2010年12月21日

眼鏡橋あたりをさるきました・・・その2

中島川沿いを歩いた記事の続きです・・・

中島川・東新橋01
これは「東新橋(ひがししんばし)」以前は長崎くんちの踊り町である「新橋町」に行く橋だったのですね、この橋も「昭和の石橋」として復旧されました。

中島川・魚市橋01
この「魚市橋」は長崎大水害以前の大正14年に鉄筋コンクリートで架けられたそうですが、昔はこんなところに魚市場があったのですね。

中島川・眼鏡橋01
中島川・眼鏡橋02
やっと「眼鏡橋」に到着^^; 他の石橋と違ってこの橋は二連アーチ式なので水に映ると眼鏡のように見えるから「眼鏡橋」・・・ご存知でしょうが日本初の石造りアーチ橋で国の重要文化財ですね、皇居の二重橋のモデルにもなったとか。

中島川・袋橋01
次の「袋橋」は長崎大水害でも半壊しましたが流出はしなかったので「桃渓橋」と並んで「長崎市指定有形文化財」として同じ場所で活躍しています。

中島川・袋橋02
昔は「袋町橋」と呼ばれた名残が欄干に残っていますね・・・今までに数多くの洪水を乗り越えた歴史ある石橋なんですが「眼鏡橋」の撮影場所として利用されているのが目立ちます。

中島川・清水昆01
袋橋のたもとにある故清水昆さんの河童像「ぼんたくん」・・・長崎大水害を忘れないためのモニュメントらしいですがあまり目立ちませんよね。

中島川・袋橋大守屋
袋橋の近くで見かけた新しいお店、「大守屋」というそうですが何と「凧(はた)」を販売しているお店なんですね。新たに「はた」を売るお店というのは珍しいなと思っていると数日前の朝日新聞の地方欄にお店の紹介記事が載っていました・・・元々趣味で作っていたそうですが脱サラし「小川はた店」で修行をしてから店を始められたとか

中島川・常盤橋01
とりあえず今回の最後の橋である「常盤橋」ですが賑町の交差点や電停が近くにあるのでこれが「賑橋」だと思っている人が多いでしょうね(実は私も以前は勘違いしていました^^; ) この橋はいわゆる中島川石橋群には含まれませんがランタンフェスティバルの時にはこの橋の上から眼鏡橋方面を見ると黄色のランタンがきれいですよね



ssiimm at 11:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!浜ぶら 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: