2014年01月18日

「大村の郡三踊」が国重要無形民俗文化財に答申

今朝の新聞に「文化審議会は大村の郡三踊などが国重要無形民俗文化財に登録されるよう文部科学大臣に答申した」とありました

郡三踊01-2
判り難いのですが「国指定無形民俗文化財」には2種類あり今回答申された「重要民俗文化財」には長崎県内では「長崎くんちの奉納踊」「平戸神楽」「平戸のジャンガラ」「ヘトマト行事」「壱岐神楽」の5件が指定されているのですが、これの1ランク下に「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(国選択無形民俗文化財)」があり「郡三踊」は今までこれに指定されていました
ちなみに以前書いた「野母の盆踊り」もこの「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択されています・・・なんて長い名称なんでしょうね^^; だからあちこちのサイトでは「国選択無形民俗文化財」と表記しているのかもしれません

郡三踊02

大村市に戦国時代から伝わる「大村の郡三踊(こおりさんおどり)=寿古踊(すこおどり)・沖田踊(おきたおどり)・黒丸踊(くろまるおどり)=」が17日、国の重要無形民俗文化財に登録される方向となった。1500年前後の踊りの形態が、現代に色濃く受け継がれていることが評価された。  西日本新聞より

紙面の画像は朝日新聞なんですがネットの配信では西日本新聞が早いですね

「郡三踊」のうち「黒丸踊」は昨年秋の「おおむら秋まつり」で見ましたしこれは「法養祭」でも毎年上演されていますが、「沖田踊」「須古踊」の場合は他で上演されないみたいなので全部見るのにはあと2年掛かるのかな?

「郡三踊」の起源については大村市教育委員会の説明よりこの「福重ホームページ」の中の「大村の歴史」というサイトの信憑性が高いですね・・・読み出すと面白くてきりがありません(^^)



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: