2013年04月30日

「準提観音まつり」も高齢化で・・・

昨年行ってかなり気に入ったので唐八景公園前にある「長崎西国三十三ヶ所霊場」の第6番札所「準提観音」で4/28・29に行なわれる「準提観音まつり」に今年も行ってきました

ところが田上の交差点から入り田上病院を過ぎたたりから昨年は「準提観音まつり」の幟がたくさん立っていたのですが今年は1本も見当たらなかったのです・・・今年は日程が違ったかなと不安を感じながら唐八景に上がっていくと

準提観音03
観音堂の前にテントが張ってあり幟も立っていて間違いなく開催されていたのでホッとしました

準提観音01
でも近所のお年寄りらしき人が参拝していましたが係の人も少ないし全体的に昨年より静かな感じ・・・やはりメインは昨日だったのかな?

準提観音02
お堂の中には奉納されたお酒などが多数飾られていました

私達も参拝すると係の人から「ありがとうございます」とお菓子を戴いたのですが・・・ちょっと気になったので「今年は筍は無いのですか」と何気に聞くと
「今年はイノシシ被害で筍が壊滅状態だったし、保存会も高齢化が進んで作業できる人が少なくなり筍ご飯を出せないんですよ」とのことでした
さらに通りに幟が出ていないのも人手不足でそこまで手が回らなかったそうです・・・決して派手ではないけど長年地元の人に愛されてきたお祭も保存会の方々の高齢化という問題で存続が難しくなってきているのは悲しい話ですね(T_T)

「郷くんち」のときにも書きましたが「長崎の民俗芸能」に登録されているものの中にも少子化・高齢化のために現在は活動を休止しているのもありますが一旦止めると再開するのは大変ですよね・・・なんとか規模は縮小しても維持していただきたいお祭です


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: