2014年01月12日

トルコライスという名前の由来

トルコライスの名前の由来はふざけ半分に考えたものも含めていろいろありますね、それが元で昨年にはちょっとした騒ぎがありましたが^^;

長崎町人誌
「長崎文献社」が平成8年に出版した「長崎町人誌」というのがありその3巻と4巻では長崎の食生活や食べ物について書かれているのですが第4巻の最後の方に長崎大学医学部の教授で郷土史家でもある故中西啓氏の「長崎の味の変遷」というのが掲載されています
卓袱料理をはじめとして長崎独特の料理を紹介しているのですが最後の方でトルコライスにも触れていて「昭和20年代の後半に、長崎万屋町角にあったレストラン・マルゼンのコック長が創製者という」とあり「スパゲッティ、炒飯、サラダの上にシシカバブが乗せてあったがその後、トンカツがシシカバブに代って作られている」となっています
なるほどこれだと「トルコライス」というネーミングになったのも納得できますね、T.斎藤さんの「土耳古めし」の記事からもピラフがトルコ料理という認識は古くからあったみたいですから「シシカバブ」が載っていると完璧でしょう(^^)

でも「誰もこの本のことを知らないのかな?」と思って検索するとこの「viva la トルコライス」というサイト内のこのコーナーに書かれていました・・・最終更新が2001年ですから10年以上も前に紹介していたのに全く知りませんでした^^;

ちなみにこの「長崎町人誌」は以前から時々読んでいるのですが、昨年あたりから調べたいことがありこの「食の部」のほかにも「長崎市史 風俗編」「長崎事典」などを読んでいるのですがなかなか知りたいことが判りません・・・でも関連して読んだ和田常子さんの「長崎料理史」と嘉村国男さんの「ながさきことはじめ」はかなり面白かったですね



ssiimm at 11:27│Comments(4)TrackBack(0)clip!長崎の食 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かず☆   2014年01月12日 17:05
5 なるほど、そんな記録があるとは知りませんでした。
2. Posted by 心づくし   2014年01月13日 10:26
かず☆さん こんにちは(^^)/

> なるほど、そんな記録があるとは知りませんでした。

この本は時々読んでいるのですがまさかトルコライスについての記載があるとは思ってもいませんでした(^^)
3. Posted by S&W   2014年01月15日 11:25
たしかにシシカバブが乗っていたらトルコライスという名前にも納得です
いろんなサイトで「名前の由来は不明」と書いているのはただ単に知らないだけなのですね
4. Posted by 心づくし   2014年01月15日 22:35
S&Wさん こんにちは(^^)/

> たしかにシシカバブが乗っていたらトルコライスという名前にも納得です
> いろんなサイトで「名前の由来は不明」と書いているのはただ単に知らないだけなのですね

本気で調べるともっと判るでしょうから「由来ははっきりしない」で片付けないで「食の推進室」あたりが調査するといと思いますね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: