2016年08月30日

田結浮立2016その2・・ちょっと変わった蛇踊

昨日の記事の続きでまだ「飯盛西小学校」の体育館で長崎県無形民俗文化財の「田結浮立」を見ています

田結浮立05
「道具廻し」の次は・・・何と「古場名」の演し物である「龍踊」の登場です(゜o゜)
鳥居の模型を潜っての登場には「謂れ」があるんでしょうね

田結浮立05-2
止まっている姿は長崎の龍踊とさほど違和感はありませんが

田結浮立05-4
何と動きなら「火」や「煙」を吐くのです(^^;
諫早には実際に見たことはありませんが金崎地区・南諫早地区の2か所でも「龍踊」をやっていみたいですね
そのうち高来町の「金崎地区」に伝わる龍踊が同じように煙を吐くみたいですし動画を見ると「玉使い」の所作や「玉」もよく似ています・・・距離的には近い長崎市や南諫早地区のじゃなく遠い高来町の龍踊に似ているのにも不思議ですね


これはこれで楽しいのですが長崎市の「龍踊」とは別物だと思った方が良さそうです・・・こっちの動画も動きが独特です

田結浮立05-5
楽曲もずいぶん違いますが「モラシ」が入っていることにより「和」のテイストも加味されていますね

田結浮立05-6
この後一旦退場するのですが「もってこ〜い」が掛かり再登場しました(^^;

田結浮立06
続いて「池下名」の登場ですが

田結浮立06-2
この地区は「池下踊り」が演し物だそうで今回は「諫早のんのこ節」など3曲の踊りを披露しました

田結浮立07
トリを飾るのは「掛け打ち」です・・・「シャグマ」を見に付けた踊り手が登場しますが

田結浮立07-2
中に「鬼面」を付けた人たちもいるので佐賀方面では「面浮立」と言われている踊りです

田結浮立07-3
「鐘」と「太鼓」も登場しました

田結浮立07-4
勇壮に踊る背後では

田結浮立07-4-1
「大太鼓」を打つ「月の輪」も行われているみたいですがよく見えません(^^;

田結浮立07-4-2
踊りも最高潮に達した時に

田結浮立07-5
何故か周囲にいた「役員」らしき人たちが頭に手拭いを巻き付け始めましたが

田結浮立07-6
何とそのまま最前列で踊りに加わりました(゜o゜)
今までに「シャグマ踊」や「掛け打ち」は何度も見ましたがこんな演出は初めてですね・・・しかもこの人たちの踊りが上手いこと(^^;

田結浮立07-7
最後は「大太鼓」を子供から大人まで叩いてフィナーレです・・・今回の奉納踊り以外にも「ささら」「なぎなた踊」「銭太鼓」など多種多様な浮立があるそうですから3年後にはまた見に来たいですね

ちなみに今年の11/27に長崎市民会館で開催される「第58回九州地区民俗芸能大会」にこの「掛け打ち」が諫早代表で出演するそうですね・・役員たちの踊もあるのかな(^^;



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: