2015年01月19日

「学習机」の思い出

朝日新聞の土曜版に連載している「サザエさんをさがして」というコラムがありますが先日の記事は「学習机」についてでした

学習机
この本文の中に「・・・時間割表、万年カレンダー、筆立て、フック、下棚……。本物のチョウの標本付きまで現れたというから驚きだ。」とありますがそういえば高校生の頃でしたっけ『世界の蝶』が付属している学習机のテレビCMを見たことがあり「いくらなんでもやりすぎでしょう」と思ったことがありましたね^^;

私の子供達が小学校に入学したころはまだ少子化という時代ではなかったので2月から3月にかけて大型スーパーやデパート・家具店などいろんなお店で「学習机フェア」を行っていたのでよく足を運んだものでした・・・当時はすでに学習机に無駄な付属品をつけるのは禁止になってみたいでどこのメーカーでも机の上に載せるデスクマットに人気キャラクターをあしらっていましたね
一番上の息子の机を買ったころはまだ机と抽斗が一緒になっていましたが次の子のときから抽斗が分離できるようになりましたっけ

学習机02
これは現在家を出た一番下の息子が10数年間使っていた机ですがいまだに使用することができますね・・・私は現在座卓を利用していますがこの机を使おうかな^^;
何しろ子供たちの机を選ぶ基準は大きくなっても使えるように横幅が広いものにしていましたから

・ちなみに子供たちの机は全て子供たち自身のお金で購入しました・・・それというのも子供たちが小さいころは私の父親も健在で毎年正月には父親の故郷である福岡の黒木町に連れて行っていたのですがそこでは毎回「兄弟会」なるものが催されていたのです
父親は8人兄弟だったので集まる人数も20名以上いたのですが、その多くの人たちから「お年玉」を貰っていたので毎回2〜3万円集まっていたのです(^^) 貰ったお年玉を貯金していたのが小学校入学前にはそれぞれ10万円近くになっていたので自然とそういう流れになりました

・小学校入学後もまだ小さいうちは同じようにお年玉を貰っていましたし貯金は私達が管理していましたから貯金は増える一方・・・結果的に子供達が中学生(一番上の子は高校生)になったときに買ってあげた携帯電話の通信費も全てそれから払っていましたね

・そもそも学習机というのは私自身が小学校に入学する頃から一般的になったのではないでしょうか・・・昭和26年生まれの兄の時には親の知り合いの大工さんに作ってもらったそうで、その机は60年近く経った現在でも福岡の兄の家で使用されています


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: