2016年11月16日

ノスタルジックな「昭和本」(^^)

先日ブログにリンクを貼らせていただいている「千々石(ちぢわ)deその日暮らし」さんの記事を読んでいると懐かしい子供時代の事象を書いた本があるらしいので図書館から同じようなジャンルの本を含めて借りてきました

昭和本01
これがブログで紹介されていた「昭和のあの頃ぼくたちは小学生だった」ですが著者の「かねこたかし」さんは昭和17年生まれだそうですから私より10歳ほど年上になりますね

昭和本01-1
ですから私の小学生時代の思い出と若干差異がありますね・・・例えばこの「手押しポンプ」の場合、私の家にはまだありましたが各家庭に水道が配管されていたので使うのは風呂に水を張ったり水撒きをする時くらいでした

昭和本01-2
家庭用の配置薬にしても小学生の頃にはもう利用していなく空き箱を小物入れとして使っていましたね

昭和本01-3
紙芝居も小学生低学年の頃くらいまでしか見かけませんでした・・・記憶にある「飴」は平板みたいな飴に図柄が描かれていてそれを針で上手に切り取ると「おまけ(?)」が貰えるというパターンでした

昭和本01-4
「ちゃぶ台」があったのは何歳位までだったのかな?・・・何せ我が家は(父親の事情があり)近所でも一番早くテーブル+椅子での食事を始めていましたから多分小学校低学年まででしょうか
でも本文の中に、「ちゃぶ台は”丸い”とイメージが強いけど、それは漫画『サザエさん』の影響で、実際には”角ちゃぶ台”が多数だった。」とありますが本当でしょうか?私は四角のちゃぶ台と言うのを見た記憶が無いのですが・・・
調べるとウィキペディアにもほぼ同じ文章がありました

昭和本02
それらの種本はどうやらこの「ちゃぶ台の昭和」という本みたいですが「サザエさんによくちゃぶ台が登場する」ことは書いていますが「そのせいで丸いイメージが出来た」などとは書いていませんね
ただこの中のコラムで上記の文章がありましたからこれを丸写ししたみたいです・・・ただし数字的なものは一切なく多分筆者の印象を元に書いた文章みたいでしたが私的には四角の座卓を「ちゃぶ台」と呼ぶ人がいた記憶は無いですね

昭和本02-3
何より「ちゃぶ台」は「卓袱台」と書くので卓袱料理との関連で丸テーブルになったのではないかなと思うのが自然でしょうが・・・残念なことにこの筆者の方は「卓袱料理」についての知識はほとんど無いみたいでした(^^;

昭和本03
図書館ですぐそばにあった「ぼくらの60〜70年代熱中記」というのも借りてきました

昭和本03-2
この作者の方は私より4歳年下ですからまぁ似たような時代ですよね
この「ハレンチ学園」の連載が始まったのが1968年だそうですから私は中学生でしたから小学生の筆者より多分夢中になったでしょうね(^^;

昭和本03-3
「小柳ルミ子」「天地真理」「南沙織」がデビューしたのは高校3年生の頃でしたね
私はこの当時から「アイドル」には興味が無かったので大学時代に同じ下宿にいた「小川君」の天地真理好きが信じられませんでした(^^;

昭和本04
この「昭和浪漫図鑑」を書いた「町田忍」という方は私より3歳年上ですから兄と同学年です

昭和本04-2
ですから目次を見ても「昭和のあの頃ぼくたちは小学生だった」よりは実体験に近いですね

昭和本04-3
駄菓子屋はあちこちにあり私の小遣いも5円か10円でした・・・ちなみに私が住んでいた地区では駄菓子屋さんに入るときには「も〜し〜」と言っていました(^^;



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sugikan   2016年11月20日 21:56
いつもご紹介ありがとうございます<(_ _)>

ちゃぶ台について、偶然、「考証要集」大森洋平著(NHK ドラマ番組チーフ・ディレクター 考証担当)に下記の通り書いてありましたので、ご一報を。

卓袱台【ちゃぶだい】明治になって出来る。時代劇では一切NG。長崎の卓袱(しっぽく)料理はまた別の話。

ちなみに、今和次郎氏の「考現学入門」を調べましたが、こちらには書いてありませんでした。

各町の民俗資料館等に、ちゃぶ台が置いてあるので、また見学するときの楽しみができました。
2. Posted by sugikan   2016年11月21日 08:28
追伸で〜す (^▽^;)

「長崎県辞典(風俗文化篇)」の137頁から、卓袱料理について、図入りで詳しく載っておりました。
取り急ぎ、ご報告をいたします。
3. Posted by 心づくし   2016年11月22日 09:22
sugikanさん こんにちは(^^)/

> いつもご紹介ありがとうございます<(_ _)>

お互い様です(^^)

> ちゃぶ台について、偶然、「考証要集」大森洋平著(NHK ドラマ番組チーフ・ディレクター 考証担当)に下記の通り書いてありましたので、ご一報を。
>
> 卓袱台【ちゃぶだい】明治になって出来る。時代劇では一切NG。長崎の卓袱(しっぽく)料理はまた別の話。
>
> ちなみに、今和次郎氏の「考現学入門」を調べましたが、こちらには書いてありませんでした。
>
> 各町の民俗資料館等に、ちゃぶ台が置いてあるので、また見学するときの楽しみができました。

基本的にテレビで時代劇や歴史ドラマを見ることは無いので「時代考証」にもあまり興味がありません(^^;
そもそも時代考証を行うのなら鉄漿はともかく結婚した女性の眉は消して欲しいところです・・・歌舞伎の舞台ではそうしているのですから
民俗資料館でも農機具などの展示はよく見かけますが「昭和の家庭」で使用されていたものはあまり見た記憶がありませんね・・今度からは注意して見学しましょうか(^^;
4. Posted by 心づくし   2016年11月22日 09:29
sugikanさん こんにちは(^^)/

> 追伸で〜す (^▽^;)
>
> 「長崎県辞典(風俗文化篇)」の137頁から、卓袱料理について、図入りで詳しく載っておりました。
> 取り急ぎ、ご報告をいたします。

「長崎事典」かな?
以前は長崎の郷土史家の方々は「長崎料理」にほとんど関心が無かったみたいで和田常子さんが1958年に書かれた「長崎料理史」から研究が始まったみたいですね・・この本は一読の価値はあると思います(^^)

5. Posted by sgikan   2016年11月25日 23:53
こんばんは。(^-^)
いろいろ書いて、投稿したら、800字以内だそうで・・・書き直し。
今日は、古文書研究会で、ちゃぶ台はなぜ丸いか、との問題提起をしたら、丸いと畳んだ時。力の弱い女性、子供も簡単に転がせる、だそうです。皆さんの経験からでした。
「長崎料理史」、読みました。禁帯で時間がなく、ざっとでしたが、「長崎料理史」というより、「長崎『市』料理史」ですね。こちらは田舎なので、「聞き書き 長崎の料理」を利用しています。
「油井正雪」は「由井」が一般的的ではないかとのことですが、私のミスで、「由比」でした。大佛次郎、山田風太郎、海音寺潮五郎等が使っています。
「時代考証」には興味がない、ということで、字数もないので省略します。
寒くなるので、体には注意してください。
6. Posted by 心づくし   2016年12月21日 08:59
sgikanさん こんにちは(^^)/

> こんばんは。(^-^)
> いろいろ書いて、投稿したら、800字以内だそうで・・・書き直し。
> 今日は、古文書研究会で、ちゃぶ台はなぜ丸いか、との問題提起をしたら、丸いと畳んだ時。力の弱い女性、子供も簡単に転がせる、だそうです。皆さんの経験からでした。
> 「長崎料理史」、読みました。禁帯で時間がなく、ざっとでしたが、「長崎料理史」というより、「長崎『市』料理史」ですね。こちらは田舎なので、「聞き書き 長崎の料理」を利用しています。
> 「油井正雪」は「由井」が一般的的ではないかとのことですが、私のミスで、「由比」でした。大佛次郎、山田風太郎、海音寺潮五郎等が使っています。
> 「時代考証」には興味がない、ということで、字数もないので省略します。
> 寒くなるので、体には注意してください。

時代考証・・・興味が無いですし信用していません
こちらも書きだすと長くなるのでパスしますが(^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: