2013年01月04日

ケンミンショーで「餅」の話題

昨日の「秘密のケンミンショー」でいろんな地方の餅の食べ方を紹介していましたが、中でも茨城の「しょーびき餅」にはゲストの皆さんも「餅に物を挟むという発想が無かった」と言っていました・・・納豆餅も全国的に食べられているみたいですが基本的に納豆を餅に絡めて食べているみたいです

私の親は福岡県の黒木町という熊本との県境にある町の出身なんですがそこでは納豆を餅に挟んで食べるのが一般的でした

そもそも40年以上前は長崎をはじめ九州では納豆はほとんど食べられていなかったのですが熊本やこの黒木町では普通に作られていたのです・・・私が子供の頃は黒木に行った帰りのお土産は藁苞に入った納豆でした

この地方の餅は10cm四方くらいの角餅でそれほど厚くも無かったので納豆を挟んで食べるのに都合が良かったですね・・・それに粘りを出すために砂糖を加えた納豆を挟んで食べるのです

最近は餅も滅多に食べなくなったのですが、何年かに1度くらい懐かしくなって納豆を挟んで食べたりしますが子供たちには「信じられない」食べ方だそうです^^;

芋餅

女房の母親は南高出身なんですがサツマイモと餅を併せてきな粉をまぶした「芋餅(いももち)」というのを作っていたそうですが現在は女房が良く作っています・・・私は一度も食べた事がありませんが子供たちは好きみたいですね。
女房に言わせると「福岡のお兄さんの家でも作っているけど里芋を使うので全く違う」そうです


ssiimm at 17:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!テレビっ子 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: