2020年02月03日

長崎ランタンフェスティバル2020・・興福寺で姜鵬さんの変面

この日は昼間大村から諫早を回ったのですが夕方からは長崎の「興福寺」で行われる「姜鵬」さんの「変面」を見る予定でした・・・国道34号線が思ったより混んでいたので多良見から芒塚まで「高速」に乗りましたがこれが正解でしたね

興福寺00
車は1時間100円のパーキングに停めることが出来たのもラッキーでした(^^)

興福寺01
「興福寺」にやってきましたが

興福寺01-2
最近はここで「変面」の第一人者である「姜鵬さん」のステージが開催されるのです

興福寺01-3
「日本でただ1人 本物の変面王」だそうです・・・たしかに唯一のプロの「変面士」でしょうが(^^;

興福寺01-4
興福寺に到着したのは開始時間より1時間以上前でしたが思ったよりお客さんは多く空いている椅子は2脚だけでした・・・つまり私たちより遅く来た人たちは立ったままで開始時間を待つことになったのです

興福寺01-5
庭の片隅に置かれていたのは二日後の「節分」で「お焚き上げ」で使われる薪でしょうね

興福寺01-6
「変面」が始まる前に先ずは参拝しましたが・・・私の後に続々と参拝する人が来たのは皆さん忘れていたのかな(^^;

興福寺01-7
「変面」が始まる前に恒例の「興福寺」のご住職による説明が行われましたが相変わらず軽妙なトークで面白かったですね(^^)

興福寺01-8
この中庭にある「吹き流し」が「唐人船」の目印だということも初めて知りました

興福寺02
時間になるといよいよ「姜鵬さん」が登場して「変面」のスタートです

興福寺02-2

興福寺02-3
ランタンフェスティバル期間中は「中国雑技」でも行われていますし「孔子廟」ではアマチュアによる公演も毎日行われていますがやはり「プロ」である「姜鵬さん」の演技はランクが違います・・・若くして「変面王」という呼び名を取得しただけのことはありますね

興福寺02-4
画像だけでは判らないでしょうから一応「動画」も撮りましたがいかんせん周囲は暗いですしスポットライトの位置もおかしいのでまともには撮影できませんでした(^^;

興福寺02-5
普通の「変面ショー」に比べると上演時間が長いので王道の「マスクチェンジ」の曲に加えて新しい曲も使っていましたがどうなのかな?

興福寺02-6
最後に素顔を出した後に再び「変面」を装着するのが他の「変面」では見られないとの紹介でしたが・・・私はずっと以前の「中国雑技」で見たことがありますね(^^;


ssiimm at 09:26│clip!長崎の祭りと行事 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: