2018年02月19日

「いさはや三海海鮮まつりinたらみ」で高来そば

4年前に有喜港で行われた「いさはや三海海鮮まつりinうき」というイベントに行ったことがありますが、今年は多良見町の「なごみの里運動公園」で行われるとのことだったので昨日の午前中に行ってきました

三海海鮮まつり02-7
このチラシには出店の詳細は載っていないのですが多分今回も「幻の高来そば」のブースがあるのじゃないかと思ったのです(^^;

三海海鮮まつり01-3
車は会場からちょっと離れた「多良見港」の近くに停めて歩いて会場に向かいました・・・てっきり会場はこの「たらみ図書館」の隣のグラウンドだと思ったのですが

三海海鮮まつり01-4
広い敷地のかなり奥でやっているみたいです(^^;

三海海鮮まつり01-5
相変わらずお客さんは早くから大勢詰めかけていますね

三海海鮮まつり01-6
会場の奥では恒例の「カキ焼」も行われています

三海海鮮まつり02-2
出店がいろいろと並んでいましたが

三海海鮮まつり02-4
その中に目的の「幻の高来そば」のブースを発見しました(^^♪

三海海鮮まつり02-5
この高来そば特有の「どろり蕎麦」というのを夫婦揃って気に入っているのです

三海海鮮まつり02-6
これが「茹で汁ごと食べる」という「どろり蕎麦」400円ですが長崎に住んでいると滅多に食べる機会が無いので今回が5度目ですね

三海海鮮まつり03
食べ終わった後は例によってあちこちのブースを回りましたがここでは海産物に混じって「椎茸」も販売していました・・・カキ焼用かな?

三海海鮮まつり03-2-2
こちらでは多良見町の「町おこし」商品である「伊木力みかんを練り込んだ「焼きドーナツ」と「シュークリーム」だそうですが前回「たらみ市」で見た時より若干値上がりしていますね(^^;

三海海鮮まつり03-3
多良見漁協が「なまこ」を販売していましたが

三海海鮮まつり03-4
試食も提供していたのでそれを食べた女房が「美味しいから食べてみれば」・・・子供の頃から正月には「なまこ」を食べていたという「長崎人」の家庭で育った女房に対して両親が福岡の八女という山間部出身の私は今まで意識して「なまこ」を食べたことはありませんでした

三海海鮮まつり03-5
ですからこれが「初なまこ」です・・・まぁ思っていたよりは無難に口にすることが出来ましたが積極的に食べたいとは思いませんね(^^;

三海海鮮まつり03-6
いくつかのブースで「カキ焼」用のカキやホタテを販売していましたが

三海海鮮まつり04
それを目当てのお客さんが多かったこと(゜o゜)

三海海鮮まつり04-3
私はどちらかというと「カキフライ」「かき飯」などがいいですね(^^;

三海海鮮まつり04-4
そんな中目に付いたのはこの日限定の先行販売だという「ゆりかごあさり」と「華漣(かれん)」という小長井牡蠣・・・カキにもブランドがあるとは知りませんでした(゜o゜)

三海海鮮まつり04-5
「カキコンテスト」なるものの存在も知りませんでしたがこのカキが第1回の大会で1になったそうです


ssiimm at 09:18│Comments(0)clip!長崎のイベント 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: