2019年05月26日

40数年ぶりに「刻みタバコ」(^^♪

先日滑石に行った時に

刻みタバコ01
リニューアルオープンした「滑石たばこセンター」に寄ってみました

刻みタバコ01-2
何気に購入したのは国産の「刻みタバコ」である「小粋(こいき)」です
実は私が学生時代には当時の専売公社が販売していた「ききょう」という刻みタバコを愛飲していたのです・・・でも昭和54年に販売が停止され代りにマカオからの輸入品である「山吹」という刻みタバコを販売したのですがこれは刻みの細さや葉の味など「ききょう」には遠く及ばなかったのでこの時以来「刻みタバコ」から遠ざかっていたのです
でも私だけでなく愛用している人たちからの反発が強く昭和61年に国産であるこの「小粋」の販売を開始したそうですね・・・この当時は「ショートピース」オンリーでしたから全く知りませんでした

刻みタバコ01-3
40年ぶりに購入した「刻みタバコ」である「小粋」ですがタバコの繊維は「ききょう」並みに細く仕上がっていますね(^^♪・・・柔らかい髪質の人の「髪の毛」みたいな感覚です
ホントこの細さに仕上げる技術は日本が群を抜いていると思います・・・同様に現在販売されている「宝船」という銘柄はベルギーからの輸入品だそうでやはり繊維は粗いそうですね

刻みタバコ01-4
ちなみに「刻みタバコ」に欠かせない「キセル(煙管)」は以前から購入していたのですがまさか「刻みタバコ」を実際に吸うとは思っていませんでしたから「ミニ煙管」にしていたのです(^^;
本当に「刻みタバコ」を吸うのが目的で購入するのでしたら「火口」と「吸い口」がなるべく離れているタイプがおススメです

刻みタバコ02
実際に「小粋」を吸ってみましたが・・・思った以上に美味しいタバコに仕上がっていますね
繊維は「ききょう」並に細いですし何より味がずっと良くなっていると思います(^^)
ただ残念なことに「繊維」が短いので私が40年くらい前に歌舞伎の下座音楽を担当する「 望月太左久社中」の方に教わった「刻みタバコは丸めるのではなく折りたたむ」というのは実践できそうにありません(^^;


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: