2013年10月16日

長崎市立図書館で上野彦馬写真展

今日は朝から具合が悪かったので会社を休んでいつもの病院に行ってきましたが「年と暑さによる夏バテ」だそうで一安心・・・でも本当に最近は年を感じるようになってきましたね(T_T)

借りていた本の返却日も近かったのでついでに市立図書館にも寄ったのですが1階の多目的ホールで催し物があっていました

図書館00
「職業写真師 上野彦馬の誕生」といって無料なのに「日本初公開アルバム」も展示されているそうです

図書館01
上野彦馬の撮影した写真の他にもイギリス人写真家のベアトが撮影した日本各地の写真もあり合わせるとかなりの数の写真が展示されていました
あまり昔の写真の展示会は見る機会もないせいもありますがこれほどの量の写真を見たのは初めてですし日本における「写真の祖」といわれる上野彦馬の写真は有名な坂本龍馬の写真以外はあまり意識してみたことが無いですね
いつも思うのですが私が小学生の頃は社会科で「印刷の本木昌造」「砲術の高島秋帆」と並んで「写真の上野彦馬」も日本の近代化に活躍した長崎の偉人として教わったのですが今でも教えているのでしょうか?
さらには全国的な知名度はどうなんでしょうね・・・他の二人に比べると上野彦馬は坂本龍馬関係や三谷幸喜さんの「彦馬が行く」で少しは名前が知れているのかな?
ちなみに上野彦馬については「ナガジン!」に詳しく載っていますし実際に撮った写真は「長崎大学付属図書館」のデータベースで見ることができます

P1280665
長崎市立図書館のHPでの解説によると
アルバムとしては国内初公開となるライデン大学所蔵W.A.コックの写真をはじめ、「上野彦馬撮影局-開業初期アルバム」(江崎べっ甲店所蔵)「上野彦馬初期写真アルバム」(長崎大学附属図書館所蔵)のアルバムを展示。フェリックス・ベアトからの影響を受けながら成長する「写真師上野彦馬」の初期作品の変遷をたどります。」
とあります
でも今回驚いたのは「江崎べっ甲店」に上野彦馬が撮影した写真がたくさん保管されていたということです



ssiimm at 19:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: