2019年10月22日

今年も長崎浜屋で「京都歴代のれん市2019」

長崎浜屋の恒例催事である「京都歴代のれん市」に今年も行ってきました・・・この書き出しはここ数年変わっていませんね(^^;

長崎浜屋01
過去記事を見ると2009年から毎年訪れているのですがこの催事で商品を購入したことは無いみたいです

長崎浜屋01-2
エレベーターで上がる途中で見かけた「藤城清治 版画展」の案内ですがまだご存命なんですね(゜o゜) 
私が小学生の頃から読んでいた「暮らしの手帖」に連載していた童話「お母さんが読んで聞かせるお話」の挿絵を担当していたのですから今何歳になられるのでしょうか

長崎浜屋01-3
会場である8階の催事場にやってきました

長崎浜屋01-9
最終日間近だというのにお客さんが多いこと!・・・多くは年配の女性でしたが(^^;

長崎浜屋02-5
エスカレーターを下りた正面に出店していたのは「吉廼家」という和菓子店ですが初めて見たような気がします・・・「みかん大福」ってどんなものなんでしょうね(^^;

長崎浜屋01-4
会場にあったチラシを見るとこのお店は「初出店」だそうです

長崎浜屋01-5
京都というと和菓子と漬物が連想されますがこの「大藤」という千枚漬のお店は毎回出店していますね・・・和菓子のお店も常連の「笹屋伊織」「鶴屋吉信」「高野家貞広」といった歴史があり店名も重厚なお店が今年も出店していました

長崎浜屋01-6
長崎浜屋で開催される「物産展」では試食を戴くのが楽しみなんですがこの「京都歴代のれん市」では和菓子の試食が多いので私が食べるのはこの「金山寺味噌」や

長崎浜屋02-3
「野村佃煮」の「ちりめん山椒」・・・それに「藤野」の豆腐くらいしかありません
では何故毎回訪れるのかというと甘いものが嫌いではない女房が「滅多に食べることが出来ない和菓子を試食で戴ける」と気に入っているからなんです(^^;

長崎浜屋01-7
「清酒・丹山」というメーカーのブースでは何と「日本酒バー」なるものがありましたがこれは初めて目にしましたね

長崎浜屋01-8
こちらの「本家尾張屋」というお店で販売していた「そば板」ってなんでしょうか?

長崎浜屋02-4
考えてみると長崎浜屋で行われるいろんな催事で「飴」を販売しているのはこの「大文字飴」だけかもしれませんね(^^;

長崎浜屋02-6
長崎で「にしん蕎麦」を見るのもこの催事と「加賀百万石展」のみでしょうね

長崎浜屋02-2
別格扱いみたいで販売していた「三木鶏卵」の「小玉黄身餡ぱん」は日替りなのかな?

長崎浜屋02
無論京都の老舗が出店するイベントですから工芸品も多数出店していましたがこちらは例年通りスルーしました(^^;


ssiimm at 09:06│Comments(0)clip!催事いろいろ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: