映画館はいいな

2019年12月04日

「サウンド・オブ・ミュージック」は約50年ぶり

何度か楽しませてもらった「TOHOシネマズ」の「午前十時の映画祭」が今回で最後になるというので昨日行ってきました

サウンドオブミュージック00
この企画のおかげで私が大好きなミュージカル映画の「ウエストサイド物語」「メリー・ポピンズ」を数十年ぶりに映画館で見ることが出来ましたね

サウンドオブミュージック00-2
そして今回の上映予定にはもう一本のお気に入りミュージカルである「サウンド・オブ・ミュージック」があるのです(^^)

サウンドオブミュージック01
「TOHOシネマズ」に到着しましたが女房は歯医者の予約を入れていたので一人です・・・「夫婦50割引き」が始まってから映画館に来るようになりましたから一人で見るのは何年ぶりになるのかな?

サウンドオブミュージック02
50代の頃はホント「夫婦50割引き」を利用していましたが60歳を超えると「シニア割引」でこちらも一人1100円なんですね・・・「シニア夫婦割引」でも作って二人で2000円くらいにするとお客さんも少しは増えるのじゃないでしょうか

サウンドオブミュージック01-2
今回も廊下の一番奥の7番スクリーンでの上映だそうです

サウンドオブミュージック01-3
上映時間が3時間以上あり途中休憩があるそうですが以前見た時もあったのかな?
何せ50年くらい前のことなのでよく覚えていません(^^;

サウンドオブミュージック02-2
映画館で見るのは50年ぶりでも途中テレビで何度か放映されましたしそれを録画したビデオも持っていましたがやはり映画は「映画館」で見るのがいいですね(^^)

・最初の方の記憶はあまり残っていませんでしたがやはり歌のシーンは良く覚えていましたね
・トラップ家の長女役の女性の瞳があんなに青かったという記憶も残っていませんでした
・そういえば最初映画を見た時は「ひとりぼっちの羊飼い」が好きだったことも忘れていました(^^;
・てっきり最後だけかと思っていた「すべての山に登れ」を途中で修道院の院長が歌っていたのも記憶にありませんでした・・・ネットで調べたらやはり最初の上映の時にはカットされていたみたいですね
・「トラップ大佐」役のクリストファー・プラマーは最初見た時は「おじさん」みたいに見えたのですが今回見たらとても7人の子供がいるとは思えない若さ・・・やはり私が年老いてきたからでしょうね(^^;
・ホント「リチャード・ロジャース&オスカーハマースタイン2世」は素晴らしい歌を作っていたのだと改めて感心しました
・3時間10分くらいあった上映時間があっという間に過ぎた感じでしたがやはり途中に「休憩時間」があったせいでトイレ&タバコに行けて良かったですね(^^)

サウンドオブミュージック03
結局上映時間が3時間を超えましたしちょっと早めに行ったせいもあり「TOHOシネマズ」利用した場合の駐車料金サービス2時間半では不足でした・・・「ココウォーク」のカードを持っていたので手出しはせずに済みましたが上映時間が長い映画の場合は考えて欲しいですね
ちなみにここの駐車場も「アミュプラザ長崎」と同様に先に清算を済ますと最後のゲートでカードを差さなくても通過できるようになっていました(^^)


ssiimm at 09:14|PermalinkComments(0)clip!

2019年08月21日

「イソップの思うツボ」を観てきました

今月初めくらいには全く知らなかったのですが「カメラを止めるな」というかなり面白かった映画を作製した上田慎一郎監督の新しい映画が公開されているんですね・・・とは言っても今回の映画は「3人監督」という聞いたことが無いシステムの一人だそうです(脚本は上田慎一郎さんが書いていますが)
一応ネットでの紹介は「『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督を中心とした製作スタッフが再結集し、再び予測不能な物語を紡ぎだしたオリジナル作品。上田監督と「カメ止め」助監督の中泉裕矢、スチール担当の浅沼直也が3人で共同監督・脚本を務めた。カメだけが友達の内気な女子大生・亀田美羽、大人気タレント家族の娘である恋愛体質の兎草早織、父と2人で復讐代行業を営む戌井小柚。ウサギとカメ、イヌの名前を持つ3人は、有名童話さながらの奇想天外な騙し合いを繰り広げるが・・・」となっています

TOHOシネマズ01
一時期足が遠のいていた「TOHOシネマズ長崎」にもこの1年間は「午前10時の映画祭」での「メリー・ポピンズ」を始め「カメラを止めるな!」「メリー・ポピンズ リターンズ」を見に来ていますね・・・もっとも一番よく見ていた10数年前には年間数10本見ていたのですからホント見なくなったのですが(^^;

TOHOシネマズ01-2
朝からは「スズキ」に行ったり女房が病院に行くのに付き合ったりしたので午後からの上映を見ることにしました・・・思った以上にお客さんがいましたが考えてみると「夏休み」なんですした(^^)

TOHOシネマズ01-3
館内には近日上映の映画の大きなポスターがありましたし予告編でも紹介していましたがこの「三谷幸喜監督の「記憶にございません!」は面白そうですね

イソップの思うツボ01
でもこの日見に来たのは「イソップの思うツボ」という映画です・・・私も知らなかったのですが女房も「テレビで全く紹介されなかったので知らなかった」そうです
この週はまだ1日に3回上映されるのですがお客さんが少ないと「メリーポピンズリターンズ」みたいに上映回数が減る恐れがあるので早めにやってきたのです・・・何せ子供向けの映画やアニメ映画が多く上映されていますからお客さんが少ないのじゃないでしょうか

イソップの思うツボ02
内容は「ネタバレ」になるので書きませんが
無論「カメラを止めるな!」ほどではありませんが思ったより面白かったですね・・・「カメラを止めるな!」が5だとしたら3.5くらいかな(^^;
でもタイトルに使われている「イソップ」との関係がイマイチ判りませんでしたしポスターにある「着ぐるみ」も登場しないんですね
公式サイトで「ネタバレ厳禁」と書かれている割には結末は想像通りでしたし(^^;


ssiimm at 09:16|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月22日

丸亀製麺で「天丼」&メリー・ポピンズリターンズ

今月は「ランタンフェスティバル」もあったのですが原因不明の「眼底出血」のせいで一番行きたかった「メリー・ポピンズ リターンズ」をなかなか見に行けないままもうすぐ上映が打ち切られそうな気配・・・大学病院で検査を行ってから午後6時からの上映を見に行くことにしました

ココウォーク01
ココウォークに到着したのは開始30分以上前でした

メリー・ポピンズ01-2
普段映画は朝一番で見に行くのでこんな遅くに映画館に行くのは記憶に無いですね・・・それというのも「吹き替え」はともかく「字幕」はこの時間に上映される1回のみになっているんです(それも昨日2/21で終了したそうです)
まだここ「TOHOシネマズ」は字幕も上映していましたが「ユナイテッドシネマ長崎」ではオール吹き替えでしたね・・・まさか子供が見に行くと勘違いしたのじゃ無いでしょうね

・そういえば10年くらい前に上映されたディズニーのミュージカル「魔法 にかけられて」も吹き替えしか無かったので面白そうだったのにパスしたことがありました

映画が終わるのが午後8時過ぎなのでちょっと腹ごしらえをしようと思ったのですがそれほど時間も無かったので3階のフードコートに向かいました

すき家01
いつもは「ミスタードーナツ」を食べることが多い女房は「すき家」に行って

すき家01-2
「牛丼・並」350円を注文・・・映画の券で貰えるドリンクもゲットしていました(^^;

丸亀製麺01
私は久しぶりに「丸亀製麺」に向かい

丸亀製麺01-2
ご飯に自分で天ぷらを盛り合わせる「天丼」を食べることにしましたが「映画の鑑賞券」で50円引きになるのは「うどん」だけだったのですね(T_T)

丸亀製麺02
あまり好みの天ぷらが無かったので「イカ」「竹輪」「半熟卵」のみになりましたが特に「半熟卵」は美味しかったですね(^^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

メリー・ポピンズ01
肝心の「メリー・ポピンズリターンズ」は思った以上に面白かったですね・・・やはりミュージカルは吹き替えでなく「字幕」でオリジナルの歌を聞くのが私的には気に入っています
特に前作を見た人は思わずニヤリとする場面が多く挿入されていました

・「ディック・ヴァン・ダイク」は何歳になるのか知りませんがちゃんと歌って踊ったのですから素晴らしいですね・・・前の映画の「タペンス(2ペンス)」のエピソードにも触れましたし(^^)

・原作ではジェーンとマイケルの弟妹だったジョンとアナベルの双子がマイケルの子供になっていました

・動画との合成も健在でしたし「ペンギン」など顔は同じでも動きが抜群に良くなっていましたね

・前作の「煙突掃除」の集団パフォーマンスが「点燈夫」になっていましたがダンスや音楽は同じパートもありました

・原作では何度も登場した大勢の人が空を舞うシーンは感動的でした・・・ウィロビーもちゃんと宙に浮かんでいましたし(^^)

・いつまでいるのか聞かれたメリー・ポピンズが「扉が開くまで」と答えましたからもし次回作があるとしたら「扉を開けるメリー・ポピンズ」じゃ無いんですね・・・でも「扉が開く」シーンはちょっと判りにくくてイマイチでした

・もし次回作があるんだったら原作に登場するなまけものの「ロバートソン・アイ」を見たいですね(^^;

・20年後の設定でしたからまさか「ブーム提督」が健在とは思いませんでした

・今回の「メリー・ポピンズ」役の女優はジュリー・アンドリュースに比べると驚くほどの美人でしたね・・・でも人間味が多くちょっとイメージが違うような気がしたのは私だけかな?

ssiimm at 09:29|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月31日

「カメラを止めるな!」を見に行ってきました

ココウォークの「TOHOシネマズ長崎」に映画を見に行ってきました

カメラを止めるな01
最近は足が遠のいている映画館ですが先月「午前十時の映画祭」で「メリー・ポピンズ」を見たので1ヵ月ぶりの「TOHOシネマズ」です(^^)

カメラを止めるな01-2
見に行ったのは最近話題の「カメラを止めるな!」という映画です
最初は都内の2館のみの上映から始まったのですがラジオやSNSで評判になり海外を含めたいろんな映画祭で受賞したこともあり8月からは全国で徐々に上映館が増えてきたそうです・・・長崎でも唯一ここ「TOHOシネマズ長崎」で8/24から上映が始まっていたのです
私は最初知らなかったのですが学生時代の友人である「マチコ」がSNS上で絶賛していて「2回見た」そうなので興味が湧き、女房に聞くと「テレビで紹介していたけど面白そう」とのことだったので見に行くことにしました

カメラを止めるな02
最初はいかにもありきたりの「B級ホラー映画」みたいで「本当にこの後面白くなるのかな?」と心配でしたが・・・いろんな伏線が張り巡らされていて映画が進むにつれ解き明かされていくのはホント面白かったですね、確かに2度見たくなる映画です(^^)

以前見た「かもめ食堂」や「キサラギ」も長崎では1館のみの上映でしたがかなり面白い映画でしたから映画の出来は上映館の数とは無関係なんですね(^O^)


ssiimm at 09:16|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月29日

「午前十時の映画祭」で「メリー・ポピンズ」

今年の4月に「午前十時の映画祭」について書きましたが待ちに待っていた「メリー・ポピンズ」の上映がはじまったので「TOHOシネマズ長崎」に行ってきました

メリー・ポピンズ01
ここに来るのは今年の4月にやはり「午前十時の映画祭」で女房が大好きだという「太陽がいっぱい」を見に来て以来ですがその前は6年間訪れていなかったのですね(^^;

メリー・ポピンズ01-1
こちらが今年の「午前十時の映画祭」のラインアップですが「シェーン」や黒沢作品など見たい映画が多かったのですがやはり映画館から足が遠のいていると来るのも億劫になっちゃいます

メリー・ポピンズ02-2
でもこの「メリー・ポピンズ」だけは見逃せませんね・・・何せ私が今まで見た映画の中でも一番のお気に入りですから(^^)

メリー・ポピンズ01-2
受付から一番遠い7番のスクリーンに行くと

メリー・ポピンズ02
ここで「メリー・ポピンズ」が上映されるのです

・最初に見たのは当時長崎では一番人気のロードショー館だった「新世界」で1965年ですから小学校6年生の時だったみたいです・・・多分字幕付きの洋画を見たのはこれが最初じゃなかったのかな

・当時の長崎の映画館は2本立てが一般的で入れ替えなどありませんでしたから最初見に行った時だけで3回見たのですが全く面白くも無かった同時上映の作品も2回見ました

・例の「鳩に2ペンス」のシーンを見て思い出したのですが・・・高校2年の頃にクラスメートと「タペンス(2ペンス)」の発音が話題になったことがありましたからひょっとするとその頃にリバイバル上映か名画座での上映を見たのかもしれません

・「メリー・ポピンズ」のサウンドトラックを持っていましたから「チム・チム・チェリー」は当然「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス 」の歌詞は覚えていました

・やはり翻訳は以前とは違っていてあちこちのシーンで違和感を感じましたが一番はっきりしているのは「ホッテントットの襲撃」というセリフが変わっていたシーンでしたね(^^;

・当時主演のジュリー・アンドリュースさんのキャッチフレーズは「4オクターブの歌声」でしたが2〜30年前に喉の手術で失われたのがニュースにもなりましたっけ

・バート役のディック・ヴァン・ダイクさんが頭取との二役をしていたというのは後日知ったので今回注意をして見ましたがやはり判りにくかったですね(^^;

・そのディック・ヴァン・ダイクさんはこの映画ですっかりファンになり「チキ・チキ・バンバン」も公開されるとすぐに見に行きましたし「怪盗大旋風」という映画も見に行った記憶があります

・そういえば「ジュリー・アンドリュース・ショー(アワー?)」というテレビ番組を一度だけ見たことがあるのですがその時のゲストがディック・ヴァン・ダイクさんで二人で「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を歌っていたのを憶えています・・・何年前の話かな?

・テレビで最初に放送されたのは映画の公開から20年経った1986年だったそうですね・・・たしかその時の放送はビデオに録画して何度か見たのですが・・・現在もテープは残っているのですが機械が無いので見ることが出来ません(T_T)

・何でも「54年ぶりの続編」となる『メリー・ポピンズ・リターンズ』が公開予定だそうですね(゜o゜)

50年ぶりくらいに見ても抜群に面白かったですね・・・やはり映画は映画館で見るのが最高です

ssiimm at 09:14|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月05日

「午前十時の映画祭」で「太陽がいっぱい」(^^)

先日も書きましたが「TOHOシネマズ長崎」で開催されている「午前十時の映画祭」に行ってきました

太陽がいっぱい01
映画館に来るのは昨年秋の「アウトレイジ最終章」以来ですが何気に調べるとここ「TOHOシネマズ長崎」で映画を観るのは「ALWAYS三丁目の夕日'64」を見たのが最後みたいですから何と6年ぶりです(゜o゜)

太陽がいっぱい01-2
上映作品はアラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」です(^^♪
この作品は1960年に公開されたそうですが私は中学生か高校生の時に「新世界地下」にあった「名画座」で見て以来ですから約50年ぶりです・・・アラン・ドロンファンだった女房は映画館でも見たしその後もテレビで放映されるたびに見ていたそうですが私はさほど好きでもありませんでしたし(^^;

太陽がいっぱい02
やはり50年ぶりに見ると内容はほとんど覚えていなくて新作映画を観ているような感じですね(^^;

・「日焼け」のシーンは覚えていたのですがボートに乗っている時間はもっと長かったような気がしました

・ラストシーンはさすがに覚えていましたがこれは良かったですね

・死体が上がってくるところも覚えていましたがもっとゆっくり出てきたと思っていました

・二人目の殺人なんて全く記憶に残っていませんでしたね(^^;

・ニーノ・ロータ(だっけな?)の主題曲はかなり久しぶりに聞きましたがやはりいいですね

・若いときのアラン・ドロンはやはりいい男でした(^O^)


ssiimm at 09:22|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月14日

TOHOシネマズ長崎の「午前十時の映画祭」2018

このブログを書き始める数年前に50歳になったという事もあり「夫婦50割引」を使ってしょっちゅう映画を見に行っていましたね・・・大体年間2〜30本の映画を観てベスト3なんかも記事にしていたくらいです(^^;
その後2008年から「TOHOシネマズ長崎」が始まったのですが2010年ごろから次第に映画館から足が遠のき最近は年に1〜2本くらいしか見ることが無くなりました

でも先日何気に見たT.齋藤さんのTwitterを見ると今年の「午前十時の映画祭」の上映作品はかなり面白そうなんですね・・・というか私が過去に見て気に入った作品が多いのです(^^)

午前10時の映画祭01
午前10時の映画祭01-2
4/13からスタートするのですが4/27からは女房が「絶対に見に行きたい」と言っている「太陽がいっぱい」が上映されますし、5/4からは「大西部悪人伝」と並んで一番好きな西部劇である「シェーン」があります・・・これは確か高校生の頃に新世界でリバイバル上映されたのを見たのでしたね
さらには6/8からは「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」という黒沢作品が連続上映されますが「七人の侍」以外は映画館で見たことが無いので見に行きたいですね
それと何と言っても一番の楽しみは50数年前に「新世界」で見た「メリーポピンズ」が7/27から上映されることです・・・テレビで何度か見ましたしビデオも持っているのですがやはり映画館で見るのとは比べ物になりませんものね(^^♪
女房は「グリース」も見たいそうです

午前10時の映画祭01-3
午前10時の映画祭01-4
前半に比べると後半はあまり見たことがある映画が少ないですね
そんな中「ジャイアンツ」を映画館で見たのは何歳の頃だったのかな?・・新世界の地下にあった「名画座」で見たと思いますから多分高校生だったのでしょう

ssiimm at 09:21|PermalinkComments(0)clip!
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: