2016年04月20日

「とと姉ちゃん」と「暮しの手帖」

時津町図書館に行ったら「とと姉ちゃんがくれたもの」という特集コーナーがあり何故か「暮しの手帖」の特集本が展示されていました
意味がさっぱり判らないので図書館の係りの人に聞くと「とと姉ちゃん」とはNHKの朝の連続ドラマだそうですね・・・何せ「朝の連続ドラマ」なんてほとんど見たことが無いので全く知りませんでした(^^;
その主人公のモデルが「暮しの手帖」発刊に携わった「大橋鎭子」さんなんだそうですがこの方は私が「暮らしの手帖」を読んでいた頃には「すてきなあなたに」というエッセイを連載していましたね

暮らしの手帖01
そんな訳で暮しの手帖社の本が並んでいたわけですがその中から「花森安治」という保存版を借りてきましたがこの本は以前にも「長崎総合科学大学図書館」で借りたことがありましたね

暮らしの手帖01-2
親が暮しの手帖を購読していたので私が読んでいた時期は第1世紀の30号くらいから第2世紀の途中まででしたが毎号表紙をめくるとこの一文を目にしていました
何せ出版物が今みたいに溢れていた時代じゃなかったので各号を繰り返して何度も読んでいました

暮らしの手帖02
ですから当然記憶に残っている記事もいろいろありますが「商品テスト」も毎号楽しみでした
そういえばこの雑誌に指摘されるまでは「ポッカレモン」にはレモン果汁が全く入っていなかったのでしたね

暮らしの手帖02-2
この「ストーブ火災」時の消火方法を巡っては消防庁と論争になったこともありました・・・今となっては信じられないでしょうが当時の消防署は「ストーブから出火した時は毛布を掛ける」と主張していたのです
無論公開実験(?)の結果暮しの手帖の「バケツ1杯の水で消せる」ことが証明された訳ですがこれは当時かなり話題になりましたね

暮らしの手帖03
この「世界はあなたのためにはない」というのも記憶に残る記事でした

そういえば一昨年でしたか「国語辞典をテストする」という記事を探すためにバックナンバーを探したことがありましたね


ssiimm at 09:38│Comments(0)TrackBack(0)clip!本の散歩道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: