2016年12月12日

「海鮮祭りin諫早」で炭焼きサンマ&どろりそば

昨日はおくんち広場で開催されている「長崎県水産加工振興祭」と諫早の「干拓の里」付近で行われる予定だという「第2回海鮮祭りin諫早」の2か所に出かける予定でしたが・・・さてどちらを先に行きましょうか?

海鮮祭り01
やはり駐車場の問題があるので先ずは諌早に向かいました・・・長崎市内だと付近の駐車場が満車だとしてもどうにでもなりますが勝手が判らない場所では探すのが大変でしょうから(^^;
小長井方面からは一度通ったことがある「長田バイパス」経由で向かおうとしましたが・・・まさか道路の右方向にある場所に行くのに途中で左に寄らなきゃいけないなんて知る由も無く国道との合流地点まで行ってUターンしちゃいました(^^;

海鮮祭り01-2
10時スタートの「海鮮祭りin諫早」でしたが会場に到着したのは10時20分くらい・・・それでもすでに大勢のお客さんが集まっていましたし予想通り駐車場もほぼ満車でしたから早く来て正解だったかな?
係りの人に聞くと一応近くの「干拓の里」に第2駐車場を確保しているとのことでした

海鮮祭り01-3
こちらがポスターですが「炭焼きサンマ1000匹を無料提供」だそうですから「マルイ水産 大喜丸」は太っ腹ですね(^^♪

海鮮祭り01-4
さすがに「無料のサンマ」はインパクトがあるのか大勢のお客さんが並んでいます・・・でも1000匹ですから数は十分すぎるくらいありますよね
何せ長崎市の中心地で行われた「皿うどん1000皿」でも最初の行列では無くならなかったくらいですもの(^^;

海鮮祭り01-5
サンマを焼かなくちゃいけないから時間が掛かるだろうなと思ったのですがU字溝を逆さにして利用していた「即席かまど」では数十匹のサンマを同時に焼いていました(゜o゜)
ここで主催者の方が「さらに1000匹追加で2000匹のサンマの無料提供」とアナウンスしていました(^^)

海鮮祭り01-6
煙はすごかったのですが炭火で焼いているサンマは思った以上に美味しそうです(^^♪

海鮮祭り01-7
でも何故長崎で「サンマ」なのかなと不思議に思ったのですが長崎県は全国8位の水揚げ量があるとは浅学ながら全く知りませんでした
このサンマを提供している南串山の「マルイ水産 大喜丸」は気仙沼にも拠点を持っているそうです・・・ですから東日本大震災ではかなりの損害を被ったそうですがこうやって見事に復活しているんですね(^^)

海鮮祭り01-8
こちらが炭火で焼きたてのサンマです(^^)

海鮮祭り02
さらに会場で見かけたのは「幻の高来そば」の出店・・・先週は地元で「新そば祭り」を行ったのですが「皿山人形浄瑠璃」と重なったので行くことが出来ませんでしたからホントにラッキーです(^^)
実際のところ最近は収穫量も確保できるようになり雲仙のホテルでもメニューに加わっているくらいですから「幻」では無いのですが長崎市に住んでいては滅多に食べる機会も無いのです

海鮮祭り02-2
特に「高来そば」独特の「どろりそば」は過去3度しか食べていませんが夫婦揃ってのお気に入りなんです

海鮮祭り02-3
これが「どろりそば」400円ですが一昨年食べた時より100円高くなっていますね(^^;

海鮮祭り02-4
炭火で焼きたてのサンマとセットで戴きましたから安くても何と素晴らしい組み合わせでしょうか(^^♪

海鮮祭り03-1
会場には地元の野菜を販売しているブースや

海鮮祭り03-2
小長井の「カキ焼」コーナーもありましたが

海鮮祭り03-4

海鮮祭り03-5
やはりメインは魚介類の販売でしょうね

海鮮祭り04
帰り際に見ると「サンマ」の行列はかなり短くなっていましたが2000匹は全部売り切れたのかな?



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: