2011年03月15日

夫婦川町あたりをさるきました

ちょっと用事があったついでに「夫婦川町」あたりをさるきました、いつぞやさるいた中川町の桜馬場中学校の手前から脇道に入ったあたりです。

シーボルト通り02
桜馬場中学校の隣にある観光地図ですがこの中の中央上部に書かれている春徳寺や「東海の墓」や「とっぽ水」、それに何故か緑の森が描かれていますがそこら辺をさるきます。

シーボルト通り02-2
「春徳寺通り」という名前があるんですね、その隣にはお寺にお馴染みの「不許葷酒入山門」の碑がありますから昔はここがお寺の入り口だったのでしょう。

夫婦川町01
突き当たりにあるのが「ルイス・デ・アルメイダ布教記念碑」ですが、ここから左に行くと春徳寺です。

春徳寺01
考えたら私は何度か春徳寺に来たことがあるんですが、いつも鳴滝側から入っていましたから正門から来るのは初めてですね。

春徳寺01-2
境内もいろいろ見て回って写真を撮ったのですがこの後も写真が多くなるので割愛^^;

春徳寺05
春徳寺の境内からお墓の間を上っていきます

春徳寺05-3
これは途中にある長崎県指定の文化財「東海の墓」ちょっとわかりにくいのですが奥の祠まで数十mある広大な墓地で全部で29基の墓碑があるそうです。

春徳寺06-2
振り返って長崎の市街地を見ると遠くに「女神大橋」見えます。

春徳寺・城の古址02
さらに墓地の間を上がっていくとあるのがさだまさしさんが有名にした「城の古址(しろのこし)」です。地元の人は「しろんこし」と言ったりして子供の頃からの馴染みの場所だったのでしょうが育ちが違う私は聞いたことはありましたが来るのは初めてです・・・看板すらないのですからはじめて来る人はわかりにくいでしょうね。

春徳寺・城の古址03
ここは「龍頭巌」といわれるいろんな言い伝えがある場所で不動尊もあるのですが・・・この内部の写真を撮ったところで電池切れ!予備の電池を車の中に置き忘れたので不動尊の社の写真やもっと上に上がったところにある観音堂の写真はありません(>_<) 地元の人が書いた記事はこちら

夫婦川町02
ここも地元の人の間では知られた存在の「トッポ水」ですがここも初めて訪れました。ここも「長崎のへそ」に詳しく書かれています。

夫婦川町02-3
正式な名前は「獨鈷水」といって弘法大師が掘り当てたそうです。

夫婦川町03
その上に建つ「夫婦川観音堂」です

夫婦川町03-2
当然のことながら弘法大師ゆかりの場所ですから「長崎四国八十八ヶ所霊場巡拝」の場所になっています。

夫婦川町04-1
その案内に「夫婦川天寿庵」まで徒歩3分と書かれているのでついでに寄ってみようと町内をうろうろ・・・10数分かかってやっとこの表示板を見つけました

夫婦川町04-2
でも表示板から「夫婦川天寿庵」までの行きかたがわからない! ちょうど通りかかった地元の人に聞いてやっとわかりましたが・・・一体何の建物なんでしょうか?
ネットで調べたら「山口広助さん」のサイトで紹介されていました
「天寿庵は付近の小字にも使われていて、その昔、長崎甚左衛門の庵があったところといわれ、現在は中川氏所有のお堂としてお祀りされています。また、この中川氏は中川という地名の由来ともなった家系で、長崎甚左衛門の流れを持っているともいわれています」だそうです・・・さすがに詳しく調べられていますね。

夫婦川町04-5
下にある水神やこの井戸は何か関係あるのかな?



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: