2019年04月04日

万葉集の「令和」&孫の話題・・追記あり

元号が「平成」から「令和」に替ることが決まって連日テレビのニュースで紹介されていますが今回は歴代年号の中で初めて中国の古典からではなく日本の「万葉集」で使われている文字から採用されたというのが話題になっていますね

令和01
どこの部分なのか気になったので本棚から岩波文庫の「白文 万葉集」を引っ張り出してきました

令和02
何でも元号が決まってから「万葉集」が売れているそうですがこんな漢文&万葉仮名だらけの本が面白いのでしょうか・・・かといって現代語訳された本にはこの漢字が表記されていないかもしれませんしね
私がこの岩波文庫を購入したのは1977年ですから今から42年前・・・上下2冊で1冊500円でしたから当時の文庫本としては高かったのですが「岩波文庫創刊50周年」記念の復刊でしたから躊躇なく購入した記憶があります

令和02-2
この赤丸の部分に「令」と「和」が使われていますが・・・これが「出典」ねぇ(^^;

〈追記です〉

令和03
ごく一般的な「仮名まじり」の万葉集ではどうなっているのか見てみることにしました

令和03-2
やはり「白文」よりはずっと読みやすいですね(^^)

令和03-4
何と「令」「和」もすぐに見つけることが出来ました(゜o゜)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先日は娘夫婦が新しいマンションに引っ越した後の「元のアパートの掃除」をしなくちゃいけないという事で「足手まといだから預かっていて」と孫2を連れてきました

孫01-2
保育園で慣れているのか母親がいなくなっても泣いたり探したりすることはありませんが最初は表情が硬いですね(^^;

孫01
でも女房と「お話し」したり

孫01-4
私がパソコンんでアニメを見せてあげたりしているうちに馴染んできて

孫01-5
おやつを食べる頃には笑い顔も見せていました(^^)
その後半日くらいは主に女房が世話をしていて私はたまに女房が席を外すときに遊んだくらいです

孫02
現在「長崎県美術館」で「リカちゃん展」が開催されているそうですがそのチラシを見た女房が今から20年以上も前に娘に買ってあげた「リカちゃん」などの人形を引っ張り出してきましたが・・・初めて目にする孫よりも迎えに来た娘が「懐かしい!」と喜んでいました(^^)


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: