2015年04月25日

浜町ぶらぶら・・・好文堂で「わかる!和華蘭」

久しぶりに買いたい本があったのですが近所の本屋さんには置いていなかったので浜町の好文堂に行ってきました

浜町01
例によって旧紺屋町のパーキングに車を停め中通りから中島川沿いにぶらぶらと歩いて行きましたが何気に「魚市橋」を見ると和傘を差し掛けられた中振袖に高島田の女性の姿・・・息子の結婚披露宴の時にもありましたが披露宴の演出に使用するための「前撮り」でしょうか?

浜町01-2
イタリア国旗がデザインされた看板のお店がありました

浜町01-3
「ビルの設備トラブル」のために臨時休業を余儀なくされているみたいですね
お店の名前は「da Nobo(ダ・ノボ)」というそうですが運営されている方は「長崎おやじギャグ協会」運営幹事兼師範代だそうです(^^)

浜町01-4
さらに中島川沿いを進むと「萬順」という真新しい看板がありましたが

浜町01-5
このお店は寺町通りにある「よりより」を考案した「萬順製菓」の支店だそうですね・・・本店は観光客には判りにくい場所にあったのでここに支店を出したのはいいと思います

浜町01-6
賑橋のパーキングビルに鯉のぼりが泳いでいました(^^)

浜町03
浜町アーケードにはまだまだ人通りが多いですね

浜町03-2
一時はよく利用していたアーケードにある「サンマルクカフェ」では最近は「パスタ」も販売しているんですね・・・やはり似たようなカフェが多いので差別化を図っているのかな?

浜町02
アーケードのほぼ真ん中にある好文堂にやってきましたがリニューアルしてからは以前ほど目立たなくなっています

浜町02-2
まずはワンパターンですが無料サービスの冷たいお茶をいただきます(^^;

浜町02-3
買おうと思っている本は限定2000部発行の「長崎本」ですから近所の小さな本屋さんでは扱っていないんですよね・・・さすがに好文堂ではいろんな「長崎本」が販売されています

浜町02-4
一時長崎ではベストセラーになった「長崎の法則」に倣ってか「長崎あるある」という本も販売されていました
「長崎の法則」の場合表紙を見ただけで購入する気が失せてしまいますが今度の本はまだ少しはましかな?

浜町02-5
「ピース」の又吉さんが書いた本が「三島由紀夫賞」にノミネートされたそうですね

浜町02-6
別の一角には「思い出し」特集みたいな本がありましたが多分こんな本を読んでもすぐにまた忘れるのじゃないでしょうか(^^;

浜町02-6-2
相変わらず「日本語」の本も人気みたいですが今度は「大和言葉」ですか・・・「鶯の鳴き声」で「心を揺さぶられる」のかなぁ

浜町02-7
好文堂で本を買うのは何年ぶりになるのでしょうか

浜町03-3
パーキングに戻る途中で見かけた「岩永梅寿軒」の店頭に並んでいる和菓子の数々・・・このお店と先ほどの「萬順」や洋菓子の「ビアンカ」と共同で「磨屋和華蘭菓子」というのを販売しているそうですが、「磨屋小学校」卒業の女房はかなり心惹かれていたみたいです(^^;

長崎市史別冊
ちなみにこれが今回購入した「新・長崎市史」の普及版である「わかる!和華蘭」という長崎新聞社が出した本です
まだ少し目を通しただけですが、これで972円というのはかなりお買い得だと思います



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やまちゃん   2015年04月25日 16:51
買いに行かねば!!
2. Posted by 心づくし   2015年05月05日 09:05
やまちゃん こんにちは(^^)/

> 買いに行かねば!!

ホントこの本の975円はお買い得だと思います(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: