2011年06月18日

「日本故事物語」は県立図書館で

先日書いた再出版された池田弥三郎さんの「日本故事物語」はやはり高いのでとりあえず図書館で借りてみることにしましたが「長崎市立図書館」では貸し出し中の上に予約も入っていました・・・そんなに人気なのかなぁ?

しょうがないので長崎の本を借りるついでに県立図書館を覗いてみると・・・2冊揃ってありました(^^)v 裏の貸出し期限表を見ると私が3人目でしたからやはりこんなものでしょうね

日本故事物語
ざっと読んだ感想は・・・文字は大きくなったのだけど一段組なのでかなり読みにくいですね。
橋本治解説とあるけど上下巻にそれぞれ巻頭に10数ページ書いているだけですからまぁ邪魔にはならない程度ですが、岡田嘉夫氏という人の挿絵は私は不要だと思います・・・昔の素朴な挿絵がずっと良かったですね。
やはり2冊で3,600円というのは高いから昔の本をアマゾンの古本で買いましょうか・・・

BlogPaintそれはそうと図書館で旧知のMさんにばったりと出会いました・・・この人とは高島秋帆宅の前や今は無くなった浜町の漫画喫茶など思いかけないところで会いますね(^^) 今は定年退職して「ぼちぼち」と暮らしているそうです。





ssiimm at 13:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!本の散歩道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: