2010年11月05日

「神の島教会」とマリア像

木鉢神社と神埼(こうざき)神社に行った後、せっかく来たのだから「神の島教会」と「木鉢教会」も見に行きました・・・ホント宗教に対する節操が無いですね^^;

神の島教会00
しかし本当によく晴れた一日でした、白い教会が青空を背景にひと際映えます。

神の島教会07
また石段・・・この日は通算で何段上がったのでしょうか(^^)


神の島教会01
これが大浦天主堂に次ぐ歴史を誇る「神の島教会」です。「神の島」といっても現在は埋め立てられているので車やバスでも簡単に行くことができますが、長崎駅前からバスだと3〜40分かかりますから観光客の姿はあまり見かけません・・・まぁ観光施設じゃなく地元の信者のための教会だから当然でしょうが。

神の島教会05
沿革は「神ノ島の信徒(一般住民も含めて)の祖先は、矢上・諌早・佐賀などからの移住民で占められている。
明治9年(1876)仮教会が建ち、フランス人宣教師が司牧にあたっていた。現在の教会は明治30年(1897)に建てられ、明治39年(1906)8月から邦人司祭が司牧にあたっている
」そうです(長崎の教会HPより)。
神の島教会及びその信者の悲劇の歴史は「旅する長崎学」で

神の島教会04
明治時代に信仰復活を願って奔走した帳方で兄の西忠吉と水方で弟の政吉の墓碑

神の島教会03
敷地内にある「ルルドのマリア」像

木鉢教会06
さて、この碑は何なんでしょうか?

神の島 マリア像01
神の島教会のシンボルとなっているのが海岸に建てられた純白のマリア像ですね、

神の島教会マリア像02
土台にある説明でこのマリア像は最初1949年に建てられ1984年に改修されたことがわかります。

神の島教会マリア像03
足元には賛美歌と花が・・・

神の島神社04
このマリア様が建っている場所は元々「恵比寿神社」がありまして上り口には鳥居が建っているので奇異にうつりますね

神の島神社01
これが「恵比寿様」・・・マリア様と一緒に海の安全を守っているのでしょう。

長くなったので「木鉢教会」は次回・・・



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: