2012年11月07日

「もろぶた」って

先日会社の人と話をしている時に餅つきをした後についた餅を並べる容器の話になりました・・・現在はほとんどがプラスチック製のコンテナになっていますが私たちが子供の頃は全て木製で名称は「もろぶた」といいましたね

今も餅つき大会などでたまに見ることはありますがホームセンターなどで販売しているのはプラスチックみたいですね・・・10年以上も前にOKホームセンターで「木製もろぶた」を見たことがありますが今でも販売しているのかな?普段はあまり興味が無いので注意してみていないので詳細はわかりません

ところでこの「もろぶた」という言葉を知っている人が少ないんですね、付近にいた人の中で一人だけ知っている人がいてその人は「方言じゃないの?」と言ったのですがだとしたら他の地域では何と呼ばれているのでしょうか?単純に「木製餅箱」といえばいいのかな?

ネットで調べると「もろぶた」とは全国共通の言葉ですが辞書には載っていないみたいで各地で「地元の方言」だろうと思っている人が多いんですね(^^)

ウィキペディアによるとどうやら正式名称は「麹蓋(こうじぶた)」といってもともとは日本酒を作る過程で使われていた箱みたいです。
こちらのサイトでも「もろぶた」について書かれていますが以前は杉で作られて単価もそれほど高くは無かったと思いますが通販サイトを見ると

【5250円以上購入 送料無料 5日12時まで】餅箱 唐桧 身[蓋別売] 業務用 【業務用】
【5250円以上購入 送料無料】餅箱 唐桧 身[蓋別売] 【業務用】
ヒノキを使って値段も1個(蓋別)で高いものだと5千円以上するんですね(゜o゜)

この「餅箱」を調べて新たに「ばんじゅう(番重)」という言葉あるのも知りました
ばんじゅうは主に食品業界で利用される、薄型の運搬容器の総称。番重などの漢字を当てることもある。
本来のばんじゅうは木製で、ふたのない箱である。両端に運搬者が手をかけられるように穴があけられていることもある。
 ウィキペディアより

だそうです。そういえば以前ホテルに勤務していた時には料理を運ぶ広いお盆を「わきとり」と言っていましたね

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: