい」と「ロミオとジュリエット」ですが確かにアラン・ドロンは格好良かったしオリビア・ハッセーは可愛かったですね。

07
私が絶対見るのは「ウエスト・サイド物語」と「スティング」でしょうか、どちらも映画でもテレビでも何度も見ている(特にウエストサイド物語はビデオに録画している)のですが映画館で見るのはラストチャンスかもしれませんから・・・

そのほかにも「北北西に進路を取れ」「大脱走」「雨に歌えば」等見たい映画はたくさん・・・これでは今年は新作映画を見る余裕はありませんね、ユナイテッドシネマのポイントも早く使ってしまわないといけません^^;

でも一般1,000円で学生500円という料金はもう少し安く出来ないのかなぁ、何せ普通の作品も夫婦50割引だから千円で見ることが出来るんですもの・・・



ssiimm at 23:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年11月08日

TOHOシネマズで「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

先日の水曜日にレディースデーを利用して珍しく一人で映画を見に行った女房が「良かったから一緒に行こう!」ですって・・・そんな訳でココウォークのTOHOシネマズに「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を見に行って来ました。

人気の映画みたいなので混むのは必至ですから朝一番で座席の予約を行いました・・・ココウォークは朝10時からなのにTOHOシネマズは10時前から上映しているんですね、9時50分くらいにココウォークに到着するとさすがに駐車場もガラガラ(^^) やはり見たい映画はユナイテッドシネマの場合もそうですが朝一番の上映に行くべきですね。

トーホー01
こんな時間だとお客さんもまばら・・・だったらユナイテッドシネマみたいに朝一番は座席はフリーにすればいいのにね。ホールには次回見に行きたいと思っているブラッド・ピットの「イングロリアス・バスターズ」の大きな看板がありました(でも「2012」も面白そうですね)。

トーホー03
ユナイテッドシネマとTOHOシネマズとを比べると「座席がゆったり」「飲み物が安い」「トイレが便利」など後発なだけにTOHOシネマズのいいところが目立ちますがやはり一番気に入ったのはスクリーンナンバーが順番になっているところ・・・当然の話なんですがね。

肝心の映画は・・・ドキュメンタリー映画ですから普通の映画と比べるのは無理な話なんですが良かったですね(^^)v。今年見た映画の中でも出色の出来じゃないでしょうか、本人が死亡してから大急ぎで作ったのでしょうがそんな気配は微塵も感じさせません。
私はミュージカル映画は好きなんですが、この手の映画はそれほど好きじゃありませんし大体「マイケル・ジャクソン」さん自体がそれほど好きな訳じゃないのです・・・でも2時間以上の上映時間があっという間に過ぎたと感じるほど見嵌ってしまいました(ちょっと長いと感じたところもありましたが^^;)。
特に良かったのがバックダンサー達でしたね、オーディションの様子はもっと見たかった場面です、その点映画の「コーラスライン」を彷彿させました・・・そういえばフィンガースナップのところは「ウエストサイド物語」みたいでしたね(^^)

マイケル・ジャクソンさんを大すきな人にしてみれば「未完成」の映像を上映することに抵抗があるかもしれませんが、全くの門外漢の私みたいな人にとってはこんなことでもない限り映画館に足を運ぶことも無かったでしょうね・・・例えマイケル・ジャクソンさんのファンじゃない人にもオススメできる映画だと思います。



ssiimm at 18:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年09月22日

「カムイ外伝」を観て来ました

子供の頃に連載マンガをリアルタイムで読んでいたので、以前から公開が待ち遠しかった「カムイ外伝」を見て来ました。

ココウォークのTOHOシネマが午前10時からでアミュプラザのユナイテッドシネマが午前10時半から上映だったので少しゆっくりできるユナイテッドシネマにしました・・・女房の話では椅子の感じはTOHOシネマのほうが好きだそうです。この日は連休中ということもあり予想以上にお客さんがいました(^^)

映画は原作とは違うものというのは心得ていますがやはり重ね合わせてみてしまいますね・・・以前見た「どろろ」は思った以上に原作の雰囲気を感じ取ることができましたがこの「カムイ外伝」はちょっと違和感がありました。脚本が宮藤官九郎さんというので期待していたのですが「水がめの毒で島民全員が?」「渡衆の頭?」「殿様の役どころ?」「何故殿様の馬を?」等々腑に落ちない点がいろいろ・・・良かったのは「スガルの千本(長さについては不満ですが)」「飯綱落とし」「変移抜刀霞切り」が実写で見ることが出来たところでしょうか。

冒頭の部分とナレーターも不要と思いましたが女房に言わせると「ナレーションのおかげでストーリーがわかった」ということだったので人それぞれでしょうね。

アミュ00
ユナイテッドシネマで映画を見るとアミュプラザの駐車場が今までの2時間無料から3時間無料にサービスアップしているんですね、TOHOシネマの2.5時間無料に対抗したのでしょうか(^^♪ 



ssiimm at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: