2014年02月16日

子供の頃の「食」の記憶

先日の記事で「長崎物語」の切れ端のことを書いたら昔の思い出がいろいろと蘇ってきました

・小学校高学年の頃ですから昭和30年代も終わりのころには何故かシールやワッペンが流行っていましたね、特にシールはいろんな商品に入っていましたが中でも記憶に残っているのは明治のマーブルチョコレートに入っていた「鉄腕アトム」のシールと丸美屋の「のりたま」「すきやき」に入っていた「エイトマン」のシールです

・子供の頃はまだ甘いものが好きだったので当然アイスクリームも好きでしたが小学校低学年のころまでは個人商店にはまだフリーザーが無くボックスで販売していたアイスキャンデーだけでしたね
その後店頭にアイスクリーム専用の販売機が置かれカップなども販売されるようになりましたが当時の一番人気は名糖の「ホームランバー」でしたがまだ販売しているのにはちょっと驚きました

・小学校高学年の頃近所にお好み焼き屋(泉商店)ができ「お好み焼き」「たこ焼き」「カキ氷」を日常的に食べることが出来るようになりましたね、それまでは「お好み焼き」は近くの駄菓子屋でも食べることが出来たのですがたこ焼きはあまり食べる機会はありませんでした

・カキ氷にシロップを掛けて食べるのが普通になったのもこの頃じゃなかったかな・・・ずっと小さい頃に近所にあったお店ではカキ氷に砂糖を入れたのを「だるま型」に固めただけのものを食べた記憶があります

・そういえば「フラッペ」なるものを学生時代に食べたことがありますが「カキ氷」とは全く違うものだとはそのときまで知りませんでした^^;

・「チリンチリンアイス」も子供の頃にはたまに食べていましたがほとんどが平和公園に出ていた屋台でした・・・先日行った時にはありませんでしたね

・当時の小遣いは一日10円でしたからチョコレートは遠足の時以外には「チロルチョコ」しか買えませんでした・・・小学生の頃には不二家の「ルックチョコレート」なども食べていましたが中学生になると当時発売されたあまり甘くない「エールチョコレート」が好きになりましたが高校生になると全く食べなくなりました^^;

・小学校低学年のころはキャラメルは「グリコ」より「カバヤ」をよく食べていたのは安かったのかな?少なくとも森永はほとんど食べませんでしたね

・お子様ランチの存在は知っていましたが偏食が激しかったので初めて食べたのは隣のおじさんに長崎くんちのときに長崎浜屋でご馳走になったときですがこれも小学校高学年の頃でした・・・多分子供の頃にはお子様ランチを食べたのはこのときだけでしょう

・だったらたまに親に長崎浜屋に連れて行ってもらったときに何を食べていたかというと以前も書きましたがラーメンかカレーライスでした(もしくは両方^^;)

・ラーメンを初めて食べたのは屋台が家の近所にやってきたときですが、それまで家族全員が「ラーメン」の存在は知っていましたがどんな食べ物か知らなかったのでお皿を持って買いに行きました^^; ・・・ですからテレビが我が家に来る前の昭和33年頃の話でしょうね

・子供の頃の夕食で母親がたまに作ってくれていたのを何故か「ランチ」と呼んでいましたが、要は大き目のお皿に揚げ物やハムやゆで卵などがいろいろ載っているだけなんですが当時はご飯をお皿で食べることは滅多に無かったので記憶に残っています・・・兄がどこからか仕入れてきた情報でフォークの裏にライスを載せるという食べ方もこのとき以来身についてしまいました^^;

・今考えても私の母親は料理が上手で一度外で食べたものを自宅で再現することができました・・・ですから福岡育ちなのにちゃんぽん・皿うどんは子供の頃から家で食べていました

この記事も折に触れ書き足していくのでまだ続きます・・^^;


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: