2009年11月15日

池波正太郎の3冊

ネタが無いときに書くこの「私の3冊」何気に時代小説が続いたのですが、その流れでもう少し(^^)

池波正太郎さんの小説はしょっちゅうテレビドラマ化されていますので知らない人は少ないでしょうね、私が最初に読んだのは多分葵小僧が活躍する「江戸怪盗記」じゃ無かったと思うのですがやはり世間で言う3大シリーズの「仕掛人・藤枝梅安」「剣客商売」「鬼平犯科帳」には嵌りましたね、鬼平犯科帳のシリーズは神田・神保町の「人生劇場」というパチンコ店で10数冊取ったのを思い出します・・・

・仕掛人 藤枝梅安・・・やはり面白さでは群を抜いていますね「殺しの四人」から「梅安冬時雨」まで全て単行本が今でも本棚の一番目立つところに鎮座しています(^^) テレビで緒形拳さん主演で「必殺仕掛人」が放映されたのは大学2年の頃でしたがそれがきっかけで一大ブームになりましたが内容はかなりアレンジされていました。

梅安影法師新装版
梅安影法師新装版

・人斬り半次郎・・・西郷隆盛の部下で幕末から明治にかけて活躍し西南の役で戦死した中村半二郎こと桐野利秋の物語です。「人斬り」と言われる割にはさほど暗殺に加担していないのですが示現流の立ち回りの描写は迫力ありましたね

人斬り半次郎 幕末編 (新潮文庫)人斬り半次郎 幕末編 (新潮文庫)
著者:池波 正太郎


・『散歩のとき何か食べたくなって』・・・池波正太郎さんの自伝も面白いのですが特に食べ物に関するエッセイは楽しいですよね。仕掛人や鬼平の小説でもおいしそうな食べ物の話がしょっちゅう出てきますしそれをまとめた本もあるくらいですし先日呼んだ本は池波さんのエッセイを元に実際に作ったという話がありました。

散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)









当然「剣客商売」「鬼平犯科帳」や「真田太平記」は全巻読んでいますし「夜の戦士」「蝶の戦記」「丹波大介」などの忍者物も好きなんですがあまり一般的じゃないのを選んでみました。



ssiimm at 00:55│Comments(0)TrackBack(0)clip!本の散歩道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: