2015年08月21日

「海水浴」の思い出

昨夜の「ケンミンショー」では「海なし県」の人たちの海水浴へのあこがれを紹介していましたね・・・番組を見ていると数十年前の海水浴の思い出が蘇ってきました(^^)

・小学校時代の夏休みは当時の一番人気だった「ねずみ島」に当然通いました・・・各小学校で参加者の募集も行っていたのですが私が通っていた「西城山小学校」では大体クラスの4分の1くらいが参加していたのかな?
ネットでは「当時の子供たちはほとんどが参加していた」と紹介しているのもありますがそんなことは無かったですね・・・女房も行ったことはなくクラスで参加していた人も記憶にないと言っているくらいです(^^;

・「ねずみ島」では水泳教室も行われていたのですが普通の海水浴客用の砂浜もありました・・・私の仲間たちは「昇級試験」など受けずに一般用で泳いでいたのでずっと一番の初心者である「丁」のままでしたね

・大波止から船に乗って通ったのですが乗船証は首から下げた木札でしたね、この札の紐の部分に5円玉を何枚も通して持っていくというのが当時のスタイルでした・・・何せバス代は小学生だと5円でしたし「ねずみ島」での売店でも5円か10円でいろいろ販売していましたから5円玉は役に立ったのです(^^;

・町内などの催しで「海水浴」に行く場合はやはり「東望の浜」が多かったのじゃないでしょうか・・・現在はジャスコ東長崎店などがあり当時の面影は全くありませんが

・家族で行く場合は圧倒的に「福田遊園地」が多かったと思います・・・何せ当時は自家用車など無いので移動はバスでしたから自宅から一番近い「福田」が多かったのでしょう

・「福田遊園地」ですから遊具もいろいろあったのですが子供時代の私の一番のお気に入りは「海水プール」でした・・・桟敷もあり海もあったので「海水浴」も楽しめたのですが(^^;

・市内中心部に住んでいた女房が良く行っていたという「高浜」「岳路」の海水浴場には子供の頃には多分訪れたことは無いと思います

・小学生の頃には学校にプールが無かったので夏休みに最初に泳ぎに行くのは海でしたから「日焼け」は大変でしたね・・・夜がつらく扇風機をかけながら寝るのが毎年の恒例でした
中学・高校にはプールがあったので最初にプールである程度体を焼いてから海に行ったのでかなり楽になった記憶があります

・一度だけ宮摺海水浴場に行ったことがあるのですがあそこの浜は「砂」じゃなく「石」なんですよね・・・海に行くまでが滅茶苦茶熱かったのが今でも記憶に残っています

・高校3年生の時に初めて「脇岬」に行きキャンプをしましたっけ

・東京に住んでいた学生時代には一度だけ仲間と「江の島」に泳ぎに行ったことがありますね
防波堤みたいな場所からビーチまで2〜300m泳いだのですが思った以上にきつかったのには愕然としました(゜o゜)・・・やはり健全に過ごした高校時代とは異なり酒とタバコのせいだったのでしょう
一番の思い出はyokoの妹の水着のブラが目の前で外れたことでしょう(^^)

まだまだ思い出は数多くあるのでこの記事はこの先もっと「追記」があるかもしれません(^^;


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: