2012年10月18日

「矢上くんち」で「田之浦本浮立」・・郷くんち2012

昨日は雨だったので今日に順延になった「矢上くんち」に行ってきました

田之浦00-1
舞台である矢上神社の社殿は改築のため取り壊された状態での奉納です・・・来年6月に新築予定だそうですがそのときには矢上8地区全ての奉納踊が演じられないかなぁ、と今から期待をしています(人数を集めるのが大変なので無理でしょうね)

田之浦01
まず宮司さんの挨拶から始まりましたが、雨で順延になったのはここ40年で2回目だそうです

田之浦00
観客は多かったのですがやはり平日の昼間ということもありお年寄り中心で若い人は出演している地元の子供の母親くらいでほとんどいません・・・と思っていると何と「長崎ガイド」のT.斎藤さんを発見! ひょっとすると思ったより若くないのかな(^o^)

田之浦01-2
さぁ「田之浦本浮立」のスタートです・・・先日の「長崎郷土芸能大会」でも見ましたがやはり本番で見るのがいいですね

田之浦01-3
例年通り「長崎シャギリ」から始まりました・・・以前も書いた私の知人の姿が見えませんね、大分の大会に行ったそうですが年配だし体調でも壊していなけりゃいいのですが

田之浦02
幼児が扮した御徒士がやってきました

田之浦02-2
続いておなじみの立道具の登場です

田之浦02-3
奉納踊を盛り上げる楽器のひとつ「鉦」ですが、田之浦の鉦は矢上八名の浮立の一番鉦として有名なんだそうです

田之浦02-4
立道具の受け渡しも無難に演じました

田之浦03
続いては人数も一番多く見た目も賑やかな「掛打ち」です

田之浦03-2

田之浦03-3
幼児から小学生まで参加しているこの「掛打ち」ですがやはり地区内だけでは子供が少ないので12自治会の子供会から応援して貰ったそうです

田之浦03-4
一番小さな子供が戦線離脱^^;

田之浦03-5
やっと行列に戻りましたが今度はその前にいる子供が突然泣き出しました・・・役員も大変そうですね(^o^)

田之浦04
つづいて扇子踊から

田之浦05
大太鼓へと続き

田之浦06
月の輪の登場です

田之浦06-2
この地区の太鼓や鉦は多くは中学生から高校生が担っているみたいでしたがさすがに月の輪は大技ですから大人じゃなきゃ危ないのでしょうね

田之浦07
最後は再び大太鼓で締めました

田之浦手拭い
我が家には女房の母親が商売をしていたせいもあり「長崎くんち」の手拭いが山ほどあったのですが(本人自ら)ほとんどは消耗品として使用していました・・・でも縁起物として直接手に入れた手拭いはやはり嬉しいですね(^^)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: