2016年03月02日

長崎の桜2016・・神代小路・鍋島邸の緋寒桜

口之津での「節句」の後は島原経由で戻ることにしました

将軍の孫
途中島原市内の「大手橋」で見かけたのは故・北村正望氏作の「将軍の孫」・・・まさかこんな場所にも展示しているとは思っていませんでした(゜o゜)

島原市内では島原城などで「島原城下ひなめぐり」というイベントが行われているのですがこの日は行きたい場所があるのでパス・・・

神代01
そんな訳で2年ぶりに国見町の「神代小路(こうじろくうじ)」にやってきました
今年も「緋寒桜の郷まつり」というイベントが2/20から開催されているのです・・・でも今年の開花は早かったみたいですから多分「鍋島邸の緋寒桜」の盛りはすぎているでしょうね

神代03-5
何気に見上げると緋寒桜が・・・

神代01-3
この場所は以前も書きましたが年中「しめ飾り」がある「小路公民館」ですが今回はここで「「わが店一番特産品展」が開催されていました・・・前回来た時の会場である「旧国見中学校神代校舎」に比べるとちょっと狭そうですね

神代01-4
私がこの地区を気に入っている一番の理由はこの水路かもしれません(^^;
神代01-5
時間が遅かったせいで出店も撤収を開始していました

神代02
2年前に来た時には200円だった入場料が300円になった国の重要文化財に指定されている「鍋島邸」です・・・無論ここに入らなければはるばる来た甲斐はありません(^^;

神代02-3
鍋島邸に入るとすぐに出迎えてくれるのがこの地区のシンボルツリー的存在の「緋寒桜」です

神代03
思った通り盛りは過ぎていましたがまだまだ見応えはありますね

神代02-4
建物の中は前回見物したのでパス・・・こんなだから「千々石deその日暮らし」さんみたいに新たな発見は期待できないのでしょうが(^^;

神代02-5
一昨年の一般開放以来屋敷裏の庭園も見ることが出来るようになりましたし

神代02-6
中庭の紅梅も・・・今年はタイミングがずれちゃいました(^^;

神代02-7
さらに進むと頭上に見えるのは

神代02-8
これも盛りには見事な花を見せる「枝垂れ梅」です

神代03-2
再び神代小路地区をちょっとさるくことにしました

神代03-3
文化財である「鍋島邸」はともかく「重要伝統的建造物群保存地区」となっている一般の住宅は景観の維持が大変でしょうね

神代03-6
駐車場近くのこの建物は以前はコンクリートじゃなかったかな?


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sugikan   2016年03月04日 09:23
ご紹介いただき、ありがとうございました m(_ _)m
あの建物は、イベントホールになるという話でした。

2. Posted by 心づくし   2016年03月06日 23:58
sugikanさん こんにちは(^^)/

> ご紹介いただき、ありがとうございました m(_ _)m

こちらこそ何度も紹介されているので(^^;

> あの建物は、イベントホールになるという話でした。

イベントホールですか・・・ちょっと・・・(^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: