2011年09月24日

長崎市内の滝めぐり・・・その6「竜王院」「一心不動の滝」

今月初め暑い盛りに滝巡りをしたときの記事をアップしていませんでした・・・もっとも「滝」という名前はついていますが修行のために水を落としているわけで景観的には「滝」とは呼びづらいところです。

網場住吉神社01
網場町の長崎総科大学の正門手前の道を右折して「網場住吉神社」の前の山道を少し上がります。

竜王院01-2
すると目の前に現れるのは以前書いた本河内の「英彦山不動院」の別院である「紫雲山竜王院」です。歴史は意外と新しく現住職の高橋敬雄氏が昭和48年に創建したそうです。

竜王院02
境内には慈母観音と不動堂が建てられていますが

竜王院02-2
その前あるのは長崎ではここでしか行われないであろう「火渡り」の行が執り行われる場所でしょうか

竜王院03
これが本堂ですが滝の上に建てられているそうですね

竜王院04

竜王院04-2
だから周辺には水が小さく落ちているところはありますが「滝」を見ることはできません

一心不動の滝01
今度は旧長崎街道の日見峠を越えて本河内に入ったところにある「大日山一心不動の滝」にやってきました・・・ここは「一切宗善覚寺」という真言宗系の寺院ですぐそばには上記の「英彦山不動院」があります

一心不動の滝02
ちょっと急な坂を上がると仁王様が出迎えてくれます

一心不動の滝03-1

一心不動の滝03-3
ここは「長崎西国三十三ヶ所霊場」の第14番札所になっていました・・・考えると14番がここで15番が少し峠よりにあり16番は本河内の御手水地蔵堂で17番・18番はやはり本河内の妙相寺の奥にありましたから順番も場所で決まっているみたいですね、だからやはり19番札所の案内板は「鳴滝山観音寺」にありましたが元々は「杉田不動堂」にあったのでしょう。

一心不動の滝05-2
山中のいたるところに仏像があります

一心不動の滝04
肝心の滝は・・・ご住職に少しお話を伺ったのですがここは修行のための滝ですから水が落ちていることが重要なんだそうです

日見峠01-3
帰りは不動院前の道を国道34号線に降りたのですがやはりこの道も狭いですね、見通しも良くないし途中で対向車が来たらどうするのでしょうか


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: