2017年11月29日

観光通りアーケードで「高千穂夜神楽」

まだ11月25日です・・・出島付近から観光通りアーケードにやってきました

高千穂神楽01
この日は「長崎・西彼半島地区商工会」による「観光物産展」が行われるのですが一番の目的は宮崎県・高千穂町に伝わる国の重要無形民俗文化財「高千穂夜神楽」を見ることです・・・4年ほど前に伊王島でも見るチャンスはあったのですがその時は夜に行われたのでパスしましたから実際に見るのは今回が初めてです(^^)
ちなみに宮崎県の神楽は昨年市民会館で行われた「九州地区民俗芸能大会」で宮崎市の「高屋神社神楽」を1番のみ見たことがありますね

高千穂神楽01-2

高千穂神楽01-3
「高千穂町観光協会」のブースも出店していて地元の特産品を販売していました

高千穂神楽01-4-2
無論長崎市内のお店もいろいろ出店していましたがこちらは最近よく見かける新大工の「千寿庵長崎屋」のブースですが「長崎オマガリにゃすてら」という「尾曲り猫」をモチーフにしたカステラが人気みたいです

高千穂神楽01-6
茂木の「海産工房 梅元」や

高千穂神楽01-7
「蚊焼干し」のブースなどもありましたが今回は素通りです(^^;

高千穂神楽02
観光通りアーケードの真ん中にステージを作っていましたがここで「高千穂夜神楽」を上演するみたいです
到着したのは開始20分ほど前でしたがまだ席を用意していなかったのでお客さんの姿は疎ら・・・ところがナイスタイミングで係りの人が椅子を用意し始めたので最前列で座って待つことにしましたがすぐに席は埋まっちゃいました(^^)

高千穂神楽02-2
本来でしたら宮崎まで出かけて、しかも寒い時期の夜に33番ある神楽を見なくちゃいけないのに長崎市の中心部で昼間にピックアップした4番だけの神楽を見ることが出来るのですから言う事ありませんね(^^)
高千穂町ではおよそ20の集落で11月下旬から2月上旬にかけて「神楽」が行われるそうですが、この日出演していたのは下野地区から来られた方々でつい先日11/22に地元で奉納されたばかりだそうです

高千穂神楽02-3
まず「岩戸開き」の神楽を3番行うそうです・・・ちょっと動画も撮ってみました

高千穂神楽03
何せ神楽には疎いので最初に登場したのはだれか判りませんが2番目に登場したのは多分「天岩戸」の前でストリップまがいの踊りをしたという「天鈿女命(アメノウズメ)」でしょうね

高千穂神楽03-2-2
でも顔は細面でなかなかの美人・・・「火の鳥」とはかなり違います(^^;

高千穂神楽04
続いて登場したのは「天手力男神(アメノタヂカラオ)」でしょうね

高千穂神楽04-2

高千穂神楽04-3-2
古事記では「天鈿女命(アメノウズメ)」のパフォーマンスに沸く神々の声を不審に思った「天照大神」が「天岩戸」を少し開いて見ようとしたところに「力の象徴」である「天手力男神(アメノタヂカラオ)」が一気に岩戸を押し開いたことになっていますね・・・でも神楽では豪快に「天岩戸」を持ち上げていました(^^;

高千穂神楽05
最後に登場したのは日本や天照大神などを産んだ「イザナギ・イザナミ」の二人ですが神話とは違いかなりかなりくだけた雰囲気です(^^;

高千穂神楽05-2
二人で差しつ差されつ・・でも「イザナミ」の仕草が色っぽいこと(^^)

高千穂神楽05-3
4番合わせて1時間ほどの上演でしたが特にこの二人には楽しませていただきました(^^♪


ssiimm at 09:28│Comments(0)clip!長崎のイベント 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: